Interview

MYNAMEという5つの個性と魅力。新作アルバムとグループの未来を語る

MYNAMEという5つの個性と魅力。新作アルバムとグループの未来を語る

EDM、ヒップホップ、ロックなどを融合した質の高い楽曲、優れたパフォーマンス能力、そして、メンバー個々の際立った個性によってファンを魅了しているMYNAMEが4thアルバム「ALIVE~Always In Your Heart~」を完成させた。待望の日本オリジナルアルバムとなる本作には、初めてメンバー自身が作曲した楽曲も収録。5人の音楽センスとリアルなメッセージがたっぷりと込められた作品に仕上がっている。今回、エンタメステーションではメンバー全員にインタビュー。アルバム「ALIVE~Always In Your Heart」の制作、ソロ楽曲、さらにデビューから5年を経て、彼ら自身が感じている変化と成長などについても語ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 森崎純子


今回のアルバムがいちばん自分たちの思いが入っていると思います

ニューアルバム「ALIVE~Always In Your Heart」が完成しました。今回はどんなアルバムになっていますか?

セヨン 4枚目のアルバムになりますが、今回は自分たちが作曲した楽曲も収録されています。もちろん、これまでもメチャクチャがんばって作ってきましたが、今回のアルバムがいちばん自分たちの思いが入っていると思います。ファンのみなさんに聴いてもらえることが、僕らも楽しみですね。

ジュンQ ソロ曲も自分たちの意見を取り入れながら作りました。たくさん時間をかけて準備したアルバムですね。

特に気に入っている曲は?

インス 「RAIN」ですね。自分で作曲した曲ですが、ファンの方はもちろん、メンバーのことを考えて作りました。レコーディングして、みんなの声が入ったときは「すごくいい曲になった」と思えたし、満足しています。

チェジン 僕も「RAIN」が好きです。以前から「雨をイメージできるような曲があったらいいな」と思っていたので、インス兄さんが作ってくれた曲がまさに僕がやりたかった曲でした。仕上がりもすごくいいし、最近よく聴いてます。

コヌ 1曲だけ選ぶのは大変ですね。めちゃくちゃいい曲ばかりだし、全部聴いてほしいですね。ライブで早くパフォーマンスしたいのは、タイトル曲の「Alive or Fallen」かな。いまセヨンが振り付けを考えているところなんですが、みなさんと一緒に踊るところもあるので、楽しんでもらえると思います。

コヌ

コヌ

ソロ曲についても聞かせてください。メンバーのみなさんの個性を活かした楽曲ばかりですが、まずコヌさんの「Good Bye To You」は別れをテーマにしたナンバー。どこか爽やかなメロディーが印象的でした。

コヌ 歌詞は切ないんですけど、決して重い感じではないんですよ。別れを経験したときは寂しいし、悲しい気持ちもあるけど、時間が経って思い返してみると、いい思い出として残っていることもあるんじゃないかなって。そういうテーマで制作した曲です。

チェジン

チェジン

チェジンさんの「僕の心に」は、憂いのあるボーカルが伝わるバラード。

チェジン 「僕の心に」はコヌ兄さんに作ってもらいました。最初聴いたときに「いいな」と思ったんですけど…。

コヌ “ですけど”?

チェジン (笑)難しそうだから、上手く歌えるかな?って思って。でも、コヌ兄さんがいろいろ教えてくれました。

セヨン 歌の細かい部分もね。

チェジン 裏声の使い方なども教えてもらったので、本当に良かったです。

コヌ 「僕の心に」はメチャクチャ切ない曲だから、しっかり感情を入れて歌ってほしかったんです。チェジンはまだ20才ですが、今感じている気持ちを上手く表現してくれたと思います。

インス

インス

インスさんの「雪道」は、まさに冬の風景が浮かんでくるような楽曲ですね。

インス 「雪の華」(中島美嘉)をロールモデルにして制作しました。「雪の華」は韓国でも有名なんですが、ああいうクラシックなバラードを歌ってみたかったんです。僕自身も冬や雪が好きなので、その景色を想像しながらレコーディングしました。

ジュンQ

ジュンQ

セヨン

セヨン

そしてジュンQさん、セヨンさんのデュエットナンバー「Oh My Gosh」はエキゾチックな雰囲気のヒップホップ・ナンバー。

ジュンQ ふたりのユニットでは甘い愛の歌を歌うことが多かったんですけど、今回はラップをやりたくて。自分たちの強さを上手く表現できたと思います。

「どうしたら、会場に来てくれたみなさんに感動をもって帰ってもらえるか」と考えているんです

ライブで盛り上がりそうな楽曲も揃ってますよね。デビューから5年が経って、ライブに対する意識も変わってきましたか?

セヨン 最初の頃とはまったく違いますね。デビューした頃は、もっとカッコよくパフォーマンすることばかりを考えていました。いまもその気持ちはあるんですけど、もっといい声で最後まで歌うことも意識するようになりました。照明、ステージ、音響などを含め、細かいところまで自分たちの意見を反映させています。それがライブの具体的な内容につながっているんだと思います。

ジュンQ 大事なのは経験ですよね。最初の頃は経験が少なくて緊張してばっかりでしたけど、いまはファンのみなさんと一緒に楽しめるようになっています。

インス スペースの使い方も分かってきましたね。以前はあらかじめ決めておいたことだけをやっていましたが、いまは「あそこにはメンバーがいなくて、スペースが空いてるな」と思ったら、すぐに自分から動けるようになりました。

コヌ バランスだよね。

インス トークもそうなんですよね。最初の頃は台本があって、きっちりその通りに話してたんですけど…。

セヨン MCで話すことは何も決めてないですからね。

インス そう、全部アドリブなので。

コヌ そういうことも含めて「どうしたら、会場に来てくれたみなさんに感動をもって帰ってもらえるか」と考えているんです。そのためには共感してもらうことも必要だと思います。デビュー当時は日本語もぜんぜん話せなかったし…。いまも上手くないけど、自分が話したいことを伝えることはできるようにはなりました。

セヨン お客さんとの距離も近くなっていると思います。メンバーひとりひとりの色はぜんぜん違っていて、それぞれの魅力があるんですけど、チームになったときはひとつの色として見せることができます。それがMYNAMEの魅力だと思いますね。

インス うん。それをみなさんに見てもらうことが大切だなって思います。やっぱりMYNAMEの魅力はコンサートで一番感じてもらえるんじゃないかな。MYNAME

グループの未来のことを考えてますね。どんどんレベルアップしていかないといけないので

なるほど。今日の撮影もめちゃくちゃ楽しそうな雰囲気でしたが、メンバーの関係性はずっと変わらないですか?

コヌ それは同じですね。仲いいですよ。

セヨン いまも一緒に暮らしてますからね。練習生のときから6年間ずっと一緒です。

インス いちばん辛いときも一緒だったし、たくさんのことを一緒に経験してきて、同じ気持ちでいろんな話が出来るのは大きいですね。そのおかげで今の良い関係性ができているんだと思います。

“いちばん辛いとき”というのはデビュー前のことですか?

インス そのときも大変だったし、まさにいまもそうですね。いまは辛いということではなくて、グループの未来のことを考えてますね。どんどんレベルアップしていかないといけないので。そういう話はメンバーとも常日頃しています。

チェジン 努力することは必要ですね。

セヨン MYNAMEの未来のことを意識しながらいろいろな話をして、それをアルバムやライブに活かしています。5人の頭があれば、もっといいアイデアも出てくるだろうし。

将来のビジョンを描きながら活動しているわけですね。

コヌ はい。これからはメンバーひとりひとりの活動も広げていきたいと思っています。セヨン、インスは舞台もやっているし、ソロとして活動することでMYNAMEの魅力も増していくんじゃないかなって。僕自身はもっともっと音楽を突き詰めたいと思っています。日本の女性アーティストとのコラボレーションもやってみたいですね。

チェジン 演技もやってみたいし、歌ももっとレベルアップしたいです。まだ若いので、機会があればいろんなことに挑戦してみたいですね。

インス この前、初めてミュージカルを経験させてもらって、すっかりハマってしまいました。演技も歌もあるというのは、コンサートとはぜんぜん違うし、実際にやってみていい意味で「これはヤバい!」と思いました。ぜひ日本の伝統的なストーリーをテーマしたミュージカルにも挑戦したいです。

ジュンQ 演技の勉強をもっとやりたいですね。韓国のドラマに出演させてもらったことで、さらに興味が増しました。

セヨン 僕は歌手も役者もやっていて、やりたいことはやれている方ですが、今後はひとつひとつを深めていきたいなって思っています。もっと長い目で見て、将来を考えながら活動することが大事だと思っています。

コヌ セヨン、メチャクチャがんばってますからね。

インス そう、夜中に撮影に出かけたりね。

忙しい日々のなか、リフレッシュできることというと?

セヨン 僕はサッカーですね。8年間やっていたし、もともと運動が大好きなので。この前もインドネシアで試合してきました。

コヌ すごいですよね、インドネシアまで行くって。

セヨン 好きなので(笑)。日本の芸能人チームとも試合したことありますよ。

ジュンQ 僕はひとりで買い物に行ったり、映画を観に行くことですね。最近良かった映画は「ジョゼと虎と魚たち」です。

インス 僕はバスケのゲームですね! ミュージカルの舞台があった間はやれなかったけど、終わったから時間を見つけてやろうと思います。実際のバスケも得意ですよ。「炎の体育会TV」のバスケ勝負に出たいです!

チェジン 僕はもともと絵を勉強していたので、また描いてみたいですね。

コヌ 僕もサッカーが好きですね。ただし見るほうですけど。イギリスのマンチェスター・ユナイテッドFCのファンなんです。

インス 僕はマンチェスター・シティFCが好きなんですよ。コヌとはライバルですね(笑)。

MYNAME

来年は5000人くらいの規模のライブを目指していて、みんなでがんばっているところです

(笑)。また日本でライブを観られることを楽しみにしてます!

ジュンQ ぜひやりたいですね。2時間くらいではなくて、3時間半とか4時間くらいのライブもやってみたいです。そうすればいままで発表してきた曲もたくさん聴いてもらえるので。

セヨン もっと大きな会場でライブをやりたいですね。来年は5000人くらいの規模のライブを目指していて、みんなでがんばっているところです。そのためには今回のアルバム「ALIVE~Always In Your Heart」も大事になってくるので、ぜひよろしくお願いします!

ライブ情報

きみだけLIVE presents BURN-UP

2016年12月28日(水) 豊洲PIT
開場15:30 / 開演17:30
出演者:MYNAME / Da-iCE / CODE-V / Apeace …and more (順不同・敬称略)http://burn-up.jp/

MYNAME 2017 LIVE TOUR ~ALIVE~

2017年2月04(土) 大阪:堂島リバーフォーラム
【昼公演】開場14:00 開演15:00  
【夜公演】開場18:00 開演19:00

2017年2月18(土) 東京:東京シーサイドフェスティバルホール
【昼公演】開場14:00 開演15:00  
【夜公演】開場18:00 開演19:00

MYNAME

GUN WOO(コヌ)リーダー・メインボーカル、IN SOO(インス) メインボーカル、SE YONG(セヨン) ラッパー、JUN Q(ジュンQ) ラッパー、CHAE JIN(チェジン))ボーカル。韓国のトップR&B歌手Hwanhee(ファニ)がプロデュースした、最強ビジュアルアイドルグループ。 ハードなダンス曲から切ないバラード曲まで幅広い音楽ジャンルを表現できるのはもちろん、演技力まで備えた5人。 「MYNAME」と名づけられたのは、メンバーがそれぞれ本人の名前をかけて活動するチームということから。一人ひとりが個性豊かな個人でありながら、チームとしての団結力も強いという意味合いを持っている。日本では2012年7月に1stシングル「Message (Japanese Ver.)」で活動開始。

オフィシャルサイトhttp://www.myname-jp.com/