Topics

「まさか犯人を殺す気なのか!?」 劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』特報映像、“禁断の写真”が解禁

「まさか犯人を殺す気なのか!?」 劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』特報映像、“禁断の写真”が解禁

2020年4月17日(金)より公開される劇場版24作目『名探偵コナン 緋色の弾丸』の30秒特報映像が公開された。

「まさか犯人を殺す気なのか!?」という衝撃的なコナンのセリフから始まる今回の映像。赤井の変装姿である沖矢昴と直接拳を交える世良、深刻な表情の羽田、悲しみの表情を浮かべるメアリー、白煙の中気絶している小五郎と蘭、灰原、そして不敵な笑みでライフルを構える赤井秀一……と、気になるシーンが満載の内容となっている。

あわせて、赤井一家(ファミリー)の“禁断の家族写真”も解禁。お互いに今の存在を隠しあっている4人が、この姿で同空間に揃うことはまさに“有り得ない”シチュエーション。謎に包まれている一家を象徴する、フィクションビジュアルとなっている。

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸(ひいろのだんがん)』

2020年4月17日(金)より全国東宝系にて公開

【STORY】
世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」の記念すべき東京開催を迎えようとしている日本。その開会式に併せて、日本の技術を総集結した、最高時速1000kmを誇る世界初「真空超電導リニア」が新名古屋駅と東京に新設される芝浜駅間に開発することが発表された。世界の注目を集める中、名だたる大会スポンサーが集うパーティー会場で突如事件が発生し、企業のトップが相次いで拉致されてしまう異常事態に。その裏には事件を監視する赤井秀一の姿、そして赤井からの指令を待つFBIの姿があった。コナンの推理により、15年前にアメリカのボストンで起きた忌まわしきWSG連続拉致事件との関連性が浮かび上がり、当時の事件もFBIの管轄だったことが判明する。果たしてこれは偶然なのか? 世界中から大勢の人々が集まる日本で、いったい何が起ころうとしているのか?

“日本を貫く弾丸(ジャパニーズブレット)”真空超電導リニアが起動する時
危険すぎる“×××”が引き合わされ、いま共鳴し始める―――!

【STAFF・CAST】
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳
脚本:櫻井武晴
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一 ほか
製作:小学館、読売テレビ、日本テレビ、ShoPro、東宝、トムス・エンタテインメント
配給:東宝

©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』オフィシャルサイト
http://www.conan-movie.jp

原作コミック『名探偵コナン』