Interview

久しぶりの再共演でダダ洩れる、高杉真宙と佐野 岳の素顔。『超・少年探偵団NEO -Beginning-』の撮影を振り返る

久しぶりの再共演でダダ洩れる、高杉真宙と佐野 岳の素顔。『超・少年探偵団NEO -Beginning-』の撮影を振り返る

江戸川乱歩の人気小説「少年探偵団」シリーズをもとに、少年探偵団の初代団長の小林少年のひ孫で高校生の芳狼と親友のワタリ、明智小五郎のひ孫の小夜が怪事件に遭遇する学園ミステリー『超・少年探偵団NEO -Beginning-』がいよいよ10月25日(金)に公開。“Beginning”と銘打つ通り、超・少年探偵団NEOが結成されるまでの物語が綴られる。

主人公の芳狼に高杉真宙、親友のワタリに佐野 岳が扮しており、『仮面ライダー鎧武/ガイム』以来の共演となったことも、話題を集めている。ポストプロダクションに時間をかけられ、撮影から公開まで2年を要した本作を、勝手知ったる高杉と佐野が楽しく振り返った。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 増永彩子


再共演で感じた、お互いの成長と変わらないところ

『仮面ライダー鎧武/ガイム』(13)以来の共演ですね。久しぶりに共演してみていかがですか?

高杉 もともと佐野くんにはお兄さんっぽさがありましたが、僕が言うことではないですけど、より一層大人っぽくなったなぁと感じました。あと、ライダーで初めて会ったときから、佐野くんは明るくてフレンドリーな、太陽のような人で、再会してもそこは全く変わっていませんでした。明るくて太陽のような、頼れる兄貴です。

佐野 高杉くんは顔つきが大人になりました。現場での居方も昔とは変化していたと思います。でも、役と真剣に向き合って、常に葛藤しながら演じている真面目な姿は、昔から一貫して変わっていないなと感じました。

超・少年探偵団NEO -Beginning- 高杉真宙 エンタメステーションインタビュー

芳狼と、1つ年上の親友ワタリという関係でしたが、再共演のふたりにとって、関係性を築くのは問題なかったですか?

高杉 そうですね。僕から見ると、佐野くんは完全に兄貴だから。

佐野 それに、撮影前にワークショップをやれたのもよかったよね。

ワークショップをしたんですか?

佐野 はい。そのなかで、みんなで役として“人狼ゲーム”をやりました。

高杉 僕、速攻殺されましたよ(笑)。役として参加と言いながら、こんなすぐに殺されちゃうんじゃ、役も何もないぞって感じ(苦笑)。

佐野 バレバレだから! そういったところも変わらないなと思った。高杉くん、嘘つけないなって(笑)。作品の冒頭で小夜(堀田真由)の出ているCMを見ながら話すシーンを最初のほうに撮ったのですが、久しぶりの共演でも、そうした時間があったことで、すんなり入れました。

高杉 一瞬でもとに戻れたし、“人狼ゲーム”をしたことでみんなとの距離も縮まりまって、超・少年探偵団のメンバーのみんなの色が分かって、すぐに仲良くなれました。やっぱりリーダーは佐野くんで、ゲームのときも佐野くんが全体を回していました。

佐野のアクションへの姿勢に高杉も興味津々

超・少年探偵団NEO -Beginning- 佐野 岳 エンタメステーションインタビュー

芳狼とワタリは頭脳派と武闘派のコンビですが、クライマックスにはワタリのアクションがありました。

高杉 佐野くんのアクションはすごかったです。

佐野 やりたかったので、アクションシーンを入れていただけたのは有難かったです。でも、僕だって気づいてくれるかな(苦笑)。

高杉 佐野くんって、これまでに自分のアクションシーンで、吹き替えの人にアクションやってもらったことってある?

佐野 ライダーのときの1話のシーンだけちょっと吹き替えがあったかな。あとは自分自身で全部やってる。

高杉 やっぱり自分でやってるんだね。それってすごいことだよね。

佐野 この撮影のちょうど後に、LAにアクション修行にも行ったんだよ。岡田(准一)さんがやられているジークンドーの総本山に、1週間くらい行ける機会があったから。

高杉 えー、すごい!

超・少年探偵団NEO -Beginning- エンタメステーションインタビュー

そういう話を聞くと、高杉さんも何かの修行に行きたいなと思いませんか?

高杉 うーん。語学は習いたいとずっと思ってるんですけどね。

佐野 忙しいから行く時間がないよね。

高杉 いや、行こうと思えば行けると思うんですけど、まだ、僕にそこまでの強い意志が……(苦笑)。語学をやるぞって、気持ちだけは始まってるんですけど、実際の行動は全然始まってないです。仕事以外で海外に行ったこともないし。

佐野 そうなんだ。俺この間一人旅でインドに行ったけど、また行きたいな。

高杉 僕は家にいるのが好きだからなぁ。

超・少年探偵団NEO -Beginning- 高杉真宙 エンタメステーションインタビュー

高杉のアニメ愛炸裂。ふたりとも続編希望でロケ地も(勝手に)決定?

高杉さんはインドアタイプですもんね。そしてアニメ好きとして有名です。本作でも、アニメ関係の方が多く参加されています。

高杉 そうなんです! 実写にアニメが入ってくると聞いていたので、楽しみにしていました。むしろそれが楽しみで参加したと言ってもいいくらい(笑)。すごくオシャレでした。現実的なものと掛け合わされると、さらにいい状態になるんだなと感激しました。脚本が赤尾でこさん(『荒川アンダー ザ ブリッジ』『ノラガミ』など)で、怪人二十面相のデザインが天野喜孝さん(『ファイナルファンタジー』『タイムボカン』シリーズなど)ですからね。テンションがめちゃくちゃ上がりましたよ!

佐野 怪人二十面相の声をやってもらった声優の神谷浩史さん(『夏目友人帳』『進撃の巨人』『おそ松さん』など)とも仮面ライダー以来だったし。嬉しかったよね。

高杉 そうだよね。アニメファンにとっても観たいと思うポイントがすごく多い作品だと思います。

佐野 この作品ならではの世界観になっていると思います。

超・少年探偵団NEO -Beginning- 佐野 岳 エンタメステーションインタビュー

ちなみにおふたりは、超常現象は信じますか?

佐野 都市伝説とか大好きです。

高杉 僕はネットでまとめ記事とか、みんなのコメントを読むくらいかな。

佐野 そういうの調べたり見たりしてるとさ、怖くなっちゃうんですよね。すごく好きだけど、たとえば「死んだらどこに行くんだろう」とか不安になっちゃいます。とりあえず、すんごくポップなアニメを見て、怖くなった気持ちを持ち直して、帳尻を合わせる(笑)。

高杉 あはは! 気持ちの帳尻を合わせる? それ、すごいね(笑)。

超・少年探偵団NEO -Beginning- エンタメステーションインタビュー

佐野 ほんと好きなんだよ。だから今回の作品もすごく好き。今回は、『Beginning』だったから、また次をやりたいよね。

高杉 結局、少年探偵団としての活躍はまだしてないからね。だからちゃんと少年探偵団としての活躍をしたいよね。撮影からも2年経ったから、僕たち、少年じゃなくなっちゃったけど(苦笑)。

佐野 だから“超”なんだよ。少年を超えるっていうね。“超”少年探偵団だから、OK(笑)。第2弾は香港でとか、よくない?

高杉 佐野くん、それ2年前の本読みのときから言ってたよ。今度は海外、香港でやりたいって(笑)。

佐野 そうだっけ(笑)。イギリスとかローマとかじゃなくて、東南アジア系が合いそう。

高杉 定期的に共演できたら嬉しいよね。じゃあ、次は香港編で!(笑)。そのためにも、まずは『Beginning』を観てもらわないとね。


【募集終了】抽選で1名様に高杉真宙さん&佐野 岳さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

高杉真宙さん佐野 岳さん直筆サイン入りチェキ
応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月24日(木)~10月31日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』

10月25日(金)新宿バルト9・渋谷TOEI ほか全国順次公開

【STORY】
怪人二十面相が姿を消して10年―。ついに、宿命の扉が開かれた!
初代小林少年のひ孫・小林芳狼(高杉真宙)は、親友のワタリ(佐野岳)、そして幼馴染にして明智小五郎のひ孫である明智小夜(堀田真由)とともに、ごく平凡な高校生活を送っていた。
そんなある日、芳狼の前に10年ぶりに怪人二十面相が姿を現す。
二十面相は「約束の時は近い」とだけ言い残し去って行く。果たして二十面相の言う「約束」の真意とは…?
同じ頃、学園には次々と怪事件が起こり、ミステリー同好会メンバーであるクロサキ(長村航希)、夢野正太郎(板垣瑞生)、塚原舜(前田旺志郎)は事件の謎解きにのめり込んでいく。
芳狼は、10年前のある出来事をきっかけに封印していた怪人二十面相との記憶を徐々に思い出し、自らの秘められた能力や宿命と向き合い始めるが、怪人二十面相に引き寄せられていく芳狼を心配するワタリや小夜との関係には不穏な空気が漂い始める…。 果たして、芳狼たちを待ち受ける運命とは!?
全ての謎が絡み合い、答えが見つかるとき、今こそあの『少年探偵団』が復活する!
その名も『超・少年探偵団NEO』!!

出演:高杉真宙 堀田真由 長村航希 板垣瑞生 前田旺志郎 佐野 岳 ほか
原案:江戸川乱歩『少年探偵団』シリーズ  
監督:芦塚慎太郎
脚本:赤尾でこ 芦塚慎太郎
音楽:丸山漠(a crowd of rebellion)
主題歌:a crowd of rebellion「Calling」(Warner Music Japan Inc.)
配給:coyote 
配給協力:アーク・フィルムズ

©2019 PROJECT SBD-NEO

オフィシャルサイト
http://SBD-NEO.com/