Interview

神木隆之介&浜辺美波のコンビネーションが冴えわたる! エンタテインメントに昇華された『屍人荘の殺人』がスクリーンに映し出す新たなる可能性

神木隆之介&浜辺美波のコンビネーションが冴えわたる! エンタテインメントに昇華された『屍人荘の殺人』がスクリーンに映し出す新たなる可能性

これぞ、想像の斜め上的なクリエーション! 2017年に刊行されるや、その奇想天外な発想でたちまち話題を呼んだ新時代のミステリー小説『屍人荘の殺人』が、豪華キャスト陣で映画化された。メガホンをとったのは、ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ー』『A LIFE~愛しき人~』などで知られる木村ひさし監督。独特のコメディーセンスを盛り込んで、ヘビーな読後感の原作にカラッとした作風に仕立てている。

この話題作で、主人公を演じているのが、若くしてベテランの域に達した名優・神木隆之介。ミステリーマニアながら推理が当たったことのない大学生探偵・葉村 譲を、軽やかながら実在感を漂わすキャラクターとして息づかせる。ヒロインの名探偵・剣崎比留子役には、10代の女優を代表する1人である浜辺美波。両者と中村倫也、そして個性豊かな役者陣が織りなすシーンの数々が、どのようなプロセスを経て構築されていったのか、神木と浜辺に“おしゃべり感覚”で語ってもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 増永彩子


みーちゃん(浜辺)の役の向き合い方には職人さん的なものを感じています。(神木)

屍人荘の殺人 神木隆之介 エンタメステーションインタビュー

神木さんはさまざまな媒体のインタビューで、浜辺さんのことを「“あのはな(=『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』)”の、めんまのイメージ」と、よく評されていますね。

神木 あと、『咲 ーSakiー』も強烈でした。(浜辺の声マネをしながら)「リン、シャンッ!」って。実写版のみーちゃんをひと目見て「わっ、咲じゃん!」って、再現率の高さにビックリした。『屍人荘の殺人』もそうですけど、実写化ってどうしても賛否あるじゃないですか。僕の周りにも『咲 ーSakiー』の原作が好きな人が多かったんですけど、全員が「あれは咲だね!」って一致していたくらい、“賛”しかなかったです。

浜辺 原作ファンの方々からそう言っていただけると、すごくうれしいです。

『賭ケグルイ』の浜辺さんも強烈でしたよね。

神木 そうなんですよ。(浜辺に)あれ、まだ蛇喰夢子のセリフって言ってもらってないよね?

浜辺 言っていないですね(笑)。

神木 なかなか夢子はやってくれないよね。「喉が……エヘンッ」とか言って(笑)。

浜辺 夢子って、結構声を張るんです。

神木 や、そんな張らなくてもいいから。ワンフレーズだけ、お願い。

浜辺 恥ずかしいですよ。神木さん、見る目厳しいですし(笑)。

思いがけず、『賭ケグルイ』の話になってしまいました(笑)。

神木 ですね(笑)。でも、みーちゃんは天性の美少女なので、どの2次元作品も3次元化可能なポテンシャルを秘めているんですよね。しかも、キャラクターを再現しようとする意識も高くて、その向き合い方には職人さん的なものを僕は感じています。

屍人荘の殺人 エンタメステーションインタビュー

そういう意味では、実写版『屍人荘~』の比留子さんも浜辺さんによってキャラが立ったのかもしれないですね。

神木 浜辺さんのキャラクター性が全開だと思います!

浜辺 私、本来は白目むいたりとかできないはずなんですけれど、木村ひさし監督に“覚醒”させられました(笑)。ある日、現場に行ったら比留子に相撲マニアというキャラが突然足されていて、いきなり(土俵入りの)「雲竜型」をやることになったり。そういう、自分の未知な部分を知ることができたという意味でも、『屍人荘~』は忘れられない作品になりました。

槍を使ったアクションにも挑戦されていて。

浜辺 大変だったという意味で印象的なのは、縄ばしごを登っていくシーンです。最後のところで、本気で神木さんに引き揚げてもらっているんです、自力ではベランダの柵を越えられなくて。

神木 あのシーンは確かに大変だったね。

浜辺さんには何となくミステリアスなイメージもあったんですけど、『屍人荘~』の比留子さんを見て、また謎が深まりました。本当はどういう人なんだろう、と。

神木 第一印象だと今ひとつ素がつかめないですよね。

浜辺 実際は中身がスカスカだとわかって、ガッカリさせちゃうのが嫌なので、過剰に期待しないでくださいという気持ちが、正直なところあります(笑)。

神木 どういうふうに見てもらえたらうれしい? 世の男子たちから。

浜辺 そうですねぇ…「育ちがいいね」かな(笑)? それって、お母さんとかが褒められるということになるじゃないですか。

神木 あ、確かに。でも実際、品がある人だな~って思う。

浜辺 わっ、その褒められ方もうれしいです!

屍人荘の殺人 浜辺美波 エンタメステーションインタビュー

ある俳優さんがおっしゃっていたんですけど、食事のシーンでの芝居に、その人の品性が見える、と…。

神木 言われてみれば。何気ない食事のシーンほど演出をされないから、役者自身の資質が出るっていうことですよね。

浜辺 お箸の持ち方とか、ちゃんとしてるかなぁ、私…。

あと、ふとした言葉づかいなどにも表れるかもしれないですよね。

浜辺 実家にいた時、よく弟と口ゲンカになっていたから…大丈夫かなぁ。無意識に乱れた言葉を使ってしまうことはあるかもしれないですね。神木さんは、ひとりっ子でしたっけ?

神木 姉がいるから、きょうだい構成は浜辺家と一緒。

浜辺 本当だ! 勝手にひとりっ子だと思っていました(笑)。なんでだろう?

屍人荘の殺人 神木隆之介 エンタメステーションインタビュー

いつまでも「少年」っぽさがあるからかもしれませんね。

神木 それが僕のテーマですから(笑)。でも、最初は40歳まで高校生役をやるって言っていたんですけど、そのうち35歳になって、最近は33歳まで下げました。何年ぐらい前だろう? 23歳ぐらいの時に、山田涼介(Hey! Say! JUMP)たち高校の友達と久しぶりに会って、全員から「お前は変わらないな。でも、変わってないと安心するよ」って言われたんです。それを聞いて、「もしかして、俺って見た目が変わらないことが人生のテーマなのかも!?」と思って、そのころから変わらないことを意識していたりもします。

浜辺 これはいい意味で言うんですけれど、年の差を感じないくらい少年っぽいな、と思う時があります。

神木 みーちゃんの方が精神的に大人だからだよ。

浜辺 いやいや、もちろん「お兄さんだなぁ」と感じる時の方が多いですよ!

神木 え、どんなところで、そう感じるの?

浜辺 えっと…(一瞬、考える)。

神木 ないんじゃん!

浜辺 (笑)。でもこうやって2人で取材を受ける時に、神木さんは私の倍くらい話してくださるので、安心感があります!

神木 うん、確かに喋る。というか、喋るの大好きだから(笑)。

浜辺 『屍人荘~』の現場でも、たくさん喋っていらっしゃいましたよね。あの神木さんを見て、“クラスの盛り上げ担当”的な役割だったんだろうなぁと思いました。

神木 そう、まさしく! 学生の時はクラスでふざけ倒していたからね。

浜辺 イケテツ(池田鉄洋)さんや、ふせえりさんがいらっしゃる中でも場を盛り上げていらっしゃって。

神木 ただ、僕は鉄洋さんにちゃんと敬語を使っていたからね。矢本(悠馬)は「お~い、イケテツ」とか呼んでた。まあ、僕も最終的には「鉄洋」って呼んじゃったけど(笑)。

屍人荘の殺人 エンタメステーションインタビュー

矢本さんは大河ドラマ『おんな城主 直虎』の現場で、柴咲コウさんや小林 薫さんをもいじっていた、と以前のエンタメステーションのインタビューで明かしていました。

浜辺 えぇっ!?

神木 矢本、怖いもの知らずだな。

浜辺 でも、矢本さん、「ほかの現場では全然話さないんだよ~、俺。『賭ケグルイ』は違ったけどね」って言ってました(笑)。

『キミスイ(『君の膵臓をたべたい』)』の時はどうでした?

浜辺 あ、確かにあんまり話さなかったかも…。でも、神木さんと矢本さんが一緒にいる日は本当に現場がにぎやかで、常に笑いが起こっていました。

何でも、スタッフさんが「ちょっと静かにしましょうか~!」と、俳優部に言ったとか言わなかったとか…。

浜辺 助監督さんの声がどんどん大きくなっていくんです。で、俳優部も負けずと騒いでて(笑)。

神木 ああいう時、トモくん(中村倫也)は意外と静かにしているタイプだから、スタッフさんから人気があるんだと思うな~。

浜辺 そうなんですよね、中村さんはわりと淡々としていらっしゃって。そこが面白いんですけど。

神木 トモくんに試されているのかな、って時々思ったりするからね。

浜辺 見透かされているような気がする時がありますよね。

神木さんはすべての場面で葉村くんとして反応してくださって、本編で使えるシーンに着地させていました。(浜辺)

屍人荘の殺人 浜辺美波 エンタメステーションインタビュー

じゃあ、そのワチャワチャとした『屍人荘~』の現場では、中村さんが一番精神的に“大人”だった、と。

浜辺 う~ん…ふせさん、かもしれないですね。

神木 ふせさんとイケテツさんは、僕らのお父さんとお母さんだったからね。

浜辺 でも、イケテツさんも少年っぽいところが垣間見えました(笑)。

神木 あれはね、コドモな僕たちに構ってくれる優しいお父さんの顔。となると、精神的な大人は誰だろう…(山田)杏奈ちゃんかな? 

浜辺 杏奈ちゃんとはいろいろなところで一緒になりますけれど、結構かわいいところを知っています。

神木 じゃあ、佐久間(由衣)さんかも。

浜辺 由衣ちゃんは神木さんたちがふざけていると、「ちょっと~うるさい」「しつこい」って諭していましたね(笑)。

神木 「ホント、もうやだ」とも言われたから(笑)。でも、それが面白くて矢本と2人でいじっていました。

そういう時、柄本時生さんはどんな感じなんですか?

神木 トッキー(柄本)は優しいので、僕らと一緒に盛り上がってくれて。でも、ふだんから余裕がある人なんだなぁって、今回の現場で思いました。

浜辺 お話がすごく面白いんですよね。話し上手。

神木 基本的に芝居のことを考えることを楽しむ人たちが多かったので、ちゃんと芝居をする時は切り替わるんです。そこも心地よかったな~。

あれだけの濃い役者陣が密室に集って芝居を織りなすって考えると、想像以上に大変だったのかなと?

神木 同じ場所でずっと撮るっていうのが、意外としんどかったりするんですよ。『脳内ポイズンベリー』(15)の時もずっとセットの中で撮っていたので、(吉田)羊さんと「あれ、今日って何日目でしたっけ?」「1週間ぐらい経ちました?」なんて言っていたら、浅野(和之)さんが「まだ2日目だよ」って、すかさずツッコんでくださって。でも、あの作品もキャストのみなさんのお芝居の力と佐藤(祐市)監督のユーモアに助けられて、結果的には楽しく現場を過ごすことができました。って、『屍人荘~』の話じゃなくなっちゃっていますね(笑)。

屍人荘の殺人 浜辺美波 エンタメステーションインタビュー

では、『屍人荘~』のお話に戻しましょう。比留子さんがドアを開けて葉村くんが続いて入っていく、というシーンで、浜辺さんが頭をぶつけて「痛っ」と言っていますが、あれは演技ではなく素でぶつけてしまったそうですね。

神木 僕も「大丈夫ですか?」って言いながら、笑っちゃってますからね(笑)。

浜辺 本当に痛かったんですよ、あの時。

でも、その偶発性を面白がるのが、木村監督の現場の特色でもありますよね。そういった浜辺さんの天然ぶりがほかのシーンでも発揮されたのでしょうか?

浜辺 ちょっと待ってください、天然じゃないですから(笑)。

神木 いやいや、天然でしょ~。

浜辺 撮影がハードすぎて、頭で考えていることと行動のバランスが崩れて、おぼつかなくなっちゃったんです。なので、木村監督のせいでもあるんですよ(笑)。

神木 何だっけ? 「キスして差し上げます」っていうセリフに苦戦していたよね。思わず本番中に「え、何て?」って素で言っちゃったし(笑)。

浜辺 神木さんは、私のミスを葉村くんとして拾って、お芝居として成立させてくださったので、とてもありがたかったです。そして、それを面白がって本編で使ってくださる木村監督に、今回、私は支えていただきました。

神木 そういえば、喫茶店でパスタを食べている時に、みーちゃん同じセリフを2回言ったけど、あれって台本にあったっけ?

浜辺 ないです。単に1回で言えなかったんです(笑)。

神木 そうだったんだ! 明智(恭介=中村倫也)さんと3人で話すっていうシーンのリハで、みーちゃんがセリフを言えなくて、それをトモくんが「え?」って聞き直して、みーちゃんがもう1回言ったら、「なぜ2回言った?」って。あなたが聞き直したんでしょって(笑)。

浜辺 その後に、葉村くんが「大事なことだからじゃないですか?」と言ってくださって。

神木 あれは現場の素のやりとりから生まれた芝居だったね。

浜辺 本当、お2人には助けていただきました。

神木 そして、それをとっさに採りいれてくださる木村さんがいらっしゃったから、というのも大きいよね。たぶん、堤(幸彦)監督の臨場感を大切にする姿勢を受け継いでいらっしゃるんだろうなって思うんです。でも、僕も実際みーちゃんが同じセリフを2回言った時、心の中で「え、なぜ2回?」って思っていましたけどね(笑)。

浜辺 私、『屍人荘~』の現場では結構全編に渡って、いろいろなことをやっちゃっているんですけれど、神木さんはすべての場面で葉村くんとして反応してくださって、ちゃんとシーンとして本編で使っていただけるように着地させてくださったんです。本当にお世辞じゃなくて、すごい役者さんだなって共演させていただいて実感しました。

屍人荘の殺人 神木隆之介 エンタメステーションインタビュー

神木 まぁ、浜辺美波という次代を担う女優さんですから、拾わざるを得ないっていう(笑)。「えぇ~っ、ここでも天然がさく裂する~ッ!?」って。

浜辺 だから、天然じゃないですから~(笑)。

とても楽しい掛け合いが続いていて、流れを止めるのも憚れるのですが…『屍人荘の殺人』いよいよ公開直前ということで、最後にPRコメントをお願いします!

神木 実写版『屍人荘の殺人』は、映画館に来てくださった方々の目に見えたもの、聞こえたものを純粋に楽しんでいただくエンターテインメント作品だと思っています。なので、どんなふうに見ていただいても、どう楽しんでいただいても自由ですので、思いきり声を出して笑ったり、驚いたりしていただけたらいいなと思います。そして、(エンドロールで流れる主題歌『再生』を歌う)Perfume最高! ということを声を大にして言いたいです(笑)。

浜辺 基本的には密室ミステリーではあるのですが、閉鎖感や闇深い雰囲気だけではなく、笑いも盛り込んであったり…まさかの展開を見せていきます。なので、ファミリーで楽しめる映画として、気軽に観に来ていただけたらうれしいです。

神木 あと、「池田鉄洋がヤバいです」って書いておいてください(笑)。

浜辺 それじゃイケテツさんが犯人みたいな印象を与えるじゃないですか(笑)。

神木 このインタビューも、まさかの伏線になっているという…ウソですけど(笑)。

神木隆之介
スタイリスト / 百瀬 豪 ヘアメイク / MIZUHO(vitamins)

浜辺美波
スタイリスト / 瀬川結美子 ヘアメイク / 鎌田順子

フォトギャラリー

エンタメステーション オフィシャルInstagramでは、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しています! そちらも是非チェックしてみてください!

【募集終了】抽選で2名様に神木隆之介さん&浜辺美波さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

神木隆之介さん浜辺美波さん直筆サイン入りチェキ

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

12月11日(水)~12月18日(水)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


神木隆之介

1993年、埼玉県生まれ。ドラマ・映画を中心に様々な話題作で主演を演じるほか、アニメーション映画での声の出演としても定評があり、様々なフィールドで活躍する。2019年は、主演映画『フォルトゥナの瞳』が公開。ドラマでは、TBS日曜劇場『集団左遷‼』のほか、NHK大河ドラマ『いだてん』出演中。今後、出演映画『ラストレター』(2020年1月17日)の公開も控える。

オフィシャルサイト
http://artist.amuse.co.jp/artist/kamiki_ryunosuke/

オフィシャルTwitter
@kamiki_official

浜辺美波

2000年、石川県生まれ。2011年に芸能界、女優デビュー。映画『君の膵臓をたべたい』(17)では、第41回 日本アカデミー賞新人俳優賞ほかを受賞している。2019年は『映画 賭ケグルイ 』『アルキメデスの大戦』などに出演。今後、出演映画『思い、思われ、ふり、ふられ』『約束のネバーランド』の公開が控えてるほか、主演ドラマ『アリバイ崩し承ります』が1月よりテレビ朝日で放送スタートする。

オフィシャルサイト
https://minamihamabe.futureartist.net

オフィシャルTwitter
@MINAMI373HAMABE

映画『屍人荘の殺人』

12月13日(金)公開

【STORY】
神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は学内の事件を推理する自称【ホームズ】と【ワトソン】。しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。
そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。
3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘(しじんそう)】。そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。それは死因もトリックも全てが前代未聞の連続殺人の幕開けだった――

出演:神木隆之介 浜辺美波/葉山奨之 矢本悠馬 佐久間由衣 山田杏奈 大関れいか 福本莉子/塚地武雅 ふせえり 池田鉄洋 古川雄輝 柄本時生/中村倫也
監督:木村ひさし
脚本:蒔田光治
原作:今村昌弘『屍人荘の殺人』(創元推理文庫刊)
製作:「屍人荘の殺人」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画 ドラゴンフライエンタテインメント
配給:東宝

オフィシャルサイト
https://shijinsou.jp/

オフィシャルTwitter
@shijinsou_movie

オフィシャルInstagram
@shijinsou_movie

スペシャルサイト『ようこそ屍人荘へ』
https://yokoso-shijinsou.jp/

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

原作本『屍人荘の殺人』