Topics

EDテーマは三浦涼介のアカペラという事実に須賀健太&廣瀬智紀&立石俊樹もびっくり! 映画『遮那王 ─ お江戸のキャンディー3』初日舞台挨拶

EDテーマは三浦涼介のアカペラという事実に須賀健太&廣瀬智紀&立石俊樹もびっくり! 映画『遮那王 ─ お江戸のキャンディー3』初日舞台挨拶

映画『遮那王 ─ お江戸のキャンディー3』の初日舞台挨拶が11月22日に池袋HUMAXシネマズで行われ、遮那王役の須賀健太、弁慶役の三浦涼介、頼朝役の廣瀬智紀、お静役の立石俊樹、広田レオナ監督が登壇した。

はじめに、須賀、三浦、廣瀬、立石、広田監督の5人が舞台挨拶で揃うのは最初で最後ということもあり、Yohji Yamamotoの衣装に身を包んだ5人が登場すると大きな拍手が送られた。

この日、観客と共に初めて本編を観たという須賀が「世界観が独特なので、僕は大丈夫でしたか?」と問いかけると広田監督は「私はすごく好きですけど、どうですか?」と返し、場内には拍手が起きる。須賀は安堵した表情で「僕自身、新しい経験をさせてもらって、しかも初日にお客様と一緒に観られたのが良い経験になりました」と続けた。三浦は、事前に観ていたということだが、「こんなに大きなスクリーンで観られてすごく幸せでしたし、作品の中に色んな涙がありましたね」と語ると、広田監督が「エンディングテーマを三浦さんにアカペラで歌ってもらったんですが、その時も泣いてましたよね?」とエピソードを披露。「撮影のことを思い出したり、遮那王の事を思いながら歌ってほしいという演出だったので、それで涙が出てきましたね」と三浦が答え、他のキャストも「アカペラだったんですか?」と驚きを隠せない様子だった。

同じく事前に観ていたという廣瀬は、「でもやっぱり、スクリーンで観て初めて監督の世界観を体感出来た感じがして、自分の中で完結出来たような気持ちになりました」と感慨深げに答え、「ここまで衝撃を受けるのかって…めちゃめちゃでした」と話すと、すかさず須賀が「映画がめちゃめちゃだったみたいに聞こえるから(笑)。めちゃめちゃ色々思ってる、ってことだよね?」とツッコみ、廣瀬も「言いたいことが色々ありすぎて、1週間ぐらいこの映画のことを語りたいです。“お静、このやろー!”とか(笑)。何回も観たい作品だなと思いました」と笑いを誘った。そのお静役の立石は事前に試写会で観ていたということだったが、「改めて大きなスクリーンで観て、壮大な世界観と、音とお芝居に圧倒されて、素晴らしかったなと思いました」と語り、「女性にしか見えなかった」という廣瀬に「そこは意識しましたね。“男しかいない世界”という設定ですけど、女性に見えて欲しかったので」と答えた。須賀も広田監督から「遮那王もきれいでしたよね。最後まで須賀さんだとわからなかった編集スタッフもいた」と言われると「作品にしかない顔を見せられたっていうのは嬉しいですね。役者冥利に尽きます」と広田監督独自の世界を生きた喜びを語った。

終盤には広田監督からの「お客さんにもどんどん宣伝してほしい」という要望で撮影タイムが設けられる一幕も。最後に須賀が「少しでも良かったなと思っていただきましたら、何度も足を運んでいただいて、皆さま一人一人が宣伝隊長になっていただいて、一人でも多くの方に広めていっていただけると嬉しいです。エンドロールが終わっても場内が明るくなるまで立たないで下さい!(笑)ありがとうございました」と締め、終始なごやかな雰囲気で舞台挨拶を終えた。

映画『遮那王 ─ お江戸のキャンディー3』

11月22日(金)~ 池袋HUMAXシネマズ
12月7日(土)~ 下北沢トリウッド
2020年1月25日(土)~ 大阪・シネヌーヴォ
2020年新春 名古屋・シネマスコーレ

製作・原案・脚本・監督:Léona HIROTA
製作:「お江戸のキャンディー3」製作委員会(ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル、宮本匡章、山下大輔、スタジオバックホーン)

出演:須賀健太 三浦涼介/伊万里 有 財木琢磨 立石俊樹 醍醐虎汰朗 和合真一 青木玄徳/小西成弥 輝馬 渡辺アオト/山田愛奈 中山咲月/吹越 満 竹中直人 石橋蓮司/廣瀬智紀/麿 赤兒(ナレーション)

オフィシャルTwitter
@oedonobonbon

©2019「お江戸のキャンディー3」製作委員会