Interview

緑黄色社会 彼女たちはドラマ主題歌のニーズに応えながら、どんなふうに自分たちの個性を表現したのか?

緑黄色社会 彼女たちはドラマ主題歌のニーズに応えながら、どんなふうに自分たちの個性を表現したのか?

ニュー・シングル「sabotage」は、TBS系で放送中のドラマ『G線上のあなたと私』の主題歌。自分らしさを求めて挑戦し続ける女性主人公の日々を後押しするポジティブなポップ・チューンは、そのままバンド自身の現在の充実ぶりも伝えている。
ここでは、その制作をメンバー全員に振り返ってもらいながら、その過程であらためて意識されたこのバンドの個性についても語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史


初めてだったので、ドラマの主題歌ということを意識し過ぎていたところがあったと思うんです。

今回の表題曲「sabotage」は、ドラマの主題歌を目がけて作った曲ですか。

長屋晴子(Vo,Gt) そうです。書き下ろしです。

ドラマ・スタッフから何かリクエストはありましたか。

長屋 やっぱりアガる感じで…。

穴見真吾(Ba,Cho) まずは、原作のマンガを読んで、みんなで作ってみたんですよ。

長屋 そう。4人それぞれが思うように、まず作ったんです。

穴見 そしたら、もうちょっと変な感じというか、歪な感じが欲しいかも…、というような反応で、そこからまたいろいろ悩んだんですけど。

まず最初に4人それぞれで作った時には、どんなことを考えて作ったんですか。

小林壱誓(Gt,Cho) とにかく真っ直ぐ前向きな曲を、と思って作りました。でも、それがすごく難しくて、“そういう曲は、僕は苦手なんだな”ということを確認できた機会にもなりました(笑)。

穴見 僕は、ただ明るいというよりは、いろんなことが起きて目まぐるしい感じもしたので、明るくてノリのいい感じなんだけど、その中にちょっと哀愁があるというか、明るさと切なさのちょうどいい割合を探しながら作った感じでしたね。

peppe(Key,Cho) 私は、とにかくイントロをキャッチーにしようと思ったんです。ドラマの主題歌だから(笑)。そこでけっこう悩んだんですけど、でもその先は、私はいつもイントロから作ってるから、いつもと同じように作っていきました。曲調も、私はいつもポップな曲を作ってるから。

長屋 私は、いろんな登場人物がいるなかで、主人公の也映子さんのテーマ・ソングを作ろうと思いました。主人公は、ポジティブで愛嬌のある女性なんですよ。ただ、物語はけっこう日常的というか、どこにでもある暮らしの状況を切り取った感じなので、その特別感の無い感じをどう出すかということをすごく考えましたね。特別過ぎないようにっていう。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

長屋晴子(Vo,Gt)

そういう曲たちを聴いてもらったら、ドラマ・スタッフの反応は「もう少し変な感じで」ということだった、と?

長屋 多分ストレート過ぎたんだと思うんです。だから、変な感じというか、クセのある感じにしてほしいというお話でした。それから、ヴァイオリンのお話なので最初はストリングスを意識したサウンドで作ってたんですけど、もう少しギター・ロックな感じにしてほしいというお話もあって、そこからまたいろいろ考えて、試して、その過程で“sabotage“という言葉が出てきたんです。でも、自分たちとしても何かしっくりこなくて…。

穴見 テンポももっと速かったんですよね。「リトルシンガー」くらいのアグレッシブな感じで‥。

「クセのある感じで」というのは、なかなか難しいリクエストですよね。

長屋 そうなんですよ。その度合いが過ぎるとドラマの雰囲気を崩してしまうかもしれないし。だから、例えばAメロの半音ずつ下がっていくメロディーは私なりにクセのある感じを出した表現で、だからこそサビはストレートに行こうっていう。そういうバランスは考えましたね。

一つの想像として思うのは、ドラマ・スタッフの方が言われた「クセのある感じ」というのは「自分たちとしては緑黄色社会の音楽がいいと思ってお願いしているので、緑黄色社会の個性をもっと出してみてください」というような気持ちだったんじゃないかなという気もするんですが、いかがでしょう?

穴見 僕らはドラマの主題歌をやらせていただくのは初めてだったので、ドラマの主題歌ということを意識し過ぎていたところがあったと思うんです。そのことを、多分ドラマ・スタッフの皆さんは感じてらしたんでしょうね。いわゆる主題歌みたいな感じというところに寄せ過ぎても面白くないというお考えだったと思うんですよ。だから、僕らとしては、むしろ普通に作るということを意識するべきだったんだろうと思いましたね。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

穴見真吾(Ba,Cho)

peppe そのことは、途中でみんなの意識をすり合わせる場面がありましたね。普通にやろうって。

そういうすり合わせが行われた後で、例えばpeppeさんが意識したというイントロはどういうふうに作ったんですか。というのは、冒頭のピアノのフレーズが曲中もずっとリフのように鳴っていて、そのリフがまずあって、そこからのあのイントロが生まれたのかな?とも考えたんですが。

長屋 私が最初に弾き語りで曲を作った時点ではAメロ→Bメロ→サビで完結してて、そこからアレンジを広げていったので最初はイントロはなかったんです。そこから、ギター・ロック的な方向に進めたんですけど、そこではイントロにすごく悩んで、壱誓にたくさんフレーズを考えてもらったり…。

穴見 僕も考えたね。スラップを入れたりして。

長屋 でも、何か違うな、と。何度やっても腑に落ちない感じだったんですけど、その後にやっぱりストリングスを基調にした方向に戻すことになって、そこで「シンプルにサビのメロディーをイントロに使ったらいいんじゃないか」というアイデアが出てきて、灯台下暗しじゃないですけど、やってみるとすごく良かったんですよね。出来上がりは、そこにアレンジャーのNaoki Itaiさんがもう一段展開を加えてくれて、最初のちょっと不安な感じもあるピアノのフレーズからワクワクする感じになって、それから歌に入るという二段重ねのイントロになりました。

曲全体も印象的な仕上がりになったと思いますが、でも途中までは皆さんもドラマの主題歌ということを意識し過ぎていたかもしれないというお話もありました。制作の過程も紆余曲折があったということですが、その過程を振り返って、自分たちがやっていること、あるいは作るものについて不安になるような局面はなかったですか。

小林 どういう曲が出来上がっても、結局のところ、僕は長屋の歌を信じているので、不安になることはなかったですよ。長屋が歌えばいい曲になると思ってたし、長屋の声はお茶の間にちゃんと届く声だと思っているので。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

小林壱誓(Gt,Cho)

穴見 自分たちが納得のいくアレンジと長屋の歌があれば、それはもう緑黄色社会の音楽になるということはいつも話していることで、だから今回もしっかりアレンジを詰めてやるということだけを考えてましたね。

小林 だから、かなり自由にというか、思う通りにやらせてもらえたと思います。

今の自分たちを信じて前に進んでいくという気持ちはどんどん強くなってると思うんです。

歌詞についても聞かせてください。タイトルにもなっているサボタージュという言葉ですが、例えば冒頭では♪せーので駆け出したはずなのにどうして/まるで私だけサボタージュ♪と歌われています。それは、自分だけが乗り遅れている、みたいな感覚でしょうか。

長屋 そうですね。サボってたわけでもないけど、でも周りからはそう見えてるのかもしれないっていう。

長屋さんは「私はいつも自分の気持ちを歌っている」と話されていますが、今回はドラマの主人公のテーマソングを作ろうという気持ちもあったわけですよね。そこのバランスというか、主人公のテーマソングに自分の気持ちをどんなふうに反映させたんでしょうか。

長屋 原作を読んだ時点で“めっちゃ、わかる!”と思ったんですよ。“個性がない”とか“何もできない”と思ってるところは、私自身すごく共感できたので、だから主人公になり切るということではなくても、ある程度自分の気持ちで書けたんじゃないかなと思います。

とすると、♪まだ間に合うかな♪と歌う主人公に長屋さんの気持ちも重なるところがあるんだと思いますが、今の長屋さんのなかに、あるいは緑黄色社会のなかに、“まだ間に合うかな? 遅れてるんじゃないかな?”という気持ちがあるんでしょうか。

長屋 他のメンバーはわからないですけど、私はついつい人と比べてしまうところがあるので、そういう気持ちは常にあります。それに、もう戻れないことって、たくさんあるじゃないですか。だから、“ああしておけば良かった、こうしておけば良かった”と思うことはたくさんありますね。

長屋さん以外のみなさんは、この主人公的な目線で現在の緑黄色社会を見た時に“まだ間に合うかな?”と思ったりしますか。

小林 ウ〜ン…、そういう目線で考えたことなかったんですけど…、僕らは「追い越されながら見つけた自分たちらしさの欠片」を集めていけばいいのかなと思っています(笑)。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

peppe(Key,Cho)

peppe  (笑)。「自分たちらしさの欠片」というか、今の自分たちを信じて前に進んでいくという気持ちはどんどん強くなってると思うんです。自分たちと、周りで支えてくれている人たちを信じているということがすごく大きいと思いますね。

穴見 今の緑黄色社会を見て、ですよね‥。やっぱり、もっと売れたいですよ。もっと売れたいし、もっと演奏を上手くなりたいし、もっといい曲を作りたいですけど、今やってることは何も間違ってないとも思ってて。もちろん、僕らより後に結成して僕らより成功を収めているバンドがいるのはわかってるし、やっぱりそういうバンドと自分たちとを比べてしまうこともあるんですけど、でもそれは意味のないことだから。大事なのは、自分たちが最高だと思うものをやり切るということだと思うんですけど、そういう体勢にはちゃんとなってると思いますね。

歌詞に倣って言えば、「これが緑黄色社会だと胸を張って言える」ライブや曲作りはやれてるなという手応えがあるということですね。

穴見 「これが緑黄色社会だ」というものは変わるから、例えば2年後にどうなってるかわからないですけど、とりあえず今できる最高のことをやっているという手応えはあるし、それにプラス、今の自分を疑いながらやっていくということも大事だと思っています。

「これが緑黄色社会だ」というものは変わると言われましたが、サウンドの部分で言うとピアノ音楽であるという有り様は当初からずっと変わっていなくて、この「sabotage」でもシンセとは別にピアノがずっと鳴っていて、楽曲の基本的なトーンを感じさせてくれます。そこの所は、音楽作りを進めていく上で、どれくらい意識していることですか。

peppe そういう有り様が緑黄色社会らしさだと思うし、今回も自然にそうなったというか、アレンジをいろいろ考えていくなかでもピアノを抜くということは全く考えなかったですね。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

ギターとベースの二人は、緑黄色社会の音楽の中でのピアノの位置付けというか役割について、どんなふうに考えていますか。

穴見 「ドラゴンボール」で言う、筋斗雲みたいなものじゃないですか。それがないと、長屋の歌のふくよかな部分が十分に伝わらないような気がすると言うか…。

小林 ウ〜ン…、今の話に乗っからないで(笑)、別の言い方をすると、僕らは初めからpeppeがいてピアノの音があったから、それは例えば生まれた時から肩にホクロがあるみたいなことで…。

peppe その感じ、すごくわかる!

小林 それをプチ整形なのかレーザー治療なのかわからないですけど、取っちゃったらすごくもの足りなく感じると思うんですよ。

穴見 その例えのほうが正解だな(笑)。

小林 僕らの音楽の中でのピアノに対してそういう感覚はありますね。

長屋 もう当たり前になってるんだよね。

ただ、具体的なアレンジの場面で、特にギターはピアノと音域的にも役割的にも被ってしまいかねないケースが少なくないと思うんですが、そこでの葛藤みたいなものないですか。

小林 長屋の歌が生きるのはピアノ、という気がするんです。ライブで力強さだけを押し出すならギターだけでもいいかもしれないけれど、それ以外のニュアンスを表現するのにピアノは欠かせないという気がします。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

今回もその先を想像させるようなツアーにしなきゃいけないと思ってて。

カップリングの「Alright!!」はどんなふうに生まれた曲ですか。

peppe 「Bitter 2」みたいな曲を作りたいなと思って、作ったんです。

歌詞は、どんなことを思って書いたんですか。

長屋 これは私と真吾の共作なんですが、最初に決めたテーマが曲調もあるし番組のテーマソングのお話もいただいていたので、何か始まるワクワク感を出したいなということで…。ただ、それはどこにでもある風景の中でそれを表現したかったんですよね。

穴見 僕は、歌詞の書き方が長屋とは全然違ってて、リズム重視でその面白さを考えてから言葉を選んでいくんですけど、最初に書いたバージョンの後半がちょっとネガティブな感じだったから、それは取り払って考えようという話で…。

長屋 でも、その時点でサビの英語の部分はあったんですよ。あの感じは私には書けないし、すごく面白いから、そのAlright!というフレーズとその感覚を生かすところから広げていったんです。それに、私のなかでは女子ならではの感覚も出したくて…。女子の場合、1日の始まりに選ぶ服でその日1日が左右されたりするんですよね。すごく些細なことなんですけど、でも胸の高鳴りを感じて前に進む女子を描くのに、そういうことも書き込むと面白いんじゃないかと思って。だから、そういう話をして、それから二人がそれぞれに書いて、いいところを合わせて仕上げました。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

オケの部分でも、穴見さんのベースが活躍しています。

穴見 普通だったら、シンセベースを使うほうが合わせやすいというか、ああいう曲のあり方かなと思うんですけど、でもいろいろ話すなかでベースは生でやることになって、だったら存分に弾き倒すくらいやるのがいいなと思ったんですよね。

さて、11月8日から全国ツアーが始まります。客観的には、本数も会場の規模も着実に階段を上って言ってるように見えるんですが、メンバーの皆さんのツアーに向けての気持ちはどんな感じですか。

長屋 期待と不安と、どっちもありますね(笑)。ワンマン・ツアーは1年ぶりなんですよ。ワンマン・ツアーの最中はそのことしか考えないんですけど、終わってみてから振り返った時に、前回は“もっと先に行きたいな”ってお客さんは思ってくれたなという実感があったんです。未来が見えるようなツアーができたんじゃないかっていう。だから、今回もその先を想像させるようなツアーにしなきゃいけないと思ってて。

この1年のまとめというのではなくて?

長屋 もちろん、この1年の間に私たちが何をやってきたか、証明できる場でもあると思います。絶対に成長は見せたいし、見せなきゃいけないと思うし。私たちは、お客さんも一緒に大きくなりたいなとずっと思ってるから、お客さんにも“もっと大きくなりたいな。もっと大きな会場に行きたいな”と思わせるようなツアーにしなきゃいけないと思っています。

緑黄色社会 エンタメステーションインタビュー

小林 ツアー・タイトルも“リョクシャ化計画2019”ということで、“リョクシャ化するぞ!”という意気込みなんですけど、去年よりも会場が2つ増えて、ホールが3カ所になり、確かに階段を上がっていけている実感はあるんですけど、その分、自分たちも去年以上のことをできないといけない。でも、それができるかどうかは当日にならないとわからない(笑)。去年来てくれたお客さんに対しては、その記憶を塗り替えるようなライブをしないといけないと思うし、初めて来てくれた人には夢の国に来たようだと思ってもらえるようなライブにしないといけないし。だから、楽しみ!と言いつつ、プレッシャーもあるんですけど、それでもライブの当日になったら、とにかく開放的な気持ちで、お客さんが誰ひとり緊張することのない、アットホームな空間作りができたらいいなと思います。

期待しています。ありがとうございました。

その他の緑黄色社会の作品はこちらへ。

ライブ情報

ライブツアー“リョクシャ化計画2019”

11月8日(金) 宮城・仙台Rensa
11月9日(土) 新潟・新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
11月15日(金) 香川・高松MONSTER
11月17日(日) 北海道・札幌ペニーレーン24
11月22日(金) 広島・広島クラブクアトロ
11月24日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS
11月30日(土) 愛知・名古屋市公会堂
12月6日(金) 大阪・NHK大阪ホール
12月8日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂

緑黄色社会

長屋晴子(Vo / Gt) 、peppe(Key / Cho)、穴見真吾(Ba / Cho) 、小林壱誓(Gt / Cho)。
愛知県出身・在住4人組バンド。高校の同級生(長屋・小林・peppe)と小林の幼馴染、穴見によって2012年結成。2013年、10代ロックフェス「閃光ライオット」準優勝獲得。その後3枚の自主制作CDを販売するなど活動を本格化。2017年1月、初の全国流通盤「Nice To Meet You??」をタワーレコード限定でリリース。同年8月、2nd Mini Album『ADORE』リリース。2018年3月、1st Full Album『緑黄色社会』をリリースし、オリコンインディーチャート2位。この頃から各地大型音楽フェスへの出演も果たし、同年11月、Epic Records Japanより3rd Mini Album『溢れた水の行方』をリリース。その後開催されたワンマン・ツアー“溢れた音の行方”は各地ソールドアウトとなる。2019年8月公開の映画『初恋ロスタイム』主題歌「想い人」を配信限定でリリース。長屋晴子の透明かつ力強い歌声と、個性・ルーツの異なるメンバー全員が作曲に携わることにより生まれる楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。

オフィシャルサイト
http://www.ryokushaka.com