Interview

たこ虹の1stアルバムから伝わる関西LOVE。歌もサウンドも超カラフル!

たこ虹の1stアルバムから伝わる関西LOVE。歌もサウンドも超カラフル!

ももクロ、エビ中、しゃちほこに続くアイドルグループとして2012年9月に結成された、スターダストの最終兵器こと、たこやきレインボー(通称:たこ虹)が待望の1stアルバム『まいど!おおきに!』をリリース。彼女たちの特徴は、関西出身の5人のメンバーのヴォーカル力の高さはもちろん、全曲に通底する、コテコテの“関西感”である。“浪花のモーツァルト”ことキダ・タロー御大が作曲し、<ありがとう 浜村淳です。>へのリスペクトを込めた「ありがとう たこやきレインボーです」から始まる2枚組アルバムの曲名を列挙するだけでも、「尼崎テクノ」「恋するビリケンさん」「なにわのはにわ」「絶唱!なにわで生まれた少女たち」「元気売りの少女〜浪花名歌五十選」「六甲たこおろし」……と一目瞭然。地元をレペゼンするフッドアンセムばかりのアルバムのプレイボタンを押すだけで、気分は関西へとひとっ飛び? 大阪、京都、奈良、和歌山、兵庫、滋賀。地図を広げて、次はどこへ——!?

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 大庭元


関西を観光しているような気持ちにもなってもらえるんじゃないかなと思います

記念すべき1stアルバムが完成しました!

清井咲希 アーティストといえば、アルバムを出してるイメージやないですか。だから、1stアルバムを出す=ちゃんとしたアーティストになれたっていう感じがして。やっとここまでこれたんやなっていう嬉しさがありました。しかも、今回のアルバムは2枚組で、2枚目にはインディーズの時の曲も入ってて。たこ虹の歴史や私たちのメジャーデビューまでの成長も見てもらえると思うので、虹家族さん(たこ虹ファンの総称)は絶対にゲットしてほしいし、まだ私たちのことを知らないという方は、このアルバムを聴いて、たこ虹のことを知ってほしいです。

彩木咲良 みんなでずっと、「アルバム作りたいな」って言ったんですよ。だから、その願いが叶ったことがめっちゃ嬉しいです。で、初めてにも関わらず2枚組で、インディーズの曲もアルバム用の新曲もめっちゃ入ってるし、めっちゃ豪華やなって思います。

根岸可蓮 アルバムを出すことはたこやきレインボーの1つの夢でもあったので、完成した時はほんまに嬉しかったです。昔の曲もいっぱい入ってるから、たこやきレインボーのことを知らない人でも、これを聞いてもらったらほとんどわかるんじゃないかなって思います。

堀くるみ あたしたちも気になるアーティストさんがいたら、CDショップでまずアルバムを買うので、そういう感じでこのアルバムを手にとって、私たちのことをもっといろんな人に知ってもらえたらいいなって思います。今回はカバー曲も入っているので、私たちのことを知らない人でも聴きやすいと思うので、皆さんぜひ、聴いてみてください。

春名真依 この1枚でたこ虹のいろんな振れ幅を感じてもらえると思うんですけど、ほとんどが関西弁ばりばりで、関西に関する曲ばかりなので、聴いてるだけで、関西を観光しているような気持ちにもなってもらえるんじゃないかなと思います。たこやきレインボー

先輩に追いつきたいけど追いつけないし、すごい勢いで迫ってくる後輩には追い越されたくないっていう

たこ虹がどんなグループかがわかるおすすめの曲を一人ずつあげてもらってもいいですか?

彩木 「ナンバサンバイジャー」ですね。ライブではやってるんですけど、これまでに一度もCD化されてなかった伝説の曲で。今、自分たちは戦ってます! っていう歌詞なので、今の自分たちを表してる曲だなって思うし、個人的にも大好きな曲です。

春名 メジャーデビュー前の自分らの葛藤を表現してて。

清井 この曲を出す前までは楽しい感じの曲しかなかったんですね。だから、この曲を最初に聞いた時に、マネージャーとボロ泣きして。「めっちゃええ曲やん!」みたいな。この曲は、今でもほんまに気持ちを込めて歌わせてもらってますし、虹家族さんから「一番好きな曲です」って言われることも多いので、めっちゃ嬉しいですね。

春名 他の曲もそうなんですけど、この曲は特に感情が入る曲なんですよね。歌うたびに、今までこの曲を歌ってきた場面がフラッシュバックしてきて、メンバーの表情もより一層、感情がこもってる曲になってるかなって思ってます。

彩木 去年の夏くらいかな。ちょうどメンバーで「このままじゃヤバい」っていう話をしてた時にできた曲で。

春名 先輩チーム(ももクロ、エビ中、しゃちほこ)と後輩チーム(ロッカジャポニカ、ばってん少女隊、ときめき宣伝部)に挟まれてる、ちょうど中間のグループなので、先輩に追いつきたいけど追いつけないし、すごい勢いで迫ってくる後輩には追い越されたくないっていう葛藤があって。

 そう、だから、気持ちが入りやすかった。

春名 感情が揺さぶられる。めっちゃ、ガーって、ウォーってなりますね。……今、めっちゃ擬音語が多くて、自分でもびっくりした(笑)。

堀くるみ

堀くるみ

あははは。では、続いて?

清井 はい! 私は「恋するビリケンさん」です。タイトルだけ見たら、たこ虹っぽい面白い曲なんかなっていう感じなんですけど、ビリケンさんが失恋するせつなくて感動的な曲になってて。ただ、AメロやBメロはいつも通り、面白いんですよ。しかも、みんな、歌い方を普段とは変えてるんですよね。いつもは出せない変な声で歌ってる。

 ボイトレの途中みたいな声やな。

清井 鼻濁音って言うのかな。鼻にかけた歌い方をしてて。

 変声機みたいなのは使ってないんですよ。ライブでも自分たちの声で歌ってます。

清井 本当にこんな声出るんやって言う感じも聞いて欲しいんですけど、やっぱり、ビリケンさんの切なさですよね。ビリケンさんの足の裏を撫でたら願い事が叶うって言われてるから、いろんな人が足を撫でにくるけど、ビリケンさん自身は自分の足を撫でられへん。ビリケンさん、いつもこういうことを思いながら触られてるのかなっていう気持ちにもなって、切なくなりました。

彩木 これ、聴いた時も3人くらい泣きました。

春名 いや、全員泣いたで。

彩木 家の中で3回聴いて、3回とも泣いた。

清井 あと、途中のウンダバダバダバは嫌でも耳から離れへんな。

 寝る時に出てきたらねれへんよな。

春名 テスト中に出てきたらもう!ってなると思う。

 ビリケン、どっかいけ!ってなるよな(笑)。

清井 ビリケンさん、神様やから(笑)。ま、面白いところもありつつ、切ない曲になってます。これでビリケンのことも知ってくれたら嬉しいです。

彩木咲良

彩木咲良

「オーバー・ザ・たこやきレインボー」が一番古い曲なんですけど、2016Versionはやっぱり声が大人

可蓮さんは?

根岸 私はできればインディーズ時代に出た5枚のシングルを買っていただいて、今回のアルバムに入ってるインディーズ時代の曲と聴き比べて欲しいですね。今回、全部録り直したんですけど、シングルは3〜4年前の幼かった自分らが歌ってて。「オーバー・ザ・たこやきレインボー」が一番古い曲なんですけど、2016Versionはやっぱり声が大人っぽくなってるなと思います。

 「オーバー・ザ・たこやきレインボー」のレコーディングの時、確か、咲良が緊張で泣き出したんですよ。順番が1番目やったから。

彩木 緊張しすぎてて。春名が2番目で、順番を変わってもらったんだけど、歌えへんくて。めっちゃ泣いて、違う日にレコーディングしました。

春名 一人でレコーディングブースに入るのが本当に心細くて。今でもすごい緊張しますね。

根岸 その日、「オーバー・ザ・たこやきレインボー」と一緒に「六甲たこおろし」も録ったんやんな。めっちゃ懐かしい。

 声、震えとったわ。

清井 自分たちの声がCDになるって変な感じやなかった? 自分らがいつも買ってたCDの中に自分の声が入ってるって言うだけで、「すごい! 芸能人や!」ってなりました(笑)。だから、できた時は嬉しくて、繰り返してめっちゃ聴いてましたね。

春名 今でもこの2曲を聴くと原点に返れるよな。私は、逆に一番新しくて、アルバムのリード曲になってる「ちちんぷいぷいぷい」です。初めてのこの曲を聞いた時に、「ついにきたな!」っていう、自分の中でビビッとくるもんがあって。今までも、いろんなアゲ曲はあったんですけど、いつも感じるやつとは違う感じ方をして。最初に聴いた瞬間から、お客さんがいっぱいいる会場でパフォーマンスする自分たちが想像できたし、これからのたこ虹を代表する曲になるんじゃいかなって思ってて。コール&レスポンスが多いから盛り上がれるし、関西感もめっちゃ出てるし。たこやきレインボーはこんなグループなんやっていうのもわかる。歌ってても楽しいから、ライブの鉄板曲になるんじゃないかなって思うし、これからもいっぱいライブで歌いたいと思います。

清井咲希

清井咲希

最後にリーダーは?

 私はカバー曲なんですけど、同じ関西の大先輩であるウルフルズさんの「ええねん」ですね。ウルフルズさんには1回だけフジソニックでお会いしたんですけど、そこで、カバーさせていただきますって言ったら、「楽しみにしてます」って言ってくれて。めちゃめちゃ優しくて。しかも、ライブも見させてもらったんですけど、魂がこもってるというか。関西感もありながら、みんなで歌えるし、歌詞もすごく素敵で、私達に合ってる曲だなって思ってます。

清井 そん時、初めてウルフルズさんのライブを生で見たんですけど、なんかもう……言葉に表せられへんけど、すごくって!! 歌に全部を込めてる感じって言えばいいんかな。だから、この曲を歌うときは咲希たちもトータスさんくらいに、心を込めて歌いたいなって思ってます。

 他にもオススメしたい曲はいっぱいあるんですよ。だから、とにかく、このアルバムを聴いて、関西の良さをたくさん知って欲しいです。ビリケンさんとか、尼崎と西宮のバトルとか、関西のものがいっぱい出てくるので、このアルバムを聴いて、通天閣に行って見たいなとか、「ちちんぷいぷいぷい」のMVで私たちが行ったところを回りたいなとか。関西にいっぱい遊びにきて欲しいなって思います。

根岸可蓮

根岸可蓮

たこ虹って、かわいいけど、かっこいいし、おもろいよなって、ギャップのあるグループになりたい

では、メンバーそれぞれがオススメのスポットを教えてもらってもいいですか?

清井 京都に来て欲しい! 京都ならどこでも良いです! 道や建物も昔のそのままが残っていたりするし、日本の良いところが詰まってると思うんですね。その中でも私が一番好きなのは嵐山! 特に紅葉の時期がいいんですけど、今年はもう終わっちゃうかもしれないので、来年の秋に是非行ってください、

根岸 嵐山行きたいな~。みんなで紅葉を観に行きたい。

 人力車に乗りたい、歩きたくないから(笑)。

春名 (笑)私は通天閣。通天閣は青っていうイメージがあるので、私のイメージカラーと一緒だっていう勝手な親近感が湧いてて。歌詞の中にも何回か登場してるし、ご縁があって。上にはビリケンさんもおるし、下には美味しい串焼き屋さんもあるし、ちょっと歩けば天王寺にも行けるので。丸一日遊べる、楽しいところですね。一番上まで登って、大阪城を見て。ビリケンさんに会って、足の裏を撫でてください。

彩木 私はユニーバサルスタジオジャパン。小学校1年生の時にユニバに行ったんですけど、年パスの除外日では入れなくて。仕方なく、その前のウォークで行き出したら、「ちょっといいですか?」ってスカウトされた場所なんですね。めっちゃ思い出があるし、しかも、楽しいから。私は苦手なんですけど、ジェットコースター好きな人にはオススメです。私と同じくジェットコースターに乗らない人にもハリポッターとか、ワンピースのプレミアムショーとか、いろんなイベントがあって。映画やアニメが好きな人は絶対行った人がいい。

根岸 可蓮は和歌山出身なんですけど……(空を見上げて)ごめん、和歌山! 大阪の方がよく行きます。大阪をめっちゃうろうろするんですけど、梅田が一番楽しいですね。アニメイトもあるし、HEP FIVEもあるし、観覧車もあるし、洋服屋さんもたくさんあって。梅田に行けば、なんでもあるから、梅田が好きです。

 1stワンマンライブも梅田クラブクアトロやったからね。みんなでHEP FIVEのゲーセンも行ったりして。バスケのゲームして遊んでなかった? 

清井 行ったな。うちのメンバー、ゲームセンターが大好きなんですよ。咲良は太鼓の達人、くるみと真依はシューティングゲーム、まいまいはヴォカロやアニソンのリズムゲーム。ジャンルが違うゲーマーが揃ってて。みんな違うところに行くんですけど、咲希は下手だから見てるだけ。上手い人を見るのが面白くて、後ろでずっと見てる。そんな立ち位置ですね。

 で、私はオタロードがある日本橋。日本橋にもアニメイトがあって。うちらは、オタクも多くて。れんれんと咲良はアニメで、真依はアイドル。1回、咲良と二人で日本橋のアニメイトに行って、メイドカフェとか、アイドルカフェ、猫カフェを回ったことがあって。あの街はアニオタにはヤバい。超最高だし、メイドカフェがめっちゃ楽しかったのでオススメですね!

春名真依

春名真依

ありがとうござます。今、1stワンマンが梅田クアトロだったとありましたが、年明けには全国5カ所を巡るワンマンツアーも決定しました。最後に来年の目標を聞かせてください。

春名 この4年間の集大成がこのアルバムだったので、節目を経て、ここからまた新しいたこ虹をみせていきたいなと思いますね。

 来年は、アルバムをきっかけに、いままでのたこやきレインボーとは違う、新しいたこやきレインボーを、大人になったたこやきレインボーを見せてきたいなと思います。全員高校生になるし。

彩木 ……うわ、受験のこと思い出した……。来年の目標は、とりあえず高校受験を頑張ります!

根岸 頑張れ、さくちゃん。

春名 あと、いろんなたこ虹の顔を増やしたい。今も振れ幅はすごいんですけど、もっといろんな歌を歌って、たこ虹って、かわいいけど、かっこいいし、おもろいよなって、ギャップのあるグループになりたいなって思います。

根岸 いろんなところでワンマンライブやりたいです。春のツアーで、東名阪に加えて、今回が初めとなる北海道と福岡に行けるので、そのあとは東北にも行きたいし、福岡以外の九州や四国、中国地方にも行きたいなって思います。

清井 この4年間、色々あったけど、今年がいちばん濃くて。いろんな夢が叶った年だったんですよね。4月にメジャーデビューできて、東名阪Zeppツアーをやったり、中野サンプラザとオリックス劇場で「なにわンダーランド2016」を開催できて、最後にアルバムを出せた。この1年で一歩成長できたかなと思うし。ここまできたんだから、もっといけるんじゃないかなって期待されてるところもあると思うので、その期待を裏切りたくないし、みんなの期待を上回るパフォーマンスをしていきたいなと思います。たこやきレインボー

たこやきレインボー

堀くるみ、彩木咲良、清井咲希、根岸可蓮、春名真依の5人からなる関西在住のアイドルグループ。通称“たこ虹”。なにわの最終兵器として、甲子園での単独ライブを成功させ、甲子園の土を持って帰ることを目標に結成された。2016年4月に、メジャー1stシングル「ナナイロダンス」を発表。12月21日に、待望の1stアルバム『まいど!おおきに!』をリリースした。

オフィシャルサイトhttp://www.tacoyaki-rainbow.jp/

ライブ情報

たこやきレインボー2017年春・全国ツアー たこ虹セブン(仮)

2017年4月30日(日) 愛知・Zepp Nagoya
open 17:00 / start 18:00
2017年5月3日(水祝) 福岡・イムズホール
open 16:30 / start 17:00
2017年5月13日(土)北海道・Sound Lab mole
open 16:30 / start 17:00
2017年5月28日(日) 東京・Zepp Tokyo
open 16:00 / start 17:00
2017年6月3日(土) 大阪・Zepp Namba
open 17:00 / start 18:00