LIVE SHUTTLE  vol. 80

Report

ふくろうずのバンドとしての覚醒を体感したツアーファイナル

ふくろうずのバンドとしての覚醒を体感したツアーファイナル

7月13日リリースのニュー・アルバム『だって、あたしたちエバーグリーン』の東名阪ツアーのファイナル公演が、11月23日渋谷クラブクアトロで行われた。

2010年リリースのセカンド・アルバム『ごめんね』のラスト・チューン「すばらしい世界」でスタート、前半は主に『だって、あたしたちエバーグリーン』の収録曲(最終的に11曲中9曲が披露された)がプレイされていく。
9曲目「春の王国」を歌う前に内田万里(Vo&Key)、「天気予報では夜雪が降るなんて言うから、誰も来ないんじゃないかって心配したけど、こんなに来てくれてありがとう」とオーディエンスにお礼を述べる。そして「ダイナソーJr.が好きな男の子のことを好きな女の子の歌です」という紹介で始まった「ダイナソー」のあと、「気づいてる人もいるかもしれないけど、ドラムが高城なんですよね」と、2011年9月に脱退した高城琢郎が、このツアーのサポート・ドラマーを務めていることを改めて紹介。ギター石井竜太と高城、ベース安西卓丸と高城の関係についてのMCでフロアに笑いが起きる。

_mik7512_s

ここを折り返し地点として、後半は、過去の代表曲やライブで人気の曲中心のセットリスト。「好きな人を思う気持ちは、どんな人でも美しいなと思ったから曲にしました」(内田)という新曲「ビューティフル(仮)」も披露される。
「来年も自分らしいことをやっていきたいと思います。それをみなさんに楽しんでもらえたらうれしいです。だから来年もよろしくね、ちょっと早いけど」(内田)とあいさつし、ニュー・アルバムの「エバーグリーン」で本編をしめくくったあと、アンコールは高城在籍時最後のアルバム『砂漠の流刑地』のジャケット・MVの衣装に着替えて登場。
「じゃあ、高城くんがパイ投げされてやめた曲をやりたいと思います」(内田)と、同アルバムのタイトル・チューン「砂漠の流刑地」をプレイ。間奏で内田が高城にパイをぶつけてこの曲のMVとジャケットを再現したと思ったら、続けて安西と石井にもパイをぶつけ、最後は自分の顔にも投げつける。

続けて『ごめんね』の1曲目「ごめんね」でアンコールを終える。「こんなバンドに、ほんと、マジで、付き合ってくれてありがとう。みんなに捧げます」とオーディエンスへの感謝の意を示した。
「来年は結成10周年だって」という卓丸のフリを、内田は「4年くらいの気持ちだから」と否定していたが、おそらく結成以来最高の充実っぷりを迎えているふくろうずのライブ、これからさらに多くのファンに共有されていくであろうことを確信させるステージになった。

_mik7664_s

なお、アンコールでは、来年1月から3カ月連続企画を開催することがアナウンスされた。1月はバンド初のアコースティック編成ライブ、西麻布KREI SALONにて、キャパ60名のファン必見の新春プレミアムライブ。2月はボーカル内田万里、初の弾き語りワンマンライブを根津教会で行う。3月はバンド編成での2マン・2デイズ企画「さよなら渡り鳥ツーマン」西麻布SUPER DELUXE、対バンは後日発表。
終演後のロビーでチケットの先行販売が行われ、ファンが長い行列を作った。また、アンコールで告知されたグッズ販売コーナーにも長蛇の列ができていた。

取材・文/兵庫慎司 写真/中島未来

ふくろうず”だって、あなたたちエバーグリーンツアー”
2016.11.23@渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01.すばらしい世界
02.白いシャトー
03.メリーゴーランド
04.テレフォンNo.1
05.ファンタジック/ドラマチック/ララバイ
06.ガーリーズハイ!
07.マイノリティ
08.ラジオガール
09.春の王国
10.ダイナソー
11.トゥーファー
12.できない
13.ループする
14.夜明け前
15.マイアミ
16.フラッシュバック!
17.サタデーナイト
18.ビューティフル(仮)※新曲
19.街はいつも雨のよう
20.優しい人
21.だめな人
22.うららのLa
23.エバーグリーン
EN1.砂漠の流刑地
EN2.ごめんね


LIVE

「新生さんばがらすワンマン」
2017年1月15日(日)西麻布KREI SALON
ふくろうず(アコースティック編成)

「すずめの涙ワンマン」
2017年2月4日(土)根津教会
内田万里(ふくろうず)

「さよなら渡り鳥ツーマン」
2017年3月18日(土)・19日(日)西麻布SUPER DELUXE
<出演者>ふくろうず / andmore…

リリース情報

fukurou_datteJK

New Album
『だって、あたしたちエバーグリーン』

2016年7月13日発売
(CD)TKCA-74384  ¥2,315+税

【収録曲】
01.白いシャトー
02.メリーゴーランド
03.うららのLa
04.マイノリティ
05.ラジオガール
06.ダイナソー
07.ファンタジック/ドラマチック/ララバイ
08.春の王国
09.夏のまぼろし
10.思い出か走馬灯
11.エバーグリーン

ふくろうず

2007年に東京で結成された、内田万里(Vo.Key)、石井竜太(Gt)、安西卓丸(Ba.Vo)からなるポップなバンド。
2009年末、バンドにとって初の音源となる5曲入りミニ・アルバム「ループする」(期間生産限定盤)をライヴ会場とディスクユニオン限定で発売。
2010年4月、新曲2曲を追加したデビュー・アルバムを初の全国流通盤としてリリース。
2010年10月、2ndアルバム「ごめんね」をリリース。
11月末には代官山UNITにてワンマンライヴ「ごめんねワンマン」を開催、ソールドアウト。
2011年6月、メジャーデビューアルバム「砂漠の流刑地」EPIC RECORDよりリリース。
7月には、渋谷クラブクアトロで行われたワンマンライブ「そうだ!人生はワンマンだ」を開催、ソールドアウト。
2013年1月、代官山UNITにて「リリースまだだよ、ごめんねワンマンライブ」を開催、ソールドアウト。
同年4月より自主企画「ふくろうずのプリティーツーマン」を開催。ソールドアウト。
2013年7月、ミニアルバム「テレフォン No.1」をリリース。
9月、東名阪リリースツアー「ふくろうずの内弁慶ツアー ~パピプペピンポイントNo.1ver~」開催、全公演ソールドアウト。
2014年3月、プラネタリウムワンマンライブ「GINGA GO ~ふくろうず宇宙(そら)へ~」開催、2回公演ソールドアウト。
2014年6月、2年ぶりのフルアルバム「マジックモーメント」をリリース。
同年7月、全国ワンマンツアー「マジックモーメントツアー」を開催。
2015年9月、自身二度目の「GO!ロマンチックコンサート~大気圏突入編~」プラネタリウムワンマンを開催、2回公演ソールドアウト。
10月、ミニアルバム「ベイビーインブルー」をリリース。
同月、3D映像ライブを西麻布SUPER DELUXEにて開催、2回公演ソールドアウト。
12月から東名阪ツアーを開催。
2015 年1月から放送されたドラマ「ワカコ酒 Season2」のオープニングテーマに「ベイビーインブルー」収録曲「いま何時?」が決定し、メンバーもカメオ出演して話題に。
同月には恵比寿LIQUIDROOMにてツアーファイナルが大成功。
4月1日東京・クラブeXにて、ワンマンライブ「ふくろうずの360゜ライブ ~死角の無いやつら~」を開催。
4月30日大阪・Music Club JANUSにて自主企画「プリティーツーマン~春はあげぽよ、YO!YO!白くなりゆく!?~」で、ねごと と共演し会場を盛り上げた。

オフィシャルサイト http://www.fukurouzu.com/

vol.79
vol.80
vol.81