Topics

圧倒的存在感を放つ、玉城ティナ×橋本マナミ&楽駆&麿 赤兒! 映画『地獄少女』閻魔あい×三藁カット解禁

圧倒的存在感を放つ、玉城ティナ×橋本マナミ&楽駆&麿 赤兒! 映画『地獄少女』閻魔あい×三藁カット解禁

玉城ティナが主演、白石晃士が監督を務める映画『地獄少女』(11月15日(金)公開)の新たな場面写真が解禁された。

本作は、伝説的人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、『なかよし』での連載をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた『地獄少女』を実写化したもの。

今回解禁されたのは、愚かな人間たちを見下ろすかのような冷たい視線が伝わってくる三藁の輪入道(麿 赤兒)、骨女(橋本マナミ)、一目連(楽駆)の3ショットを収めたカット、閻魔あい(玉城)は制服、三藁たちは人の姿をして普段人間の世界に溶け込んでいる姿を収めたカット、そして閻魔あいと三藁たちが赤く染まった部屋にたたずむカットの計3枚。

どれも圧巻のビジュアルだが、白石監督は閻魔あいと共に地獄流しをするだけでなく、地獄流しの依頼者やそのターゲットの身辺調査を行う三藁について「強烈な存在感が必要不可欠」とコメント。様々なこだわりをもってキャスティングしたそうで、“怒れる車輪の妖怪”輪入道は「最初からこの人しかいない」と麿に、そして“悲しき遊女の妖怪”骨女を演じるには「ただセクシーではなく、堂々とした存在感が必要」だったことから、橋本にオファーした。また、白石監督が「パッと見、ゾクッとさせるような鋭さのあるビジュアルがほしかった」と語る、“万能の〈目〉を持つ刀の化身”一目連には、オーディションを勝ち抜いた、若き俳優・楽駆を抜擢。楽駆について、「彼を見た時、(一目連に)ぴったりだった」とコメントしている。

想像以上のオーラと存在感を放つ、恐ろしくも悲しい復讐代行人たちにも注目だ。

映画『地獄少女』

11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

出演:玉城ティナ/橋本マナミ 楽駆 麿 赤兒/森 七菜 仁村紗和 大場美奈(SKE48)/森 優作 片岡礼子 成田瑛基/藤田 富 波岡一喜
主題歌:GIRLFRIEND「Figure」(エイベックス)
劇中歌:V.A「地獄少女」劇中オリジナルソングス(アルテメイト)
監督・脚本:白石晃士
原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
製作:NBCユニバーサル・エンターテイメント 藤商事 ギャガ ギャンビット
制作プロダクション:ダブル・フィールド
配給:ギャガ

©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会

オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/