Topics

柳楽優弥&田中 泯演じるW北斎初披露! 映画『HOKUSAI』ティザービジュアル&特別映像全世界同時解禁

柳楽優弥&田中 泯演じるW北斎初披露! 映画『HOKUSAI』ティザービジュアル&特別映像全世界同時解禁

2020年初夏に全国公開される、浮世絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く映画『HOKUSAI』のティザービジュアルと特別映像が解禁された。

本作は、圧倒的な人気を誇りながらも、人生は多くの謎に包まれていた北斎の“画狂人生”を初めて映画化した作品。そんな北斎に挑むのは、柳楽優弥と田中 泯。才能は認められながらも、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた青年期の北斎を柳楽が、芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた老年期の北斎を田中がそれぞれ演じる。さらに、名プロデューサー・蔦屋重三郎に阿部 寛、人気戯作者・柳亭種彦に瑛太、美人画の大家・喜多川歌麿を玉木 宏と、全員主役級の超豪華キャストが集結。監督は、「探偵はBARにいる」シリーズ、「相棒」シリーズの橋本 一が務める。

今回解禁されたティザービジュアルには、北斎の代表作として知られ、海外では「THE GREAT WAVE」の呼称で愛される代表作「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」が描かれた襖と、その間から絵と重なる位置に覗く富士山を背景に筆を構える、柳楽演じる青年期の北斎の姿を捉えている。さらには、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた日々を経て、晩年に大成した後も芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた、北斎の波乱万丈な画狂人生を象徴するかのように「その筆に宿る、狂気。」というコピーが添えられている。

また、北斎のスゴさをポップなテイストでギュッと1分に凝縮した特別映像は、英語、フランス語、中国語に翻訳され、世界同時解禁が決定。映像には、北斎に関するエピソードが散りばめられており、最後には柳楽と田中が演じる2つの時代の北斎が作品に向き合う様子が初披露。なかでも老年期を演じる田中は、北斎の自画像を参考に容姿を似せるために頭を剃るなど、徹底した役作りを見せている。


北斎自画像

【STORY】
渾身のクライマックス! 北斎が、最後の「波」に託した思いとは—?
町人文化華やぐ、江戸の町。その片隅で、日の目を見ない、ひとりの貧乏絵師がいた。勝川春朗—のちの葛飾北斎である。傍若無人なふるまいが災いし、師匠からは破門。食うことすらも、ままならぬ日々を送っていた。そんな北斎に、ある日、人生を変える転機が訪れる。歌麿、写楽を世に出した希代の版元プロデューサー・蔦屋重三郎が、北斎の秘めた才能を見出したのだ。重三郎の後押しによって、「絵の本質」に気づいた北斎は、その才能を開花。誰にも真似できない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍、人気絵師となる。その奇想天外な世界観は、瞬く間に江戸を席巻。さらに町人文化を押し上げたが、それが次第に幕府の反感を招くことに…。絵は、世を変えられるのか?

映画 『HOKUSAI』

2020年初夏 全国公開

出演:柳楽優弥 田中 泯/阿部 寛 瑛太 玉木 宏 ほか
監督:橋本 一 
企画・脚本:河原れん
配給:S・D・P
©2020 HOKUSAI MOVIE

オフィシャルサイト
www.hokusai2020.com

オフィシャルTwitter
@hokusai2020