Topics

アトランタ爆破テロ事件の真実。クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が来年1月17日公開決定。予告編も解禁

アトランタ爆破テロ事件の真実。クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が来年1月17日公開決定。予告編も解禁

巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作『リチャード・ジュエル』が、2020年1月17日(金)より日本公開されることが決定。併せて、日本版予告編とメイキング写真が解禁された。

『アメリカン・スナイパー』(14)『ハドソン川の奇跡』(16)『15時17分、パリ行き』(18)『運び屋』(18)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督。89歳、40本目の監督作となる本作は、1996年のアトランタで起こった爆破テロ事件の“真実”を描く。

1996年、アトランタで爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって数多くの力で多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)は、この捜査に異を唱えるのだが…。

今回解禁されたメイキング写真は撮影現場でのひとコマをとらえたもの。クリント・イーストウッド監督が話しかけ、スーツで正装した主人公リチャード・ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーと、弁護士ワトソンを演じるサム・ロックウェルが耳を傾けている。腕組みをしたサムが監督をじっと見つめている姿が印象的な1枚だ。

併せて解禁された予告編も緊迫感に溢れる衝撃的な映像となっているので併せてチェックしてほしい。

『リチャード・ジュエル(仮題)』

2020年1月17日(金)日本公開

原題:RICHARD JEWELL
全米公開:12月13日

監督/製作:クリント・イーストウッド
原作:マリー・ブレナー バニティ・フェア 
脚本:ビリー・レイ
製作:ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル
出演:サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

オフィシャルサイト
richard-jewell.jp