Topics

新田真剣佑が渋谷に大量出没!? 北村匠海&清原 翔らが30分だけ入れ替わりたい人を発表した映画『サヨナラまでの30分』完成披露試写会

新田真剣佑が渋谷に大量出没!? 北村匠海&清原 翔らが30分だけ入れ替わりたい人を発表した映画『サヨナラまでの30分』完成披露試写会

本日12月2日(月)、映画『サヨナラまでの30分』(2020年1月24日(金)公開)の完成披露試写会が有楽町朝日ホールにて行われ、W主演を務める新田真剣佑、北村匠海のほか、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原 翔、そして萩原健太郎監督が登壇した。

まずはじめに、この世にいないが颯太(北村)にだけ姿が見えているという複雑な役・アキを演じた新田が、「寂しいところはありました。僕はアキとして話しかけているのに、颯太を通じて話すしかないという…後半、颯太と出会ってアキがどう変わっていくのか、見どころになってます!」と大変だったという撮影を振り返ると、アキの姿が見えていない設定の重田を演じた上杉が「大変でしたよ、だって笑わせに来るもん! 見えたらいけないから笑ったらいけないしって(笑)」と仲の良さがうかがえるエピソードを披露。次に、外見は颯太、中身はアキを演じるシーンがあった北村が「ワンシーンの中でも颯太から始まり、途中アキになり…また颯太になり…本当に大変でしたね。二役やっていましたから。でもたくさんのスタッフさんに支えていただいて、現場が一瞬すぎて、今でもあの頃に戻りたいなって思います」とコメント。紅一点、カナを演じた久保田は、「ヒロインという立場をいただいてプレッシャーもあったのですが、周りの皆さんに助けていただいて…お仕事こんなに楽しくてなっちゃっていいのかな?と思ってました」と語ると、北村が「楽しくていいじゃない! お仕事楽しくていいじゃない!!」と笑顔でフォローした。続けて久保田が、料理を作るシーンについて「作品に入る前にレシピをいただいて、実際に家で作りました!」と役作りを明かした。

本作では「ECHOLL」というバンドメンバーを演じたキャスト6名。歌唱するシーンもあったギター担当のヤマケン役・葉山が「この二人(新田と北村)が上手すぎるので緊張しました」と語ると、キャストが「上手かったよ、上手かったよ!」「下手ではなかった…(笑)」と葉山をいじり倒し、笑いを誘った。また、ドラムに挑戦した上杉が「右手と左足と右足と左手?と頭?がこんなに自由が効かないんだって凄い思いました。でも楽しかったですよ! 皆のこと一番後ろから見て…アキがいて、颯太がいて、“モリケン”がいて、カナがいて…」とコメントし、葉山の役名を間違えるなんて一幕も。すかさず葉山が「“モリケン”じゃないっす!」と指摘し盛り上がった。次に、楽器の練習について振り返るトークになると“誰が一番怒られた選手権!?”が行われ、清原が怒られているとき(現場の空気が)気まずかった、とキャストがいじるなんて展開に。清原は「ごめんね、なんか(笑)」と謝りつつ、「やっぱり(自身が担当する)ベースは、(同じくリズム体の)ドラムと目線を合わせることは意識しました」と振り返った。

続いて、“アキと颯太がカセットテープが再生される30分だけ一つの体で入れ替わる”という本作の設定にちなみ、「もしも30分だけ誰かに入れ替われるとしたら、誰になり、何をしたいか?」というテーマトークが展開。すると、北村が突然「僕(トークを)回しましょうか?」と発言し、和やかなムードでコーナーがスタートした。はじめに上杉が「スポーツ選手かな」とコメントすると、何かひらめいた様子で新田が「わかった! 2020年、オリンピックじゃないですかー。100m走で1位獲った人!」と笑顔で発言。それには「一番きついよ? ゼエゼエしちゃうよ」「気持ちいいだろうね!」と様々な意見があがった。次に北村が「柊平くんになって身長がほしい」と高身長の上杉になりたいと明かす。また、葉山が「僕はマッケン(=新田)ですよ。このビジュアルにさえあれば。30分だけでいいから真剣佑になって渋谷の街を歩いてキャーキャー言われたい」と語ると、新田がドヤ顔でポーズを3パターン披露。会場から歓声があがった。

次に、久保田が「私はキヨさん(=清原)かな」と明かすと、清原が「えっなんで? どうした?」とツッコミを入れ、その理由について、「いや…キヨさんが良いかな…。キヨさん…(笑)」と特に理由はなかったようだが、北村の「女性は男性になってみたいよね?」というフォローに対し、「男性になってみたいですね。中身が私で男性になると、できること増えそうですよね」とコメント。また、そんな久保田を北村が「この男だけの中に違和感ないくらい、男気ありました」と絶賛した。そのほか、清原と萩原監督は葉山と同じく新田になりたいと明かし、キャスト・スタッフから大人気の新田は少し照れている様子だった。

最後に「この映画を観て、20代の方には青春を取り戻してほしいし、10代の方には青春を離さないでほしいです。キラキラして過ごしてほしいです!」(北村)、「若い人たちに向けたメッセージは、日々諦めないで、挫折してもチャレンジすることを忘れないでほしいということ。僕たちや上の世代の人には、一度挫折しても、“上書き”という言葉がこの映画に出てきますが、“上書き”して乗り越えてほしいです」(新田)と、W主演の二人の挨拶でイベントは終了した。

フォトギャラリー

映画『サヨナラまでの30分』

2020年1月24日(金)全国ロードショー

【STORY】
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。

出演:新田真剣佑 北村匠海/久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔/牧瀬里穂 筒井道隆/松重 豊
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦
企画・プロデュース:井手陽子
音楽:Rayons
音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト
http://sayonara-30min.com/

オフィシャルTwitter
@sayonara_30min

オフィシャルInstagram
@sayonara_30min

©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会