Report

和田琢磨&山口大地らがド派手な“演劇マジック”で魅了する。舞台『五右衛門マジック』絶賛上演中!

和田琢磨&山口大地らがド派手な“演劇マジック”で魅了する。舞台『五右衛門マジック』絶賛上演中!

俳優の磯貝龍乎が脚本・演出を手がける舞台『五右衛門マジック』が10月10日(木)よりCBGK シブゲキ!!にて上演中だ。主演の佐治 役に和田琢磨を迎え、山口大地、小沼将太、末野卓磨、さかいかな、松井健太、小野健斗、篠原 功とベテランからフレッシュな顔ぶれまで名を連ねている。本作は奇術師の佐治が天下の大泥棒・石川五右衛門と共に、重税に苦しむ町民の“救世主”になろうと、豊臣秀吉の“国家機密”を盗み出す物語。演劇的な仕掛けが劇場に所狭しと仕掛けられた、まさにマジックを見るような驚きに満ちた舞台だった。初日前に行われたゲネプロと囲み取材の模様を届ける。

取材・文・撮影 / 竹下力


磯貝龍乎の俳優への平等主義が貫徹した舞台

演劇が演劇であることの意味と楽しさを見せつける傑作だった。役者が汗を飛ばして演じて、映像や色とりどりのライティングがあって、虚実がないまぜになり、どんな展開なのか読めない、劇場でしか味わえない“演劇マジック”が随所に散りばめられた2時間のショータイム。併せて「私とは何か?」という実存的なディープなテーマも問いかけてくるのだから、奥深くて、同時に楽しくて仕方がない、これこそが演劇の愉悦だと感じさせてくれる。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

舞台は、豊臣秀吉の殺害の容疑をかけられ、牢屋に囚われた石川五右衛門が、幻術士の果心居士の命によって処刑されるところから始まる。
時は戦国。平和は遠く彼方にあった。奇術師の佐治(和田琢磨)が、路上パフォーマンスをして町民に胡散くさい奇術を見せている。そんなとき、盗人の小平太(山口大地)とその仲間の鼠(末野卓磨)が、石田三成(小野健斗)の部下、前田玄以(小沼将太)と平賀源大(松井健太)に追われていた。間一髪のところで佐治に助けられた小平太と鼠は、彼らの行動を面白がった佐治から「一緒に組んで世間をあっと言わせよう」といったことを言われる。佐治の提案とは、小平太が“石川五右衛門”と名乗り、町に活気を取り戻そうとすること。お調子者の小平太は、その話に乗り五右衛門となって、民衆が渇望している時代の“救世主”になろうとするのだが……。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

今作で注目すべきポイントは3つある。1つ目は磯貝の巧みな演出。CBGK シブゲキ!!という劇場を目一杯に使い、奥に通り抜けられる何面かの襖のような装置をスピーディーに移動させて様々なシーンをわかりやすく、しかも同時に見せていくので、物語の展開が冗長にならず、まったく飽きさせることがない。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

2つ目は吉谷光太郎のプロデュースワークとROUの音楽だ。インタビューで和田琢磨が言っていたが、いつも自身が演出をする吉谷が全体を俯瞰で見て、磯貝におそらくアドバイスしたであろう吉谷流のアンサンブルをフルに使った演出やROUの静と動の音楽は、シーンの緊張感を高めたり、ギャグを盛り上げたり、磯貝がつくり上げた緻密な舞台を効果的に展開させていた。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

3つ目は脚本・演出の磯貝龍乎の作劇。俳優だからこそ理解できる、役を演じる面白さのエッセンスが遺憾なく発揮されていた。つまり、磯貝龍乎の俳優への平等主義が貫徹した舞台とも言えるかもしれない。俳優はそれぞれに見どころがある、というよりも、見どころがないと成立しない舞台になっている。

小沼将太のコメディーリリーフ的な卓抜な芝居は、ツボにハマること間違いなし。それにツッコミを入れる松井健太がさらに笑いに拍車をかける。末野卓磨は予想外の動きを見せるトリックスター的な芝居で我々を驚かせ、五右衛門の元・相棒だという出雲阿国 役のさかいかなの妖艶な芝居が舞台を怪しく彩る。さらに眉間にシワを寄せ、扇子を片手に立っているだけでも抜群の存在感を見せる石田三成 役の小野健斗が漂わせる“役者オーラ”には舌を巻き、「そんな政治では絶対に町民の不満は高まるだろう」と思わせる説得力のある豊臣秀吉 役の篠原 功の芝居と、主役だけでなく、脇を支える彼らのチームワークがこの舞台をより盛り上げる。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

なかでも、山口大地の一本気な芝居に感動させられた。変装が得意な石川五右衛門 役なので、「この人は何役を演じているんだろう」と思わせる“キャラ変”ぶりも面白かったが、それ以上に一本、綺麗な筋が通った芝居が印象に残った。残念ながら、椎間板ヘルニアで降板した戸谷公人の役者魂を受け継いだであろう熱のこもった芝居が胸を打つ。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

そして、和田琢磨は、飄々とした所作と佇まいは凛として、惚れ惚れするぐらいカッコよかった。どんなことがあってもブレない、力強さを兼ね備えた和田琢磨ならではの芝居だったし、特に破顔したときの笑顔の美しさといったら! 台詞回しは剽軽なのに、決めるところは決めるという、歌舞伎の見栄を切りながら演じているようで芝居に隙がなく、しかも山口大地との丁々発止のやりとりも楽しかった。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

この舞台を観ていると演劇の無限の可能性を感じる。演劇は、この現実世界に起こり得るすべての可能性を、劇場という小さな空間で表現してしまえる素晴らしいアートなのだ。それでいて、誰も観飽きることのない、極上のエンターテインメントになっていたことが、本作の傑作たる所以だ。また、カンパニーが一丸となることで生まれる“舞台を愛する者たちのパワー”が、役者たちの楽しそうに演じていることから伝わってきて、思わず頬が緩んでしまう。だから我々は、ただ笑って、泣いて、驚いて、そして演劇の面白さを教えてくれるカンパニーに万雷の拍手を送ることができるのだ。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

最初から最後までテーマパークの乗り物に乗っているような感覚を味わって

ゲネプロの前には囲み取材が行われ、脚本・演出の磯貝龍乎、奇術師の佐治を演じる和田琢磨、佐治の相棒である石川五右衛門を演じる山口大地、豊臣秀吉の右腕で智将の石田三成を演じる小野健斗が登壇した。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

まず本作への意気込みを問われ、和田琢磨は「“五右衛門マジック”というタイトルが示すように、2時間、最初から最後までテーマパークの乗り物に乗っているような感覚を味わっていただけると思います。たくさんの仕掛けがありながら、心が動く言葉も散りばめられている見応えのある作品になっています」と笑顔で語った。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

山口大地は「奇術師と盗人が天下を変える物語で、いろいろなどんでん返しがあり、最後のサプライズを楽しみにしていただければ嬉しいですし、(磯貝)龍乎くんの脚本なので笑いの要素も楽しんでいただければと思います」と作品の魅力を力説。

小野健斗は「龍乎くんの脚本を読んだときは、どう実際の舞台に立体化していくのだろうと思っていましたが、稽古場では、マジックの種明かしのような現象が起きて、通し稽古が始まった瞬間にとても面白い作品になると思いました」と充実した表情を見せた。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

脚本・演出の磯貝龍乎は「ほかのみんなが言ったように、いろいろな仕掛けがありますが、ヒューマン・ラブ・コメディということで……」と言うと、和田が「そんな要素あったっけ!?」と突っ込むが、それを無視するように磯貝は「愛の大切さと尊さを感じていただけると思います」と続けて会場から笑いを誘っていた。

また、稽古場での思い出を聞かれ、和田は「こんなに明るい演出家とご一緒したのは初めてでした。普通は“よーい、はい”と稽古が始まるのですが、“それじゃ始めるよ、よいしょお!”とおっしゃっていて楽しかったです(笑)」と振り返り、磯貝は「一番は吉谷光太郎さんですね。代役を積極的にやってくださったりして、胸が熱くなって、翌日本当に熱が出ましたね」と微笑んだ。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

囲み取材の最後には、磯貝が「素敵なキャストに助けられて作品が出来上がりました。最後まで楽しめるし、何回ご覧になっても面白い作品になっています」と自信を込めてコメント。続けて小野は「子供から大人まで楽しめる作品になっています。30歳オーバーの我々が誠心誠意頑張っていますので(笑)、その姿を一度観に来てください」と意気込んだ。そして山口は「戸谷公人くんの代役で入らせていただきましたが、彼の想いも背負って、ほかのメンバーと真摯に物語を生きたいと思います」と自らを鼓舞しながら語った。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

観客へのメッセージとして和田は「今回、磯貝くんの演出の話をいただいて、すぐに出させて欲しいと伝えました。小野くんも山口くんも舞台で一緒に頑張ってきた同世代の仲間で、作品を共につくることができて誇らしいです。この作品をご覧になったお客様、同世代の俳優の方々にも刺激になるような作品になれば嬉しいです。千秋楽まで僕らも楽しみますし、お客様も隅から隅まで楽しんでいただければ嬉しいです」と囲み取材を締め括った。

舞台 五右衛門マジック エンタメステーションステージレポート

公演は10月20日(日)までCBGK シブゲキ!!にて上演される。最後には驚きのスペクタクルが広がる舞台『五右衛門マジック』をぜひ一度目にして欲しい。

舞台『五右衛門マジック』

舞台『五右衛門マジック』

2019年10月10日(木)〜10月20日(日)CBGK シブゲキ!!

STORY
ただの詐欺師と盗人がこの町を変えるんだよ。
自分を偽り、あの時代を蘇らせるんだ!

時は戦国時代。世に名を轟かす、二人のエンターテイナーが居た。ひとりは幻術士、果心居士。そしてもう一人は天下の大泥棒、石川五右衛門。
五右衛門は重税に苦しむ町民のため、豊臣秀吉の暗殺を試みるも果心居士の策により、死罪。だが、秀吉にその幻術の腕を恐れられた果心居士は、命を狙われて姿を消した──。
時は過ぎ、二人のエンターテイナーが消えた世界。 秀吉の治世に苦しむ人々は、更なる娯楽を求めていた。
とある見世物通り。端正な姿ながらもどこか胡散臭さのある奇術師、佐治が路上パフォーマンスをしている。そこへ、秀吉の片腕である智将・石田三成の部下、前田玄以と平賀源大が盗人を追って町へと駆け込んでくる。追われているのは方々で盗みを働く小平太と、その仲間、鼠。
捕まる寸でのところを佐治の奇術に助けられた小平太は、「自分と一緒に組んで一番のエンターテイナーになろう!」と佐治に誘われる。 佐治の提案は、“石川五右衛門”と名乗り、民衆の求めている活気あった時代に戻すべく、“救世主”として生きることだった。
二人は悪人から金品を盗んでは町民にばら撒き、着実にその名を上げていくが、当代随一のエンターテイナー出雲阿国には遠く及ばない。
阿国の人気を越えられず行き詰まる中、次のターゲットが決まる。“国家機密”。ここから“情報”を奪う計画が始まるが──。

脚本・演出:磯貝龍乎
プロデュース:吉谷光太郎
音楽:ROU

出演:
佐治 役:和田琢磨

石川五右衛門 役:山口大地
前田玄以 役:小沼将太
鼠 役:末野卓磨
出雲阿国 役:さかいかな
平賀源大 役:松井健太

石田三成 役:小野健斗

豊臣秀吉 役:篠原 功


池田謙信
山口 渓
五十嵐胤人
千 大佑
杉浦勇一

主催:ポリゴンマジック

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@goemonmagic)

©ポリゴンマジック