Interview

GIRLFRIENDがガールズバンドの未来を変える!? 期待の4人がデビュー

GIRLFRIENDがガールズバンドの未来を変える!? 期待の4人がデビュー

SCANDALを輩出した大阪のダンス&ヴォーカルスクールで出会った平均年齢16歳のフォーピースガールズズロックバンド、GIRLFRIENDが両A面シングル「15/Hide & Seek」でメジャーデビューする。思い思いの楽器を始めて手にし、バンドとして音を合わせた瞬間からまだ2年足らず。全員が作詞作曲を手がけ、全員がヴォーカルもとれる彼女たちはどんな未来を夢見ているのか? アイドルやギタ女、DAW女に2.5次元など、様々な表現の手段がある中、「バンドで演奏するのが楽しくて仕方ない」と笑顔で話す4人に、バンドとしてメジャーデビューというスタートラインに立った現在の心境を聞いた。

取材 ・文 / 永堀アツオ 撮影 / 森崎純子


当時は「できたんちゃうん?」って舞い上がってましたね

GIRLFRIEND

バンドを結成したいきさつから聞かせてください。

SAKIKA 大阪のダンス&ヴォーカルスクールで同じチームでやっていたんですけど、スクールの方に「楽器をやってみないか?」って声をかけていただいて。それが2年前、私とMIREIが中3で、MINAが中2の時ですね。

MINA 最初は全員、ギターしか知らなかったので、みんなでギターを始めて。バンドのことを調べていくうちにベースの存在を知って、ミステリアスでカッコいいなと思って。ギターで指弾きの練習をしているうちにベースが弾きたくなって、私がベース担当になりました。

MIREI 私はギターが上達しなかったので、向いてないなと思ったのでドラムに行って。ドラムを始めたのが一番最後だったので、私が叩けるようになったら合わせてみようっていう話になって。

MINA 一番最初にコピーしたのが、チャットモンチーさんの「風吹けば恋」。それぞれが家でひとりで練習したあと、スタジオで合わせた時に、初めての感覚があって。すごく、痺れたのを今でも覚えているし、楽しくてしょうがなかったですよね。

SAKIKA その時の動画が残っているんですけど、今、見返すと、めっちゃ下手くそで。もう、笑いながら見てるんですけど、当時は「できたんちゃうん?」って舞い上がってましたね。

MIREI まだバラバラなんやねんけど、ほんまにテンション上がるしかない感じで。楽器を3つあわせたらこんなになるんや! っていうことに感動しましたね。

NAGISA 私は後から入ったんですけど、まず、3人が練習しているスタジオを見に行かさせてもらって。そん時は、爆音でめっちゃ耳が痛い!って思って(笑)。なんかすごいなって思いながら見てたんですけど、自分がギターを持って鳴らした時に、やっぱり衝撃が走って。コードが弾けた時の感動もすごかったし、日々、次はこんなテクニックを身に付けたいっていう欲求も湧いてきているので、今、バンドが楽しくて仕方ないですね。

SAKIKA

SAKIKA

MINA

MINA

MIREI

MIREI

NAGISA

NAGISA

今年の4月に4人で上京してきたんですよ。それが、デビューに向けての大きな第一歩

バンドが本当に好きなんですね。最初に4人で音を合わせてから現在までの2年間で一番印象に残ってる出来事というと?

SAKIKA 2015年の5月30日の大阪京橋のライブハウスイズムでの初のワンマンライブですね。初めてのワンマンでテンパってたんですけど、最後の曲でNAGISAのギターのストラップがパーン!って取れて。ギターを弾かずに、クラップでお客さんをあおって終わるっていう出来事がありました。

NAGISA あれはほんまにびっくりした。私はトラブルにめっちゃ恵まれてて(笑)。本番前に弦が切れたこともあるんですけど、いつもライブの直前か最後の曲でトラブルが起こるので、そこだけは感謝してますね。

MIREI 私は、今年の3月21日に開催されたイベント「LOVE BOX 2016」で初めて代々木第一体育館のステージに立たせてもらったことかな。あれはやばかったですね。もう、お客さんしかいないっていう感じの空間で。音も、いつものライブハウスと違って、遠回しでくるし、拍手の音も反響してて。舞台に立ってる!っていう実感があったことを一番覚えてますね。

MINA NAGISAは京都出身なんですけど、3人はずっと大阪に住んでて、大阪で練習してて。今年の4月に4人で上京してきたんですよ。それが、デビューに向けての大きな第一歩やったりしたので、すごく印象に残ってますね。4人で一緒に暮らしているので、お風呂の順番待ちは大変なんですけど、東京はなんでもあるし、すごく楽しいです。

今、一緒に住んでるという4人、それぞれのキャラクターも紹介してもらえますか? リーダーのMIREIさんにお願いしようかな。

MIREI SAKIKAは、舞台上でど真ん中張って、一番引っ張ってくれてるんですけど、生活的にもお姉ちゃんぽくて。チームのことも、それぞれの精神的な面でも、相談するならSAKIKAっていう感じですね。NAGISAは実際に三姉妹の末っ子なんですけど、チーム内でも末っ子なので、ずっと末っ子みたいな感じ。変なタイミングで面白いことを言ったり、意味のわからないことを言ったりして、場を和ませてくれるムードメイカー。MINAは、めちゃくちゃ真面目。私の方が年上なんですけど、MINAがいつもちゃんとやってるから、私もちゃんとしないとって思うことも多くて。後、絶対に気づかんやろうなっていうとこに気づいて、心のケアをしてくれることもある。優しいし、真面目やし、アニメが好きでオタクでもありますね。

SAKIKA そんなMIREIはバンドのリーダーなので、バンドのことについて決める時は率先して意見を出してくれるし、すごく自然体で「こうしたらええんちゃう?」っていうアドバイスもくれる。常に自然体だから、思ったことは口に出すんですけど、それが嫌ではなくて。すごく、楽な感じですね。

MIREI でも、こう見えて、中身は一番乙女だと思います。みんなでよく恋愛映画を見るんですけど、「きゃー!」って言いながら観てます。

MINA それがかわいいところやねん。甘辛ミックスやね。

MIREI 甘辛ミックスって、なんなんその言い方(笑)。GIRLFRIEND

ここからどれだけのスピードで走れるか、どれだけ上に登っていけるか

(笑)では、メジャーデビューが決まった時はどんな心境でした?

SAKIKA メジャーデビューをした瞬間からプロのアーティストさんっていう部類に入るので、自分もプロ意識をもっと高めて行きたいなと思いましたね、

MINA スクールの先生に「プロがプロ意識を持つのではなくて、プロ意識を持ってる奴がプロになるんだ」って言われたことがあって。その言葉がすごく身にしみたし、今でも心に留めていて。今こそ、その言葉を胸に、日々、頑張って行く時やなって思うので、努力も感謝も忘れずに頑張って行きたいと思います。

NAGISA 私は、決まった時は率直に嬉しかったですけど、その反面、インディーズと違って、プロとして見られるから、意識をもっと高めないといけないし、これから、たくさんのスタッフさんとも関わるようになるので、何事にも感謝を忘れずに、日々、頑張って行きたいなと思いました。

MIREI デビュー決まったよって言われた時は、全員で「イエーイ!」ってなったんですけど、そのあとに全員が「あ、プロになるんや、頑張らないと」って、ちょっと気合いを入れ直したというか。言っても、これからきっとたくさんある、いろんなスタートラインのとりあえずの第一歩を踏み出しただけやと思うんですね。ここからどれだけのスピードで走れるか、どれだけ上に登っていけるかの方が重要なので、デビュー前の準備期間である今の時期を大事にして、デビューしてすぐに、ちゃんと4人で走りだせるように頑張りたいなって思ってますね。

今、おかれている状況を15歳の自分に言いたいです。悩んでいても、ちゃんと未来があるよって

メジャーデビューシングルは両A面になってますが、1曲目の「15」はバラードになってますよね。今、MIREIさんが言ってたように疾走感のあるロックナンバーで駆け出すのかな?と想像していたので、意外な選曲でした。

SAKIKA バラードなんですけど、私たちを伝えられるっていう意味ではこの曲が一番ふさわしいかなと思って。私が中3の時に書いた初めてのバラードなんですけど、その時の私はもう、受験はするけど、将来はバンドでやっていくって決めていて。中3やから、周りは進路を考えている時期で、将来について色々悩んでいる子もいたし、自分も高校をどこにするのかでは迷っていました。将来についてを考える時間が長かったので、その時に思っていたことを素直に書いた曲になってますね。

中3の時点でもう音楽で生きていくんだって決めてました?

SAKIKA はい! 楽器を持った瞬間から決めてました。私は歌が好きだから、将来、歌える仕事につけたらいいなって思っていたんです。だから、ダンス&ヴォーカルスクールにも通って、歌っていたんですけど、楽器を持って、バンドで音を出した時に、これしかないなと思いましたね。歌もできるし、好きな楽器もあるし、将来、これで生きていけたら嬉しいことだなと思ったので、頑張って行きたいなと思ってましたし、あの時考えてたことは間違ってなかったなと確信しています。中3の時に書いた「15」が、16歳のいま、デビュー曲になって、上京という大きな転機もあったし、一歩ずつ段階を踏めてるし、今、おかれている状況を15歳の自分に言いたいです。悩んでいても、ちゃんと未来があるよっていうのを言ってあげたいですね。

MIREI 言いたいな! 私が最初に聞かせてもらったのは、2泊3日のバンド合宿の最終日で。みんなで日向ぼっこしながら、アコギの弾き語りで聞かせてもらって。その時まだ歌詞をちゃんと見てなかったんやけど、めっちゃ感動できるやんっていうのがあって。そのあとに歌詞を見たら、SAKIKAが考えてることや心境がリアルに伝わってきて。

MINA 生歌で歌ってくれたんですよね。私はその時中2で、受験のこともまだ考えてなかったのに、SAKIKAが今、感じてる不安や思いが伝わってきて、涙が出そうになって。それを今でも覚えているから、この曲でデビューできることが誇りに思います!

NAGISA 私も聞いた時は中1で何も考えずに生きてた時期だったんですけど、率直に感動して。そしていま、私はSAKIKAが「15」を書いた15歳になって。改めて歌詞を見ると、すごくジーンとくるんですよね。特に<なんとなくだけじゃ生きていけない>っていう歌詞が好きやし、その通りやなと思って。いま、学校で進路に悩んでる子がめっちゃいるので、そういう人たちがこの曲を聴いたら頑張ろうって思ってもらえると思うし、個人的にもすごく好きな曲ですね。

SAKIKA 15歳だけじゃなく、私たちの年代は思春期でもあるので、いろんな変なことを考えちゃったりとか、敏感になったりする時でもあると思うんですよ。私も今でも不安を感じることもあるけど、こうしてデビューという状況になった今だからこそ、身をもって、不安の先には絶対に成功の道があるっていうこと伝えていけたらいいなと思います。

MINA (SAKIKAを見つめながら泣いてる)……なんか、今、SAKIKAの言葉に感動しました。

GIRLFRIEND

一人じゃないから、4人で頑張っていこうっていうメッセージを込めてます

楽曲からも発言の端々からも力強い決意を感じますよね。2曲目の「Hide & Seek」は作曲がバンド名義になってますね。

SAKIKA この曲はロックな曲が作りたいっていう思いで、伴奏から作って。そこにみんなでメロディをつけて、私が最後に歌詞を書いた感じですね。

MINA お客さんも楽しんでくれるし、私たち自身もライブでやるのが楽しくて楽しくて仕方ない曲ですね。特に2番の終わりにソロがあって。私がベースでスラップを入れたりした後に 入ってくるNAGISAのギターソロにテンション上がりまくりです。

NAGISA 本当にライブ映えする曲で、弦楽器の3人の掛け合いから入るソロのインパクトが、私の推しのところですね。

MIREI ドラムは、とりあえずフィル入れたもん勝ちちゃう?みたいなところがあって。最近できた曲なんですけど、この曲を作るまでは、リズムを刻むだけで、フィルを入れてない曲が多かったんですね。だから、とりあえず暴れたいという願望を入れまくった激しい曲になってます。

SAKIKA アニメ「双星の陰陽師」のEDテーマ曲にもなっているので、歌詞には和を意識した言葉も入れているし、ちょっと中二病的な要素もありつつ(笑)、言葉遊びもしてますね。タイトルは「かくれんぼ」って意味なんですけど、何事にも表と裏があるというテーマで書いてて。例えば、夢にも表と裏があるだろうけど、一人じゃないから、4人で頑張っていこうっていうメッセージを込めてますね。

GIRLFRIEND
GIRLFRIEND
GIRLFRIEND
GIRLFRIEND

自分たちが作った曲の中で、初めて最後まで完成した曲だったんです

もう1曲、MINAさんが作詞作曲を手掛けた「甘い誘惑」も収録されています。

MINA 私が中2の時に書いた曲です。チョコレートがめっちゃ好きで、毎日、食べてた時期があって。「これはやばい。チョコレートに恋してるくらいの勢いだな」と思って、その気持ちを曲にして。みんなもきっとあるとも思うんですよね。「食べたらあかん」って言われたら食べたくなるし、「ダイエット中やから」っていう時ほど惹かれてしまう。チョコレートのことを言ってるけど、恋愛にもとれる歌詞になっていると思うので、共感してもらえたらいいなって思います。

NAGISA 私もチョコレートが好きなんで、<チョコレート中毒にかからないように>っていう歌詞から共感してます。ギターのリフもキャッチーで、耳に残るし、ギターロックっていう感じの曲になったかなと思います。

SAKIKA ロックだけどちょっと可愛い曲ですね。最初のギターリフはお菓子の家をイメージして作ったリフやったので、この曲にぴったり合ってよかったと思います。

MIRE 自分たちが作った曲の中で、初めて最後まで完成した曲だったんですね。だから、2015年2月5日のsibuya eggman、初めてのライブからずっとやってて。すごく思入れが強いし、なんというか、自分たちの最初の子供みたいな曲なんですよ。そんな子が、デビューシングルに一緒に入るのは心強いし、これからも演奏できるのがすごく嬉しいですね。

MINA (小さな声で)ありがとう。みんながそんなに言ってくれてめっちゃ嬉しい。

いつかは日本のガールズバンドといえばGIRLFRIENDやなって言われるようになりたいです

(笑)3曲揃って、ご自身たちにとってはどんな1枚になりましたか? 今後の目標も聞かせてください。

MIREI とにかく、私たちとしては、歌詞が伝わってほしいなと思っています。「15」は15歳のほんまの気持ちやったりするし、「Hide & Seek」は学校の友達関係と繋がるし、「甘い誘惑」は思春期で食欲倍増しているので、とりあえず共感してくれたらいいなって思いますね。

SAKIKA 自分たちが書いた歌詞を自分たちが歌う、全員中高生のバンドなので、中高生が考えていることを代弁できるようなアーティストになりたいし、中高生の今を伝えるバンドになれたらいいなって思っています。

NAGISA そして、いつかは日本のガールズバンドといえばGIRLFRIENDやなって言われるようになりたいです。

MINA  SCANDALさんやチャットモンチーさん、いろいろいらっしゃるガールズバンドの先輩方を追い抜きたいという一心で頑張りたいです。日本を代表する、日本一のガールズバンドになりたいと思ってます!GIRLFRIEND

ライブ情報

「オンナウタヂカラ」

東京公演 12月2日(金) TSUTAYA O-WEST
【出演者】GIRLFRIEND 他

愛知公演 12月4日(日) APPOLO BASE
【出演者】GIRLFRIEND 他

大阪公演 12月14日(水) OSAKA MUSE
【出演者】GIRLFRIEND 他

宮城公演 12月18日(日) SENDAI CLUB JUNK BOX
【出演者】GIRLFRIEND 他

福岡公演 12月25日(日) DRUM SON
【出演者】GIRLFRIEND 他

GIRLFRIEND

大阪出身の現役女子中高生4ピースガールズロックバンド。
SAKIKA(vo,g) MINA(vo,b)、 NAGISA(vo,g)、MIREI(vo,ds)。 まだバンド結成2年たらずであるが、全員が作詞作曲を手掛け、それぞれが多彩な方向の世界観を表現出来るほど日々成長している。ただ若いだけではない、ただ可愛いだけではないそのパフォーマンスも評判を呼び、早くも地元大阪では BIG CAT がソールドアウトするなどライブの評価も高い。
新世代ガールズバンドの旗手として各方面から期待されている。

オフィシャルサイトhttp://www.girlfriend.band