LIVE SHUTTLE  vol. 74

Report

綾野ましろが『WHITE PLACE』に込めた想いをファンと一緒に体感できた充実のライブ

綾野ましろが『WHITE PLACE』に込めた想いをファンと一緒に体感できた充実のライブ

深い悲しみを全力で振り払うかのように“いつの日かめぐり会う 約束した未来で”と力強く言葉を放ち、そのまま「“WHITE PLACE”へようこそ! 楽しんでいって下さい!」と叫ぶ綾野ましろ。4曲目「刹那クロニクル」を歌い終えた直後のことだ。ここまで「shinkiro」「focus light」「tiny wings」とエモーショナルなアップ・チューンを立て続けに投下し、そして「刹那クロニクル」でさらに大きなうねりを生み出した彼女は、それを歌っていたときのシリアスな表情を笑顔に変えて最初のMCへと突入する。

「皆さんの溢れ出す情熱、パッションをステージにぶつけてきてほしいなって思います。人間は生きていたら、いろいろな感情を持つもの。楽しいときもあれば、もう今日はやる気ない……みたいなときもあるでしょ(笑)。どの感情にも優しく寄り添える楽曲を収録した『WHITE PLACE』の世界観を、ぜひ一緒に居場所を作りながら楽しんで下さい」

%e7%b6%be%e9%87%8e%e3%81%be%e3%81%97%e3%82%8d_%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3whiteplace%e6%81%b5%e6%af%94%e5%af%bf%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%8920161103_%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7

11月3日。恵比寿LIQUIDROOM。約1ヵ月前にリリースしたばかりの1stアルバム『WHITE PLACE』を引っさげての“One-man Live 2016 WHITE PLACE”。それはデビュー以来、綾野ましろが繰り返してきた「音楽で誰かの居場所を作ることができたらうれしい。歌で誰かの心の中に明かりを灯せるような存在になりたい」という発言の真意がはっきりと伝わってくるライブ・パフォーマンスだった。

綾野ましろの最大の武器が透明で、しかも熱を帯びた歌声であることは誰もが認めるところだろう。それが序盤から惜しみなく披露される。圧巻だったのは最新シングル「Lotus Pain」だ。静謐なピアノの調べに導かれてスタートするダイナミックなバラード。ここでは本来の透明感に痛みと切なさを加えたような美しくも壮絶な歌を聴かせてくれた。思わず舞台の上の彼女を凝視してしまう。というか目が離せなくなってしまう。それほどの迫力だった。

状況を変えようと必死に戦う主人公を描いた楽曲が多い中で、しかしアルバムに収められた新曲のひとつ「labradorite」では異なる表情を見せる。突き抜けるように明るくてハッピーなポップ・チューンなのだ。一瞬にして場内が開放的なムードに染まる。綾野ましろも、このときばかりは遠慮なくキュートネスを炸裂させる。くっきり鮮やかな歌声。はじける笑顔。彼女がターンを決めると、ふわっとスカートが揺れるのだが、その揺れ方さえも計算されているかのように完璧だ。

%e7%b6%be%e9%87%8e%e3%81%be%e3%81%97%e3%82%8d_%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bcwhiteplace_%e5%85%b1%e9%80%9a%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab1_

そう、こういったアクション、そして数々のポージングも強く印象に残った。歌いながら反らした背中の、その角度。高く掲げた手の指先から、そのまま一気に足元へと移動する視線のアップダウン。空中に漂っている大切な何かをつかみ取ろうとするかのように前に差し出される細い腕。ひとつひとつの動きに物語が宿っている、とでも言えばいいだろうか。動きそのものに強い意志が感じられた。

本編ラストの疾走感溢れるナンバー3連発も圧倒的だった。アクセル全開で駆け抜ける「スパイラルガーデン」「infinity beyond」「ideal white」。切れ味鋭いメロディを見事に乗りこなす綾野と、そのパワーみなぎる姿に向けて、ありったけの思いをぶつける観客。両者のパワーが拮抗して尋常じゃない一体感が生まれる。

%e7%b6%be%e9%87%8e%e3%81%be%e3%81%97%e3%82%8d_%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3whiteplace%e6%81%b5%e6%af%94%e5%af%bf%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%8920161103_%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7

歌の主人公の葛藤は、そのまま綾野ましろ自身の葛藤であり、さらに我々聴き手の葛藤とも重なる。それを知ってるからこそ彼女は“居場所”でありたいと願うのだろう。アンコールの最後「春想の街」が終わってバンドがステージを去った後、ひとり残った綾野ましろは、ゆっくり観客に語りはじめた。

「最近、考えるんです。この時間は、きっと永遠ではないんだろうなって。人間は生きてるから、いつかは終わりがやってくるわけじゃないですか。だから綾野ましろとして、こうやってステージに立っていられるのも永遠ではない。それがこの世界の道理だから仕方ないのかなって思いつつ、すごく悲しいし儚い。でもだからこそ、こうしてライブをやっている時間を、そして音楽を作って皆さんに届けたいっていう想いを、すごく大切にしていきたいんです。1分でも1秒でも、ひとりでも多くの人と、これからもできるかぎりたくさん居場所を作っていきたいと思っています」

その言葉に大きくうなずきながら歓声と拍手で応えるオーディエンス。私の歌が、それを聴いた人の心の拠りどころとなり、そして魂の居場所になったなら、とてもうれしい。そんな綾野ましろの強い思いが、しっかりと観客に受け止められた夜だった。

取材・文 / 大野貴史 撮影 / 高田真希子

%e7%b6%be%e9%87%8e%e3%81%be%e3%81%97%e3%82%8d_%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3whiteplace%e6%81%b5%e6%af%94%e5%af%bf%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%8920161103_%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7

セットリスト

綾野ましろ One-man Live 2016 WHITE PLACE
恵比寿 LIQUIDROOM@11月03日(木・祝)

SE. white arise
01. shinkiro
02. focus light
03. tiny wings
04. 刹那クロニクル
05. misty way
06. re:rain
07. labradorite
08. vanilla sky
09. Delusion
10. Lotus Pain
11. 憧憬
12. RAY OF LIGHT
13. スパイラルガーデン
14. infinity beyond
15. ideal white

EN1. Believe
EN2. marionette
EN3. 春想の街

リリース情報

【初回限定盤A】

【初回限定盤A】

【初回限定盤B】

【初回限定盤B】

【通常盤】

【通常盤】

1st album
『WHITE PLACE』

■初回生産限定盤A(CD+BD) BVCL-748~9 ¥4,000+税
■初回生産限定盤B(CD+DVD) BVCL-750~1 ¥3,800+税
初回生産限定盤のみの特典:ドイツ撮りおろし24ページフォトブック付き
■通常盤(CD) BVCL-752 ¥3,000+税

【収録曲】
Disc-1(CD)

01. white arise ~overture~
02. ideal white
03. スパイラルガーデン
04. Lotus Pain
05. 刹那クロニクル ~album version~
06. shinkiro
07. misty way
08. labradorite
09. vanilla sky
10. Delusion
11. focus light
12. 憧憬
13. infinity beyond
14. 春想の街
15. (bonus track) Believe

Disc-2(BD/DVD)
※初回生産限定盤A、Bのみ

2015年11月3日渋谷O-WESTで行われた1stワンマンライブの映像を収録
01.opening
02.ideal white
03.pledge of stars
04.燐光
05.刹那クロニクル
06.infinity beyond
07.vanilla sky
08.ハーフムーンフラワー

綾野ましろ

北海道洞爺湖町出身・札幌在住の女性シンガー綾野ましろ。 まっすぐな意思を感じる透明感ある歌声で、聴く人の心が求める理想の歌とメッセージを届ける。
2014年放送のTVアニメ「Fate/stay night」オープニングテーマ「ideal white」(アイディール ホワイト)で10月22日にデビュー。 iTunesポップチャート2位 アニメチャート1位、オリコンデイリーランキング6位を記録。全世界47カ国で配信中。 サウンド・プロデュースにtoku (GARNiDELiA)を迎え制作された2nd single「vanilla sky」(4月29日発売)が、2015年4月放送スタートのTVアニメ「ガンスリンガー ストラトス」オープニングテーマに抜擢された。 その後、シンガポール・ロサンゼルス・ドイツでのJ-POPカルチャーフェスに出演。さらにPC版ゲーム「ガンスリンガー ストラトス リローデッド」テーマソング3rd single「infinity beyond」(8月19日発売)をリリースし、10月11月に地元北海道と東京での初のワンマンライブを開催、即日完売させ大成功をおさめる。
今年1月13日にはデビュー前に制作された音源と初のワンマンライブの音源を収録した綾野ましろの原点を表現したコンセプトアルバム「early days」をリリース。リード曲「春想の街」は、ミュージックビデオは出身地である洞爺湖で撮影され、「北海道庁クールHOKKAIDO公認ソング」に起用された。4月には札幌・東京で2nd ワンマンライブの開催。8月3日に発売した4th「Lotus Pain」が、TVアニメ「D.Gray-man HALLOW」エンディングテーマに抜擢。10月5日(水)には、1st album「WHITE PLACE」をリリース!そして、10・11月には、大阪・東京・札幌でのワンマンライブが決定している。


オフィシャルサイト http://www.ayanomashiro.com/

vol.73
vol.74
vol.75