Interview

新木優子にとってのごはんとは?運命の恋を描く『僕らのごはんは明日で待ってる』

新木優子にとってのごはんとは?運命の恋を描く『僕らのごはんは明日で待ってる』

瀬尾まいこのロングセラー小説『僕らのごはんは明日で待ってる』を、『ピンクとグレー』の演技で注目を浴びた中島裕翔と、ドラマや映画、CM、雑誌などで輝く笑顔を見せる新星・新木優子で実写映画化。おだやかに相手を思いやりながら、ある秘密を抱えたことで別れを決断するヒロイン〈上村小春〉を好演した新木優子に、本作の魅力や撮影秘話からプライベートにいたるまで、たっぷりと話を聞いた。そこには、きらびやかな世界で活躍する美しい女性とはギャップのある、ナチュラルでかわいらしい女性の姿があった。

取材・文 / 吉田可奈 撮影 / 三橋優美子
スタイリスト / MAIKO ヘアメイク / 本岡明浩


“明日を生きるために、今ごはんを食べる”

原作小説を読んだときの印象はどんなものでしたか?

この作品は、私が演じる小春が抱える“秘密”が鍵になっています。その秘密は、女性の人生を左右するようなもの。もちろん、小春自身も重く受け止めてはいるんですが、最終的には考えすぎないようにしているんですよね。その姿がすごく健気だと思いましたし、もし私自身が、同じ秘密ではなくても、何か壁にぶち当たったときには、小春のように前向きに考えるようにしよう、と思わせてくれるような物語でした。

bokugohan_01

小春は驚くほどポジティブですよね。

そうなんです。私だったら秘密を抱えたときや悩んだときに、誰かに伝えてその苦しさを共有して欲しいと思ってしまいます。でも小春は決して相手に頼るのではなく、自分の力で踏ん張ろうとするんですよ。しかも、自分だけで解決しようとするんです。その強さはすごく尊敬しましたね。でも、それと同時に背負いすぎだとも思いました。原作や脚本を読んで、もっと誰かに頼ってもいいんだよって、声をかけたくなりました。

bokugohan_a

そんな小春を、中島裕翔さん演じる葉山亮太という存在が支えてくれますよね。2人を観ていて、すごくほのぼのとした気持ちになりました。

小春と亮太は、強い気持ちで繋がっているんです。そもそも、10代の頃から7年間も想い合うってなかなかないですよね。そんな2人に対しては、憧れる気持ちがすごく大きかったです。

初めて中島裕翔さんと会ったときの印象はどんなものでしたか?

最初は、お互い人見知りだったので、距離がまったく縮まらなかったんです(笑)。でも、勇気を出して話してみたら、中島さんもお話好きの気さくな方で、「もっと早く話せばよかった」と思いました。さらに、お互いにお笑い芸人の流れ星さんが好きであるということが発覚して、一気に話が弾んだんです。部屋で2人が過ごすシーンは、空き時間に中島さんが流れ星さんの持ちネタである“ドアにはさまるウーパールーパーのモノマネ”をして笑わせてくれました。とても距離が近いシーンだったのですが、中島さんのおかげで緊張がほぐれてすごく助かりました。

bokugohan_b

一方、小春から別れを切り出すシーンは、すごく緊張感に溢れていたと思うのですが、どんなことを心がけましたか?

小春にとっては大きな決断だと思うんですが、監督に「気張らずにさらっと伝えて」と言われていたんです。気持ちの中の葛藤は出さずに、結果だけさらりと伝えることは、すごく難しかったですね。

bokugohan_c

小春が告白する体育祭のシーンも印象的でした。

実は、あの撮影の日は朝から大雨が降っていたんです。エキストラのみなさんもたくさん来てくださっているのに、撮影できないかもしれないと思っていたのですが、午後になって天気が回復して、すごく暖かくなったんです。でも、土がぐちゃぐちゃになってしまったので、スタッフさんが土をならしてくれて、やっと撮影することができたんですよね。そのおかげか、いままで以上に一体感が出てすごくステキなシーンに仕上がりましたし、なかでも特に印象に残るロケとなりました。

bokugohan_d

体育祭で2人が出場する競技“米袋ジャンプ”はすごく大変そうでしたね。

米袋ジャンプという競技を、この作品で初めて知ったんですよ。見た目はとてもハードそうで難しそうですが、実際に練習でやってみたら、中島さんとも驚くほど息が合って順調に飛ぶことができました。ただ本番では、練習のときよりも距離が長かったんです。長い距離を米袋に入って飛ぶのは結構大変で……。途中は転びそうになりながら(笑)、掛け声をかけながら必死に取り組みました。

bokugohan_e

本作では、タイトルにもあるように、ご飯を食べるシーンが多く登場します。食べるシーンではどんなことに気をつけましたか?

小春は食べることが好きな女の子なので、お箸の使い方ひとつにしても、気を配るようにしました。とはいえ、小春は豪快に食べる女の子だったので、気にしすぎず、美味しく食べているように見えるように心がけました。

タイトルにも“ごはん”という言葉が入っていますが、そこに込めたメッセージはどんなものだと考えましたか?

このタイトルは、“明日を生きるために、今ごはんを食べる”という意味だと受け取りました。これまで、食べたものが身体になるという実感はなかったんですが、この作品を通して、ごはんを食べることを粗末にしてはいけない、ということが実感できたんです。今の若い人は「食べなくても大丈夫でしょ」って、ごはんに対して執着がない人が多いですよね。でも、食べたごはんがしっかりと明日に繋がることを意識して、こうやって誰かと一緒にご飯を食べられるということは当たり前じゃないし、尊いことなんだ、と思ってもらえたら嬉しいです。

bokugohan_02

新木さんが好きなごはんはなんですか?

和食が好きです。でも、国や文化が違えば主食も味もまったく違う、ということに興味を持つようになったんです。なので、他国の料理もすごく魅力的だと思うようになってきて、最近は多国籍料理を食べることも増えてきました。特にタイ料理がお気に入りで、パクチーが食べられるようになってからはすごくハマったんですよ。今はネパールのカレーが美味しいと聞いたので、食べに行きたいと思っています(笑)。

bokugohan_f

タイといえば、劇中で亮太は自分探しの旅でタイに行きますよね。今、新木さんが行きたい場所はどこですか?

タイも行ってみたいですが、一番行きたいのは(ボリビアの)ウユニ塩湖です。すごく遠いし、塩湖が綺麗に見られるのは奇跡に近いらしいんですが、刺激になりそうなので、一度は見てみたいですね。あとはオーロラも見てみたいです。自然を体験できる旅が好きです。

bokugohan_g

この映画の中では、ケンタッキーフライドチキンの手作りに挑戦していますが、新木さんはご自身で料理を作るのでしょうか?

休みの日やゆっくりできる日は自分でも作ります。でも、小春みたいな失敗はしないですよ(笑)。小春よりはできると思います(笑)。最近作ったのは、山芋を豚バラで巻いて味付けする和食。母親が作る家庭的な料理を全部習得したいと思っているんです。あと、実は私、農業に憧れていて、中学の頃の職業体験で農家に行ったくらいなんです(笑)。野菜を収穫していました。動物が好きなので家畜にも興味がありましたね。

意外ですね!

祖母が畑を持っていたり花を育てたりしていたこともあって、農業に興味を持ったのかもしれないです。

bokugohan_h

映画の話に戻りますが、この作品で小春はケンタッキーのカーネル・サンダースと握手をすることで元気をもらっていましたね。新木さんご自身は、普段、元気が欲しいときにはどんなことをしていますか?

休みの日でも家にこもらず、外出するようにしています。友達と会って話すことでストレスを発散したりリフレッシュしたりすることが、一番の元気に繋がっていると思います。

この作品に出演してから、カーネル・サンダースを見ると元気がでるようになったりはしましたか?

今まで以上に親近感は沸くようになりましたね(笑)。見かけると振り返ってしまいます。それに、意識するようになったのか、カーネル・サンダースさんをすごくよく見かけるようになりました(笑)。

bokugohan_i

なるほど(笑)。また、劇中で小春は、好きな人に彼女ができることを喜んでいましたが、もし新木さんならその状況をどう受け止めると思いますか?

う~ん……。私はダメですね(笑)。好きな人が違う女性といるということだけで、ソワソワしちゃって耐えられないと思います。いくらそれがその人の幸せだと言っても、私にとっては幸せではないですから(笑)。それが正直な気持ちです(笑)。

亮太とのキスシーンは、本当に素敵なシーンでした。

ありがとうございます。実はあのキスシーンは、一発OKのものなんですよ。あのシーンはタイミングがすごく難しくて、風で揺れるカーテンとの闘いだったんです。だからこそ、撮影前に、何度もリハーサルをして息を合わせていたんです。その甲斐があって、スタッフとキャスト全員が集中した瞬間に撮影されて、1テイクでOKになったんです。本当に全員の心が繋がった瞬間でした。

bokugohan_03

最後に、『僕らのごはんは明日で待ってる』を楽しみにしている方々に、メッセージをお願いします。

この映画を観終わったあとに、いままで当たり前に一緒にいた人や、当たり前に過ごしてきた毎日が、本当は奇跡的なことなんだということに気づいてもらえたら嬉しいです。7年間も想い合っている2人の姿にウルっとしたりキュンとしたりするラブストーリーだと思うので、ぜひハンカチを持って、劇場に観に来ていただければと思います。

『僕らのごはんは明日で待ってる』

2017年1月7日公開

高校生の頃に出会い、付き合い始めた〈葉山亮太〉と〈上村小春〉。無口でネガティブな〈亮太〉と、太陽のように明るくポジティブな〈小春〉は、性格は正反対だが、運命の恋だった。しかし、2人が大学生になったある日、突然〈小春〉は〈亮太〉に別れを切り出す。実は〈小春〉は〈亮太〉に言えない、ある“秘密”を抱えていたのだ。別れの理由がわからないまま、〈亮太〉は何度もまっすぐな想いを伝えるが、〈小春〉はまったく受け入れてくれない。そして社会人になったある日、〈小春〉が隠していた真実を知った〈亮太〉は、彼女のもとに再び走り出す。出会いから7年を経て、運命の恋が再び動き始める。

【監督・脚本】市井昌秀
【原作】瀬尾まいこ(幻冬舎文庫)
【出演】中島裕翔 新木優子 美山加恋 岡山天音 片桐はいり 松原智恵子
【音楽】兼松衆
【主題歌】「僕らのために…」ケツメイシ
【配給】アスミック・エース

オフィシャルサイトbokugoha.com

©2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会


原作本「僕らのごはんは明日で待ってる」
lt000054496000545620_tl

僕らのごはんは明日で待ってる

瀬尾まいこ(著)
幻冬舎

兄の死以来、人が死ぬ小説ばかりを読んで過ごす亮太。けれど高校最後の体育祭をきっかけに付き合い始めた天真爛漫な小春と過ごすうち、亮太の時間が動きはじめる。やがて家族となった二人。毎日一緒に美味しいごはんを食べ、幸せな未来を思い描いた矢先、小春の身に異変が。「神様は乗り越えられる試練しか与えない」亮太は小春を励ますが・・・・・・。

リンク先サイト(ReaderStore)で試し読みができます

新木優子

1993年生まれ、東京都出身。2014年よりファッション誌『non-no』の専属モデルとして絶大な人気を誇り、2015年には美少女タレントの登竜門として知られる『ゼクシィ』の8代目CMガールに抜擢された。現在、映画やドラマ、CMなど幅広く活動中。主な出演作に【テレビドラマ】『いつかティファニーで朝食を』(15~16/NTV)、『家売るオンナ』(16/NTV)、主演作『ラブラブエイリアン』(16/CX)【映画】初主演作『風のたより』(15/向井宗敏 監督)、『泣き虫ピエロの結婚式』(16/御法川修 監督)、『聖の青春』(16/森義隆 監督)、主演作『インターン!』(16/吉田秋生 監督)などがある。今後の活躍がますます期待される若手女優の一人である。
オフィシャルサイトhttp://www.stardust.co.jp/section3/profile/arakiyuko.html

編集部のおすすめ