LiSA 5th ANNiVERSARY SPECiAL season Ⅲ  vol. 1

Report

ロッククイーンLiSAが宙を舞った超ド級のエンタテインメントショー【the Sun編】

ロッククイーンLiSAが宙を舞った超ド級のエンタテインメントショー【the Sun編】

「期待しかしないでね!」 LiSAとファンのおなじみの合い言葉を胸に繰り広げられた、彼女にとっては初のアリーナ2Days公演、「LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~」。いつもよりずっと多めに準備してきた私たちの“期待”は、類い希なるアイディアマンである彼女が“ねりねり”したプランによって、予想を遙かに上回る弩級のエンタテインメントショーに、あれよあれよと飲み込まれていった。

2日間のテーマは、LiSAのなかに住むふたりの姉妹――太陽のような光を放つ元気でちょっぴりわがままな妹“Sun”と、妹に振り回されながらも彼女を支えるしっかり者の姉“Moon”の物語だ。初日は“Sun”が、2日目は“Moon”が、ファンにはおなじみのLiSAのマスコットキャラクター、おしゃべりカエルの“モモコ”とともに、絶望の暗闇に飲み込まれる世界を救う冒険の旅に出るアニメーションを挟みながら、ストーリー仕立てでセットリストが進行していった。
26日は、Sunが主人公。姉と喧嘩して家出し、モモコと出会うキュートなアニメのイントロダクションから幕を開け、ポップアップから華やかにLiSAが登場。「コズミックジェットコースター」から「say my nameの片想い」まで、ハードポップなナンバーを立て続けに歌いあげ、「横アリー! 叫べー!!」のシャウトと笑顔で一瞬にしてオーディエンスを支配する。メインステージから伸びた、輝くライトに彩られたランウェイをニコニコと飛び跳ねるLiSA。びっしりと会場を埋め尽くした1万3000人が振るピンクのペンライトの海、そこを軽やかに渡っていくLiSAから、ひとときも目を離せない。

_q2a0777_s

「ド頭から一気にぶっ飛ばしてきました。こんなにたくさん人が入っている横アリを観るのは初めて!」と満面の笑みを浮かべるLiSAは、オーディエンスを“Sunのライブを観に来た=ドSが好き=みんなドM”と認定。「まず全員に、恥ずかしいこととして、踊ってもらいます!!」と宣言し、チップチューンな「エレクトリリカル」の振り付けをレクチャー。得意の鍵盤ハーモニカでソロを聴かせると、今度はキラキラのピンクでデコレーションされたテレキャスターを激しくかき鳴らし、射抜くような瞳で「ANTIHERO」を熱唱する。

_q2a0739_s

その後もめくるめく展開は続く。セクシーで挑戦的な「DOCTOR」「L.Miranic」で淫靡な夜の風景を描いたかと思えば、雰囲気を一転させてSunとMoonに扮したダンサーとともに綴られた穏やかな「僕の言葉で」や「変わらない青」では爽やかな高原の風景を眼前に広げる。Sunという女の子の移り変わる心情をLiSAが見せてくれているようだ。そんな予想は、ふだんは明るく振る舞っているSunの心の内をさらに読み取るように歌われた「ツヨガリ・ファンファーレ」で確信に変わる。
イントロで「強がるばかりじゃダメだけど、強がっていないとダメな時もあるよね!」と語られたLiSAの言葉。それはそのまま、Sunの言葉でもあり、LiSA自身が今までの5年間、自分の信じる音楽を戦いながら続けてきたなかでの言葉でもあったはずだ。

_r5a1177_s

自分の中の半身をSunに託したこの日のステージ。再びアニメーションで綴られるSun冒険譚の後半戦は、パンダの占い師に導かれ、闇を晴らすためにSunがMoonにもう一度会おうと決心するところからスタートする。太陽の飾りをつけたカメラで客席を撮影しながら疾走する「ジェットロケット」が終えて次の曲へと差し掛かると、ビジョンに煌々と輝く巨大な月の絵が出現。「さあ、心の向かう場所へ」のテロップに促されて、LiSAが前カゴにモモコのぬいぐるみを乗せたピンク色の自転車にまたがると、なんとLiSAがそのまま空中へ! フライングしながら「ラブリーデイ」を歌い、着地した先は客席後方のサブステージだ。喧嘩していたはずのSunとMoonが仲直りをし、「BRiGHT FLiGHT」からの3曲を、LiSAとダンサーふたりがキュートなダンスやコール&レスポンス、全員参加のビッグなウェーブを交えてスピーディーにドライブする。

_p1_6966_s

そして「rapid lifeシンドローム」では、トロッコに変形したサブステージに乗って、LiSAたちは客席とハイタッチをしながらセンターステージからメインステージへと舞い戻る。Moonと合流して闇を払う力を手に入れたSun。そのふたりの力を得たLiSAは、「Brave Freak Out」で激しくアクション。続く「She」ではランウェイから高くせり上がったクレーンに乗りこみ、身をくねらせながらグロウルなボイスを響かせる。その背中には、勇者のごときマントがなびき、ステージにはスモークに包まれて巨大なモンスターが出現。LiSAはクレーンを降りて、3人の物語はクライマックスバトルへと突入する。ファイアーボールが飛び交う「Rising Hope」を熱唱し終わったLiSAは、長い剣を手にモンスターに突き進み、見事勝利! 「でっかい怪物、一緒に倒したね! サイコーのドラマの続きを一緒に作ろう! 歌って!」と、喜びの「Hi FiVE!」を合唱。アニメーションのエピローグを挟んだ後は。ドレスに着替え、オーディエンスの大きな歌声に感激の涙で頬を濡らしながら「終わらない冒険」で本編を締めくくった。

鳴り止まぬ拍手に迎えられたアンコール。涙で言葉を詰まらせながら、念願の横アリ公演まで走り続け、戦い続けてきた5年間を振り返るLiSA。「この現実を見ても、信じられずにいます。ずっとあるものなんでないから、この一瞬が幸せ。これからもサイコーの瞬間を作っていきたい、これからもよろしくお願いします!」と深々と頭を下げて、新曲「Catch the Moment」を初披露した。そして、来年行われる初のアリーナツアーと「Catch the Moment」のリリースを告知して、笑顔に戻ったLiSA。爆発的なパフォーマンスとドラマティックな演出が、大いにスパークした“the Sun”デーのラストは、ステージの隅々まで元気に駆け回り、広い横浜アリーナを一体と化して揺るがした「halo-halo」と「best day, best way」で、華やかに締めくくられた。

_p1_6898_s

取材・文 / 阿部美香 撮影 / hajime kamiiisaka

LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~【the Sun】2016年11月26日(土)@横浜アリーナ セットリスト

01. コズミックジェットコースター
02. Rally Go Round
03. say my nameの片想い
04. エレクトリリカル
05. ANTIHERO
06. DOCTOR
07. L.Miranic
08. 僕の言葉で
09. 変わらない青
10. ツヨガリ・ファンファーレ
11. ジェットロケット
12. ラブリーデイ
13. BRIGHT FLIGHT
14. confidence driver
15. Rapid Life シンドローム
16. Brave Freak Out
17. She
18. Rising Hope
19. Hi FiVE!
20. 終わらない冒険
Encore
01. Catch the Moment(2017年2月15日発売新曲)
02. halo-halo
03. best day,best way

リリース情報

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

ニュー・シングル発売決定!
Catch The Moment
「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」主題歌
2017年2月15日発売
【初回生産限定盤(CD+DVD)】
SVWC-70233-34 ¥1,800 +税
・同梱特典
☆「Catch the Moment」ミュージッククリップ&特典映像収録DVD付
☆16P撮り下ろしブックレット封入
【期間生産限定盤(CD)】
SVWC-70235 ¥1,300 +税
【通常盤(CD)】
SVWC-70236 ¥1,200 +税
※「初回生産限定盤・通常盤」と「期間生産限定盤」はCDの収録楽曲が異なります。

ライブ情報

2017年アリーナツアー決定!

LiVE is Smile Always~LITTLE DEVIL PARADE~
2017年6月17日(土)神戸ワールド記念ホール(兵庫)
2017年6月24日(土)・25日(日)さいたまスーパーアリーナ(埼玉)
2017年7月01日(土)日本ガイシホール(愛知)
http://www.lxixsxa.com/live/

【LiSA Profile】

main_3000_2000_rgb_s

アニソンやJ-POPといったフィールドの壁を超えて、ソリッドなロックからキュートなポップスまでスタイルにとらわれず体現で きる女性ヴォーカリスト=LiSA。 2011年ソロデビュー。以来、シングル9作、配信限定シングル1作、フルアルバム3作、ミニアルバム1作、ライブBD&DVD3作をリリース。数々のアニ メ主題歌・劇中歌を担当、全てのシングルが上位にランクインするヒットを連発。 ラウド系ロックからポップスまでを唄いこなす、変幻自在さが持ち味の音楽性は、アニメファンだけでなくロックファンからも 大きな支持を得ており、数々のアニメフェス、ロックフェス共に出演するアーティストとして、確固たる存在感を発揮している。 観客を興奮の渦に巻き込んで行く圧倒的なライブパフォーマンスは、海外でも高い評価を受けており、その活躍の場は日 本だけには留まらない。また、最近では大ヒット映画「ミニオンズ」で日本語版キャストに抜擢され吹き替えに初挑戦するな ど、様々なフィールドで活躍をする、今最も注目されている女性アーティストの一人。2016年3月23日に初のアナログ盤 「Letters to U」、4月20日には2ndミニアルバム「LUCKY Hi FiVE!」、。6/29(水)LiSA初のミュージッククリップ集「LiSA MUSiC ViDEO CLiPS 2011-2015」リリース!8/24(水)には、TVアニメ「クオリディア・コード」OPテーマになっている、待望のニュー・シングル「Brave Freak Out」を発売し、11月26、27日に行われた初の横浜アリーナ公演は大成功をおさめた。

オフィシャルサイトhttp://www.lxixsxa.com/

vol.1
vol.2