Topics

韓国と北朝鮮の軍事境界線の地下に広がる巨大地下要塞が舞台。『PMC:ザ・バンカー』来年2月28日公開決定

韓国と北朝鮮の軍事境界線の地下に広がる巨大地下要塞が舞台。『PMC:ザ・バンカー』来年2月28日公開決定

『テロ,ライブ』のキム・ビョンウ監督が放つ、ミリタリー・サバイバル・アクション大作『PMC:ザ・バンカー』が2020年2月28日(金)に日本公開されることが決定。併せて場面写真が解禁された。

本作は、韓国と北朝鮮の軍事境界線=DMZの地下30メートルに広がる巨大地下要塞(バンカー)を舞台にした衝撃作。閉ざされた迷路のように複雑な構造の地下バンカーで繰り広げられる極秘ミッションが、度重なる想定外の誤算に見舞われて混乱し、ついに世界レベルの“戦争”へと発展していく――。地下バンカーでの熾烈なバトルを、P.O.V.やドローンの視点を取り入れた驚異的なカメラワークで描き、映画が創造しうる“極限映像”のレベルを新次元に引き上げ、傭兵戦のスリルと臨場感を余すところなく堪能させてくれる。

また、「カンヌ国際映画祭」パルムドールに輝いたポン・ジュノ監督作品『パラサイト 半地下の家族』の公開も控えるイ・ソンギュンが、ハ・ジョンウ演じるエイハブと共闘する北朝鮮の医師ユンに扮し、白熱の演技合戦を披露しているのも見逃せない。

今回解禁された場面写真では、エイハブ率いる傭兵たちが銃を構える姿、そしてエイハブと共闘することとなる北朝鮮のエリート医師ミンが険しい表情でバンカーを突き進む、緊迫したものとなっている。果たしてエイハブ率いる傭兵たちとエリート医師の運命やいかに!? 衝撃的な結末が彼らを待ち受ける―。

【STORY】
「北朝鮮の要人を捕らえ、安全な場所へ護送せよ」。CIAからの依頼を受け、11名の部下を率いてDMZの地下バンカーに潜り込んだ凄腕の傭兵エイハブにとって、その任務はたった10分で成し遂げられるはずだった。しかし北朝鮮をめぐるアメリカと中国それぞれの思惑に翻弄され、信頼していた仲間にも裏切られたエイハブの部隊は、バンカー内で行き場を失ってしまう。暗殺者の汚名まで着せられたエイハブが死地を脱する唯一の道は、迫りくる敵の包囲網を突破し、北朝鮮最高指導者“キング”を地上へと連れ出すこと。やがて北朝鮮のエリート医師ユンの協力を得たエイハブは、瀕死の重傷を負ったキングの蘇生に成功するが、すでに八方塞がりの彼らの行く手にはさらなる残酷な運命が待っていた……。

映画『PMC:ザ・バンカー』

2020年2月28日(金)日本公開

出演:ハ・ジョンウ、イ・ソンギュン
監督・脚本:キム・ビョンウ
原題:PMC: 더 벙커
提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン 
©2018 CJ ENM CORPORATION, PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED