Report

アルバムデイリー1位 [Alexandros] が六本木で魅せた「EXIST!」の完成度の高さとツアーへの自信

アルバムデイリー1位 [Alexandros] が六本木で魅せた「EXIST!」の完成度の高さとツアーへの自信

4人組ロックバンド [Alexandros] が11月9日発売した6枚目のオリジナルアルバム「EXIST!」のLaunch Partyを六本木ヒルズアリーナで行った。

アルバムデイリーランキングでは初登場1位(11/8付)を獲得している中、次週から横浜アリーナを皮切りにスタートするツアーが待ちきれないファンが溢れかえっている。
寒空の中、集まったファンは3000人。このイベントが発表されるやいなや瞬殺で予定枚数のチケットが終了となったということからも、入場できたファンは幸運の一言に尽きる。

六本木ヒルズアリーナのセンターにレッドカーペットならぬ、今年の[Alexandros]のテーマカラーになっているドロスグリーンのカーペットがステージまで敷かれていた。18:45-黒の車がステージ後方へ到着。まずは、ドラムの庄村聡泰が黒のハットにダークレッドのスタイリッシュなスーツで登場し、降り立った場所からステージ上へ。ドラムのチューンをしている中、続いてベースの磯部寛之が黒のスーツを身にまとって登場。大歓声を浴びながらステージへ向かい、ベースで音を出し始める。

_aze0770_s _aze0785_s _aze0807_s

そして、ギターの白井眞輝が登場、降り立った場所でファンへ右手を挙げて手をふり、庄村、磯部の待つステージへ向かう。最後は、ボーカルの川上洋平が登場。川上も手を挙げてくるりと1回転して、会場を取り巻くファンへも到着を告げる。そして、3人がアイドリングして待つステージへ立つやいなや、示し合わせていたかのような4人でのセッションがはじまり、ファンのテンションも除々に上がっていく。スネア連弾8小節が終わると、[Alexandros]のライブではおなじみの「Burger Queen」が鳴りはじめ、ライブがスタートした。

_aza5222_s _aza5230_s

1曲目「Burger Queen」が鳴ると、ライブを待ちかねていたファンの拳をあげて呼応し、熱気が徐々に高まっていく。
川上が「六本木ヒルズへようこそ」と第一声を放ち、次の曲に演奏されたのは、「Girl A」。デジタルサウンドにエッジの効いたビートが印象的なこれぞ[Alexandros]という楽曲で会場のテンションも最高潮を迎える。
「元気ですか、六本木のみなさん!気持ちいいねぇ~六本木ヒルズでやるっていうのは。いろんなところでやってきましたが、こんな“ちゃらい”ところでやったのは初めてです!短い時間ですが、今日は“ちゃらく”一緒に騒ぎましょう」と、「EXIST!」から初披露となる新曲「ムーンソング」がスタート。[Alexandros]の最高傑作と言って過言ではないアルバム「EXIST!」の1曲目を飾る曲。印象的なエレピの音色から始まり、サビでは♪We were so bright,high♪と、川上洋平の心地よいファルセットが六本木の夜空に響いていた。

_azd6512_s

_azd6578_s

そして、川上の「Wanna Dance? 」という煽りから披露された「Feel Like」で会場をダンスフロアにしていく。

_azd6589_s
_azd6650_s

ラスト1曲を迎えたところで、無料だからとツアーを待っている人への気遣いをしつつも、「Kaijuとかめっちゃやりたかった」と川上が言うと、メンバーが曲のさわりを弾いていく。それが形になりはじめ、1コーラス披露するというサプライズも。「チューニングも違うし、楽器も違うから、こんな形ものもはもうやんないから」とレア度をアピールすると、大歓声が起こった。そして「めっちゃ楽しかったです。ツアーが始まるので、どこかでお会いしましょう!」とラスト「NEW WALL」で締めくくった。

30分にも満たないライブではあったが、「EXIST!」の完成度の高さは充分に伝わり、メンバーの自信もうかがえた。来週からスタートするツアーを経て、アルバム「EXIST!」はもちろん、そして[Alexandros]は更に進化していくのだろう。

_dsc1406_s

取材・文/エンタメステーション編集部
  写真/高田梓・河本悠貴

【イベント詳細 】
日時:2016年11月10日(木) 18:00 OPEN/18:45START
場所:六本木ヒルズアリーナ 

ライブ情報

[Alexandros] Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜

2016年
11.16(水) 横浜アリーナ
11.22(火)・23(水祝) 京都 KBS ホール
12.05(月)・06(火) Zepp Tokyo
12.10(土)・11(日) 高松 festhalle
12.17(土)・18(日) 新潟 LOTS

2017 年
1.7(土)・8(日) 広島 BLUE LIVE
1.14(土)・15(日) 仙台 PIT
1.21(土)・22(日) 金沢 EIGHT HALL
1.26(木)・.27(金) Zepp Nagoya
2.03(金)・04(土) Zepp Sapporo
2.11(土祝)・12(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2.17(金)・18(土) Zepp Osaka Bayside
3.04(土) 福岡国際センター
3.11(土)・12(日) 沖縄 ナムラホール
3.25(土) 香港 Music Zone@E-Max
4.01(土) 韓国 sangsangmadang
4.08(土) 台北 Legacy
4.09(日) 高雄 LIVE WAREHOUSE
4.22(土)・23(日) 幕張メッセ国際展示場 9-11 ホール

[Alexandros]

2007年本格始動。2015年よりユニバーサル ミュージックとグローバル契約を結び、3月に10th Single「ワタリドリ / Dracula La」をリリースし、オリコンウィークリーシングルランキング初登場5位を記録。6月には約2年ぶりとなる5枚目のフルアルバム「ALXD」をリリース、オリコンウィークリーアルバムランキング初登場3位を獲得。12月に11th Single「Girl A」をリリース、オリコンウィークリーシングル初登場3位を獲得。7月には2度目の日本武道館単独公演を成功させ、全国各地の音楽フェスに数多く出演しヘッドライナーも務める。またMUSE・PRIMAL SCREAM・KASABIAN等の海外アーティスト来日公演のサポートアクトや、アメリカの“SXSW”、イギリスの“THE GREAT ESCAPE”への出演、台湾でのワンマンライブを行っており、オーストラリアSBSラジオのレギュラー番組を担当するなど、海外を視野に入れた活動を続けている。2016年3月30日LIVE DVD&Blu-ray「[Alexandros]live at Makuhari Messe “大変美味しゅうございました”」発売。4月20日2016年第一弾となるDouble A Side Single「NEW WALL / I want u to love me」発売。8月に発売したシングル「Swan」はドラマ・映画・CMのトリプルタイアップが付いたシングルとなり、スマッシュヒットを飛ばした。11月9日にはアルバム「EXIST!」をリリースし、11月16日の横浜アリーナからツアーがスタートする。

オフィシャルサイトhttps://alexandros.jp/