Interview

アイドルの枠を越えるメゾンブックガール。神秘的な世界観と無機質な音像で独自の輝きを放つ

アイドルの枠を越えるメゾンブックガール。神秘的な世界観と無機質な音像で独自の輝きを放つ

元BiSのコショージ メグミ、「ミスiD 2015」ファイナリストの矢川葵、井上唯、和田輪からなる4人組アイドルグループ、Maison book girl(通称:ブクガ)のメジャーデビューが決定した。総合プロデュースを務めるのは、現代音楽とポップスを融合させた“現音ポップ”を提唱する音楽家のサクライケンタ。変拍子を多用し、現代音楽的な音像を追求しながらも決してマニアックには陥らず、ポップスとしての聴き心地の良さ失わない音楽性。そして、無機質になればなるほど、雲や雨、雪や靄で隠されれば隠されるほどにチャーミングさが増す斬新な世界観。アイドルシーンの際で独特の輝きを放ち、他の誰にも似ていない彼女たちは、まだ誰も歩いたことのない道を突き進んでいく——。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 森崎純子


初めから楽しみの方が大きかったです

メジャーデビューが決まったと聞いた時はどう感じました?

コショージ このグループができた時から2年活動をしてきて、2年って節目だと思っていて、ちょうどそんなタイミングでお話をいただいたので、やった! と思いました。

和田 私はこのグループに入る前に秋葉原にいたんですけど、この世界に片足を踏み入れた時から、将来的にはご飯を食べる仕事にしたいなと思っていて。

井上 食レポってこと?

和田 ご飯を食べる仕事じゃなくて(笑)、ご飯を食べるための仕事にするのが夢なので、これからいろんなお仕事が増えて忙しくなることを楽しみにしてます。

井上 そういうことか(笑)。私は最初に聞いた時は、まだそんなレベルに達してないんじゃないのかな?っていう不安があったんですけど、2回目のワンマンライブも終えて、どんどんレベルアップしている途中だと実感してきているので、楽しみになってきました。頑張ります!

矢川 私は初めから楽しみの方が大きかったです。不安もあるんですけど、それはやっぱり、変わることへの不安じゃなくて、自分たちのレベルがメジャーにおいつているのかっていう不安であって。でも、せっかくお話をいただいたし、楽しもうと思ってます。これからは、いろんな大人の方がたくさん関わってくれるようになって、ライブ以外のいろんなお仕事も増えるのかなって思っているので、すごく楽しみです。雑誌とかにもどんどん出たいと思ってます。

Maison book girl GROUP Maison book girl GROUP

「とりあえずライブに来て。見ればわかるから」って。言葉で説明するのが難しいんですよね

まだブクガのライブも見たことがないし、音も聞いたことがないという人にはどんなグループだと説明したらいいですか? 例えば、友達に「どんな音楽をやってるの?」と聞かれたらどう答えますか?

矢川 「いままで聞いたことのない曲をやってるよ」って伝えます。きっと新鮮味があるよって。

和田 音楽関係者の人に「君たちは渋谷系の後継者だ」って言われたことがあって。そういうのが好きな友達なら「きっと好きだよ」って言います。

コショージ 友達だったら、「可愛くないよ」って言っちゃうかもしれない(笑)。「アイドルグループだけど、あんま期待しないで」って言っちゃうな。あとは、「とりあえずライブに来て。見ればわかるから」って。言葉で説明するのが難しいんですよね。

井上 めちゃくちゃわかる。私は、このグループに入るって決まった時に、親に「何なのそれは?」って言われたんですよ。それに対する答えを口で説明できないことが、結成当初からの悩みです。親は説得しきれなくて、結果、折れたみたいな感じだったんですけど。

コショージ あははははははは。

井上 「もう、わかった」みたいな感じで終わったんですけど。アイドルをやるっていうのも違うし、歌手とも違うし。とりあえず、歌って踊るんだ。ふーんっていう感じでした。だから、見てもらうしかないですね。

「見てもらう」と言っても、アーティスト写真じゃよくわからないんですよね。

和田 総合プロデューサーのサクライケンタさんが撮ってくれているんですけど、撮影をするたびに私たちの顔が隠されていくんですよね。一番最初のアルバムは、CDの裏ジャケに自分たちの写真が使われてて。その次のシングルは、開けて、CDを取らないと出てないんですよ。そして、最新のアー写はいよいよ、隠れたなって……。

コショージ 前はちゃんと顔は写ってたもんね。

井上 前回のアー写も最初は「顔を切ろうと思う」って言ってたんですよ。「まじか?」と思ってたんですけど、最終的には切られてなくて。でも今回、もやもやっとしてて。和田の顔の前の煙すごいね。顔が、ほとんど見えない。

和田 最初はこんなにスモーク多くなかったんですよ。でも、撮るたびに「もうちょっと多めで」ってなっていって。最終的に「隠しちゃおうか」になって。

どう思います? 記念すべきメジャーデビューなのに顔が写ってないっていう。

コショージ いや、もう、逆にどう思います、これ? 

あはははは。想像力は掻き立てられますよね。どんな子達なんだろうって。

井上 でもさ、すごい可愛いのかなって思って観たら、そうでもないやんってなったら……。

コショージ 逆にすごく可愛いアー写で、実物を見て、あ……っていうよりはましじゃない? ブスすぎるわけじゃないけど、微妙だよねって。ああ、これは隠すよねっていう。

矢川 つらいよー。

(笑)神秘的な感じがしていいなと思いますよ。

コショージ 神秘的ね。そう言われると、すごく嬉しいです。

矢川 以前、サクライさんに「そんなに顔だめですか?」って聞いたことがあるんですけど、「いや、そういうことでは」って笑顔で言われました。どっちなんだろう? て。

サクライさんがみんなに見せたくないのかもしれない?

コショージ 独り占めしたいんですかね。じゃあ、そういうことにしておきます(笑)。

矢川葵

矢川葵

井上唯

井上唯

和田輪

和田輪

コショージ メグミ

コショージ メグミ

「自分で感じ取って」って、詳しくはあんまり教えてくれないんです

(笑)メジャーデビューシングル「river」の1曲目「cloudy irony」の歌詞にある曇り空や朝霧の感じを表現してるのかもしれないですね。この曲を最初に受け取った時はどう感じました?

コショージ 爽やかでなんて聴きやすい曲なんだろうって。サクライさんにしては珍しいなって。

矢川 サクライさんがメジャーデビューのためって考えて作ってくれたのかなって思いました。

井上 いままでとは違うよね。メジャーを意識したと思うし、聴きやすくていいと思います。

和田 私が入った時に、「snow irony」っていう曲ができたんですけど、その時に「和田加入っぽいやつ」って言ってたんです、サクライさんが。どういうつもりかはわからないんですけど、「irony」って入っているので、節目感があるのかなと思います。

どういうつもりかは聞かないんですか?

矢川 いつも歌詞の意味を聞いても、「自分で感じ取って」って、詳しくはあんまり教えてくれないんです。

和田 それぞれの解釈でいいよって。

では、「cloudy irony」の歌詞はそれぞれ、どう捉えました?

井上 サクライさんの歌詞って、抽象的というか、ぼやっとしてるんですよね。

コショージ この曲に関しては、自分たちが歌っているというのを意識して、みんなにも聞いてもらった方がいいかなと思って、割と自分寄りにしてますね。自分の中に何人かの自分がいて。いろんな意見を持っている自分が、体を重ねるように自問自答を繰り返して、1つの意見にしていくっていう感じかな。

矢川 私はメンバーのこととは思ってなくて。本を読んでるような感じですかね。素朴でなんもない、でも、傷つきやすい女の子の歌みたいな感じで受け取ってました。

和田 私も自分のことというよりは、他の男女の歌なのかなと思っていて。私、あまり歌詞の解釈をするのが得意じゃなくて。これからライブで歌っていく上でも変わっていくのかなと思います。Maison book girl

爽やかな空が広がってるような感じだろうなって思ったので、サビはそういう風に歌いたいなと思って

歌入れはどんなアプローチで臨みましたか? 歌割りのパート順に聞かせてください。まずは、和田さんから。

和田 いつもはそんなにしてなかったんですけど、レコーディングの前に一人でスタジオに入って、どういう歌い方がいいかなっていうのを研究したんですね。これまでは、私は途中から加入したので、他のメンバーが歌ってた曲は、どちらかというとカバーしているような気分もあったんです。でも、これからはしっかりと自分の曲として歌っていきたいという思いがあったので、サクライさんの仮歌にも影響を受けず、ちゃんと自分の表現で歌いたいと思って。音楽的にも、カッコよく聴こえるように歌いたいと思ってました。

コショージ 仮歌を聞いたときから、爽やかな空が広がってるような感じだろうなって思ったので、サビはそういう風に歌いたいなと思って。あとは、他のメンバーが歌ってるのをちゃんと聞きましたね。普段はあんまり聞いてないんですけど。この時ばかりは、すごい聞きましたね。

井上 感情とかよりも、まだ歌うことに必死だったんですけど、これまでと比べて優しく歌ってるなと思いました。

矢川 私は、これまでのCDを聞いて、すごくかっこいい曲なのに、自分の歌い方が子供っぽくて、なんかチグハグな感じで気持ち悪いなと思ってて。全体的に平坦な感じで、気に入らなかったので、今回、全国に出るからには、カッコよく、大人っぽく、ちゃんと意味がある感じで歌いたいなと思ったたんですね。だから、ちゃんと抑揚とかをつける歌い方をしようと心がけてましたし、前よりも少しは理想に近づけたかなって思いました。特に2番で<工場の光の中で>というフレーズがあるんですけど、サクライさんに「吐息交じりで、消えそうな感じで歌って」って言われて。レコーディングが終わった後に一緒に聞いた時に「いいね」って言われたのが嬉しかったです。

和田 昔と比べて、4人とも歌えるようになってきてるんですよね。私も完成した音源を、普段、他のアーティストさんの音楽を聴くような感覚でめっちゃ聴いてて。音楽的にもこれまでと違う要素も加わってるし、すごく好きな曲になってますね。

Maison book girl

「うちのメンバーはみんな可愛いな!」って思いました(笑)

ミュージックビデオは完成作を観てどう感じました?

コショージ いままでに撮ったMVとリンクしているところも多々あって。「これがエモいっていうやつや!」と思って観ました(笑)。

矢川 ブクガの紹介VTRだなと思いました。これがブクガの世界観です、どうぞ!みたいな感じで、すごくわかりやすいかなと思いました。

和田 すごいバカっぽい発言なんですけど、「うちのメンバーはみんな可愛いな!」って思いました(笑)。曲から入った人にも是非観て欲しいです。

井上 ダンスも思ったよりよくできて。カッコいい。おしゃれ。素敵。

矢川 単語並べただけやん(笑)。

Maison book girl

ライブ中に泣けるんですよ、普通に

(笑)2曲目の「karma」の方が従来のブクガのイメージに近いですよね。

コショージ こないだカナダに行って、「karma」をやったんですけど、カナダでやった曲の中で一番盛り上がったんですよ。日本ではあり得ないことなんですけど、モッシュがおきて、すごくびっくりして。私たちが歌ってるのに、私たちの曲じゃないみたいな光景で、めちゃくちゃ盛り上がったんですよね。

矢川 イントロの時点でこれはもう好きだって思いました。シンプルにカッコいいし、曲だけでも好きだなって思いました。

和田 今までの曲の中で一番アップテンポで、個人的には、いままでのブクガとは違う要素が入ってきたなと思いました。これまでも3拍子の曲はあったんですけど、しっとりした曲だったんですね。でも、この曲は3拍子を中心に使いながらも、アップテンポでポップに仕上げた曲だなと思いまして。これまでは斜に構えた、ひねくれた感じがあったけど、この曲はまっすぐにポップな曲だなと思います。

井上 この2曲を同時に聞いた時に、断然、「cloudy irony」が好きだなと思ったんですけど、ライブをするごとに、「karma」の良さに気付き始め。歌詞の意味が捉えにくいけど、自分なりに解釈してみると、泣けるんですよ。

矢川 めっちゃ重い解釈をしてるんだね(笑)。

井上 この曲ができた時に映画「シン・ゴジラ」が公開されてたので、戦争のことを考えてしまって。殺したのは悪いことだけど、国に帰ったら賞賛させる。本当にいいことなんか、どうすればよかったのかって問いかけてるっていう。

コショージ 自分があやめちゃったあの子のことをずっと覚えてるんだね。

井上 そう。だから、いよいよ、ライブ中に泣けるんですよ、普通に。

コショージ それ、もうお客さんだよね!

井上 だから、疲れます。あははははは。

和田 ふふふ。「cloudy irony」や「snow irony」の歌詞にも<許す/許せない/許さない>という言葉がいっぱい出てくるんですけど、この曲の最後で許すんですよね。だから、私は、許したんだって思いました。

コショージ いや、許してなくない? 愚かな言葉だけが全てを許していくっていう。

和田 愚かな言葉という救いがあったんだって思った、私は。

井上 なるほど。

Maison book girl

聴いていくうちにどんどんすきになっていく曲ばかりだと思う

いろんな解釈ができるっていうことですよね。さらに、もう1曲、コショージさんが詩を書いたポエトリーリーディング「14days」が収録されています。これも問題作というか……。

コショージ この3曲で、シングルのタイトルになっている「river」になるっていうことを意識して書きました。音源でははっきり言ってないので、自由に解釈していただきたいんですけど、個人的には、川で死体を拾ったというストーリーになってて。以前、私たちが「死体のようだ」って言われたことがあったんですね。じゃあ、死体のことを書こうと思ったんですけど。

井上 前半が“あの人”目線で、後半が“死体”目線になってて。

和田 結果的には、思ったよりもだいぶ怖い感じになってて。マジで心臓がドキドキしました。

矢川 ホラーですね、これは。

3曲揃って、リスナーにはどう聴いて欲しいですか? 今後の目標を最後にお願いします。

井上 年齢が上の人でも全然楽しめると思うので、いろんな人に聴いてもらって、めちゃめちゃ広まりたいです。ビッグになりたいです! というか、ビックになります!

和田 メゾンブックガールの明るい部分も、暗い部分もまとめた作品になっているので、明るい「cloudy irony」から入って、騙されて、「14days」で絶望する感じを味わってほしいです。

矢川 「変拍子が好きな人は好きだね」って言われるんですけど、私は今も変拍子はわかってなくて。初めて曲を聴いた時はなんだろこれ?っていう感じだったんですけど、いまはサクライさんが作る曲が好きになっているんですね。だから、変拍子がどうとかは関係なく、聴いていくうちにどんどんすきになっていく曲ばかりだと思うので、まず、1回で良いから聴いてほしいです。

コショージ 今回からメジャーで出させていただくので、良い順位になりたいです。いま、最高位が4週目で40位なので、やはり1週目からどーん!と10位……いや、20位以内を目標にしたいと思います!

発売イベント情報

11月29日(火) 18:00~ タワーレコード川崎店
11月30日(水) 18:00~ 新星堂 池袋サンシャインアルタ店
12月1日(木) 18:00~ タワーレコード八王子店
12月2日(金) 18:00~ タワーレコード横浜ビブレ店
12月3日(土) 18:00~/21:00~ タワーレコード新宿店
12月4日(日) 13:00~(トーク終了後特典会)ヴィレッジヴァンガード 渋谷宇田川店 店内イベントスペース
12月4日(日) 18:00~ タワーレコード渋谷店
12月9日(金) 18:00~ HMV&BOOKS TOKYO

Maison book girl(メゾンブックガール)

2014年11月デビュー。メンバーは、矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミ。
音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、音楽のみならず、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開。
2015年8月にはTIF、@JAM EXPO2015、9月には夏の魔物への出演を経て、9月23日に初の全国流通作品となる1stアルバム『bath room』を発表、アイドルファンのみならず、幅広い音楽ファンから高い評価と支持を得る。
11月23日には初のワンマンライブとなる『solitude hotel 1F』を渋谷WOMBで開催。チケットはSOLD OUTとなった。
12月にはアメリカのオルタナティブロック・バンド『RINGO DEATHSTARR』の東名阪公演にサポートアクトとして出演。
2016年3月には1st EP「summer continue」をリリース。「アイドル」という枠組みだけに留まらず、様々なフィールドでの活動を予定している。
サクライケンタ独自の世界観と四人四色な個性を放つメンバーの化学反応に今後も期待のアーティスト。
オフィシャルサイトhttp://www.maisonbookgirl.com/