Topics

二宮和也、家族を見つめる愛情あふれた表情。主演映画『浅田家!』場面写真解禁! 公開は来年10月2日

二宮和也、家族を見つめる愛情あふれた表情。主演映画『浅田家!』場面写真解禁! 公開は来年10月2日

二宮和也主演の最新作『浅田家!』の公開日が2020年10月2日(金)に決定。併せて場面写真が解禁された。

本作は、“家族でやってみたいこと”をテーマにさまざまなシチュエーションでコスプレして撮影する、ユニークな家族写真を世に送り出した写真家・浅田政志の2つの写真集『浅田家』『アルバムのチカラ』を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、独自の視点と脚本で、家族の「愛の絆」「過去と今」をユーモアを交えながら描き、“家族とは何か?”を深く問いかける。

この度解禁されたのは、二宮演じる写真家・浅田政志が温かな眼差しで、優しく被写体を見つめ、笑顔でカメラを構えたショット。愛情あふれた表情が印象的な一枚となっている。

【STORY】
父・母・兄(妻夫木 聡)という4人家族の次男として育った浅田政志(二宮和也)は、幼い頃から写真を撮ることが好きだった。政志が撮るのは「撮っていて楽しいもの、わくわくするもの」。どこか個性的でのんびりした家族や幼馴染で初恋の相手・若奈。写真専門学校に進学した政志は、卒業制作のテーマ「たった一枚で自分を表現すること」にも、迷わず被写体に家族を選んだ。それは、実際の浅田家の思い出のシーンを、当人達がコスプレし再現したものだった。そして、それは学校長賞を受賞した。
卒業後に地元に戻るも、定職には就かずパチスロ三昧。3年が過ぎ、ようやくもう一度写真と向き合おうとした政志が被写体に選んだのは再び「家族」だった。家族それぞれが“なりたかった自分”をテーマにコスプレをして家族写真として撮影した。これをきっかけに、家族写真の妄想が広がり、様々なシチュエーションを設定しては、家族でコスプレをしてそれを再現し、写真に収めるようになる。個展を開催したところ、写真を気に入った出版社が写真集を出版。その写真集「浅田家」は、第34回木村伊兵衛写真賞を受賞する。
プロとして活動を始め、全国の家族写真の撮影も引き受けるようになり、写真家として順調に歩み始めた政志。しかし、その家族にインタビューし、その家族ならではの家族写真を模索・撮影するうちに、戸惑いを感じ始める。“写真ってなんだろう? 家族写真を撮ることってなんだろう?”自問するうちに、政志は写真が撮れなくなってしまう。
そんなとき、展示会の準備をしている最中、東日本大震災が起こりー。

映画『浅田家!』

2020年10月2日(金)全国東宝系公開

出演:二宮和也、妻夫木 聡
監督:中野量太
脚本:中野量太、菅野友恵
企画・プロデュース 小川真司
原案:浅田政志『浅田家』『アルバムのチカラ』(赤々舎刊)
製作:東宝映画、ブリッジヘッド、パイプライン
配給:東宝
©2020「浅田家!」製作委員会