Topics

面倒くさい小坂(間宮祥太朗)を鹿野(桜井日奈子)が一蹴。映画『殺カレ死カノ』本編映像&新場面写真が解禁

面倒くさい小坂(間宮祥太朗)を鹿野(桜井日奈子)が一蹴。映画『殺カレ死カノ』本編映像&新場面写真が解禁

11月15日(金)に公開される、間宮祥太朗と桜井日奈子のダブル主演映画『殺さない彼と死なない彼女』の本編映像と新たな場面写真が到着した。

本作は、SNS漫画家・世紀末の処女作を実写映画化したもの。間宮と桜井が演じる小坂・鹿野に加え、原作でもメインキャラクターとして登場するきゃぴ子(堀田真由)と地味子(恒松祐里)、撫子(箭内夢菜 ※原作では君が代ちゃん)と八千代くん(ゆうたろう)の物語も描かれるほか、物語のキーパーソンとなるイケメンくんとサイコキラーくんも登場する。

解禁されたのは、小坂と鹿野の不器用で口の悪い会話にクスリと笑えるシーン。いつもと髪の毛の分け目を変えてきた小坂は何も気づかない鹿野に、自ら「俺の髪型! 分け目がいつもと逆だろーが! 言わせんなよ」とカミングアウト。そんな小坂に対して鹿野は、「今のお前、世界で一番めんどくせーぞ」と冷静に半ばあきれ顔で一蹴する。

そんな低いテンションや殺伐とした言葉遣いの鹿野を演じた桜井について、小林啓一監督は「今回、桜井さんは世間のイメージと一番ギャップのある役柄を演じていて、ある意味“殻を破った”作品になるんじゃないかと思う」と語る。一方、桜井は「作り込み過ぎていないテンションで、やり取りがすごく心地の良かったです」と、意外にも今まで演じてきた役より自分に合っている役であると明かしている。

また場面写真では、イカ焼きにかぶりつく鹿野の姿が! イカを少しかじるだけだったはずが、勢いよくかぶりついてしまい、偶然にも生まれたワンカットで、シーンごとにかなりの数のテイクを重ねて撮影したが、アドリブ的な面白さが受け入れられ、リテイク無しとなった珍しいシーンだ。本編ではくわえたまま「おいひぃ!」としっかりセリフを言っているので注目してほしい。

映画『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

【STORY】
何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

出演:間宮祥太朗 桜井日奈子 恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう 金子大地 中尾暢樹/佐藤 玲 佐津川愛美/森口瑤子
監督・脚本:小林啓一『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽︓奥華⼦/主題歌︓「はなびら」奥華⼦
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会

オフィシャルサイト
http://korokare-shikano.jp/

オフィシャルTwitter
@korokareshikano

オフィシャルInstagram
@korokareshikano

『殺さない彼と死なない彼女』原作