Review

『心が叫びたがってるんだ。』ストーリー

『心が叫びたがってるんだ。』ストーリー

心の殻に閉じ込めてしまった素直な気持ち、
本当は叫びたいんだ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなる呪いをかけられる……。

 高校2年生になった順は、過去のトラウマから口だけでなく心も閉ざし、自分の殻にこもってしまう。自分の気持ちを押し殺し、唯一のコミュニケーション手段は携帯メールだけ。そんな順が、ある日担任の城島先生から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。出し物で地域の人々を楽しませる年に一度のイベント。そして、順と一緒に任命されたのは、やる気のない少年・坂上拓実、野球部の元エース・田崎大樹、チアリーダー部の優等生・仁藤菜月──全く接点のない3人のクラスメイトだった。

kokosake-cut7

 最初は面倒な仕事を押し付けられたと実行委員を辞退しようとする4人だったが、話し合いをしていくうちに、少しずつ皆の心が打ち解けてくる。“あること”がきっかけで何にも興味を示さなくなり、本音を言わない拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折してしまった大樹、中学時代に付き合っていた彼を支えられなかったことを今も後悔し続けている菜月。順には何の悩みも抱えていないように見えた3人も、本当は心に“叫びたいこと”を抱えていたのだった。

 担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定する。クラスの誰もやる気がない状況だったが、順は自分は喋ることはできなくても歌なら声を発することができると気づき始めていた。そして、順の気持ちを察した拓実は、「もしかしてミュージカルやりたかったりする?」と順に問いかけ、順は「今まで伝えられなかった本当の気持ちを歌いたい」と申し出る。

 「だんまり女にミュージカルなんてできるはずがない」と決め込む大樹は、ある日ファミレスで話し合いをしている時に、野球部の後輩たちが自分の陰口を叩いているのを目撃する。大樹と後輩たちが言い争うことに耐えられなくなった順は「いいかげんにして!言葉は傷つけるんだから……」と口走った後、卒倒して病院に運ばれてしまう。言葉は話せないが、一生懸命に気持ちを伝えようとする順の勇気ある姿を見て、大樹や菜月も次第に変わり始め、ミュージカルに前向きに取り組むようになっていく。

 しかし、全てが順調に動き出して迎えた発表前日。心に閉じ込めてきた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずの順は、ある事実を目撃してしまう。そして当日、拓実の元に、順から一通のメールが届く。「もうヒロインなんてできない。」と・・・。

映画、ミュージカル、クラシックなど、
誰もが聴いたことのある名曲の数々が本作を彩る。

「ピアノソナタ第8番『悲愴』」ベートーヴェン
ベートヴェン作曲のピアノ曲。

「Over The Rainbow」Harold Arlen 
1939年のミュージカル映画『オズの魔法使』でジュディ・ガーランドが歌った劇中歌。

「Around The World」 Victor Young

映画『八十日間世界一周』(1956年)のテーマ

「Swanee」 George Gershwin
1900年代前半にアメリカ音楽を作り上げたジョージ・ガーシュウィンの歌曲(1919年)。

「Summertime」 Geoge Gershwin
ジョージ・ガーシュウィンのオペラ「ポーギーとベス」(1935年)のために作曲した曲。

「ダローガイ・ドリーンナィユ」Fominboris
ロシア語の歌謡曲『Дорогой длинною』

「Greensleeves」
伝統的なイングランドの民謡。

「Arabesque」 Burgmuller
ブルグミュラー作曲のピアノ曲。

キャラクター

naruse1
成瀬順(CV.水瀬いのり)

幼い頃、悪気のないお喋りがきっかけで両親が離婚。その時に現れた玉子の妖精に呪いをかけられ、言葉を発すると腹痛を起こす体質に。高校進学後も無口なまま周囲に心を閉ざしていたが、ミュージカルの主役に抜擢される。

sakagami1
坂上拓実(CV.内山昂輝)

両親の離婚をきっかけに挑戦する気持ちを失い妥協することが多くなる。心を閉ざした成瀬順に自分と似た境遇を感じ、作曲担当としてミュージカルを支えることに。現在は祖父母と共に暮らしている。

nitoh1
仁藤菜月(CV.雨宮 天)

チアリーダー部の部長を務める優等生。中学時代に坂上拓実と付き合っていたが、周囲のからかいやすれ違いがきっかけで自然消滅。今も坂上を傷つけたという自責の念を持ち続けている。ミュージカルでは振付を担当することに。

tasaki1
田崎大樹(CV.細谷佳正)

野球部のピッチャーとして甲子園を目指していたが、大会直前にヒジを負傷。挫折と不満から周囲に攻撃的な態度をとるようになる。実行委員に選ばれミュージカルに関わることになるが、やる気がなく坂上拓実と衝突していく。

成瀬泉/順の母(CV.吉田 羊)

幼い頃の順の一言をきっかけに夫との離婚を決意。その後、女手ひとつで順を育ててきたが、言葉を話さなくなった順のことを近所で噂され、恥ずかしく思うようになる。坂上拓実の家に、保険の勧誘の仕事で訪問したことがある。

城島一基/担任教師(CV.藤原啓治)

成瀬順や坂上拓実らの担任教師。地域の人々に喜んでもらう催し“地域ふれあい交流会”の実行委員に順や拓実ら、関わりのない4人を強引に選出。交流会の演目をミュージカルに決めたことで、順たちに変化をもたらす。

映画『心が叫びたがってるんだ。』

『心が叫びたがってるんだ。』

オフィシャルサイトhttp://www.kokosake.jp/

原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里 
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
主題歌:「今、話したい誰かがいる」乃木坂46 (ソニー・ミュージックレコーズ)
音楽:ミト(クラムボン)/横山 克 演出:吉岡忍 美術監督:中村隆 プロップデザイン:岡真里子 色彩設計:中島和子
撮影・CG監督:森山博幸 編集:西山茂 音響監督:明田川仁 
企画・プロデュース:清水博之・岩田幹宏 プロデューサー:斎藤俊輔 アニメーションプロデューサー:賀部匠美
製作代表:夏目公一朗・植田益朗・清水賢治・中村理一郎・久保雅一・落越友則・坂本健
製作:「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会(アニプレックス/フジテレビジョン/電通/小学館/A-1 Pictures/ローソンHMVエンタテイメント)
制作:A-1 Pictures 配給:アニプレックス 宣伝:KICCORIT

©KOKOSAKE PROJECT

映画「心が叫びたがってるんだ。」
オリジナルサウンドトラック

劇場アニメ「心が叫びたがってるんだ。」の世界を彩ったミト(クラムボン)、横山克による劇伴集。「Over The Rainbow」等、名曲を原曲にしたミュージカルシーンの楽曲もフルサイズで収録。挿入歌、劇伴、ミュージカル曲、全34曲を収録した豪華2枚組。

発売日:2015年9月16日(水)
初回仕様特典:特製三方背ケース
品番:SVWC-70100~70101 価格:3,000円 + 税
発売:アニプレックス