Review

銀杏BOYZトリビュート が思い出させてくれた「あの頃の僕らのこと」

銀杏BOYZトリビュート が思い出させてくれた「あの頃の僕らのこと」

どうしようもなくモヤモヤした気持ちや、初々しくも照れくさい恋愛感情。過ぎ去った記憶の中で渦を巻いている葛藤など、言葉にする前にため込んでしまっている想いを歌詞にしたのが銀杏BOYZの楽曲だ。そして、一瞬で聴く者の耳に飛び込んでくる親しみのあるポップなメロディ。その強烈な磁場は、あらゆる人を引きつけてやまない。

この銀杏BOYZのトリビュートアルバムに参加しているのは、大物から若手まで計13組のアーティスト。その幅広さは、銀杏BOYZの影響力の大きさを改めて知らしめてくれる。そして、青春と恋愛という、高揚する気持ちがありながらもやりきれなさがつきまとう季節と感情を、さまざまなシチュエーションで描き出した珠玉のナンバーたち。それぞれのアーティストたちが解釈したアレンジや演奏、歌によって、いまだに普遍的な輝きを放つ銀杏BOYZの楽曲の魅力を再発見させてくれるのがこのアルバムだ。

%e9%8a%80%e6%9d%8fboyz

YUKIは「漂流教室」を取り上げ、伸びやかな声でメロディの持つ切なさと儚い思い出を見事に歌い上げる。クボタタケシによる「ぽあだむ クボタタケシ REMIX Version I」は、キラキラしたトラックによって原曲の瑞々しさがくっきりとした輪郭で迫る仕上がりだ。

麻生久美子は女優として知られているが、「夢で逢えたら」をピュアな心情がストレートに伝わる歌声で届ける。YOUR SONG IS GOODは「あいどんわなだい」をインストで演奏。ダブ的なミックスが曲に深みと陰影を与えている。 「援助交際」を選んだクリープハイプは、生々しくもシンプルなバンドサウンドで毒のあるストーリーを叩きつける。サンボマスターは「NO FUTURE NO CRY」をアコースティックギターの弾き語りで始め、途中から一気に厚みのあるバンドサウンドとエモーショナルな歌をぶつけていく。

そんなむき出しのバンドサウンドから一転、「なんとなく僕たちは大人になるんだ」で浮遊感のあるサウンドに乗せて日常の景色に想いを込めて歌うのは安藤裕子。歌詞を噛みしめるように言葉を放つ姿が目に浮かびそうだ。曽我部恵一はトラックも楽器も一人で手掛けた「夜王子と月の姫」で、ファンタジックな物語を丁寧に綴っていく。

隙間を生かした音数の少ないサウンドで、今にも壊れてしまいそうな繊細さを「駆け抜けて性春」に込めたのはミツメ。夜の闇を覗き込むような深遠さが漂うアレンジだ。sébuhirokoはピアノの弾き語りで「BABY BABY」を披露。透明感がありながらも、愛しくも激しい感情があふれ出すような歌が強く刺さってくる。

端正な演奏と甘い歌声で「YOU&I VS.THE WORLD」を奏でるのはTHE COLLECTORS。落ち着きのあるサウンドがメロディの持つポップさを浮かび上がらせる。同様に、整ったバンドサウンドを聴かせるGOING UNDER GROUNDの「ナイトライダー」。まっすぐに曲に向かうこのバンドの姿勢が曲と共振している。

そして、別れたあとも消えない思い出を封じ込めた「東京」を歌うYO-KING。解放感に溢れた歌と広がりのあるサウンドが、このアルバムのエンディングを締めくくる。

世代を超えて今なお強い人気を保ち続ける銀杏BOYZ。一般リスナーであれ、アーティストであれ、病みつきにさせてしまう銀杏BOYZの魅力を新たな角度から見つめ直すことができるアルバムだ。

文 / 岡本明

■各アーティストのコメントはこちら…http://www.universal-music.co.jp/gingnangboyz-tr/tribute-artists/

銀杏BOYZ(峯田和伸)

2003年に前身であるGOING STEADYが突如として解散、その後、銀杏BOYZ結成。
その狂気的で破天荒なライブ・パフォーマンスと、クオリティ高き楽曲の溶け合いが最大の魅力の銀杏BOYZ。もはや「ロックバンド」というよりも「エンターティンメイント集団」と形容しても過言ではない唯一無二の集団。 圧倒的且つロマン溢れる表現は、たくさんの若者のハートに「ドキッ!」という、ときめいた衝撃音を与え、多くの求心を得ている。
2005年に、2枚同時発売されたアルバム「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」「DOOR」が週間チャートでそれぞれ初登場5位、7位という記録を打ち出し、10年以上経った今も、名盤として輝き続けている。
そして2014年、9年振りにリリースされた『光のなかに立っていてね。』、『Beach』が週間チャート初登場2位と4位にランクイン。当アルバムを最後に峯田和伸(Vo./Gtr)以外のメンバーが脱退を発表。
2016年シングル「生きたい」を発表後、サポートメンバーを引き連れ5年ぶりとなるツアー「世界平和祈願ツアー2016」を駆け抜ける。
オフィシャルサイトhttp://www.hatsukoi.biz/