Column

これぞ悪魔的!『カイジ ファイナルゲーム』帝愛ランド4つの一攫千金ギャンブル

これぞ悪魔的!『カイジ ファイナルゲーム』帝愛ランド4つの一攫千金ギャンブル

シリーズ累計発行部数2,100万部を超える大ヒットコミック『カイジ』(『ヤングマガジン』/ 講談社)を映画化した、『カイジ 人生逆転ゲーム』(09)『カイジ2 人生奪回ゲーム』(11)の最終回として、『カイジ ファイナルゲーム』が、いよいよ1月10日(金)に公開される。

舞台は2020年、東京オリンピック後に景気が失速した日本。例のごとく、借金まみれのカイジ(藤原竜也)が様々なギャンブルに挑み一攫千金を狙う。今作は、『カイジ』の原作者・福本伸行が自らが脚本に携わった完全オリジナルストーリー。そのためギャンブルも初登場のものばかり。一体どんな“悪魔的”なゲームが展開されるだろうか――。

文 / エンタメステーション編集部


バベルの塔

過去2作品にも登場した、大槻太郎ことハンチョウ(松尾スズキ)が、今作ではスーツに身を包んでカイジの前に現れる。『カイジ2』後、“帝愛グループ”のグループ企業をひとつ任される社長へ大出世を果たしたハンチョウが、カイジに「ワシと組まないか」と提案してきたのが“バベルの塔”だ。

金を持て余した大金持ちの老人が主催する若者救済イベントで、街中のビルの屋上に立てられたデカい棒のてっぺんに貼りつけられた1枚のカードを奪い合う。カードの表は“人生逆転カード”と呼ばれ、打ち込んだだけのお金が獲得できる電卓となっており、その上限額は9億9,999万円。一方、裏面は人生を変える極秘情報が得られる“魔法のキー”となっているが、その詳細は誰も知らない……。

最後の審判~人間秤~

今作では、1作目でカイジたちが地下労働場で作っていた施設が完成! “帝愛ランド”というギャンブルランドとして登場する。

その帝愛ランドで開催されているギャンブルで最も過酷なギャンブルとされているのが“最後の審判~人間秤~”だ。マッチメイクされた敵対する2名が全財産を金塊に換え、天秤となっている秤の上に乗ってその重さを競い合う究極の総力戦ギャンブル。「Family」「Friend」「Fixer」「Fan」の4つのステージに分類されており、「Family」「Friend」「Fixer」では参加者が事前に手配した“支援者”が持ち込んだ財産が金塊となって秤に乗せられる。また会場に集まった「Fan」=ギャンブラーたちの手持ち金を自身の秤にいかに乗せるられるかが勝負のカギとなる。勝った者は信頼、名声、金、全てを得るが、負ければそのすべてを失う。

ドリームジャンプ

帝愛ランドで開催されている、10人中9人が死ぬという一発逆転の“死のギャンブル”。参加者は全員自殺志願者。バンジージャンプのように体にロープをくくりつけ、飛ぶだけ。生き残れるのは、たった1本しかない繋がれたロープを引き当てた者だけ。生き残れた者は大金を得ることができる。

ゴールドジャンケン

影の総理と呼ばれる首相主席秘書官・高倉(福士蒼汰)が得意にしている接待ゲームで、帝愛ランドのVIPルームで行われる。3回勝負のジャンケンで、3回のうち1回は手のひらサイズの純金を握って出すことがルール。つまり、1回は必ずグーを出さなければならない。金を握ったグーで勝った場合は、その金をボーナスとして得ることができる。

1作目でも登場した“限定ジャンケン”同様、今作でも『カイジ』の世界を彩る重要なギャンブルとして登場する。

果たして、カイジを待ち受ける未来は三度目の正直で天国なのか、それとも…またしても地獄なのか。これら4つの刺激的なオリジナルゲームの映像化と共に注目してほしい。

映画『カイジ ファイナルゲーム』

2020年1月10日(金)全国東宝系にて公開

【STORY】
2020年、国を挙げて盛大に開かれた東京オリンピックの終了を機に、この国の景気は恐ろしい速さで失速していった。今この国では、金を持つ強者だけが生き残り、金のない弱者は簡単に踏みつぶされ、身を寄せ合うことで何とか今を生きていた―。自堕落な生活を送っていたカイジは、派遣会社からクズと罵られ、薄っぺらい給料袋を手渡される。憤りを感じながらも一缶千円に値上がりしたビールを買うかどうか迷っていた。そんなとき、カイジの前に大槻が現れ、一攫千金のチャンスの話を持ちかける。
“ざわ…ざわ…ざわ…ざわ”
運命の歯車は動き出した。カイジを待ち受ける未来は天国か地獄か?日本中を奮い立たせる最後のギャンブルが今始まる―。

出演:藤原竜也、福士蒼汰、関水 渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎、松尾スズキ、生瀬勝久、天海祐希、山崎育三郎、前田公輝、瀬戸利樹、金田明夫、伊武雅刀

原作:『カイジ』(福本伸行/講談社ヤンマガKC刊)
監督:佐藤東弥
脚本:徳永友一
配給:東宝

オフィシャルサイト
http://kaiji-final-game.jp

©福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会