Topics

酢豚にパイナップルは必要? 市原隼人主演ドラマ『おいしい給食』第5話場面写真&予告編解禁

酢豚にパイナップルは必要? 市原隼人主演ドラマ『おいしい給食』第5話場面写真&予告編解禁

市原隼人主演のオリジナルドラマ『おいしい給食』第5話の場面写真と予告編映像が解禁された。

本作は、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を“おいしく食べるか”という闘いを描く学園グルメコメディ。1980年代のある中学校を舞台に、食欲をそそる給食バトルと共に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様を描く。

第5話では、甘利田と神野に翻弄され、振り回される美術教師・森山役で水橋研二が登場。“酢豚にパイナップルを入れるか、入れないか”、昔から物議をかもし出している“給食の皇帝・酢豚”を巡りドラマが展開される。拳を握りしめ、神妙な神野と、もくもくと真剣な表情で酢豚を食べる甘利田。想像の斜め上をいく神野の“給食愛”が影を潜め、ライバルの意気消沈の様子に動揺する甘利田。新たな戦いに期待だ。

【第5話あらすじ】
とある日の美術の授業。1年1組の生徒たちがみな思い思いの絵を描く中、一人風変わりな絵を描く生徒・神野ゴウ(佐藤大志)。ゴウの絵を見た美術教師・森山顔太郎(水橋研二)はその画風に驚く。一方、甘利田幸男(市原隼人)は今日の給食のメインディッシュである「酢豚」のことで頭がいっぱいだった。廊下で森山に呼び止められた甘利田は、御園ひとみ(武田玲奈)と共に美術室に連れられ、写生の授業でゴウが描いた絵を見せられる。その奇怪な絵にどんな意味が隠されているのか、森山は甘利田になら理解できるのではないかと問いかけるのだが…

ドラマ『おいしい給食』

テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほか

監督:綾部真弥 田口 桂
脚本:永森裕二 綾部真弥 田口 桂
出演:市原隼人 武田玲奈 佐藤大志 豊嶋 花 辻本達規 いとうまい子 酒向 芳 ほか
主題歌:松本大輝「君の花」

©2019「おいしい給食」製作委員会

オフィシャルサイト
https://oishi-kyushoku.com/