Report

【写真20枚】池田エライザ「私にとって宝のような作品」。神尾楓珠とのW主演ドラマ『左ききのエレン』制作発表会レポ

【写真20枚】池田エライザ「私にとって宝のような作品」。神尾楓珠とのW主演ドラマ『左ききのエレン』制作発表会レポ

10月下旬より、MBS/TBSにて放送されるドラマ『左ききのエレン』の制作発表会が本日10月15日(火)スペースFS汐留(東京)で行われ、神尾楓珠、池田エライザ、石崎ひゅーい、中村ゆりか、今泉佑唯、八木アリサ、吉村界人、後藤庸介監督が登壇した。

地上波初主演となる神尾は「プレッシャーは感じていましたが、何者かになりたいっていう気持ちは僕にもあったので、それをうまく光一として表現できたらいいなぁと思いました」コメント。また、W主演の池田について、「実は共演シーンが少ないんですけど、池田さんはカメラが回ってない時でもエレンでいるんです。だから、僕も光一としていることができて、とてもやりやすかったです」と明かした。

一方、池田は本作で類まれなる才能を持つ山岸エレン役を演じた感想を問われると、「左肩を酷使しすぎて、若干四十肩みたいに腕が上がらなくなったりしました。今も少し続いてるんですけど…(笑)。そのくらい集中してやり続けられちゃう絵の力を感じながら描いてました」と撮影の苦労を明かしながら、「天才は計り知れないなと思っているので、エレンを演じる自信は正直なくて。エレンを演じる中で、天才ならではの理解してもらえない孤独感だったりとか、逆に理解してもらえる喜びを感じたりして、エレンの人間らしさを感じる瞬間が多くて、演じられてよかったなぁと思いました」とコメント。すると神尾は「それは実写化のいいところだよね。漫画だと機械的に見える部分が、生身の人間が演じたからこそ、より人間らしく感じられる」と、実写版『左ききのエレン』の良さをアピールした。

また、個性的な俳優陣が集結している現場について後藤監督は「みんな自由。神尾くんは真面目にやってくれるんだけど……神尾くん以外は天才肌タイプなんです(笑)」とコメント。神尾も「僕もそう思います。だから居心地悪いんですよ(笑)」と苦笑い。池田は「自由だからこそ、その自由を許してくださる現場でした。『次どういうお芝居したい?』とか『エレン的にはどう思う?』とか聞いてくださって、現場に参加できてる感があってすごい良かったです」と振り返った。

そして制作発表会では、本作にちなんだ、「左ききのエレンチームVS現役美大生 絵ごころ対決!」と題したチーム対抗戦を実施することに。3チーム(神尾・石崎・今泉・吉村/池田・中村・八木/美大生2人)に分かれて、お題「横浜マリンタワーにスプレーでライオンの絵を描く神谷雄介(石崎)」を描き、どのチームが一番上手かを競う。ここで、特別審査員として、本作の原作者かっぴーがゲスト登壇。「やっぱりエレンチーム(池田・中村・八木)が上手くないと」と期待を込めて予想した。

一人25秒ずつ描かなければならない難易度高めのお題に会場のファンからも注目が集まる中、出来上がったのは下記3点。

神尾・石崎・今泉・吉村の目黒広告社チームは、プライベートでも絵を描いているという吉村のラストスパートによってなんとも芸術的な絵が完成。キャストから笑いが起こるなか、神尾は「分からないほど良いっていう!」とコメント。出来栄えを問われると「出来栄えとかじゃない、アートですから!」と吉村も自信(?)を見せた。続いて、池田・中村・八木のエレンチーム。「かっぴーさんの絵に寄せてみました」とアピール。「忖度してるなぁ~」と目黒広告社チームからクレームが出たものの、「なるほど! かっぴーポイント1ポイント入ります!」とかっぴーは大絶賛。最後に美大生チームは、利き手と逆で描くというハンデを負いながらもさすがのクオリティを披露すると「左手でこれはすごい! あと、ひゅーいさんの猫背の感じがすごい似てて(笑)」と池田が大絶賛! 石崎が実際同じポーズをするなど大いに盛り上がりを見せた。

絵ごころ対決の結果は、「ドラマも絵もそうなんですけど、やっぱり伝わらないとダメだなぁ」というかっぴー審査委員のもと、エレンチームに決定した。

最後に、「才能が一つのテーマに描かれているんですけど、観てくださった方が少し背中を押されて、自分を見つめなおすきっかけになってくだされば嬉しいです」(神尾)、「私がかっぴーさんの漫画に出会ったのは十代の頃で、そのときから、かっぴーさんがつづる言葉にすごく救われて、毎回ぼーっと生きてるのってすごいもったいないなぁとか、がむしゃらに生きてる時のぼーっとする時間ってすごく自分の財産になってくれるんだなぁと感じさせてもらえました。私にとって宝になる作品に携わらせていただきました。これは是非皆さんのお力をお借りしてたくさんの方に観てほしいと思います」(池田)とアピールして幕を閉じた。

MBS/TBSドラマイズム『左ききのエレン』

MBS:10月20日(日)より毎週日曜24:50~
※初回放送は10月20日(日)25:15〜
TBS:10月22日(火)より毎週火曜25:28~ ほか
※U-NEXT:10月22日(火)より毎週火曜26:00~独占配信

主演:神尾楓珠 池田エライザ
石崎ひゅーい 中村ゆりか 今泉佑唯 吉村界人 田中真琴 久保田紗友 八木アリサ/丸山智己

原作:かっぴー/nifuni『左ききのエレン』
(集英社「少年ジャンプ+」連載中)
かっぴー『左ききのエレン』(cakes連載)
監督:後藤庸介
脚本:根本ノンジ
制作:共同テレビジョン
製作:ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

オフィシャルサイト
https://www.mbs.jp/eren_drama/

オフィシャルTwitter
@eren_drama

オフィシャルInstagram
@eren_drama

©かっぴー・nifuni/集英社 ©ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

原作コミック

左ききのエレン