Topics

劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』描き下ろしイラストが解禁! 公開時期は2020年夏に決定

劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』描き下ろしイラストが解禁! 公開時期は2020年夏に決定

劇場アニメ化が決定している『ジョゼと虎と魚たち』の公開時期が2020年夏に決定。1月6日発売の「ダ・ヴィンチ」2月号よりコミカライズ版の連載が開始されたのを記念して、映画のキャラクター原案&コミカライズを担当している絵本奈央の描き下ろしイラストも公開された。

『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)は、芥川賞作家・田辺聖子の代表作で、妻夫木聡&池脇千鶴主演の実写映画(2003年)が大きな話題となった青春恋愛小説の金字塔。劇場アニメでは、『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を務めた、タムラコータローが監督を担当。また、『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本、『妖狐×僕SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザイン、『鋼の錬金術師』『僕のヒーローアカデミア』などを手掛けるボンズがアニメーション制作を務める。

【絵本奈央 コメント】
学生時代に小説を読み、とても感動したことを覚えていたので、今回のアニメーション映画化のお話をお聞きした時は胸が踊りました。タムラ監督の絵コンテも本当に、本当に素敵で、物語中の様々なシーンで何度もじんわりとこみ上げ鳥肌が立ちました。大切な人と観に来ていただきたい映画です。今回のコミカライズではそんな映画の素晴らしさを一足早く、少しでもお伝えできればと思います。

劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』

2020年ロードショー

【INTRODUCTION】
青春恋愛小説の金字塔が遂に劇場アニメ化!
その“恋”は、世界の輝きを教えてくれた——

芥川賞作家・田辺聖子の名編で、2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされた『ジョゼと虎と魚たち』。長年にわたり愛され続ける名作小説が、アニメーション映画となってスクリーンに登場する。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きる車椅子のジョゼ。自分の夢を追いかける、大学生の恒夫。ある晩、ジョゼは恒夫と出会い、意を決して彼とともに外の世界へ飛び出すことに決める──。瑞々(みずみず)しく真っすぐな純愛の中、誰かを通じて自分とお互いを知って前に進む姿を、楽しさと切なさ、痛みと喜びを交えて描き出す。

監督は、『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータローが務める。脚本を桑村さや香、キャラクター原案を絵本奈央、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子が担当。アニメーション制作は、数多くの人気作を手掛けてきたボンズ。

等身大の魅力に溢れた、アニメーションで描く“新しいジョゼ”。
今、出会うべき感動を、『ジョゼと虎と魚たち』で知る——。

【STAFF】
原作:田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫刊)
監督:タムラコータロー
脚本:桑村さや香
キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO)
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ
配給:松竹/KADOKAWA
製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会

©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

『ジョゼと虎と魚たち』オフィシャルサイト
https://joseetora.jp/
『ジョゼと虎と魚たち』オフィシャルTwitter
@joseetora_movie

原作小説『ジョゼと虎と魚たち』