Topics

23年ぶりの新刊! 『ドラえもん 0巻』本日発売。6種類の「幻の第1話」読み比べも!

23年ぶりの新刊! 『ドラえもん 0巻』本日発売。6種類の「幻の第1話」読み比べも!

『ドラえもん』23年ぶりの新刊が本日11月27日発売! その名も『ドラえもん 0巻』。新刊なのに『0巻』とは……? 気になる内容をご紹介します!

文 / エンタメステーション編集部


藤子・F・不二雄先生の生み出す「S・F(すこし・ふしぎ)」という世界観。次々に飛び出すひみつ道具にわくわくさせられながらも、時に本格的なSFストーリーあり、時に人生訓を教えてくれるようなエピソードもあり……大人になるほど読み返し甲斐のある作品でもある『ドラえもん』。

本作は小学館の雑誌「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」の6つの雑誌の、1970年1月号で連載をスタートしました。
そのため、各雑誌の読者ごとに描き分けられた6種類の「第1話」があったわけです。

これまで私たちの目に触れていた、てんとう虫コミックス第1巻に収録の第1話は「小学四年生」版を加筆・修正したものでした。
つまり他の5本については、「幻の第1話」となっていたわけで……。

今回の『0巻』には、それらすべての「第1話」を、カラーページも含め、当時の掲載状態ほぼそのままに収録。
ドラえもんが4足歩行をしていたり、「タケコプター」をつけずに空を飛んでいたりと、設定が定まっていなかったからこその新鮮な姿に出会えますよ……?

また、藤子先生によるドキュメンタリーまんが『ドラえもん誕生』や、「ドラえもん 伝説の予告ページ」も収録。
ドラえもんの姿は一切描かれず、「出た!」という大きなフキダシで表現されたこのページは、藤子先生が予告の〆切までにアイデアを思いつかなかったことから生まれたとか。

書店では予約が殺到! これを受けて、2度の発売前大重版が行われるという事態に。小学館のコミックスで発売前緊急重版を2度行うのは、今世紀初(!)とのこと。
発売当日となった本日も、各店の公式アカウントで大展開中とのツイートがなされています。

コミックスを集めていた世代にはたまらないカバー下の仕掛けもあるそう。
電子書籍派のみなさんも、今回ばかりは書店でチェックしたほうがいいかもしれませんよ?

『ドラえもん』0巻(てんとう虫コミックス)

著者:藤子・F・不二雄
定価:本体700円+税
ISBN:978-4-09-143156-1
出版社:小学館
2019年12月1日 全国書店・コンビニエンスストアで発売
※11月27日に首都圏で発売となるのを皮切りに、全国で順次発売となります

電子書籍の購入はこちら