Interview

the shes gone 初めての全国流通盤リリースとツアーの経験を、彼らは新作にどんなふうに反映させたのか?

the shes gone 初めての全国流通盤リリースとツアーの経験を、彼らは新作にどんなふうに反映させたのか?

ロマンティックなメロディー・ナンバーを繊細な歌声で聴かせる3人組だ。今年1月にリリースされたミニアルバム『DAYS』収録曲のMVがどれも再生回数を伸ばし、またリリース後のツアー、およびアンコール・ツアーが全公演ソールドアウトを記録するなど、文字通り注目度急上昇中のなか、早くも新作ミニアルバム『MORE』をリリースする。
ここでは、その注目バンドがどんなふうに生まれ、どんなふうに自分たちの音楽性を定めつつあるのかを、バンドの中心、兼丸に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭


僕と同じような苦さや悲しい気持ちになった人に寄り添う曲を作りたいなと思ったんです。

このバンドは、兼丸さんが始めたバンドということでいいですか。

そうですね。僕と、ギターのマサキが同じ大学のサークルで、彼は背が高くて、けっこうジャニーズ・フェイスで(笑)、ギターも上手で、好きな音楽がandymoriとかindigo la Endだったり、邦楽の趣味が似てる部分もあったので“誘ってみよう”というところから始まりました。それからメンバー・チェンジが何回かあったんですけど、2017年の冬にマサキの高校の軽音部の後輩だったベースのDaishiを誘って、現在の形になりました。

初期設定としては、どういうバンドをイメージしていたんですか。

最初はここまで来ると思っていなくて、“とにかくオリジナルバンドを組んでみたい”とか“バンド・オーディションに出てみたい”とか、それから僕はライブの設営とか警備のバイトをやってたので、いろんなライブの現場に行って“ここのステージに立ったらどんな気持ちだろう?”とか、そういうことをただ漠然と思っていただけで。僕らは恋愛の曲が多いですけど、「恋愛の曲をやろう」と言って始めたわけではないし、もっと言えば「僕の曲をやろう」と言って始めたわけでもないんです。ただ僕がバンドをやりたくてメンバーを集めたっていう。

とすると、メンバーが揃ったらとにかく曲を作っていったんですか。

最初はコピーも混ぜてサークルのライブに出たりしてたんですけど…。メンバーが集まったところでデモを作り始めて…。だから、メンバーが揃ってから、初めて自分の曲を人に聴かせたことになるかもしれないですね。

その曲は前作『DAYS』に入ってますか。

ええっと…、1曲入ってますね。本当に一番最初にライブでやった曲ではないですが、「緑とレンガ」という曲はほぼ同時期に作った曲です。だから、『DAYS』に入っている曲は、結成直後に作った曲からリリース直前に作った曲まで、時期はバラバラなんです。

オリジナルは、作ろうと思ったらすぐに作れましたか。

僕らって、バンドを結成してからオリジナル曲ができるまで半年かかってるんです。長いですよね。しかもその間、外でライブもやってないし…。最初は、デモを作ること自体初めてだったんですけど、とりあえずGarageBandというアプリでドラムとギターと歌とハモリを入れたものをみんなに送るというところから始まって、でも当時は僕のデモや歌詞に対していろいろ意見を言うメンバーもいて、だからバンドの中で固めるのに時間がかかったんですけど、2017年の暮れにオーディションで優勝して、お客さんから「歌詞がいいね」と言ってもらえて、そこで僕の歌詞が評価されたことで、そこから僕に一任してもらえるようになったんです。今のメンバーは「兼丸が書きたいものを書けばいいよ」と言ってくれるので、僕自身も特に歌詞は自分がとにかく納得できるまで、歌入れギリギリまで何度も書き直したりさせてもらっています。

兼丸 エンタメステーションインタビュー

「僕らの曲は恋愛の曲が多い」と言われました。実際、今回の5曲もそういう内容の曲が多いですが、それはやっていくなかでそのテーマにフォーカスされていったんですか。それとも、最初から自分が書くのはそういう曲だと思っていたんですか。

僕らが小さい頃から、恋愛をテーマにした曲を歌ってるアーティストはいたじゃないですか。でも僕は、高校の時に初めて彼女ができて、それまでは恋愛の経験が無いから、恋愛の曲も漠然といいなと感じるくらいだったんです。それが、初めて好きな人にフラれた時に、当時はback numberが好きでよく聴いていたんですけど、それまではわかってなかったいろんな曲の意味がわかり始めたし、そういう曲たちに寄り添ってもらえたような気がしたんですよ。なので、僕がもしオリジナル曲を作るなら、僕と同じような苦さや悲しい気持ちになった人に寄り添う曲を作りたいなと思ったんです。ターニング・ポイントになった出来事が好きな人にフラれたことだったから、そういう曲が中心になっていったということですね。

ラブソングというのは結果的な形であって、やりたいことは悲しみや苦い気持ちに寄り添うことだ、と?

今回は変わってきたんですけど、曲を作り始めた頃は苦い気持ちとか悲しみとか、そういうものを曲に落とし込もうとした時に、嘘をつかずに書けるのが恋愛の歌しかなかったんですよね。もし僕が、もっと社会に不満を感じていたり、“人間とは?”とか“生命について”とか、そういうことを考える人間だったら、そういう歌を書いていると思うんです。でも僕のなかで“これは忘れちゃいけない感情だな”と思ったのが恋愛だったので、それで恋愛の歌が多くなってるんだと思います。

どういう曲にしたいかというのは最初から決まってるんです。

歌詞とメロディーは、どっちを先に作るんですか。

まだ固まってないんですけど、今回の曲で言うと、メロディーをまず作って、それからバンド・アレンジをするんですけど、でもどういう曲にしたいかというのは最初から決まってるんです。部分、部分で歌詞も決まってるし、僕の頭の中では音と並行して考えていってるんですけど、ちゃんと書き始めて最終的に完成させるのはいちばん最後です。『DAYS』の曲は、歌詞とメロディーがいっしょに出てきたものもあるし、詞が先の曲もあるし。ただ、「ここにCメロを持ってこよう」とか「ここに何小節、間奏を入れよう」とか、そういうことを今回は前よりもはるかに意識的に、“どうしたらよりサビが立つかな?”というようなことをすごく考えて作りました。

どういう順番に作るにしても、言われたように、「どういう曲にしたいかというのは最初から決まってる」ということですね。

例えば今回の1曲目「シーズンワン」なら、告白ソングみたいなハッピーな内容ではなくて泥臭い人間味の出てる歌詞になるんだけど、でも悲しい部分ではなくて陽の部分に向き合って書こう、と。それで、具体的にまだ歌詞はできていないんだけど、「こういう情景で、こういうことを書きたい」ということをみんなに伝えて、それでアレンジを進めていくというふうに作っていきました。

兼丸 エンタメステーションインタビュー

「具体的にまだ歌詞はできていない」ということは、兼丸さんもみんなとアレンジを詰めていきながら、今話してくれたような曲のイメージを自分の中で固めていくんですか。

最初にそういうことを伝えて、実際に自分でも弾いてみて、「テンポはこれくらいがいいかな…」とか言いながらやっていくんですが、そこにみんながいろんなアイデアを盛り込んでくれるので、自分の中で狭くなってたイメージがどんどん開けていくんですよね。

「シーズンワン」で言うと、2コーラス目に入るとドラムのパターンが変わりますが、例えばそういうことですか。

そうですね。1コーラス目はドラムもベースも聴きやすくすることで、2コーラス目になったら楽器を立たせることも許されると思ってるんです。しかも、そういうふうに楽器が遊ぶことで歌詞の場面を変えたりすることも許されると思うので、そういうところで僕らも楽しむ、という感じですね。

その先の演奏がいったんトーンダウンしたところで主人公の独白的な気持ちが歌われて最後の大団円に向かうという、そうした音としてのストーリーテリングも意識していましたか。

そういうことを、この曲で初めてちゃんとやれたかもしれないですね。この曲は、元々はもう1音高いキーだったんです。転調したほうがいいのか?ということもすごく考えたし。考えて、考えて、その結果、一度落ちサビを作ったほうが大サビのちゃんと言わなきゃいけない部分がいちばん伝わるんじゃないか、という話になって、ああいう展開になりました。

今回は本当に誰にも負けないくらい優しい曲にしたいなと思ってました。

どうしてそういうことを意識することになったのか?ということを考えるために聞きたいんですが、まず『DAYS』という初めての全国流通盤を作り、それをリリースして、いろんな反応を受け取るということを経験して、どんなことを感じましたか。

まず僕らは、『DAYS』で初めてちゃんとしたレコーディングを経験したんです。初めての大チャンスじゃないですか、全国流通って。だから、曲を作ることしか考えられてなかったんですよ。その後のことなんて全然考えてなかったし、「売れたらいいね」みたいな感じだったし。でも、タワーレコードの「タワレコメン」に選んでいただいて、MVも注目していただいて。ライブも、月に2回くらいやればいいくらいの学生バンドだったから遠征もしたことなかったんですけど、初めて自分たちのツアーというものをやった時に、東名阪ともソールドアウトできたんです。そのツアーで、自分たちの音楽を聴いてくれるお客さんがいるということを実感したのが大きなきっかけになりました。それまでの“この悲しい思いを曲に入れなきゃいけないんだ”とか“曲に昇華しないと、やってられないんだ”というところから、具体的に見える顔も増えたし、関わってくれる人も増えたから、“その人のために歌おう”とか“その人のために何ができるのかな”ということを考えるようになったし、ただ単に曲を作って録音するということだけじゃなくて、ライブも考えられるようになりました。ツアーでお客さんの存在を自分の五感で感じることができたんで、そこで初めて“俺らの音楽を求めてくれる人がいたんだ”というか、“自分たちの存在を認めてくれる人がいるんだ”ということを実感しましたね。

だから、今回の作品ではもっと聴いてくれる人に寄り添う曲を作ろうと思った、ということですか。

『DAYS』では、まだ向き合い方が足りないなと思ったんです。自分たちのことだけで精一杯で、お客さんのことを深く考えられていないなって。ツアーをやったことでそれを感じて、今までの向き合い方では失礼というか、足りないなって。“もっとできるよ、俺らは”と思ったんです。もっと寄り添えるし、もっといい曲を作れるよって。曲それぞれの曲調や印象が違う曲を書きたいと思って、それでさっき「シーズンワン」で話したようなことを考えて曲を作っていったんです。

兼丸 エンタメステーションインタビュー

歌詞とメロディーを作っていく段階で何か意識していたことはありますか。

今回は本当に誰にも負けないくらい優しい曲にしたいなと思ってました。「嫌いになり方」とか「君のパレード」みたいに、悲しい場面を取り扱ってる曲でも、自分の中にある優しさを全面的に出したいなって。そこが、ライブで聴いてもらう前に、音源だけでお客さんにちゃんと伝わるくらい気持ちを込めて、優しさとか人間が持つ温かさを出したいな、と。それが、歌の部分であらかじめ思っていたことです。曲としても、お客さんそれぞれで好きな曲が違うようなアルバムにしたいなと思ってましたね。

それは、ツアーでの実感を経て、自分がもっと届けるべきは優しさや温もりだなと思ったということですか。

自分の気持ちをもっと開放して、自分の限界までお客さんと向き合わないとダメだと思って作ると、そうなったという感じですね。歌で言えば、今までは“上手く歌おう”という意識があったんですけど、今回はそうじゃなくて“いい歌を歌おう”と思ってたし、いい曲を作ろうという気持ちが大きくなったということだと思います。

僕個人としては「ふたりのうた」を書けたことがすごく大きい。

今回の制作を振り返って、兼丸さんの中でポイントになった曲、あるいはポイントになった場面として印象に残っているのは?

アルバムとしての柱は「君のパレード」なんですよ。この曲があるから、後半2曲のシリアスな、人によっては重く捉えられてしまうかもしれない部分も受け取りやすくなってると思うし、この曲自体が今までやれてなかった、ポップスをバンドの音に落とし込むということが上手くやれたなと思うんですよね。それに、この曲の途中でちょっと笑ってるところがあるんですけど、そういうふうに僕ら自身も楽しんでる感じをちゃんと音楽にできたと思うし。ただ、僕個人としては「ふたりのうた」を書けたことがすごく大きくて、というのは恋愛ではなくて人の愛というものをこれまで以上にしっかり書けたんじゃないかなという気がしてるんです。バンドとして、全員で無駄なものを削ぎ落として、シンプルでいいバラードの曲を作れたなとも思うし。この曲がなかったら今までとあまり変わらない印象の作品になってたと思うんですけど、この曲が作れたことでライブのセット・リストの組み方も変わってくると思いますね。

9月29日に対バンしたLOST IN TIMEの海北大輔さんと二人でthe shes goneの「甘い記憶」を歌った映像がYouTubeにアップされています。自分のオリジナル曲は、これまで自分で歌うことが前提だったし、実際に歌うのは自分しかいなかったわけですが、その曲を海北さんのような魅力的なボーカリストが歌うのを間近で聴いて、どんなことを思いましたか。

2、3コ上の先輩だったら“負けないぞ”とか思うかもしれませんけど、海北さんくらいになるともう“僕、歌う必要ありますか?”みたいな。ただただ聴いていたかったですね(笑)。海北さんには「久しぶりにこんな気持ちの歌を歌ったよ」と言ってくださったんですけど、ちょっと微笑みながら歌う余裕があったり、声の深みも僕とは全然違ってて、“こんなこと、あったなあ”みたいなちょっとほろ苦い感じの印象を受けました。だから、20代の人間が歌ってる歌ではなくて、“この曲、こんな大人の歌に変わるんだ”と思いましたね。ちょっと語尾の歌い方を変えるだけで、ちゃんと大人も聴けるビターな曲になるんだって。

兼丸 エンタメステーションインタビュー

客観的に、というのは難しいかもしれませんが、自分が作った曲について客観的に何か思うことはなかったですか。

自分でも、僕の曲を歌うのは難しいと思うんですよ。もちろん、キーとかは歌いやすいように調節しますけど、でもシズゴの曲は僕が一番魅力を伝えられたらそれでいいなと思ってるんです。僕以外の人が歌って、それで“みんなの歌”になるということは思っていなかったですね。誰かが僕らの曲をカバーしてくれて、「その曲、めっちゃいいね」と言われるのは曲が評価されているということなので嬉しいですが、僕としてはthe shes goneが歌う意味が無くなるような気がするんですよ。今は“どれだけ自分たちの歌を作れるか”だと思ってますね。多分、まだできることが少ないんですよ。音楽的にも、歌詞の部分でも。でも、いつかもっといろんなことができるようになったら、自分だけの曲じゃなくて、みんなのための曲を作らなきゃいけないと思えるかもしれないですね。

最後に、全国ツアーにはどんな気持ちで臨もうと思っているか聞かせてください。

もう追加公演以外は全てソールドアウトしているんですね。そのありがたい状況を踏まえた上で、リピートで来てくれるお客さんもいるし、初めて来るお客さんもいると思うし、ツアーなのでセット・リストも各公演とも同じになるとは思うんですけど、1回1回のライブでお客さんが“the shes goneがいて良かった。また来たいな“と思えるようなライブにできるかどうかという勝負だと思っています。僕らの納得度よりもとにかくお客さんが良かったと思ってくれたら、それが全てだと思うので、そういうお客さんが一人でも増えるようなツアーにしたいなと思っています。

その他のthe shes goneの作品はこちらへ。

ライブ情報

“MORE TOUR 2019”

[追加公演]11月5日(火)東京・新代田FEVER w/tonetone、カネヨリマサル
11月9日(土)岡山県・岡山ペパーランド w/ウソツキ
11月10日(日)大阪・大阪Shangri-la w/ウソツキ
11月23日(土)新潟・新潟CLUB RIVERST w/the quiet room
12月1日(日)愛知・名古屋CLUB UPSET w/アンテナ
12月8日(日)宮城・仙台LIVE HOUSE enn 3 rd w/アンテナ
12月21日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-WEST w/the quiet room

the shes gone

兼丸(Vo、Gt)、マサキ(Gt)、Daishi(Ba)。
2016年春、結成。2017年12月。RO JACK for COUNTDOWN JAPAN17/18優勝アーティストとして“COUNTDOWN JAPAN17/18”に出演。2019年1月、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『DAYS』リリース。同年3月、初の東名阪ツアー“DAYS TOUR 2019”開催。全公演ともチケットSOLD OUT。同年6〜7月、追加公演ツアー“DAYS TOUR 2019〜encore〜”開催。全公演チケットSOLD OUT。2019年11月、2 ndミニアルバム『MORE』リリース。同年11〜12月、全国ツアー“MORE TOUR 2019”開催。全公演SOLD OUT。

オフィシャルサイト
http://theshesgone.com

フォトギャラリー