Interview

何もしないで画がもつ役者になりたい──鈴木亮平が『ひとよ』で掴んだ“表に出さない表現”

何もしないで画がもつ役者になりたい──鈴木亮平が『ひとよ』で掴んだ“表に出さない表現”

映画『凶悪』や『孤狼の血』をはじめ、これまで“疑似家族”のような人間関係を描いてきた白石和彌監督が、初めて“血縁に縛られた家族関係”に取り組んだ『ひとよ』(11月8日(金)公開)。

子どもたちを救うために暴力を振るう父親を殺め、警察へ出頭する母・こはる(演/田中裕子)の言葉をそれぞれ胸に抱きながら歩んだ15年を経て、大樹(演/鈴木亮平)、雄二(演/佐藤 健)、園子(演/松岡茉優)の三兄妹が再びこはると対面する──。

今作で鈴木亮平が演じたのは、妻にすら本音を明かすことができない長男・大樹だ。吃音をもつうえ、母親の事件以降“加害者家族”として偏見の目を向けられてきた大樹という人物を、鈴木は「自分のなかにしっかりと落とし込むために」あらゆる準備を行ない演じた。そうして得たものとは、鈴木が今後、役者として歩み続けるための指針となるような“理想の表現”へのヒントだったという。

取材・文 / とみたまい 撮影 / 増永彩子


大樹という人物を理解するうえで“吃音”がすごく助けになった。

父親から執拗な暴力を受け続けていた三兄妹を守るため、母・こはるが夫を殺した“15年前の夜”から始まる『ひとよ』。鈴木さんが演じる三兄妹の長男・稲村大樹は吃音のため人とコミュニケーションをとることを苦手としていますが、兄妹のなかで唯一、家族(妻と娘)をもっています。大樹を演じる際に、どこから彼の心情を紐解いていったのでしょうか?

あんなに酷い親父で、そのために母親が人殺しにまでなったわけですが、「そういった境遇の人間がなぜ、わりと若いうちから結婚して子どもを作ったんだろう?」って、最初に思ったんですね。大樹の妻・二三子(演/MEGUMI)のセリフからも、「(妻よりも)彼が結婚したくて、彼が子どもをほしかった」とうかがえましたから……僕は“父への復讐”という意味合いがあるんじゃないかと思ったんです。

鈴木亮平 エンタメステーションインタビュー

“復讐”ですか。

「自分は親父とは違う」と証明することで、彼のなかでは父親への復讐になると思っていたんじゃないかなあと感じたんです。でも、彼は人生のなかで“殴る親父”しか知らなくて、“良い親父”というのを見たことがなかったわけだから、ふとした拍子に自分も同じようなことをやってしまって。「結局自分も親父と同じなのか?」と、ものすごい自己嫌悪に陥っている状況なんだろうなと感じたんですね。そういったところから大樹という人物を自分のなかに広げていきました。その次に「じゃあ、この15年のあいだに彼の身には何が起こっていたのだろう?」と考えていったんです。

鈴木さんが考える、大樹の15年とは?

大樹には吃音があって、本来の大樹はそれを隠そうとするタイプだったのか、意識せずに人とコミュニケーションをとるようなタイプだったのかはわかりませんが、お母さんの事件があってからは、彼はどんどん自分を隠すようになっていったんじゃないかなと思いました。なるべく世間から見られたくないし、自分からも喋りたくない。そうやって大樹はいろんなことを自分のなかに溜め込んで、それを人に話すようなこともせず……どんどん溜め込んでいったんでしょうね。だから妻からも「なんで言ってくれないのよ?」って詰められて、夫婦の関係がどんどん悪くなっていったんじゃないかと感じました。

吃音のお芝居は難しい部分も多かったと思いますが、一方で、大樹の心情を表現するうえで助けとなった部分もあるのではないでしょうか?

そうですね。吃音にかぎらず、身体的な癖や特徴というのは、少なからずその人の性格に影響を及ぼす部分があると思いますから。そういう意味では、吃音があるからこそ大樹の性格がより把握できたと思いますし、よかったところはあると思います……うん、助けになったことのほうが多いかなあ。

吃音について、いろいろとリサーチしてから撮影に臨まれたとうかがっています。

クランクインする前にリサーチできるような場を用意していただいて、吃音の方々からお話をうかがう機会をいただきました。吃音とひとことで言っても、単語や文節のなかのどこが詰まるかは人によってそれぞれ違って、個人差がとても大きかったりするんですよね。ですから、あんまり誤解されたくないなと思うのが……僕が演じたような大樹の吃音が、“代表的な吃音の症状”というわけではないんです。僕は彼の吃音を、彼の性格や起こった事件も含めて「大樹だったらこういう喋り方になるんじゃないか」と考え演じたまでなんですよね。

大樹の場合は、先ほどおっしゃったように「どんどん自分を隠すようになっていったのではないか」と鈴木さんは考え、そこを含めてああいった表現になったと。

そうなんです。子どもの頃は堂々と喋っていたかもしれないけれど、大樹の場合は“殺人犯の息子”というのが乗っかるので……社会的な目線で嫌がらせがあったりするなかで、自我が芽生えて思春期になっていくと、吃音を隠す喋り方になってくると思うんですよね。ただ、うまく誤魔化せるほど症状は改善されていないので……僕としては、その感じをこだわって作ったつもりなんです。

具体的にはどういった“こだわり”でしょうか?

なるべく詰まりたくないから、恐る恐る喋るんだけど、詰まってしまうとか。一回言葉を発したけれど、詰まってしまって別の言葉を引っ張り出してきたり。わりと細かくやっているんです。そうすることで、「大樹はこんなに生きづらいんだ」っていうことが、自分のなかにどんどん落とし込めていきました。表現するのは難しかったですし、練習も必要でした。未熟なところもあると思いますが、大樹を理解するうえで“吃音”というものがすごく助けになった気がします。相手に気持ちを伝えたいけれど、(吃音も相まって)うまく伝わらないから、もう(大樹は)伝えないんだなって……それって、演じてみるまではわからなかったことでしたから。そうやって、自分が実際に詰まって話すことでわかってきた部分もたくさんありました。

鈴木亮平 エンタメステーションインタビュー

より真実に近い“記憶”を自分のなかに落とし込むために、子役の現場を見学。

加害者家族を演じるという面で、事前に用意などはされましたか?

加害者家族と言ってもいろんなケースがあるので、一概にはなかなか言えないと思うんですね。なので今回は、特段なにか予習するといったことはせず、自分の想像と、これまでの知識で作り上げていった感じです。僕はいつも、「この人はどういう人間なんだろうか?」というのを自分のなかでなんとなく落とし込んでから、「じゃあ、そういう人はどういう立ち方、在り方、話し方、声になるだろう?」といったように作っていくんです。今回は特に、その一番最初の部分が重要だったように思います。

話し方については、先ほどおっしゃったようなことだと思いますが、立ち方や在り方について意識した部分はどこでしょう?

「身体の大きさが目立たなければいいな」と思いました。『西郷どん』でかなり身体が大きくなっていたんですが(笑)、『ひとよ』のクランクインは『西郷どん』が終わって半年経ったくらいだったので、身体はだいぶ戻っていたんですけど、やっぱり大きいので……大樹はなるべく人に顔を見られたくない人間だと思うんですよ。話しかけられたら、言葉を返さないといけないから。ですから、身体の大きい僕が演じる大樹が「人に顔を見られたくない」と思ったときに、猫背になるだろうなって思ったんです。身体が大きいと喋るときに下を向くので、ただでさえ猫背になるんですが、さらに人の目を避けようとすると……僕もそうですが、ものすごく猫背になるんです。そういう意味で、猫背にすることはかなり意識しました。

鈴木亮平 エンタメステーションインタビュー

ご自身の出番がない現場にも足を運び、大樹の子ども時代を演じている子役の撮影を見学されたとのことですが?

僕はいつも、自分の子ども時代を演じる子役の撮影は見に行くようにしているんですが、今回は吃音の癖を合わせたり……大樹って実はちょっと手が曲がっていたりするんですが、そういった共通点を保つためにも見ておこうというのがひとつありました。ただ、それ以上に「大樹が15年前はどういう人間だったのか」というのを見ておきたかったというのが大きいです。そこから壮絶な15年を過ごした人なので、子役のお芝居に寄せるつもりはありませんが……というか、むしろ変わっておきたいなと思って。子ども時代の大樹を見て、「ここから15年で、彼はどういうふうに変化したんだろう?」と、自分のなかで15年がさらに濃くなったらいいなと思って見させていただきました。

役者さんによってアプローチの仕方は異なると思いますが、鈴木さんが「自分の子ども時代を演じる子役の撮影は見に行くようにしている」のはなぜでしょう?

僕は演じるときに“記憶”というものをすごく大事にしているんです。例えば、セリフのなかで「15年前」って言ったときに、自分のなかで勝手に想像している15年前より、現場で実際に見た15年前の(シーンの)ほうが強烈に自分のなかに残るので、演技がしやすくなります。子役の現場を見ると、「より真実に近いものが自分のなかに出てくる」ということです。演技を見るという感じではなく、一緒にその場を体験して、それを“子ども時代の出来事”として自分のなかに入れるっていうのが、僕にとってすごく大事なことなんだと思います。

鈴木亮平 エンタメステーションインタビュー

目で見ることで子ども時代を疑似体験して、それを演技に役立てる?

そうですね。現場で実際に見るのと、撮ったものを後から見せてもらうのって、なんか違うんですよね。『西郷どん』のときも、子ども時代に渡辺 謙さんが演じる強烈なお殿様(島津斉彬)と出会って憧れるシーンがあるんですが、頭のなかで想像するよりも、現地に見に行って、子役の彼の視点から謙さんを見上げて「うわー、かっけえ!」って(笑)実感したほうが、僕はその後の演技がやりやすいんです。ですから、そういうところは大事にしています。

1 2 >