Report

谷 佳樹&杉江大志&杉山真宏らがつなげる人間の“友愛”。舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」ただいま上演中!

谷 佳樹&杉江大志&杉山真宏らがつなげる人間の“友愛”。舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」ただいま上演中!

舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」が、2019年12月27日(金)から大阪の森ノ宮ピロティホールより上演中だ。原作はDMM GAMESで配信中のシミュレーションゲーム『文豪とアルケミスト』(通称:文アル)。特殊能力者「アルケミスト」によってこの世に蘇った文豪たちと、人々の記憶から文学を奪おうとする「侵蝕者」との格闘の日々を描いた物語。
今作は、前作から続投する白樺派の志賀直哉 役の谷 佳樹と武者小路実篤 役の杉江大志がW主演を務め、彼らにスポットが当てられ、そこに若手注目株の有島武郎 役の杉山真宏が物語を引き締める。そのほかにも、小坂涼太郎、斉藤秀翼、小西成弥、三津谷 亮、久保田秀敏と少数精鋭で実力派揃いの舞台となった。
その東京公演の初日前に公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

取材・文・撮影 / 竹下力


ひとりで生きていくことは世知辛いかもしれないけれど、支えてくれる仲間が必ずそばにいる

人は自身の抱えている悩みの救済を求めて、たとえば小説といった作品と対峙するとき、作者に求めるのは、己より大きな心の闇ではないだろうか。自分より巨大な心の闇を持ち、それと葛藤する作者の姿を見ると安心できる。ここにこんなに苦労している人がいるのだ、と。作家は読者の心の闇が反映された読者自身の分身でもあるのだろう。だからこそ、自覚的に自らの心の闇を作品に反映させる。“文アル”では、そのシンボルとして「侵蝕者」が産み出されたとも言えないだろうか。それを意識的にわかりやすい形にして今作に落とし込んだのは、世界観監修のイシイジロウと、イシイの意図を上手にすくい上げた、脚本のなるせゆうせいの手腕にほかならない、と感じる。

ただこの舞台は、人間の暗黒面だけをピックアップしているのではなく、人の闇に差し込む救いの光が見どころになっている。それを表しているのが今作のテーマの“友愛”であると思う。囲み会見では“友情”というワードがよく出てきたけれど、それ以上に感じさせるのは“友愛”という言葉。辞書を引いてもどちらも同じ意味を持つけれど、“友愛”という言葉には“友情”よりも、自己と他人、人種、性差の垣根を超えた、誰にでも平等な、裸になった人間の心と心のダイレクトなつながりを強く感じさせてくれる。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

寒風吹き荒ぶなか、舞台中央でスポットライトを浴びている萩原朔太郎(三津谷 亮)が、自分が現世に転生してしまったことや、とある書簡の話をするところから物語は始まる。

書簡とは、白樺派の志賀直哉(谷 佳樹)と武者小路実篤(杉江大志)の手紙。彼らが友達になった経緯が志賀と武者小路を通して語られる。そして、武者小路が、今書いている新作の小説を志賀に読んで欲しいと告白。彼らはお互いに全幅の信頼を寄せている。

そこに同じく白樺派の有島武郎(杉山真宏)たちが訪れて話が展開していく。すると有島武郎の名著『カインの末裔』が「侵蝕」され、彼らは前作と同様、「侵蝕者」に「侵蝕」されてしまった本、「有碍書(ゆうがいしょ)」に「潜書」をして、悪を退治することになる……。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

まず、前作でも顕著だったが、殺陣がダイナミックで迫力満点。場数も多いし、彼らの特殊で緻密な形状の武器も見どころで、稽古から大阪公演を経てさらにブラッシュアップされた早く正確な殺陣には目を見張る。そこにアンサンブルが印象的な踊りを付け加え、シーンに厚みをもたせる。剣と剣がぶつかり合う殺伐とした風景を残酷に描くのではなく、叙情的な雰囲気を醸し出し、観客の脳裏に焼きつくような印象的な場面につくり上げていた。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

なにより、キャスト・スタッフの運動量が尋常ではない。舞台機構である櫓が2つくっついていて、そこが開いたり閉じたりしてシーンが転換する。照明の明滅も素早くリズミカルだ。そんななかで、アンサンブルもキャストも激しく動き回る。物語はスピーディーに展開していくが、会話のテンポの緩急が丁寧に扱われているので、物語をスムーズに追いかけることができる。

“肉体”という人間に与えられた唯一の武器で舞台を表現する吉谷光太郎の演出は、今作でもいかんなく発揮され、人間が転生するというファンタジックな設定だが、血が通ったリアルな世界として立ち上がっていて素晴らしかった。舞台のすべての演出が五感に訴えかける。暗転をほぼ使わずに、暗闇と照明の光で作品世界を表現していたのは、人間の消えることのない心の“光”と“闇”のメタファーかもしれない。吉谷はどんな原作の舞台でも真正面に向き合い、格闘し、生きている人間そのものを浮かび上がらせる凄腕の演出家だとあらためて思う。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

8名のメインキャストにはそれぞれ見どころがあるし、キャラクターがしっかりして、誰を追いかけても楽しめる。文豪同士の対立と和解、そこに新たに生まれる亀裂、そして再生というサイクルが丁寧に描かれ、キャラクターの史実をディープに再現しているのもスパイスとして効いている。

前作から続投している4人と、新たに加わった4人の化学反応は、作品をカラフルに染め上げた。それによって作品が重層的になり、観劇し終わったあとに心に“しこり”が残って、ふと、我々が生きている意味を考えさせてくれるのだ。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

その中でも、今作のメイン、白樺派のキャストが八面六臂の活躍だった。
有島武郎は裕福な家庭に育ち、誰もがそんな環境にいるべきだと思っていたのに、恵まれない人々がいる世界に違和感を感じ始める。演じる杉山真宏は人間の抗えない運命や悲しさを饒舌に表現していた。彼の語りや仕草の持つネガティブな感覚がこの物語の通奏低音になっていて、それが生きるからこそ、志賀や武者小路の“友愛”というポジティブな情愛が瑞々しく感じられる。

また、杉江大志が演じる武者小路実篤はあっけらかんとした性格で、子供っぽくて、社交性もありそうなのに心の奥には闇がある。生涯の友である志賀直哉への嫉妬や憧れがないまぜになって己を見失い混乱する姿は、どこにでもいる人間らしくていじらしい。人は生き惑い、苦しみながら、それでも、大切な“誰か=あなた”を信じることの大切さを訴えかけてくる。彼の芝居は、思春期のことを思い出させ、“青春”を感じさせてくれる。杉江は大人には甘酸っぱい思い出、10代の男女にとっては現在進行形の気持ちを観客に伝えるのが本当に上手だと思う。やんちゃな部分も、可愛らしさも併せ持つ稀有な役者だ。

一方の志賀直哉 役の谷 佳樹は白樺派のリーダーとして物語の中軸を担い、重責を背負っていたと思うけれど、芝居は一寸のブレもなく、杉江と同じように座組みのリーダーとして輝き続けていた。おちゃらけたパートでのアドリブも、リアルな殺陣も、台詞の発声も、すべてに芯が通っていて、観客の背筋もピンと張るような芝居を見せた。彼の芝居がこの物語を真摯なものにする。この舞台は何度観劇しても新しい発見や変化が起きると感じたけれど、それでも、志賀の一本筋の通った芝居は千秋楽まで変わらないはずだ。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

“闇”の中に“光”があり、“光”の中に“闇”がある。“幸せ”の中に“不幸”が、“生”の中に“死”が忍び込んでいる。ひとりで生きていくことは世知辛いかもしれないけれど、支えてくれる仲間が必ずそばにいる。そして真の仲間同士には“友愛”が生まれ、それがつなげていけば、この世界にいるすべての人々に心の安らぎが訪れることを感じさせてくれた。現代社会へのメッセージも込められているであろう壮大な舞台でもあった。

お客様を楽しませる、攻めの姿勢で臨みたい

この舞台のゲネプロの前に囲み取材が行われ、谷 佳樹、杉江大志、杉山真宏(JBアナザーズ)、小坂涼太郎、斉藤秀翼、小西成弥、三津谷 亮、久保田秀敏が登壇した。

まず、作品の見どころを問われ、主演の志賀直哉を演じる谷 佳樹が「前作よりも殺陣が増え、新キャラクター4人が新しい風を座組みに吹き込んで、作品の空気感が違います。つまり見どころ満載!」と笑顔で語る。

それを受け、谷と同じく主演の武者小路実篤 役の杉江大志は「見どころはたくさんあるのですが、志賀と武者小路にスポットを当てていただいたので、僕たちふたりを中心に物語が進んでいくので注目してください。ちなみに、志賀のダサいポーズも観てね!」と取材陣の笑いを誘った。

前作から続投する芥川龍之介 役の久保田秀敏は「前作では、お話として平野 良くんが演じる太宰 治に生かされ、“生きろ”と励まされ、“生”に希望を見出しました。今作での僕は“太宰ポジション”で、生きることをメッセージとして前面に押し出す役回りです。前作をご覧になった方は、芥川が明るく希望を持った人間に変貌している姿に驚いてください」とコメント。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

今作から登場する萩原朔太郎を演じる三津谷 亮は「朔太郎は、自分を信じることに恐怖を覚えているのですが、物語が進むにつれて、徐々に自分を信じることが大切だと思うようになります。己の心をコントロールするのは己自身だと感じていただけたら嬉しいです」と話す。

谷、杉江と同じく白樺派の有島武郎を演じる杉山真宏は「有島は生きることを諦めてしまった役柄ですが、転生し、自分を見つめ直し、生きることについて再び考えるようになるので、彼の葛藤をお客様に伝えたいです」と抱負を語った。

前作と同役の坂口安吾を務める小坂涼太郎は「谷くんがおっしゃったように殺陣が多いですね。だからこそ、僕がつくる鍋のシーンで心温まって、お客様も思わず鍋を食べたくなってもらえれば(笑)」と述べた。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

今作から登場する国木田独歩 役の斉藤秀翼は「国木田と島崎藤村は自然主義というカテゴリーに分かれ、目的のためなら手段をいとわないタイプですが、志賀と武者小路の友情のように、藤村との過去のエピソードから垣間見える友情や、僕らの主義を貫く動機が描かれているところも見どころです」と続けた。

こちらも初登場となる島崎藤村を演じる小西成弥は「僕も自然主義のふたりの過去をじっくりご覧になっていただきたいです。それから、志賀と武者小路からどういう影響を受けて、僕らの心境がどのように変化するのか見届けてください」と笑顔を交えて語った。

続いて「大阪公演を経て心境の変化はあったか?」という質問に対してが「今回は(杉江)大志とふたりで座組みを支えていこうと話をしていましたが、大阪公演が始まるまで不安な部分もありました(苦笑)。ただ、大阪での5公演を終えて、カンパニー一同、良い作品になるという自信は確信に変わったので、東京公演は楽しみですし、お客様を楽しませる、攻めの姿勢で臨みたいと思います」と意気込んだ。

今作をつくるのに苦労したことを問われた杉江は「谷やん(谷 佳樹)が言ったように、W主演なので“お互い支え合って頑張ろう”と話していたのですが、支え合うのがとても難しいことも痛感しました。僕と谷やん、どちらかの力が強くなってしまうと、座組みのバランスが崩れて倒れそうになったんです。それでも、谷やんとは近しい距離を覚えていたので不安はなかったし、稽古で乗り越えてきたからこそ、大阪で初日を迎えたときの感じたことのない達成感につながったと思います」と初日までの道のりを振り返った。

文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞 エンタメステーションレポート

最後に杉江が「全体を通してほっこり楽しく、お客様の心に何かが届いてくれたら嬉しいです」と語り、は「前作は“生きろ”がテーマでしたが、本作は志賀と武者小路の“友情”や、それぞれのキャラクターの関係性が深く掘り下げられています。前作では生きることに価値を見出し、今作では生きるうえで大事なものを受け取ってもらいたいです」と述べて、囲み取材を締め括った。

東京公演は、1月8日(水)から1月13日(月・祝)まで品川ステラボールにて上演。また、東京公演の千秋楽の昼・夜公演がニコニコ生放送で配信される。詳細はオフィシャルサイトをチェック。さらに、本作のBlu-rayとDVDの発売が6月10日(水)に決定している。

舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」

大阪公演:2019年12月27日(金)~12月29日(日)森ノ宮ピロティホール
東京公演:2020年1月8日(水)~1月13日(月・祝)品川プリンスホテル ステラボール

<東京大千穐楽昼・夜公演をニコ生配信>
2020年1月13日(月・祝)12時開始 詳細はこちら
2020年1月13日(月・祝)16時30分開始 詳細はこちら

【STORY】
文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。
侵蝕者との戦いは新しい仲間も加わりながらも続いていた。
そんなある日、有島武郎の作品『カインの末裔』が侵蝕される。
有島武郎と同じ白樺派である志賀直哉と武者小路実篤は、
仲間の作品を救うべく潜書するが──。

原作:「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)
監修:DMM GAMES
世界観監修:イシイジロウ

脚本:なるせゆうせい(オフィスインベーダー)
演出:吉谷光太郎

出演:
志賀直哉:谷 佳樹
武者小路実篤:杉江大志
有島武郎:杉山真宏(JBアナザーズ)
坂口安吾:小坂涼太郎
国木田独歩:斉藤秀翼
島崎藤村:小西成弥
萩原朔太郎:三津谷 亮
芥川龍之介:久保田秀敏
ほか

制作:ポリゴンマジック
主催:舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@bunal_butai)

©DMM GAMES / 舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

舞台「文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)」Blu-ray&DVD発売

発売日:2020年6月10日(水)
価格:Blu-ray ¥9,000(税別) DVD ¥8,000(税別)
発売元:舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会
販売元:TCエンタテインメント