Interview

SUPER★DRAGON志村玲於、古川毅、ジャン海渡、飯島颯が語る2nd写真集の見どころは!?「素ではしゃぐ姿をたくさん見てほしい」

SUPER★DRAGON志村玲於、古川毅、ジャン海渡、飯島颯が語る2nd写真集の見どころは!?「素ではしゃぐ姿をたくさん見てほしい」

EBiDANのネクストブレイクとして期待されている9人組ミクスチャーユニットSUPER★DRAGONが、10月19日(土)に2冊目の写真集『WARNA WARNI』を発売する。
今回は南国のリゾート地で彼らにとって初の海外ロケを行い、サファイアブルーの美しいビーチではしゃぐ様子や、キラキラと輝く砂漠の上で見せるアンニュイな顔つきや、ネオンが輝くアジアの夜市で自由に食べ歩く姿など、ファンにとっても初めて見る彼らの表情をたっぷりと収録。大人と子供の狭間を揺れ動く彼らの貴重な瞬間を切り取っている。
そんな見どころ満載の写真集の発売に先駆け、エンタメステーションではSUPER★DRAGONのメンバーの志村玲於、古川毅、ジャン海渡、飯島颯にインタビューを決行。写真集の撮影に纏わる裏話や、現地でのエピソードをそれぞれに語ってもらっている。そして、互いに時折冗談を言い合いながら元気よくわちゃわちゃと質問に応える姿からは、彼らの仲の良さが存分に伝わってきた。

取材・文 / 近藤加奈子 撮影 / 荻原大志


「普段は英語で喋っているけど……」トルコハーフのジャン家では言語が大渋滞!?

 

SUPER★DRAGONさんは今回エンタメステーション初登場ということで、まずは皆さんの自己紹介をお願いします。

志村玲於(以下、玲於) グループで一番年上なのに、一番下からよくイジられている玲於です。メンバーから日々ありとあらゆる手を使ってイジられていますが、楽しくやっています(笑)。あと、紅茶が大好きでインスタには紅茶のことをたくさん載せているのでよかったら見てください!

SUPER★DRAGON 志村玲於 エンタメステーションインタビュー

志村玲於

古川毅(以下、毅) 何か紅茶のインスタの宣伝みたい(笑)。でも、玲於は紅茶の物撮りばかりアップしているから、それでマネージャーさんが悩んでいるんですよ。そして僕はSUPER★DRAGONで一番背の高い毅です。グループではメインボーカルの立ち位置でやらせてもらっています。最近はグループの活動と並行しながら、映画やドラマなど俳優業も行っているので、そちらも注目していただけたら嬉しいです。

SUPER★DRAGON 古川毅 エンタメステーションインタビュー

古川毅

飯島颯(以下、颯) よく周りから「マイペースだね」と言われる颯です(笑)。僕、話すスピードがすごくゆっくりらしいのですが、ダンスは自分の世界観を持ってキレッキレにやっているつもりなので、そこにギャップを感じてくださるファンの方が多いみたいです。なので、トークのユルさとステージで魅せる俊敏な動きとの振れ幅が、アピールポイントなのかな?

SUPER★DRAGON 飯島颯 エンタメステーションインタビュー

飯島颯

ジャン海渡(以下、ジャン) トルコと日本のハーフのジャンです。僕はグループでメインラッパーをやらせてもらっているので、四六時中ラップ刻んでいます。SUPER★DRAGONの音楽を表現するうえでラップはすごく重要なので、グループが伝えたい思いをラップに乗せて皆さんの耳に届けていきたいです。

SUPER★DRAGON ジャン海渡 エンタメステーションインタビュー

ジャン海渡

ジャンさんはトルコと日本のハーフとのことですが、芸能界でも珍しい組み合わせですよね。

ジャン そうですね、周りでもあまり聞かないです。昔、トルコに住んでいたのでトルコ語の発音は大丈夫なのですが、言葉はもうけっこう忘れています。そして今はなぜか英語ができるようになりました(笑)。

 トルコ語で足は?

ジャン Ayak!

玲於 ピンポイントで足だけ覚えているらしいんですよ(笑)。他は覚えていないらしいです。

ジャン (笑)。家では基本全員英語で喋っているのですが、お母さんがYouTubeで日本語の動画を見て、お父さんがテレビでトルコ語のドラマを観ていたりするので、たまにいろんな言語が飛び交っていますね。言語が大渋滞しちゃっています(笑)。

人工砂漠でのカットは毅が目を開けるのに大苦戦!

10月19日(土)に発売するSUPER★DRAGONさんの2冊目の写真集『WARNA WARNI』のタイトルに込めた思いについてお聞かせください。

 『WARNA WARNI』はインドネシア語で“カラフルな”という意味なんですが、今回は9人で初めての海外ロケで、日本とはまったく異なる景色、空気感の中で撮影を行いました。そして、そういった異世界の中にいたからこそ、引き出すことができた僕らの表情がたくさん収められています。南国感溢れる色とりどりの風景と、それらに触発されて様々な顔を見せる僕らを表現する言葉として、『WARNA WARNI』というタイトルに決まりました。

SUPER★DRAGON 古川毅 エンタメステーションインタビュー

今回はインドネシアのビンタン島でロケが行われたそうですが、思い出に残っているエピソードはございますか?

玲於 島で移動するときは、ゴルフ場のカートのような乗り物で動くときもあったのですが、全員乗ったかなと思ったらメンバーの(田中)洸希が「おーい!」と後ろから追いかけてきたんです。僕ら本当に洸希を取り残していたことに気づかなくて、それで発車しちゃっていたのですが、なんか面白いから運転手さんに「このまま進んでください!」と言ってその流れがしばらく続くみたいなハプニングがありました(笑)。

 しかも洸希もちゃんといい感じの距離を保って僕らを追いかけてくるっていうね(笑)。後ろから追いかけてくる洸希にカメラを向けていたので、それも意識しながらリアクションをくれました。それを見て彼は本当にプロだなと思いました。いや、人生がプロです!

(笑)。逆に大変だったエピソードはありますか?

 砂漠でのロケとかですかね?

SUPER★DRAGON 2nd写真集『WARNA WARNI』 撮影:神戸健太郎/©SDP

玲於 そうそう! 砂漠って光を反射するから、目を開けて立っているのがすごく大変なんです。もういるだけでとにかく眩しい。ここの島は日中に普通に過ごしているだけでも目が開かなくなるくらい、日差しが強いのですが砂漠は本当に強烈で。とくに毅が一番ダメージを受けていたよね(笑)?

 僕、昔から目が悪くて目の色素も薄いから、日本にいても日差しが強いときはあまり目が開けられないんです。外ロケとか全然目が開かないこともよくあって。だから、太陽側からしてみたらそんな僕なんて格好のターゲット(?)みたいな感じじゃないですか! 撮影中はスタッフさんから「毅の目が開いたらここのロケは終わりだから!」って圧をかけられるも、なかなか開かないっていう状況が続きました(笑)。

南国の離島で現地のSUPER★DRAGONファンと遭遇して本当に驚いた

砂漠でのお写真、すごく素敵に仕上がっているのでそんな苦労があったとは驚きました。撮影以外で印象に残っている思いではありますか?

ジャン 撮影は移動を含めてトータルで5日間だったのですが、空き時間にアイスクリーム屋さんに行ったら、お店の人が僕らが来ていることを知っていたみたいで、すごく気合いを入れてアイスクリームを作ってくれました(笑)。

SUPER★DRAGON ジャン海渡 エンタメステーションインタビュー

 今回はインドネシア共和国観光省の全面協力を得ての撮影だったので、島に着いた瞬間から皆さんが優しく出迎えてくれて。

ジャン 本当に皆さん優しいからもうインドネシアにずっと住もうかな、なんて思いました(笑)。

玲於 あと、船ですぐのホワイトサンドアイランドに行ったのですが、そこに現地のSUPER★DRAGONのファンの子がいて僕らを見て大興奮してくれて。「こんなに日本から離れた場所にもファンがいるんだ!」ってすごく嬉しかったですね。

 その子のためにもいつかインドネシアでライブが実現できたらいいよね。

SUPER★DRAGON 飯島颯 エンタメステーションインタビュー

セクシーシーン撮影の裏側では相撲をして大はしゃぎ&マングローブで幸運の蛇を発見

写真集のなかでそれぞれ一番お気に入りのカットを教えてください。

ジャン 僕は落ち葉で片目を隠した写真です。これは撮影していたときに地面にたまたま木の葉が落ちてきて、それで「じゃあ片目隠をしてみようかな?」みたいなノリで自分からポーズを決めました(笑)。基本、僕の撮影のときはカメラマンさんも「自由にやっていいよ」と言ってくださったので、木に登ったりもしていました(笑)。

 僕は玲於が電動バイク(※免許がなくても乗車可能)に乗っているこのカットが気に入っています。これだけ見ると颯爽と走っているように見えますけど、玲於の電動バイクだけ全然スピードが出なくてめちゃくちゃ遅くてビックリしたっていう(笑)。背後に洸希が微妙に写っているんですけど、後から玲於を追い抜いてすごく差が開いていったのも面白かったです(笑)。

玲於 本当に僕のだけ普通の自転車レベルのスピードだったんですよ(笑)。

SUPER★DRAGON 志村玲於 エンタメステーションインタビュー

 (笑)。僕はファイヤードラゴンの4人で夜の海で撮った写真かな。ファイヤードラゴンは年上のグループなので、ライブでも大人の色気を意識しているのですが、そういう艶っぽさみたいなのを僕らなりに表現できた気がします。あと、この水しぶきが飛んでいる感じも好きです。ちなみにこの撮影のとき4人で水を掛け合ったり、相撲をしたりしていたんですが、それで目の中に海水が入って痛かったのも思い出です(笑)。

玲於 マングローブでボートに乗って探検中の写真は思い出深いですね。僕は海外の野生動物を扱った番組を見るのが好きで、昔からマングローブに行ってみたかったんです。現地では緑色と黒色の蛇を見ると幸運になれるという言い伝えがあって、そしたらちょうどこのときいたんですよ! ちなみにこのカットはみんなで超真剣に蛇を探している写真です(笑)。でも、僕らが見つける前に現地の人が速攻で見つけてくれるんですよ。「あ、いたよ」みたいな感じで。しかも下手したら木から蛇も落ちてくるし、撮影が終わるまでに無事2~3匹幸運の蛇を見つけられました。

SUPER★DRAGON 2nd写真集『WARNA WARNI』 撮影:神戸健太郎/©SDP

無事見つけられて何よりです。じゃあさらに幸運になれそうですか?

玲於 そうですね。振り返ると今年の夏は幸運だったなと思います。あ、これってもしかして早速効果が出ているってこと(笑)!? あと、これから冬にかけて僕らのツアーもあるので、良い結果で走り抜けられればいいなと思います。

 えぇ、蛇頼りなの(笑)?

SUPER★DRAGON エンタメステーションインタビュー

最後に写真集の魅力をユーザーにアピールしてください。

 普段ライブやイベントで見せる僕達とはまた違った一面が、ビンタン島の景色と空気感によって、最大限に引き出されていると思うので、是非お手に取って多くの方にキュンキュンしてもらいたいです(笑)。それに僕達自身も今回のロケをすごく楽しめたし、グループの仲の良さも写真からめっちゃ伝わってきます。南国の解放的な雰囲気のなかで、素ではしゃぐSUPER★DRAGONの姿をたくさん見てほしいです!

SUPER★DRAGON 2nd写真集『WARNA WARNI』

発売日:10月19日(土)
※10月13日(日)より、SUPER★DRAGON UNIT LIVE TOUR「TRIANGLE」ツアー会場にて先行発売
撮影:神戸健太郎
撮影地:インドネシア・ビンタン島
価格:¥2,273+税
仕様:A4変形/112ページ
発行:SDP

★発売記念イベント、『SUPER★DRAGON Limited Store』6 都市で開催決定!
詳細はこちら…

SUPER★DRAGON

2015年9月27日結成。スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャーユニット。通称“スパドラ”。
ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、Newミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなるような振付が魅力。
時には、年上メンバー4名による「ファイヤードラゴン」、年下メンバー5人による「サンダードラゴン」と9人が2チームに分かれる変幻自在なスタイルも特徴的。
2016年11月、1stシングル「Pendulum Beat!」(テレビ東京系アニメ「遊☆戯☆王ARC-V」OP主題歌)で念願のCDデビュー。2017年には、CDデビューから2ヶ月でアルバム「1st Impact」をリリースし勢いを加速。以降2018年1月に3rdシングル「Monster!」でオリコンウィークリーチャート2週連続トップ10入りのロングセールスを果たし、その年の春には約1万人を動員した初の全国ホールツアー6th ONEMAN LIVE TOUR『HAZARDSCHOOL 0』を成功させる。8月にリリースした4thシングル「SWEET DEVIL」(MBS/TBS系ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」オープニングテーマ)で約10万枚を売り上げ、その勢いに乗り2019年2月には2ndアルバム「2nd Emotion」を発売。アルバムをひっさげて開催した五大都市Zeppツアーでは約1万3千人を動員。異例の速さで次々と記録を塗り替え、飛躍的な進化を続けている。
近年では、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(NTV)、CM「シーブリーズ」(資生堂)にメンバーの古川毅が出演するなど、ソロでもドラマ、舞台、バラエティ番組の出演などそれぞれの活躍の幅を広げている。
8月14日(水)に3rdアルバム「3rd Identity」をリリース。大阪・大阪城野外音楽堂と東京・日比谷野外大音楽堂でグループにとって初の野外ワンマンライブを成功させた。
10月13日(日)より、SUPER★DRAGON UNIT LIVE TOUR 『TRIANGLE』ツアーがスタート、「ファイヤードラゴン」、「サンダードラゴン」のユニット別ミニアルバムが今冬2週連続でリリースされる。

オフィシャルサイト
http://super-dragon.jp/
オフィシャルTwitter
@Supdra_staff

志村玲於(ユニット:ファイヤードラゴン)

1999年1月29日生まれ(20歳)、東京都出身。
趣味・特技:料理・アニメ・声優

Instagram
@reoshimura0129

古川毅(ユニット:ファイヤードラゴン)

2000年2月27日生まれ(19歳)、東京都出身。
ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(NTV)、CM「シーブリーズ」(資生堂)に出演。
趣味・特技:ファッション・ギター・映画鑑賞

Instagram
@tsuyoshifurukawa_227

ジャン海渡(ユニット:ファイヤードラゴン)

2000年5月4日生まれ(19歳)、東京都出身。
趣味・特技:作曲・アニメ・ゲーム

Instagram
@jjean_naejj
Twitter
@jjean_naejj
SoundCloud
https://soundcloud.com/jjean_naejj

飯島颯(ユニット:ファイヤードラゴン)

2001年10月12日生まれ(17歳)、東京都出身。
趣味・特技:サッカー・愛猫・クイズ番組

Instagram
@hayate_kumakun_official

フォトギャラリー