Report

木津つばさ、設楽銀河、野口 準らが「カッパになります!」宣言。エネルギーがほとばしる、さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~開幕!

木津つばさ、設楽銀河、野口 準らが「カッパになります!」宣言。エネルギーがほとばしる、さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~開幕!

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~が、11月28日(水)シアター1010にて開幕した。
2019年4月から6月までフジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送された幾原邦彦監督によるオリジナルアニメ『さらざんまい』が、異例の早さで“さらっと”舞台化!
カッパ型生命体“ケッピ”に命じられた中学2年生の男子3人が「尻子玉」を奪われたり、“カパゾンビ”なる存在の「尻子玉」奪還騒動がミュージカル風に繰り広げられたり、登場する美形警官ふたりの謎が深まったりと、目が離せない展開が大きな話題を呼んだTVアニメが、はたしてどのようにステージ化されたのか?
前日夜に行われたゲネプロの模様と、矢逆一稀 役の木津つばさ、久慈 悠 役の設楽銀河、陣内燕太 役の野口 準、新星玲央 役の中村太郎、阿久津真武 役の高本 学が登壇した囲み取材での意気込みをレポートする。

取材・文・撮影 / 片桐ユウ


これだけは言えるんですけど、僕たちがカッパになります!

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、矢逆一稀 役の木津つばさ、久慈 悠 役の設楽銀河、陣内燕太 役の野口 準、新星玲央 役の中村太郎、阿久津真武 役の高本 学の5名が登壇した。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

まずは木津つばさが、初日を目前に控えて「本当にみんなと努力しつつ、“ふつうの”過ごし方をしてきました。稽古場から仲良くいろんなことを学びながら日々を重ねてきました」と稽古期間を振り返り、「“ケッピ”(=謎のカッパ型生命体)がどんな形で出てくるのか皆さん気になっていると思いますが(笑)、ぜひいろんなところに注目して観ていただきたいと思います」と呼び掛ける。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

設楽銀河が「ひとりひとりが、全力で誰かのために……舞台で全力になっています!」とコメントして会場をなごませると、隣りの木津から「なんやねん、そのコメント(笑)」とツッコミが入る。
続けて木津が「緊張するよな~」「17歳になったばかりなんだよね?」とフォローすると、設楽も屈託のない笑顔を見せて「こんなふうに楽しい現場で、全力になって駆け抜けている舞台です。よろしくお願いします!」と意気込んだ。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

野口 準は「原作の魅力が2時間に詰まった素晴らしい作品になっていると思います。衝撃的な展開がいくつもある作品なので、演じている僕たちも“あっ”と驚くことも多々あったのですが、観ていて楽しいだろうなと思える、舞台としての「さらざんまい」の形に最終的に行き着いたのではないかと思いました」と手応えを語る。

中村太郎は「アニメを勉強させていただき、台本を読ませていただいた段階では演劇としてどうなるのかわからなかったのですが、脚本・演出の伊勢直弘さんのお力とスタッフさん、キャストみんなの力で、内容がしっかり掴めて、自分が玲央としてどう生きていけばいいのかを考えることができました。自分の想像していた以上に面白い作品になったと思います。観てくださる皆様にも、ぜひ楽しんでいただけたら」と呼び掛け。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

高本 学は、同じく劇団番町ボーイズ☆に所属している木津に「事務所から“しゃべるな”と言われている人なので、発言は貴重ですよ!」と茶々を入れられて「そういうのはいらない(笑)」と苦笑い。
表情をあらためて「稽古場からカンパニー一丸となって、みんなで助け合いながら熱量を持って今日までくることができたのではないかと思います。本番でもいろんなことを発見してどんどん成長していける舞台なのではないかなと思うので、全力で成長できるように頑張っていきたいと思います!」と宣言し、木津をはじめとする登壇メンバーから「一緒に過ごした中で一番真面目なことを言っている」と感心されていた。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

その後、それぞれの見どころについて訊ねられた木津が「ネタバレにならない範囲で、というと何も言えないんじゃないか、というぐらい盛りだくさんなのですが(笑)、アニメに忠実でありつつも演劇的な描写が見どころです」とコメント。
主人公たちがカッパになるという、気になる変身シーンについては「これだけは言えるんですけど、僕たちがカッパになります!」と断言する。
中村が「映像ではございません!」と補足すると、木津も「僕たちがしっかりカッパになりますので、ぜひ劇場でお楽しみいただけたら」と期待を煽った。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

設楽は「関係性が密に描かれています」、野口は「燕太は一稀に対する想いが一番にあるキャラクターなので、強すぎる想いの描写に注目していただけたら嬉しいです」とアピール。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

中村は「“レオマブ”というセットで愛していただいている方がたくさんいらっしゃると思うのですが、演劇としてひとりで戦わなければいけないところもお互いにあって。孤独感を出すことがとても難しかったのですが、たくさん時間を使って稽古をさせていただいた部分でもありますので、本番で玲央の葛藤や孤独を見せていけたらと思います」と語り、高本も「玲央と真武の関係性」と言及。続けて「原作を知らない方にも、ふたりの関係をわかってもらえるようにとふたりで考えてきました。もちろん原作にも忠実に再現している部分がありますので、両方の方々に楽しんでいただけたら」と明かした。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

その後も稽古場のエピソードとして、ご飯に行ったり、稽古前のゲームを通して早く打ち解けられた話や、アニメ独特のポーズについて木津が「一生、難しい! 手が攣りそうです(笑)」と苦労点を明かしたりと、終始にぎやかな雰囲気の囲み取材となった。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

生身の全力感とぶつかり合いから生まれる熱量を前面に押し出した

この後はゲネプロの模様をレポートする。

原作アニメは全11話。突拍子もない設定と演出でグイグイと視聴者を引き込み、謎を明かしながらも一方で深めていき、最後には衝撃と切なさが残る……という、非常に中毒性の溢れるストーリーだった。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

物語の舞台は浅草。中学2年生の矢逆一稀、久慈 悠、陣内燕太の3人が、ある日、ひょんなことから謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われ、カッパに変身させられてしまう。

『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、カパゾンビの尻子玉を持ってこい』

ケッピにそう告げられた少年たちはつながりあい、カッパの姿で歌い踊りながら、ゾンビの尻子玉奪取に向かう。 尻子玉をケッピに届けると、その報酬にどんな願いも叶えてくれる「希望の皿」が手に入る。しかし、尻子玉を奪った代償として自身の秘めたる欲望が「漏洩」してしまう……。

“欲望”を巡ってそれぞれの関係性が揺れ動く様が描かれ、それを通して彼らは“つながり”の感触をより確かなものとしていく。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

舞台『さらざんまい』は、原作アニメ全体の内容を踏襲しつつも、主人公たちが新たに歌う楽曲の追加、映像技術、照明やセットの転換を使ってエンタメ性を塗り重ね、生身の全力感とぶつかり合いから生まれる熱量を前面に押し出した。

とにかく走る! 走る! 叫ぶ! 変身する! 歌う! 踊る! さらに走る!

スピーディーな展開と疾走感、そして“つながりたい”という“欲望”の強さを役者たちがエネルギーを振り絞って表現している。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

矢逆一稀 役の木津つばさは、コミカルな場面も苦しい内面を吐露する場面も、つねに全力。変身シーンの事情(?)を含めると、ノンストップで動き回っているのではないかと思ってしまうが、集中力を切らすことなく体当たりで本作に挑んでいる。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

久慈 悠 役の設楽銀河がクールな表情の中から覗かせる幼さ、陣内燕太 役の野口 準が司る絶妙なバランス感覚も良い。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

汗だくになって走る3人の泥くささと清々しさは、まさしく“欲望”という人間の原動力が持つ美しさと醜さの両面を体現しているかのようだった。

中学生を演じる3人が歌い踊る『さらざんまいのうた』は畳み掛けるように展開し、観客の熱を上げていく。
WEBで公開された動画では、振付やグッズで販売されているライトの点灯タイミングなどもレクチャーされているので、劇場に行かれる方はぜひチェックを。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

新星玲央 役の中村太郎、阿久津真武 役の高本 学による楽曲『カワウソイヤァ』の動画も公開中だ。
玲央と真武の関係は事情が入り組んでいるが、演者たちの熱演でどの場面も説得力を備えた“刺さる”シーンとなっている。ビジュアルとしても公開中の、ふたりの決めポーズも完璧。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

悠の兄・久慈 誓 役の横井翔二郎や一稀の弟・矢逆春河 役の深澤大河も驚くほどのハマりぶり。言葉にして口に出すことはない心情を表情や物腰からしっかり伝えている。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

回想の場面展開や、ご当地アイドル・吾妻サラ 役をアニメのCV.である帝子が務めていたりと、その他の見どころも満載!

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~ エンタメステーションステージレポート

東京公演は11月28日(木)~12月1日(日)シアター1010にて上演。大阪公演は12月7日(土)~8日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される。

さらに「さらざんまい」~愛と欲望のステージ~

東京公演:2019年11月28日(木)~12月1日(日)シアター1010
大阪公演:2019年12月7日(土)〜12月8日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

原作:イクニラッパー / シリコマンダーズ
スーパーバイザー:幾原邦彦
脚本・演出:伊勢直弘

出演:
矢逆一稀 役:木津つばさ
久慈 悠 役:設楽銀河
陣内燕太 役:野口 準
新星玲央 役:中村太郎
阿久津真武 役:高本 学
矢逆春河 役:深澤大河
久慈 誓 役:横井翔二郎
吾妻サラ 役:帝子
ケッピ 役:一内 侑
ほか

主催:アニプレックス/OfficeENDLESS/ローソンチケット

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@butaisarazanmai)

©イクニラッパー/シリコマンダーズ ©舞台「さらざんまい」製作委員会