Topics

杉野遥亮はパンツを履かずにウロウロ…。福原 遥は足が速い!? 意外な一面が明かされた映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶

杉野遥亮はパンツを履かずにウロウロ…。福原 遥は足が速い!? 意外な一面が明かされた映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶

本日11月29日(金)に公開を迎えた、映画『羊とオオカミの恋と殺人』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日比谷で行われ、杉野遥亮、福原 遥、江野沢愛美、そして朝倉加葉子監督が登壇した。

まずはじめに、杉野が「こんばんは!」と挨拶すると場内から「こんばんは!!」と返事が。続いて福原が「今日は映画の魅力をたくさん届けられたらいいなと思います」と意気込み、和やかなムードでイベントがスタートした。

早速、MCからハードな撮影について聞かれると、杉野が「環境は良くなかったです(笑)」と正直な意見を漏らし、それには朝倉監督が「良くなくはないでしょ?」とツッコミを入れて笑いを誘った。「遥ちゃんと一緒にいるシーンは、朝から晩までセットの家にこもっている状態だったので…途中から呼吸できていないなんて感覚に陥ったりして(笑)。僕の部屋“自殺志願者の部屋”をスタッフさんが造ってくれて、気持ちがめいっぱいになったりはしましたね」と撮影を振り返ると、福原が「真っ暗だったし、空気が薄かったよね!」とフォローした。続けて杉野が、「監督に最初『この世界の隅っこのお話です』と言われたので、それは念頭にありました」と演技する上でこだわった点を明かし、殺人鬼役の福原の印象については「二度目の共演だったので信頼があって、安心してやってました」とコメント。

また、福原は「杉野くんと意見を交換しながら、お芝居についてだったり、一緒に話せたのが嬉しかったです。支えてもらってました、一緒にできてよかったです」と杉野に感謝を述べた。続けて、殺人鬼役のオファーを受けた点については、「今までやったことのない、理解できない役をやってみたかったので、嬉しかったですけど…不安もありました(笑)。でも楽しみでした」と語った。また、原作『穴殺人』を読んだ感想を「不思議な世界観で、(杉野が演じた)黒須くんと(自身が演じた)宮市さんの愛の表現の仕方が美しくて、見惚れながら読んでいました」と述べた。さらに、3ヶ月練習した殺陣については「“舞うように、綺麗に、美しく、殺してほしい”という監督の意見どおりにアクションしました。あと、コンテンポラリーダンスみたいな踊っている感じの演出だったので、殺される側の方と息を合わせるのが難しかったです」と語った。

続いて江野沢が、自身が演じたキャピキャピした女子大生と自身の性格について「似てないですねぇ(笑)。考え方がメンズっぽいと言われるので、キャピキャピしてないです! でも、物事をハッキリ言うところは似ているかな」と比較し、「トーンを上げたり、喋り方を意識しました」と工夫した点を明かした。また、仲良しの福原の芝居を「目が鋭い感じが伝わってきて、殺人鬼でした(笑)」と評価すると、福原が「嬉しいです!」と笑顔で喜んだ。続けて杉野も「ふと涙を流すシーンも、遥ちゃんの目を見て芝居すれば正解というのが自分の中に生まれてきました。以前共演したときからの成長を、間近で感じられことが自分にとっても大きなことでした」と福原の芝居を大絶賛した。また、血しぶきが出る演出もある本作だが、朝倉監督は「血しぶきが出る分だけ、それ以上にキュンとしたり、ほんわかしたりするのかなと。交互に訪れるからハラハラできたらいいなと思って作ってます」と演出のポイントを明かした。

次に、本作のキャッチコピー“信じられないでしょうが、これはラブコメです。”にちなみ、『信じられないでしょうが、私、●●なんです』を披露することに。はじめに杉野が「こう見えてガサツなんです!」と明かすと場内からクスクスと笑い声が。「結構ズボラで、お風呂から上がったらパンツを履かずにウロウロしたり、部屋の中にコートとかが掛けずに置いちゃうとか…」と明かすと、江野沢が「モデルだったのに!(※杉野は以前『FINEBOYS』専属モデルを務めていた)」とツッコミを入れるという一幕も。それには杉野も「言わないでよ…!」とたじたじ。

続けて、福原が「私はこう見えて足が速いんです!」と明かすと、場内から一斉に「え~~!!!」とどよめきの声が。杉野も「うっそ! 手と足一緒にスキップとかしてそうなのに…」とおっとりしたイメージの福原の意外な告白に衝撃を受けた様子。江野沢も「信じられなーい!」とツッコミを入れ、福原が「今度一緒に競争したいです」と宣戦布告した。次に、江野沢が「信じられないかどうかはわかりませんが…意外と大食いです」と明かし、「ステーキ屋さんで450グラム食べて、プラスご飯も大盛りです」とモデルも務める細い身体からは想像ができない大食いっぷりを告白。朝倉監督は「18歳くらいまでホラー映画が一切観れませんでした」と、殺人鬼が出てくる本作を手掛けた監督とは思えない意外な一面を明かし、杉野・江野沢が「何があったんですか?」と興味を示した。

最後に「結構スパイスが効いたラブコメディになっています。怖いなぁと言われたりするのですが、黒須くんと宮市の真実の愛というのが細かく描かれているので、色んなところに注目しながら観ていただけたら嬉しいです。黒須くんの印象的なセリフで『宮市さんのことがまるっと好きです』というセリフがあるので、皆さんにも“この映画をまるっと好き”になっていただけたら嬉しいです」(福原)、「舞台挨拶の前、ご飯を食べているとき、マネージャーさんに『ある監督が“表現することで過去を変えることはできないけれど、未来を変えることはできる”って言ってたよ』と教えていただきました。僕たちが演じて作品として残すことで、誰かの記憶に刻まれて、未来を変えられるって素敵だなと思います。だから今日、一人ひとりの心の中に残ってくれたら、それは僕たちの本望だな思います。今日はありがとうございました」(杉野)と、W主演の二人の挨拶でイベントは終了した。

フォトギャラリー
福原 遥さんのインタビュー記事はこちら
踊るように人を殺める“美しき殺人鬼”を演じた福原 遥が抑えられない“衝動”とは?

踊るように人を殺める“美しき殺人鬼”を演じた福原 遥が抑えられない“衝動”とは?

2019.11.26

映画『羊とオオカミの恋と殺人』

11月29日(金)TOHOシネマズ日比谷他 全国ロードショー

【STORY】
大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野)は、 壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまう。穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原)の生活が丸見えで…。その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまう。目撃行為が見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに! アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに!?

監督:朝倉加葉子
脚本:髙橋 泉
出演:杉野遥亮 福原 遥 江野沢愛美 笠松 将 清水尚弥 一ノ瀬ワタル/江口のりこ
配給:プレシディオ

©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社

オフィシャルサイト
http://hitsujitookami.com/