Interview

杉江大志&三浦海里の誰も知らない本性が暴かれる!? 舞台『ゲームしませんか?〜荒野行動〜』まもなく開演!

杉江大志&三浦海里の誰も知らない本性が暴かれる!? 舞台『ゲームしませんか?〜荒野行動〜』まもなく開演!

世界中で約3億ダウンロードを突破した大人気バトルロイヤルゲーム『荒野行動』。そのゲームを題材にした舞台『ゲームしませんか?~荒野行動~』が10月30日(水)からこくみん共済 coop ホール(全労済ホール)/スペース・ゼロにて上演される。
本作は、5人の登場人物を中心に描かれる人情劇で、完全オリジナル作品。主人公の売れないビジュアル系バンドで活動する斎藤ショウを杉江大志が演じる。メインキャラクターとして、人気女流棋士の宮西ミーコ 役に吉田綾乃クリスティー(乃木坂46)、中二病をこじらせた高校生の堀 ミキオ 役に三浦海里、冴えないシングルマザーの井口セツコ 役に美津乃あわ、極悪レスラーでミキオの父親の堀 ヒデキ 役に久ヶ沢 徹が登場。この5人がチームを組んで“荒野行動”のゲーム内でバトルに挑む。そのほかにも、前田隆太朗、中村朱里(虹のコンキスタドール)、亀井有馬、宮下雄也、オラキオ、佐古井隆之と若手からベテラン俳優、アイドル、芸人、ゲーム実況者までエンターテインメントの様々なジャンルで活躍する個性豊かなメンバーが集結。
今回はメインキャラクターの5人チームの一員として「荒野行動」という戦場に共に立つ、杉江大志と三浦海里にインタビューをした。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 増田慶


しっかりしたドラマを背負ってお芝居をしたい

吹原幸太さんの脚本が素晴らしい出来栄えで感動しました。

杉江大志 僕もそう思います。脚本は稽古になってからも、テキレジ(脚本家や演出家が脚本に手を加えること)を入れ続け、コメディーの要素を活かしつつ、よりドラマチックにしていますが、現状のままでは満足したくないとみんな思っているので、さらに手を加えて、ドラマ性を強くしようとしています。僕らは今作の特徴である、しっかりした人間ドラマを背負ってお芝居をしたいと思います。

三浦海里 僕も初めて読んだときは思わず笑ってしまって(笑)、重たいシーンもただ重たくならない仕掛けが施されていて、これだけ素晴らしい脚本なので、僕が登場するシーンは責任を持って演じたいと思います。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 杉江大志 エンタメステーションインタビュー

杉江大志

ここまで稽古をしてみて、杉江さんの演じる斎藤ショウと三浦さんの演じる堀 ミキオはどんな役だと思っていますか。

杉江 とても責任感があって良い性格の持ち主で、ただお人好しすぎて、その性格ゆえにショウが所属しているバンドメンバーにも本音を晒さないので、すべての出来事の結末を背負ってしまうキャラクターだと思います。なんでも抱えてしまうために空回ってしまうのですが、みんなに怒られたりしながらも、周りを支えにして成長していくキャラクターです。

三浦 ミキオは設定としては中二病的な傾向がありますが、稽古をしていくと、普通の高校生だなと思うようになりました。自分に自信がなくて、本音と行動が伴わないから、同級生にいじめられているのを親のせいにしたかと思えば、あえて反感を買う行いをするような……素直ではないキャラクターです。それは自分の弱さを認めたくない一心のどこにでもいる子供だからだと思いました。

杉江 ミキオはそうだよね。ショウはまっすぐですが、同時に怖がりだと思います。みんながうまく立ち回れるように努力するのに、いざ困難にぶつかって自分の意見を求められると、正直に言えない。どういう反応が返ってくるのか不安で、心を開いているつもりなのに、上手に開くことのできないキャラクターだと思います。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 三浦海里 エンタメステーションインタビュー

三浦海里

どのように演じていこうと思いますか。

三浦 演出のほさかようさんに言われたのは、「屈折したキャラクターにしないで欲しい」ということでした。稽古の初めは、根暗な性格をそのまま演じようと思っていたのですが、ほさかさんから「周りがそう見せているだけだから、普通の子になって」と言われたので、皆さんの力を借りて役をつくっていきたいと思っています。ミキオは陰陽のある性格で、陽のキャラクターがたくさんいる中で、陰の部分を引き受けているところがあるので、ほかの役を際立たせるようにもしたいと思っています。

杉江 周りのキャラクターがとても濃いので、稽古中にほさかさんと話して、あえて特別な色付けをしない普通の主人公にしようと思っています。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 エンタメステーションインタビュー

自分の役を演じる理由を掘り下げていくことを大切に

ちなみに、普段はどのように役づくりをしていきますか。

杉江 脚本を読んで大枠を読み取りながら、実際にどうやって役を生きればベストなのかを考えて性格を肉付けしていきます。大切なのは、僕が演じる役がどうしてそういった設定なのかをしっかり考えること。ここをサボると、荒いお芝居になると思っているので、自分の役を演じる理由を掘り下げていくことを大切にしています。

三浦 僕はあえて何も考えていないです。今までは脚本を読み込んでつくっていたのですが、固定概念が強くなりすぎる癖があるので、稽古場で「違う」と言われたときに、つくり直すのに時間がかかってしてしまうので。だから、ざっくりは考えるけれど、どんなものも受け入れるスポンジのように柔軟な姿勢で臨みます。

杉江 なるほどね。

三浦 スポンジの状態で稽古場に行って、演出を受けて、自分の中で消化して役をつくっていきますね。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 杉江大志 エンタメステーションインタビュー

ゲームの中だからこそ見せられる素顔がお話の魅力

『荒野行動』というゲームの世界にいるキャラクターと、実際の現実世界にいる役と2役を演じると捉えてもいいんですか?

杉江 あくまでひとりのキャラクターとして演じています。演じ分けたり、2役というよりも、ゲームをプレイしているときのキャラ変した性格も地続きになってひとりの人間を形成していると思うので。普段の僕らもそうですよね。ゲームの中だからこそ見せられる素顔があって、そこがお話の魅力だと思っているので、ゲームと実際の世界で演じている役に違いはないと思います。

三浦 僕は最初は2役だと思っていたのですが、「ゲームの虚構の世界とリアルな世界が一緒になっている設定だよ」とほさかさんが稽古中におっしゃられてからは、ひとりの役だと思うようにしています。たしかに今作は、ヴァーチャルの世界と現実の世界が一緒の空間で展開されるので、ミキオであれば、ゲーム内ではにぎやかに、現実では暗くしてみたり、あくまでひとりのキャラクターが感情の起伏を表現するように演じたいです。

なるほど、ゲームと現実の人格が変わらないから面白いんですね。

杉江 そうです。人間は多面性を持っている生き物だと思います。同じ人でも、話しかける相手によってまったく違うキャラクターになることもありますよね。そういった誰しもが使い分けている性格が、ゲームによって見え隠れするのが今作のポイントだと思います。

三浦 (杉江)大志くんのおっしゃるとおりで、付け加えるとすれば、今回客席に降りてお芝居をすることも多いので、劇場全体がゲーム空間になったり、現実の世界になったりするのもポイントですね。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 三浦海里 エンタメステーションインタビュー

演出のほさかようは誰よりもパワフル

ほさかさんの演出はいかがですか。

杉江 誰よりもパワフルです。今作で初めて演出を受けるのですが、びっくりしました。一番汗かいているよね?(笑)

三浦 そうですね(笑)。

杉江 あれほどのテンションで、夜遅くまで集中力を保っていることに驚きつつ、そのエネルギーに引っ張られて、ほさかさんを中心に座組みが出来上がっています。僕たちはほさかさんに負けないように、しかも想像を超えられるようなお芝居をしようと意気込んでいます。

三浦 ほさかさんを先頭に、稽古場の雰囲気がとても良いですね。ほどよい緊張感の中で、みんなが意見を出し合って舞台をつくっている。今、気づいたんですけど、劇団っぽくないですか?

杉江 そうだね。

三浦 とても居心地が良くて、僕は座組みの中では年齢が下だけれど、みんなに溶け込みやすいので、こういった環境はありがたいです。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 エンタメステーションインタビュー

ここまでの稽古の手応えを教えてください。

杉江 いい感じです(笑)。

三浦 あはは。ひと言で(笑)。けど、そのとおりです。

杉江 とにかく良い稽古を積み重ねているのを感じています。まだやらなければいけないことはたくさんあるのですが、無駄な時間がいっさいないから、残りの時間でどこまで何ができるのかをみんなで考えている段階です。

三浦 課題はたくさんありますが、何をすればいいのかわかっているので不安がないし、あとはどこまでほさかさんが求めているレベルまでたどり着けるかだと思います。

座組みはどんな感じですか。

杉江 チームワークがとてもいいですね。先輩たちが優しくて懐が広いです。特に、僕と(三浦)海里、宮西ミーコ 役の吉田綾乃クリスティーさん、井口セツコ 役の美津乃あわさんと堀 ヒデキ 役の久ヶ沢 徹さんとは、実際にチームをつくるので、チーム力を大切にしています。先輩の美津乃さんと久ヶ沢さんのふたりの存在はとても大きくて、臆せず僕らに意見を言ってくれるし、僕らの意見も受け止めてくれるから、僕たち若い3人は演じやすい場所を提供していただいている気がします。なんでもない会話でも僕らに歩みよってくれるので嬉しいですね。

三浦 僕の役はベテランのおふたりと絡むことが多いのですが、演じやすい環境をつくってくれるので、僕も皆さんが演じやすい空間をつくりたいですね。5人でいるときは、いつも笑っていて、大志くんも座長という立場で大変なのに、そういう表情を見せずに、いろいろなところに目を配りながら、空き時間にアドバイスをしていたりして。本当に良い人しかいない座組みです。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 杉江大志 エンタメステーションインタビュー

座長として今回は何にも困ってない

三浦さんの言葉を受けて、杉江さんは座長としていかがですか。

杉江 嬉しいですね。ただ、今回は何にも困ってないです(笑)。あくまで、ほさかさんが稽古を引っ張ってくれて、先輩方は僕を自然と座長として立ててくださるし、その影響を受けて僕もみんなを支えようとできるから、自然と前に転がって後ろ向きにならないカンパニーです。とにかく、いろいろな意見が飛び交いながら、みんなが座組みを支えようとしているので、座長としての職務をしっかり果たしたいです。

三浦 僕は引っ張っていただいている気がしますけど(笑)。大志くんを含め、いろいろ助けていただいている部分があるので、お芝居で恩返ししたいです。

杉江 サボっている人が誰もいなくて、みんな前のめりですね。厳しいことを言われても前向きになれるカンパニーだと思います。

実際に役を演じたり、『荒野行動』をプレイしてみて、このゲームがこれほど多くの人に愛される理由を感じたりしますか。

杉江 アクション系のゲームの走りですし、アプリで手軽にできますよね。それに、いつでも始められるし、終わることができるのも特徴だと思います。

三浦 ミリタリーの要素もありますよね。武器好きにはたまらないかも。このゲームは何もない状態から武器を拾っていくので、ある意味フェアなルールです。ほかのゲームはスキルがあって、「ヨーイドン」で勝負しても初めから差がついてしまうのですが、それがないのが魅力だと思います。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 三浦海里 エンタメステーションインタビュー

ゲームをプレイすると白熱して思わず素の自分が出ると聞くのですが、役者として役に没頭していて素が出てしまうことはありますか。

杉江 役者をしていると、素の自分とは何だろうと考えたりします。自分の中にないキャラクターを演じることはできないわけですから。だからどの役も、言ってしまえば自分自身かもしれませんね。演じているだけで素が出ている気がするときがあります。

三浦 僕は笑ったときに出てしまいます。舞台上で不意に笑ったときは、集中はしているのに、素が出てしまう(笑)。

杉江 わかる(笑)。

杉江大志と三浦海里は面倒くさがり

ご自身の本性も見えてくると思いますが、どんな感じなんでしょう(笑)。

杉江 僕は怖くて言えません(笑)。

三浦 あはは。

杉江 普段からわりとさらけ出している傾向にあるかもしれませんね。が、とにかく面倒くさがりなんです。

三浦 わかります。僕も面倒くさがりです。それにあえて多くの人に好かれたいと思わないし、同時に嫌われたいとも思わないけれど、嫌われたらもったいないと思ってしまうところがあるから、八方美人なところもあるかもしれません(笑)。

ゲームしませんか?〜荒野行動〜 エンタメステーションインタビュー

(笑)。そんな面倒くさがりのふたりが役者をやり続けられる理由はありますか。

杉江 役者も面倒なことたくさんあるよね?

三浦 たしかに。でも、面倒くさがりで飽き性にはぴったりかもしれません。普通のお仕事は毎日やらないといけない大変な作業がありますが、役者は本番が終われば次の公演があって、別のキャラクターになれるので、役者をしていると飽きないですね。

杉江 そうだね。役者は公演ごとにいろいろな感情を抱くことができるし、舞台上で起きることは楽しいので、新鮮だし幸せに感じます。

たくさん笑って、何かを感じとって帰っていただければ嬉しい

それでは、見どころをお願いいたします。

三浦 人気ゲームの『荒野行動』を取り上げただけではなくて、ドラマの部分もしっかり書かれています。しかも、重すぎず、ポップなスピード感のある作品になっているので、観劇したあとにはスッキリしていただけると思います。気負うことなく観ていただける作品ですので、フラットな気持ちで劇場に来てください。

杉江 とても楽しいコメディーに仕上がっていると思いきや、それだけではなくて、お客様の心に何かが残る仕掛けがたくさんあります。登場人物にはそれぞれ個性があるので、共感できる要素もあって感情移入できると思うので、たくさん笑って、何かを感じとって帰っていただければ嬉しいです。


【募集終了】抽選で3名様に杉江大志さん&三浦海里さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

杉江大志さん三浦海里さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月29日(火)~11月5日(火)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


舞台『ゲームしませんか?~荒野行動~』

2019年10月30日(水)~11月4日(月・祝)こくみん共済 coop ホール(全労済ホール)/スペース・ゼロ

STORY
冴えないビジュアル系バンド『十二使徒』の解散で無為な毎日を送る斎藤ショウ。
バイト先で極悪レスラー堀 ヒデキと知りあったことで運命の歯車が回り始める。
恋愛に悩むアイドル女流棋士宮西ミーコ、中二病のこじらせ男子の堀 ミキオ、パートに忙しいシングルマザーセツコ。
本来なら接点のない5人が、スマホを手にした時に世界は一変する。
銃声が響き、爆音が轟く、命が交錯する戦場に立つ仲間なのだ。
お互いの正体を知らぬままにプレイを続け、絆を深めていく5人であったが、やがてそれぞれに大きな転機やピンチが訪れる。
「荒野行動」を通じ繋がり、成長し、問題を解決しようとする5人の戦士たち。
交錯する複雑な人間関係の糸とゲームが織りなすコメディ人情劇!
友情、愛情、親子愛、崩壊と再生と戦略の果てに、彼らは幸福と栄光を掴みとれるのか!?

脚本:吹原幸太
演出:ほさかよう

出演:
斎藤ショウ 役:杉江大志
宮西ミーコ 役:吉田綾乃クリスティー(乃木坂46)
堀 ミキオ 役:三浦海里
井口セツコ 役:美津乃あわ
中村シンジ 役:前田隆太朗
井口ナツミ 役:中村朱里(虹のコンキスタドール)
テツト 役:亀井有馬
松本タクヤ 役:宮下雄也
石川タクロウ 役:オラキオ
宮西ヤストシ 役:佐古井隆之
堀 ヒデキ 役:久ヶ沢 徹

金子佳代
秋山皓郎
中井絢子
河合健太郎
岡田政宏
山下晃季

©「舞台ゲームしませんか?」製作委員会
©2017 NetEase,Inc. All Rights Reserved

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@game_shimasenka)

杉江大志(すぎえ・たいし)

1992年5月7日生まれ、滋賀県出身。主な出演作品には【舞台】ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン、舞台「メサイア」シリーズ、ミュージカル「スタミュ」シリーズ、舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺、舞台『遥かなる時空の中で3』、舞台「DIVE!!」The STAGE!!、舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」、舞台『アオアシ』など【映画】「メサイア-幻夜乃刻-」、映画『刀剣乱舞』、映画「桃源郷ラビリンス〜生々流転〜」などがある。出演待機作には、舞台『文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)』(2019年12月上演予定)、『KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-』(2020年2月上演予定)がある。

オフィシャルファンクラブサイト
オフィシャルTwitter(@sugietaishi)
オフィシャルBlog

三浦海里(みうら・かいり)

1996年10月26日生まれ、埼玉県出身。主な出演舞台には『ママと僕たち』 ~たたかえ!!泣き虫BABYS~、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』シリーズ、舞台『私のホストちゃん』REBORN~絶唱!大阪ミナミ編~、極上文學『風の又三郎・よだかの星』、『GRIEF7』、『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』、舞台『幕末太陽傳 外伝』、舞台版「誰ガ為のアルケミスト 聖石の追憶」などがある。出演待機作には、映画『八王子ゾンビーズ』(2020年春公開予定)がある。

Profile
オフィシャルTwitter(@Kairi_M1026)
オフィシャルBlog

フォトギャラリー