Report

間宮祥太朗の読めない本心に桜井日奈子も困り顔。映画『殺カレ死カノ』完成披露で明かされた、堀田真由、金子大地らの〇〇な一面

間宮祥太朗の読めない本心に桜井日奈子も困り顔。映画『殺カレ死カノ』完成披露で明かされた、堀田真由、金子大地らの〇〇な一面

11月15日(金)に公開される、映画『殺さない彼と死なない彼女』の完成披露上映会が本日10月17日(木)に新宿バルト9にて行われ、間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹、小林啓一監督が登壇した。

劇中共演シーンがそれぞれ少なかったというキャストたち。イベントでは、作品のタイトルにちなみ「〇〇ない彼」「〇〇ない彼女」と書かれたフリップに自身の特徴を当てはめ、お互いのことを知ろうという企画が進行された。

まず、間宮は【あまり感情が顔に出ない彼】と書かれたフリップを披露。「マネージャーが、いい仕事が決まったタイミングとかで電話くれるんですけど、伝えた時の反応がどうも腑に落ちないらしく…。僕も嬉しいんですけど、『あぁ、よかったっす』くらいなんですよ。それにマネージャーが『もっとさ~、やった~とかないの?』とか怒るんです(笑)。あと、サプライズとかもうまく反応できないですね(笑)」とコメント。すると、間宮との共演シーンが多かった桜井も「確かに現場でも何を考えているか分からないというか…たまに素の顔でふざけられると冗談なのか分からなくて」と思い当たることがあるよう。間宮は「僕、急にふざけたくなるタイミングがあるんです(笑)。例えば、自販機で売っているドリンクなのか固形物なのか分からないやつを、『これ好きでしょ?』って言って、何日間が渡し続けたり…(笑)」と、具合的なエピソードを語ると、桜井は「顔に出ないので、本当に私が好きだと思って渡されているのるか、分からなかったですね」と少し困り顔で語った。

また、桜井は【捨てられない彼女】と書かれたフリップを披露し、「いつか使うだろうと思って、とっといちゃって。どんどんモノって増えますよね」とコメント。間宮は「僕は結構捨てるんですけどね。でも、今の話を聞いて、これから、どう考えてもいらないなっていうものをやたらとあげてみようと思いました(笑)」といたずらな笑顔を見せた。一方、桜井の【捨てられない彼女】に共感したのは、【選べない彼女】と回答した箭内。「桜井さんのは共感できます。私もすごい優柔不断で、YESかNOすらも選べないんです。だから一緒にいる友達とかマネージャーさんには迷惑をかけちゃってるなって思ってます」と明かすと、桜井は「私の場合は悩んで選んだのに必ず後悔する(笑)」と話し、笑いを誘った。

さらに、【間宮さんをいじれない彼女】と書かれたフリップを披露したのは堀田。「確かにいじれない!」と恒松、桜井ら女性陣がうなずき「分かる分かる、いじりづらい!」共感していると、堀田は「以前、間宮さんと幼馴染の役をやらせていただいたんですけど、その時、すっごいいじられて(笑)。『走り方が変』とか『女優なのに髪が汚い』とか(笑)」と、まさかのエピソードを告白。「ちょっと!弁明させてください!」と間宮が「髪の先まで水分いってるかな? っていう、とてつもない日があったんですよ(笑)。それで、いじったんですけど…。でも、うまいこと返してくれるんですよ」と、たじたじの様子。恒松の「今、いじってみたら?」という提案に、堀田は「なんか、今日の服変じゃない(笑)?」と一言。キャストからも会場からも笑いが起こった。

そして、「子供みたい!」とキャストから総ツッコミも食らったのは【起きられない彼】と回答した金子。「ほんとうに~、起きれないんですよ~……」とすでに反省気味。すると、追い打ちをかけるように、「そういえば、オーディションの時、遅刻してきてた! 走ってた、パジャマで!(笑)」と恒松がまさかの告白。本当に申し訳なさそうにしている金子に間宮は「もしかして今寝てる?」と語りかけると、「今はめちゃくちゃ起きてます!」と気合十分に返答した。

最後に、「泣ける四コマ漫画ということだったので、構えて原作を読んだんですけど、泣かそうとか感動させようとか、いやらしさを感じさせない、優しくて、ありのままで。出来上がった映画を観てみたら、すごい綺麗な映画だなぁと思いました。あんまり泣けるっていうプレッシャーをかけたくないんですが、かけたとしても、泣かせようとする映画のにおいみたいなものはしないので、安心して観ていただけると思います。あとは、人間関係の最小数の話だと思っていて、SNSのフォロワーの人数とか大人数で撮った写真とか数に敏感になりがちな世の中に、自分にとっての1人の存在がどれだけ大切で、その1人どれだけコミュニケーションが取れているかが重要だと思います。観終わったあとに、そういう1人が思い浮かべばいいなぁって。もし観て心に残りましたら、自分が大事だなと思う人に口で伝えてほしいです。そのほうが、その人は絶対観てくれると思います。宜しくお願いします」(間宮)、「自分の許せる人が1人いればいいなって思ってます。先ほど間宮さんも仰ってましたが、数じゃないんだよ。1人いれば大丈夫なんだよっていうメッセージ性のある映画になっています」(桜井)とそれぞれ映画をアピールして、イベントは幕を閉じた。

映画『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

【STORY】
何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

出演:間宮祥太朗 桜井日奈子 恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう 金子大地 中尾暢樹/佐藤 玲 佐津川愛美/森口瑤子
監督・脚本:小林啓一『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽︓奥華⼦/主題歌︓「はなびら」奥華⼦
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会

オフィシャルサイト
http://korokare-shikano.jp/

オフィシャルTwitter
@korokareshikano

オフィシャルInstagram
@korokareshikano

『殺さない彼と死なない彼女』原作