Report

菅田将暉、横浜流星らヒットドラマ出演者登壇!『東京ドラマアウォード2019』授賞式レポート

菅田将暉、横浜流星らヒットドラマ出演者登壇!『東京ドラマアウォード2019』授賞式レポート

本日10月28日(月)に東京都内にて『東京ドラマアウォード2019』の授賞式が行われ、菅田将暉、清原果耶、横浜流星ら受賞者が登壇した。

本アワードは『国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2019』のメインイベントとして行われており、作品の質の高さに加え、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外にも引き合いのある可能性の高い優秀なテレビドラマを表彰するというもの。

今年1月に放送され大きな話題を呼んだ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は連続ドラマ部門 作品賞でグランプリを獲得したほか、菅田将暉が主演男優賞を獲得し“W受賞”を果たした。

この作品は菅田演じる高校教師・柊 一颯が生徒を人質に取り、ある1人の生徒の自殺の真相を明らかにしていくという学園ミステリー。作品の根底で訴えられかけたSNS時代への向き合い方が幅広い世代に大きな反響を呼び、作品や出演者が国内の様々な賞を受賞している。

受賞を受けて菅田は「作品を作る時、スタッフと共に“僕らが思う当たり前の哲学を発信しよう”“この哲学が世の中に伝わらなかったら、もう(撮影を)辞めよう」と話していたことを明かし、作品に対して強い想いを持って挑んでいたことが伺えるエピソードを披露してくれた。

また『初めて恋をした日に読む話』で助演男優賞を受賞した横浜流星は、受賞を受けて今回演じた匡平と自身には“真っすぐ”であるという共通点があると明かし、「匡平は順子(深田恭子)へ一途に想いを寄せていたが、僕も学生時代は極真空手をずっとやっていた。そうした何かに“まっすぐ”なところは、共感ができる部分が多かった」とコメントした。

なお横浜は本作で深田恭子演じる塾講師・順子に恋をした東大合格を目指す不良高校生・由利匡平を演じ、ピンク色に髪を染めたビジュアルと順子に想いを寄せる一途な姿から、視聴者からは“ゆりゆり”という愛称で親しまれ、多くの女性を虜にした。

また、主演女優賞には『透明なゆりかご』に出演した清原果耶が受賞。司会の石坂に“品がある”と評された清原は、その言葉を受け恐縮をしながらも「すごく悩んだり、考えたりする中、自分の中で作品の存在感が大きくなり、この作品を大切にしたいという気持ちができた。それがもし(演技に)表れていたとしたら嬉しい」と一言一言、じっくり考えながらコメントを口にした。

そして、映画『銀魂』などをヒットさせた監督・福田雄一も『今日から俺は!!』で演出賞を受賞。本作について「家族で見てもらい、親子で会話が生まれるドラマを作りたかった」とドラマ制作の意向を明かし、「親には懐かしくて、子供にとってはファンタジー。親は知っているけど子どもは知らないから会話が生まれる、そんなドラマを目指していた。それがうまくいって子どもたちに受け入れられる作品になった」と笑顔で受賞の喜びを明かした。

東京ドラマアウォード2019受賞作品・受賞者

作品賞<連続ドラマ部門>
グランプリ 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』日本テレビ放送網
優秀賞 『透明なゆりかご』NHK
優秀賞 『dele』テレビ朝日
優秀賞 『大恋愛~僕を忘れる君と』TBSテレビ
優秀賞 『きのう何食べた?』テレビ東京

作品賞<単発ドラマ部門>
グランプリ 『Aではない君と』テレビ東京

優秀賞
『詐欺の子』NHK

優秀賞
『満願』NHK

優秀賞
『レ・ミゼラブル終わりなき旅路』フジテレビジョン

ローカル・ドラマ賞
『なめとんかやしきたかじん誕生物語』関西テレビ放送

ローカル・ドラマ賞
『かんざらしに恋して』NHK長崎放送局

個人賞
主演男優賞:菅田将暉『3年A組-今から皆さんは、人質です-』
主演女優賞:清原果耶『透明なゆりかご』
助演男優賞:横浜流星『初めて恋をした日に読む話』
助演女優賞:黒木 華『獣になれない私たち』
脚本賞:安達奈緒子『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』
演出賞:福田雄一『今日から俺は!!』

主題歌賞
milet『inside you』(『スキャンダル専門弁護士QUEEN』オープニング・テーマ)

海外作品特別賞
『我的真朋友~MyTrueFriend~』中国
『熱血司祭』韓国
『愛の運命』タイ

取材・文 / 佐藤早雪