Review

Switch版『ウィッチャー3』で何する? もちろん、グウェントでしょ!

Switch版『ウィッチャー3』で何する? もちろん、グウェントでしょ!

オープンワールドRPGの傑作として名高い『ウィッチャー3 ワイルドハント』が、『コンプリートエディション』としてNintendo Switchに登場。本作は、他機種版で配信されていた拡張パックやダウンロードコンテンツがすべて収録されています。また、Nintendo Switchならではのプレイスタイル“携帯モード”で外出先や移動中、あるいは寝転がりながら遊べるメリットも。今回は、本作の特徴とともに、空き時間にピッタリなおまけカードゲーム“グウェント”の魅力をお伝えします。

文 / 小泉お梅


快適に“変異”した『ウィッチャー3』

Nintendo Switch版も他機種版と同様に怪物退治の専門家・ウィッチャーであるゲラルトが、恋人のイェネファーや養女のシリラ(愛称・シリ)を探す旅を描いています。前述のとおり、これまでの追加コンテンツも全部入りです。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー
ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲ウィッチャーは怪物に対抗する力を身につけるべく、秘術を用いて肉体を変異させた者たち。“印”と呼ばれる各種魔法も扱えます

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲イェネファーは洋ゲー最高峰の美女と言っても過言ではない、と思います

ゲラルトはシリの情報と引き換えに、怪物退治や人探しなどの依頼を引き受けることになります。ときには、通りがかった縁から騒動に巻き込まれることも。これらクエストは基本的にはどこから手をつけてもよく、そこでどう振る舞うかも自由です。襲われている人に助太刀するか否か。あるいは会話中に出る選択肢で情けをかけたり、かけなかったり……。そこでの行動が相手の運命やのちの物語に影響を及ぼすのが、醍醐味のひとつでもあります。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲そういえば、怪物に襲われていた男性を助けたっけ……。彼を救わなければ、ここで再会することもなかったでしょう

クエストの標的となる敵はなかなか手強いですが、弱点のオイルを剣に塗布しておいたり、印を駆使すれば勝機が見えてきます。ヒラリと攻撃をかわしながら印を放ち、そして斬り込むといった魔法剣士のような戦いかたがカッコイイんです。戦闘で使うおもなボタンは弱攻撃、強攻撃、印の3つというのもシンプル。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲キャラクターと共闘するシーンもあります。女魔術師のキーラはしたたかで、ある意味モンスターよりタフかも……

他機種版との違いは、まずNintendo Switch向けにグラフィックやUI(ユーザーインターフェース)などが調整されていることが挙げられるでしょう。Nintendo Switch版の解像度はテレビモードで720pとなり、クッキリというよりはふんわりした印象です。とはいえ、遠くの景色もちゃんと読み込まれていますし、プレイ中は画質をとくに気にせず没頭できます。
ミニマップやボタンガイドなどのHUD(ヘッドアップディスプレイ)は、ひと回りほど大きく表示されています。携帯モードでプレイするときにも視認しやすいですね。HUDが極端に大きいとダサくなりがちですが、本作はイメージを崩すことのない塩梅になっています。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー
ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲同じテレビモニターで他機種版と比較するとやや暗めに映りましたが、そこがまた中世ヨーロッパのような雰囲気を感じられました

ボタンといえば、従来はファストトラベルや人に話しかける際はキャンセルに当たるボタンだったりと一部が特殊な割り振りでしたが、Nintendo Switch版では決定がAボタン、キャンセルがBボタンと統一が図られていました。ミスタッチが起きにくいのがいいですね。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲ファストトラベルは、各地の標識から。訪れたことのある場所へひとっ飛びで行けます

もうひとつ快適なのが、ロード時間の短縮です。『ウィッチャー3』はマップが広大なだけに、他機種版でファストトラベルするとロードに時間がかかっていました。冷蔵庫に飲み物を取りに行くのにちょうどよかったのですが、その感覚でいたら戻ってきたときにはもうゲラルトさんが手持ち無沙汰げに立っていて驚いたこともありました。移動先のエリアによって読み込み時間の差はありますが、「比べれば速いかも?」というより、「あ、もう終わった」というように体感として速さを実感できました。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲エリアをまたぐ場合は吟遊詩人ダンディリオンの語りが入り、いい感じです

ロード短縮は地味かもしれませんが、『ウィッチャー3』ではすごく意味のあることだと思います。とくに金策において。本作では基本的にモンスターがお金を落とさないため、簡単には稼げないのです。代わりに魔物からは素材が採れますが、錬金術の材料として取っておきたいし、売るとしても需要がないのか苦労の割には単価が安めです。こういうところが、妙にリアルですよね……。
そんな世知辛い世のなかでの確実な収入源は戦利品です。盗賊などを撃退して彼らが落とした武器や防具などを拾い、お店で売るのです。ただ、お店によっても買い取り金額が異なり、物価の高い都会の店ほど高額で売れます。また、剣なら鍛冶屋、防具なら鎧職人と専門店に売ったほうがより高値がつくんです。ですから、各地で戦利品を集めてはせっせと贔屓の店に通うことになります。ロードが短くなれば、より気軽に行き来ができますね。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー
ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲「最高級の剣だ!」の迷台詞で迎えてくれる、ノヴィグラドの街の鎧職人

クエストや各地を巡る冒険のおもしろさはそのままに、Nintendo Switchに合わせて最適化されている本作。より遊びやすくなり、思い立ったらサッと冒険に出かけられる環境となっていますので、ボリュームのあるゲームに二の足を踏んでいた方こそ、ぜひ遊んでいただきたい!

やろう、グウェント! 遊べばハマるカードゲーム

金策として、カードゲームのグウェントもなかなか有効です。グウェントとは、この世界で流行しているカードゲームで各地に愛好者がいます。ゲラルトは、序盤のクエストでこのグウェントのカードデッキを入手します。グウェントの勝負ではお金を最大10クラウンまで賭けられるので勝てば儲かりますし、彼らの所有するカードを集めていくのも楽しいものです。なかには1枚しか所持できないレアなカードもあり、任意ですがカード全種をコンプリートするのが目標のクエストもあります。カードにはユニットタイプや戦力を表す数字が書かれており、勝負ではこの戦力の合計を競います。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー
ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲雑貨屋の店主から娼館のマダムまで、誰もがグウェントを嗜んでいるようです。勝てばカードが1枚もらえます。負けても掛け金のみ没収で、ゲラルトのカードは奪われないのでご安心を。2勝目以降はなんらかのアイテムを戦利品として獲得

対戦キャラクターと交互に1枚ずつカードを自陣に出していきますが、相手の思考時間を感じないほど反応が速く、プレイヤーが迷わなければ3~4分ほどで決着がつきます。3ラウンドのうち2ラウンドを制すれば勝ちというルールなので、2ラウンド先取すればもっと早いかもしれません。対戦中はあれこれ考えているので、実感としてはもっと長くプレイしていたように思えるのですが……。
このようにサクッと遊べるのもグウェントのいいところ。移動中などのスキマ時間にプレイするなら、イベントシーンのあるクエストよりも向いているかと思います。
ちなみに、このグウェントにもNintendo Switch向けの調整がされています。カード表示がとにかくビッグ! 他機種版の約1.2~1.3倍でしょうか。携帯モードでもちゃんと絵柄や解説文が読めます。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲スキルの効果を拡大表示で確認。相手の場に置かれたカードも拡大できます。「いま、何が起きた!?」と困惑したときは、まずスキルを調べてみましょう

絵柄といえば、カードの絵柄の別バージョン“物語の英雄たち”にチェンジできますよ。こちらは、戦力値やスキルなどはそのままに、ゲラルトやイェネファーなどのメインキャラクターのカードイラストに変わるというもの。他機種版ではオリジナル絵柄しか使わなかったという方は、ぜひこの機会に。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲タイトル画面にあるオプションメニューの“ゲームプレイ”から新絵柄に変更できます。どれも迫力あるイラストですね

ここまでNintendo Switchとグウェントは好相性とお伝えしてきましたが、肝心のグウェントのおもしろさを改めて紹介したいと思います。グウェントはあくまで息抜きのお楽しみ要素なのに本編を差し置いてプッシュするのは、私(そして多くのファン)にとってはもう本編と同じくらい価値のある存在になっているからなんです。もともとカードゲームに興味があるわけではなかったのに、このハマりよう。自分でも驚いています。お店に立ち寄れば、ついグウェント勝負を持ち掛けちゃう。一度勝ったことのある相手でも遠慮なしです。もはや習慣になっているため、家族からは「またグウェントやってる」と呆れられますが……。でも、楽しいから仕方ない。接戦で勝つのも、圧勝するのも楽しいんですよ。毎回最高額まで掛けているので、負けると取り返すまで退けないという場合もありますが……。私のようなカードゲーム未経験者でもここまで夢中にさせたグウェント。ちょっと細かい話になりますが、皆さん、どうかついてきてください……。
私がどういうときにおもしろさを感じるかというと、1枚のカードで劣勢を覆せたときに興奮を覚えます。例えば“天候カード”。“濃霧”を発生させれば弓使いなどは視界不良で攻撃力が下がる、というように対応するユニットを弱体化させるカードです。そのカードの戦力(数字)がいくつであっても、問答無用で全員1ずつに。なんともスカッとする瞬間です。ただ、天候は同時に自分の陣地にも影響するので、自軍ユニットがとばっちりを受けないように考える必要があります。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲相手が剣のマークで表される近接ユニットばかり出していたので、天候カード“冬将軍”で一網打尽! こちらは近接ユニットがゼロなので被害はナシ♪

そんな一発逆転が爽快な一方で、ちまちまと攻める楽しさもあります。カードには、“同じカードを並べれば戦力2倍”、“捨て札を1枚復活”など特殊なスキルを持つものもあり、それらをうまく使うことが勝利につながります。なかでもおもしろい使いかたをするのが“諜報員”というスキル。なんと、相手陣地に設置するカードなのです。当然、相手に戦力が加算されますが、その代わりにデッキからランダムで選出された2枚を新たに手札に加えられるのです。グウェントは、基本的に各ラウンドの最初に配られる手札10枚のみを使います。手札を使い切れば、その時点の総戦力で勝敗が決まってしまうので、この追加手札が非常に助かるんですね。
さらにこの諜報員は、まだ続きがあるんです。相手がこちらの陣地に諜報員を設置したとしましょう。我が軍としては戦力が棚ぼたで入りますが、これを“おとり”という配置済みのカードと入れ替えられるカードで取っちゃいます。つまり、自分の手札としていただいちゃうということ。そして、今度は相手の陣地へ諜報員を送り出すというわけです。これで追加手札がもらえます。諜報員の再利用はグウェントファンのあいだではポピュラーな戦術。さらに場の最高戦力のユニットを消滅させるなんてエグいカードを絡めたり、手札やその利用次第でもっと戦略が広がります。そんなアイデアが浮かんだときは、しめしめと心が浮き立ちますね。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲相手も同じことをやってくる場合もあり、諜報員の送り合いを何往復かすることも。このあたりは、CPU相手なのに対人戦のようでおもしろいですね

ちなみに本作では対人戦はなくシングルプレイですが、スピンオフ作品『グウェント ウィッチャーカードゲーム』ではマルチプレイが可能です。iOS版も配信されたばかりですよ! 

カードが集まってくれば、デッキの編成もこだわりたくなってきます。デッキ構築って面倒くさいとか難しいイメージがありますが、要はお気に入りのカードや使いたいスキルを厳選&入れ替えするだけ。グウェントは奥が深いけれど、基本は本当にシンプルなんですね。

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション エンタメステーションレビュー

▲ゲラルトなど特別なキャラカードの上限はありますが、デッキに兵士たちのユニットカードを22枚以上入れてさえいれば、構成は自由です。全体の枚数を少なめにするのが有効だけど、その取捨選択が悩ましい!

グウェントはメインストーリーの合間にいつでも遊べます。クエストはハッピーエンドではない場合もありますので、そんな切ないときこそグウェントでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。愛好者たちに勝ったり、お店で購入したりしてカードが集まってくると、自分の好きな勝ちかたも見えてきて気分もノッてくるはず。他機種版ではあまりグウェントをしなかったという方も、ぜひNintendo Switch版でカードコンプリートを目指してみてください。ゲラルトたちのカードが戦場に並ぶさまは見応えがありますよ。

『ウィッチャー3』はクリアまでおよそ150時間という大ボリュームなだけに、空き時間などにコツコツ進められるNintendo Switch版は、忙しい大人ゲーマーにとってうれしい存在ではないでしょうか。長時間テレビを独占できないという環境の方にも持ってこいですね。時間や場所という不安が取り除かれたいま、『ウィッチャー3』をやらない理由はもうどこにもないはず。思いきって冒険しちゃいましょう! 次回はやっと本編に戻り、ゲラルトさんの溢れる魅力、惹きつける物語や果てない冒険の楽しさに迫ります。お楽しみに。

フォトギャラリー
ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション ロゴ

■タイトル:ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応ハード:Nintendo Switch™
■ジャンル:オープンワールドRPG
■対象年齢:18歳以上のみ
■発売日:発売中(2019年10月17日)
■価格:パッケージ版・ダウンロード版 各6,480円+税


『ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション』オフィシャルサイト

CD PROJEKT®, The Witcher® are registered trademarks of CD PROJEKT S.A. The Witcher game © CD PROJEKT S.A. Developed by CD PROJEKT S.A. All rights reserved.
The Witcher game is based on the prose of Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.