Interview

二役を演じ分けた『古都』に見る、松雪泰子の真摯で美しい芝居へのスタンス

二役を演じ分けた『古都』に見る、松雪泰子の真摯で美しい芝居へのスタンス

京都を舞台に、生き別れになった双子の女性の数奇な運命を描いた川端康成の名作『古都』。その20数年後を舞台に、日本の伝統を守りながら、それぞれ母親となった〈千重子〉と〈苗子〉が、さらなる運命と対峙する物語を描いた映画『古都』が完成。違う運命を背負った双子の姉妹を一人二役で演じたのは、本作の監督・Yuki Saitoが、絶対に主演で映画を撮りたかったと指名した松雪泰子。京都と、フランスの古都であるパリで行われた撮影のことはもちろん、本作を通じて改めて感じることができたという“母親の愛”、そして松雪泰子にとっての“演じること”についてなど、様々な角度からたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 吉田可奈 撮影 / 三橋優美子


自分は今後、子供に何を伝えていけるかな? と考えました

『古都』の原作を読まれた印象はどんなものでしたか?

川端康成先生が綴った『古都』は、情景描写が本当に美しく、文字で読んでいるのに、京都の情景が絵画のように、そこにスクリーンがあるように、絵が浮かんでくるんです。その自然の美しさが本当に印象的なだけでなく、そこに生きている千重子、苗子の美しさと純粋さに、心が洗われる感覚を覚えました。

koto_01

今回の映画『古都』では、その小説の20数年後を描いています。最初に脚本を読んだときは、どんな思いを抱きましたか?

私が演じさせていただいた千重子と苗子は、双子ではありますが、まったくタイプの違う人間なんです。本作は原作のその後が描かれていますが、千重子と苗子の存在の美しさや純粋無垢な心は、親になっても変わらず持っているものだと思うんですよね。だからこそ、苗子ならその心を育んだゆえの力強さとたくましさを、千重子なら強さだけでなく、言葉で威圧的に強いることができない、自分が背負う重圧への苦悩、さらにひとりの母親としての苦悩をしっかりと表現しなくては、と思いました。

koto_a

千重子の人柄を表すかのような京言葉もとても印象的でした。

京言葉って、優しく言い過ぎると嫌味に聞こえたり、攻撃するニュアンスになったりもしかねないんです。だからこそとても難しいのですが、あくまでも本心を出さずに柔らかく表現することによって受け入れたり拒絶したりできるのは、すごいところでもあり、面白くもありますよね。監督とは京言葉にどこまでニュアンスを付け、印象を変えられるかを何度も話し合いました。

千重子と苗子は、同じ京言葉でも違う方言で話されていましたよね。

はい。千重子は室町の言葉で、苗子は北山弁を話しているんです。この2つの方言はニュアンスや言い回しが違うので、学んでいく過程で、2人の人物像を掴むことができました。

koto_b

具体的に、どんな人物像でしょうか。

千重子は非常におだやかですし、芯はあるけど、静かな優しさを持っているんです。そして背負っているものが“伝統”という、とても大きいものなんですよね。さらに、自分も孤児だった背景もありますし、親から「この家は守らなくてもいい」と言われたからこそ守らなくちゃいけないと思って、守っている人なんです。その気持ちをどう娘に託していけばいいのか、という苦悩があったので、必然的に静かに耐えるという時間が長かったように感じます。あとは、実際に呉服屋さんをされている方の家を借りて撮影をしていたので、その空間にいるだけで感じる重みや、そこで生きている空気を感じることができたのはすごく良かったですね。対する苗子は、杉を磨いている仕事をしていて、本当に明るくてお喋りが大好きなんです。実際に現場の方たちと一緒に作業をさせていただいたんですが、その方たちの手は肉厚で力強くて、太陽をたくさん浴びながら土をたくさん触っているからこその生命力を感じました。その方たちを参考に、おおらかで力強い包容力を持つ苗子を大切に演じたいと思いました。

koto_c

映画では母親の愛の形が描かれていますが、演じていて気づく“母親の想い”はありましたか?

私の息子も(本作の2組の母娘と同様に)手の離れる年齢になってきました。そうなって初めて、自分の親から受けてきた愛情や、若い頃にしてもらったこと、そして気づけなかった親の想いがわかるようになりました。もちろん、親は子供より長く生きているから、多様な視点を持っているし、経験値も高いですよね。でも、子供自身はどうなるかわからないからこそ、様々なことに挑戦したくなるし、自由を求めるんです。そう考えたときに、自分は今後、子供に何を伝えていけるかな? と考えましたし、この作品を観て、母親世代の方も、娘世代の方も、いろんな想いを感じてもらえたらいいなと思いました。

koto_d

本作は、Yuki Saito監督から直々にオファーがあったと伺いました。

はい。アメリカでお仕事をされていた監督が日本にお戻りになられたときに私が演じている姿を見て、お手紙をくださったんです。そのお手紙には、「日本で『古都』のような作品を作りたい」と書いてありました。そこに私を指名してくださったこと自体、素直に嬉しく思いましたし、その監督の未来に賛同し、何か一緒に生み出せたらとも思いました。

監督との撮影で印象に残っていることはありますか?

監督はお子さんがいらっしゃるんですが、男性なので、やはり女性とは考え方が異なるんです。ですので、母親の視点でアイデアを出させていただきました。それに対し、女性スタッフは共感するんですが、男性はそうではないんですよね。その違いがすごく面白かったです。

koto_e

男性監督の作品でありながら、女性の視点が多かったのは、そういったアイデアがたくさん反映されていたんですね。

監督は“学びたい”という姿勢をすごく持っている方なので、みんなで意見をシェアすることがとても多かったんです。さらに、すごくポジティブで、どんな困難が立ちはだかってもネガティブにとらえるのではなくポジティブに進んでいく力がある人なので、みんなが監督を支えたい、協力をしたいと思う現場だったんです。海外でお仕事をされていたこともあり、ダイレクトに意見を交換したりシェアしたりしながら進める現場だったので、よく話をしながら撮影を進めていきました。

koto_f

撮影は京都とフランスのパリで行われていましたが、心に残った風景はどんなものでしたか?

京都はどの風景も美しく、目に入る風景すべてが印象的でした。特にお茶のシーンでのお庭は素敵でしたね。

koto_g

所作も細やかなところまで美しさを感じました。

ありがとうございます。お茶の先生についていただき、お稽古を重ね、撮影させていただきました。どのシーンもとてもゆったりと流れているように感じるんですが、撮影時間はかなりタイトで、時間との闘いだったんです。

koto_h

パリでの撮影はいかがでした?

パリは社会情勢の問題で、一時は撮影できるかどうかわからない状態が続いたんです。でも、少ない時間ですが奇跡的に撮影することが可能になって、現地へ向かったんですが、貴重なリハーサル時間からずっと雨が降っていたんです。でも、いざ撮影となると雨が上がり、路面は濡れているんですが、そこに光が差して美しい画を撮ることができました。これこそ奇跡が重なる瞬間でしたね。

koto_i

これまでも松雪さんは様々な役柄を演じていらっしゃいますが、演じることで大事にしていることはどんなことでしょうか。

様々な人生を演じると言いましても、自分という肉体を通して表現していくので、自分の主観がまったくないわけではないと思うんです。生きてきた時間軸がそれぞれ違う人物を構築していくなかで、なぜそのような人格になったのかという心理状況や、なぜそのような行動をとるのかということを考えながら役にアプローチしていくことが多いので、心理学を勉強したこともありました。人間を分析するのがすごく楽しいんですよね。何より、自分という楽器を使って、様々な人物を表現し、構築していくのはすごく面白いんです。

koto_02

松雪さんにとって、役作りはすごく面白くて興味深い作業なんですね。

そうですね。人間って“こうあるべき”とか、“ありえないこと”はいっさいないと思っているんです。普通に生きていると対面しないようなことも、役を介すと体験できるし、表現することができるこのお仕事は本当に楽しいんです。つねにゼロからのスタートですし、様々な役を演じることによって学ぶことも多いので、これからもどんな役をいただいても“ちゃんと役を生きる”ことを続けていきたいと思っています。


映画『古都』

2016年12月3日公開
※11月26日より京都先行公開

koto_j

川端康成の同名小説を現代版として映画化。原作の主人公である双子姉妹のその後にスポットを当て、成長して母となった姉妹とその娘たちの人生を、京都とパリという2つの古都を舞台に描く。
京都室町に先祖代々と続く呉服屋の女主人〈佐田千重子〉は、20年前に店を継いで以来、変わらぬ暮らしを守り続けていた。しかし〈千重子〉の一人娘〈舞〉は就職活動中で、店を継ぐべきかどうか迷っていた。一方、〈千重子〉と生き別れた双子の妹〈中田苗子〉は京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでいた。ある日〈苗子〉は、絵画を学ぶためフランスに留学中の娘〈結衣〉に会いにパリを訪れる。同じ頃、〈舞〉もパリで行われる日本文化を披露するイベントに参加することになり……。

【監督】Yuki Saito
【原作】川端康成(新潮文庫刊)
【出演】
松雪泰子(一人二役) 橋本愛 成海璃子
蒼れいな 蒼あんな 葉山奨之 栗塚旭 迫田孝也/伊原剛志 奥田瑛二
【エンディング曲】「糸」新山詩織(作詞・作曲:中島みゆき 編曲:笹路正徳)
【配給】DLE

オフィシャルサイトhttp://koto-movie.jp/

©公益財団法人川端康成記念會/古都プロジェクト


古都
bt000021056900100101_tl

著者:川端康成
出版社:新潮社

捨子ではあったが京の商家の一人娘として美しく成長した千重子は、祇園祭の夜、自分に瓜二つの村娘苗子に出逢い、胸が騒いだ。二人はふたごだった。互いにひかれあい、懐かしみあいながらも永すぎた環境の違いから一緒には暮すことができない……。古都の深い面影、移ろう四季の景物の中に由緒ある史蹟のかずかずを織り込み、流麗な筆致で描く美しい長編小説。

松雪泰子

1972年生まれ、佐賀県出身。
2006年に『フラガール』(李相日 監督)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、日刊スポーツ映画大賞主演女優賞を受賞。2008年には『デトロイト・メタル・シティ』(李闘士男 監督)、『容疑者Xの献身』(西谷弘 監督)で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、日本を代表する演技派女優として高く評価される。その他の主な出演作は【映画】『白鳥麗子でございます!』(95/小椋久雄 監督)、『余命』(09/生野慈朗 監督)、『この空の花 長岡花火物語』(12/大林宣彦 監督)、『at Home アットホーム』(15/蝶野博 監督)【テレビドラマ】『救命病棟24時』(01/CX)、『Mother』(10/NTV)、大河ドラマ『平清盛』(12/NHK)、『顔』(13/CX)、『家族狩り』(14/TBS)、『5人のジュンコ』(15/WOWOW)、『グッドパートナー 無敵の弁護士』(16/EX)などがある。
2017年は出演映画『鋼の錬金術師』(曽利文彦 監督)が冬公開予定。