視える手相占い師・司馬忠の運命を変えるすごい方法  vol. 15

Column

何もしちゃいけない? “大殺界(天中殺)”の過ごし方。視える手相占い師・司馬忠の運命を変えるすごい方法

何もしちゃいけない? “大殺界(天中殺)”の過ごし方。視える手相占い師・司馬忠の運命を変えるすごい方法

九州随一の占い師として全国から相談者がやってくる知る人ぞ知る司馬忠。

9割の相談者が鑑定中に号泣することから、癒しの占い師ともいわれる。

のべ1万人以上の相談者の鑑定を通して視えてきた、運の真実と運命の法則とは?

Photo by kiki Wang on Unsplash

第15回 運気が落ちる? “大殺界(天中殺)”の過ごし方

年の瀬が近づく今頃になると、来年の運勢を聞かれることが多くなります。

その中で「来年は、大殺界(天中殺)なのですが、何もしちゃいけないんでしょうか?」と心配される方も多くいます。

でも実は、“大殺界”は決して「運が悪いだけ」ではないんです。

今回は、“大殺界(天中殺)”についてお伝えします。

そもそも“大殺界”とは何か?

“大殺界”といわれるものは、古来の東洋系の占いでは、“天中殺(てんちゅうさつ)”や“空亡(くうぼう)”と呼ばれ、12年周期で2年ほどの時期をさします(自分の天中殺がいつか知りたい方は、ネット検索で無料で調べられるサイトなどもありますのでチェックしてみてください)。

この12年という周期は干支(えと)の巡りで、木星の周期を現すものでもあります。所説ありますが、太陽との関係で地球に季節が起こるように、木星との関係で目には見えない季節のような変化が起こり、その影響で運勢……というか「自分らしさ」や「過ごしやすさ」が変化していくと僕はとらえています。

“天中殺”は「運が悪い時だから動かないほうが良い」といわれることも多いですよね。でも、自分らしく動けない時期ではあっても、決して「運が悪いだけの時期」ではないというのが僕の答えです。

人生には「自分らしく過ごしやすい時期」と「自分らしく過ごしづらい時期」がある

ただ、のべ2万人を占ってきた中で感じるのは、人生にはどうしても無視できない「運の変化」が強く表れる時期がやっぱりあるんですよね。

それは、僕自身や多くの人の人生を年表のようにしてみたときに、どうも「自分らしくない選択」をしている時期がある。たとえばその期間だけ、それまでとまったく違う仕事をしていたり、タイプの違う恋人や友人との付き合いが増えたり……。

その時期は、ただ「運が悪い」のひと言で片付けられるものではなくて、長期的に見ると「幸運になるためには必要なこと」が起きたりもするんです。

夏が苦手とか冬が好きとか、人それぞれ過ごしやすい季節があるように、人生にも「自分らしく過ごしやすい時期」や「自分らしく過ごしづらい時期」があるんじゃないかと。そして、それが、”天中殺”と呼ばれる時期ではないかと僕は考えます。

Photo by Kaylah Otto on Unsplash

“天中殺”の時こそ、「新しい縁」を結んでいける

では、なぜ、“天中殺”は「運が悪い」とか「動くと不幸になる」といわれるのでしょうか?

この時期は、「自分らしくないことを無意識に選んでしまう時期」なので、いつもなら右に曲がる道を、なぜか左に曲がっちゃったりします。

その結果として、慣れない道でつまずいて転んだりする確率が上がります。このことを占い師は「運が悪い」とか「動くと不幸になる」と表現するのだと思います。

ですが、普段は通らない道を選ぶことで「新しい出会いや可能性」を見つけやすくなる。

”天中殺”は、いつもなら興味を持たない事に興味が湧いたり、いつもなら話さない人と話したり、それまでの人生で縁がなかった物事と、「新しい縁」を結んでいける時期でもあるのです。

あえて少しバランスを崩して、いつもと違う「自分らしくない選択をする」ことで新たな刺激を人生に加えて、運命を切り拓いていきましょう。

photo by aziz achark on unsplash

あなたの「パターン化された不幸」を超えていく

人間には”癖”とか”偏り”のようなものがあり、何度も同じような失敗をしてしまいがちです。恋愛では毎回同じような相手を選んで失敗していたり、仕事では同じようなトラブルを呼び込んでしまったりと、不運には人それぞれにパターンがあります。

自分より、友達の恋愛や後輩の仕事のミスを思い出してみると納得できる人も多いのではないでしょうか?

そう思って探してみると、あなた自身にも同じような「パターン化された不運」が見つかるはずです。

“天中殺”は、いつもと違う「自分らしくない選択」をすることで、パターン化された不幸を超えていくのに最適な時期です。

あなたが抱えている自分の問題や弱点、不満など長年抱えている問題を超えていくことのできる時期でもあるのです。

ただし、「自分らしくない選択」をしやすい時期なので、家を買う、結婚・離婚、転職などの大きな決断は、いつも以上に慎重にしたほうがいいです。後々「なんでこれを選んだのだろう? 間違えた!」ということになりやすいので、ご注意くださいね。

“天中殺”だからと怯えすぎずに、自分の運命を切り拓いていってください。

司馬忠の運命を変える法則

天中殺だからと怯えない。新しい幸せにつながるヒントがその時期には現れやすい。

天中殺は自分の「不幸のパターン」を見つけて、超えていくのに最適な時期だと知っておこう。

トップ画像 / Photo by Pedro Lastra on Unsplash
  構成 / 垣内 栄


司馬忠(しばちゅう)

科学好きの霊感持ち、視える手相占師。スピリチュアルなことから逃げていたが、これが自分の天命であると受け入れ、占い師となる。開始2ヶ月で1,000人を鑑定するなどその人気は圧倒的。推命・観相・ト易・科学・宗教・心理……使えるものは全て使い、在るべき道を示す。

オフィシャルサイト「占 司馬忠の運命鑑定所」
http://sibachuu.blogspot.com/

vol.14
vol.15
vol.16