特集・ムーンライダーズ デビュー40周年記念スペシャル  vol. 1

Interview

鈴木慶一が語る、ムーンライダーズ誕生の頃【前編】

鈴木慶一が語る、ムーンライダーズ誕生の頃【前編】

2016年にデビュー40周年を迎えたムーンライダーズ。12月には、『火の玉ボーイ~40周年デラックス・エディション』やボックスセット、高橋幸宏、曽我部恵一にスカートなどの若手アーティストが参加したトリビュート盤が続々リリースされ、今なお影響を与え続けている。今年は期間限定で「活動休止の休止」を発表し、東京・新宿LOFTを含む6カ所7公演のツアーを実施。12月15日、中野サンプラザの「moonriders Final Banquet 2016~最後の響宴」で、「活動休止の休止の休止」となったが、独自の音楽性を貫き、日本のロック・ヒストリーにその名を刻むレジェンドであることは間違いない。
ここでは、ムーンライダーズが誕生した1970年代中頃に焦点を絞り、不朽の名盤『火の玉ボーイ』が生まれ、日本のロックが変革期にさしかかった時代の貴重な話を鈴木慶一氏にたっぷり語ってもらった。

取材・文 / 佐野郷子 撮影 / 柴田和彦


鈴木慶一

はちみつぱいから、ムーンライダーズへ至る激動の日々

ムーンライダーズのデビュー40周年にあたる2016年は、はちみつぱいの再始動も話題になりました。はちみつぱいの音源を聞き直してみると、ムーンライダーズに至る音楽的な変遷がよく分かりますね。

2015年12月に私の「ミュージシャン生活45周年記念ライブ」で、27年ぶりにはちみつぱいが復活して、今年はツアーにも出て非常に活発に動いたね。唯一のオリジナルアルバム『センチメンタル通り』を1973年にリリースして、その後、ライブで少しずつ音楽性が変化していったんだけど、今年、はちみつぱいで活動してみて分かったのは、当時のマネージャーだった「風都市」の石塚幸一くんの持っていたイメージを具体化したバンドだったんじゃないか、ということ。『センチメンタル通り』にはすでにバンドを脱退していた渡辺勝も参加しているし、ファーストにしてラスト・アルバムみたいな感触はあった。ファンの皆さんの考察によると、当時ライブで人気のあった「煙草路地」がアルバムに入っていないのは、やはりアルバムの雰囲気と合わなかったからなんだろうと。だから、はちみつぱいのイメージは私がつくったのではなく、当時の事務所「風都市」がつくったような気がしないでもないね。もちろん、演奏に関しては我々がつくりあげていったとは思うけど。

「風都市」は、はっぴいえんど、はちみつぱい、あがた森魚さん、シュガー・ベイブなどが所属していた70年代初頭の日本のロック黎明期にとって非常に重要な音楽事務所でした。

そうだね。私が初めて人前で演奏したのが高校卒業後の18歳の時で、夏を越え19歳ではっぴいえんどのアシストをして、20歳で「風都市」に入り、はちみつぱいを結成して、若さにまかせて飲み歩いているうちにアルバムが生まれた。はちみつぱいは1974年11月の山野ホールで終わったんだけど、あのコンサートは、なぎら健壱さんや友川かずきさんも出演していたイベントだったので、いわゆる解散ライブではないんだよ。メンバーがいなくなったり、「風都市」の行き詰まりや経済的な理由もあり、私の記憶では、渋谷の「ギャルソン」というバーで、石塚くんと私と一対一で話をして、もう潮時だなと思ったんだ。ただ、二人で解散を決めてしまったのは、他のメンバーには申し訳なかったと思っている。だから、1988年に解散コンサートをして終止符を打ち、去年の12月に再び集まったと。

しかしながら、初期のムーンライダーズは、はちみつぱいから5人のメンバーが移行しています。

その頃になるとみんな20代半ばにさしかかり、結婚する人もいたり、とにかく貧乏から脱しないといけなくなってくる。そのために事務所も色々考えて、74年の夏にはちみつぱいで一度、アグネス・チャンのバッキングをしていて、来年はバンドの活動と並行して、バッキングの仕事をしながら食べていけるようにと思っていたら、メンバーの失踪などがあり立ち行かなくなり……。それでも75年からはアグネスの仕事をやることになり、そのためのバンドがムーンライダーズになってゆくわけだ。1月の終わりに、あがた森魚のバックでライブハウスに出た時、ライブ中に店長とあがたのマネージャーがケンカになるという事件が起こり、終演後に夜行列車でアグネスのツアーに向かったのは忘れられないね。マネージャーも代わり、体制も変わり、芸能界の仕事を始めるというまさに激動の日々だった。

鈴木慶一

芸能界の洗礼を受けたアグネス・チャンのバッキング

当時のアグネス・チャンといえば、作詞:松本隆、編曲:キャラメル・ママで「ポケットいっぱいの秘密」がヒットしましたが、まだアイドルと呼んでいい存在でしたよね。

彼女は当時、渡辺プロダクション(通称ナベプロ)で、あがた森魚が「風都市」からナベプロに移籍したり、歌謡界も少しずつ変化の兆しを見せ始めていた頃だった。とはいえ、初めてアグネスのツアーで青森の五所川原に着いて、まずマネージャーに言われたことが、「頼むから、おはようございますと、言ってくれ」だった(笑)。いきなり芸能界の洗礼を受け、フルバンドと一緒にやったり、譜面も初見で曲を覚えなくちゃいけなかったり、20日間もツアーに出っぱなしとか、1日3ステージとか、まあ、ストレスはありましたよ。アイドルがロックバンドを起用した最初期だったから、待遇の改善を求めたり、様々なフリクションは起きるわけでね。

アグネスのツアーには、デビュー前の矢野顕子さんやアレンジャーの矢野誠さんが参加することもあったとか?

そう。キーボードの岡田徹に別の仕事が入った時は矢野さんにもお願いしたし、ドラムのかしぶち哲郎は細野さんのトロピカル・ダンディーズに参加していたから、その時々でメンバーは違ったりしたけど、それが『火の玉ボーイ』にも繋がっていったともいえる。アグネスがよかったのは、香港の人だからコンサートでも洋楽のカヴァーが多かったこと。香港にもツアーで行けたし、楽しい思い出もあるしね。バッキングのメンバーのギャラはライブ1本いくらだったと思うけど、私一人だけがなぜか給料だったので金は相変わらずなかったけど(笑)。

その直前の1975年の1月の『シュガー・ベイブ・セカンド・コンサート』(新宿厚生年金会館小ホール)には、“鈴木慶一とそのグループ”という名義で出演。この時は細野晴臣さんや大滝詠一さんとも共演しています。

あれは私と細野さんが司会を頼まれたんだけど、ギターは徳武弘文さんだったからムーンライダーズではないんだよ。細野さんがエリア・コード615の名曲「ジュデイ」をカヴァーしたり、私も大滝さんと一緒にはっぴいえんどの「春よ来い」を歌ったりしたのかな。70年頃に遡ると、大滝さんに「慶一はなんでそんな変な歌い方なんだよ」と言われて、「いや、大滝さんの歌い方を真似ただけですよ」と言い返したこともあったね(笑)。私はあの歌い方を発明したのは、エンケン=遠藤賢司だと思うけど。

大滝さんといえば、笛吹銅次名義で1974年のはちみつぱいのシングル「君と旅行鞄(トランク)」のエンジニアを務めていますね。

あれはマネージャーのアイディアで、私も「えっ? 大滝さんがエンジニア?」と打ち合わせで驚きましたよ。他のメンバーはまさに現場で知ったんだ。あの頃の大滝さんはエンジニアにすごく興味があった時期だったんだよね。でも、演奏やアレンジには一切口を出さなかったし、あのシングルと後の『火の玉ボーイ』が同じレコード会社なのは、はちみつぱいからの関係が続いていたからなんだと思う。

鈴木慶一

ミュージシャン同士が刺激を受け合ったスウィンギング・トーキョー時代

アルバム『火の玉ボーイ』は当初はソロ・アルバムとしてレコーディングされたそうですが?

75年に入ると、アグネス・チャンのツアーをしながら、レコード会社の練習室みたいなところに通って曲作りをしていたんだ。なんで私のソロ・アルバムだったのかといえば、まだムーンライダーズというバンドが固まっていなかったからなんだけど、アグネスのライブを数こなすうちにいい感じになってきたんだ。まさに、ザ・バンドのごとく。よし、これならアルバムもいけるとなったんだけど、私のソロなので決定権は私にあるわけで、この曲はティン・パン・アレー、これはラストショウ、この曲の鍵盤はアッコちゃん(矢野顕子)と、自在に振り分けることができた。ところが、ジャケットが上がってきたら、「鈴木慶一とムーンライダース」となっていた。これには愕然としましたよ。

本来なら「鈴木慶一」となるべきが、なぜそんなことに?

レコード会社の意向だったんだろうね。「エッ? これはどういうことなんだろう」と思ったし、そこで抗議することもできたんだろうけど、「まっ、いいか」で40年も経ってしまった。結論としては、ムーンライダーズのゲストの多いデビュー・アルバムということでヨシとした。制作過程中にムーンライダースの存在感があがったんだと思う。レコード会社のかたがたにとって。

アグネス・チャンのツアーでは「火の玉ボーイズ」というバンド名も候補にあったそうですが?

火の玉ボーイズは、ナベプロ側に「あきれたぼういず」みたいだからと却下されてね。明日までに決めてくれといわれ、そういえば「ムーンライダーズ」という名前が浮いているなと。「オリジナル・ムーンライダーズ」は松本隆さんが鈴木博文や矢野誠さんたちと組んだバンドで命名したのは私だった。はっぴいえんどの解散コンサートの時のライブ・アルバム(『1973.9.21 SHOW BOAT 素晴しき船出』)に音源が残っているけど、その後自然消滅してしまった。だから、「ムーンライダーズという名前を使わせてくれないか」と、元メンバーの方々には電話をしましたよ。

アルバムのレコーディングはどのように始まったのですか?

最初にどの曲を録音したのかは覚えていないけど、75年の春に始まり制作に半年以上かかっている。時間がかかったのは、アグネスのツアーの合間ってというのもあったけど、後から分かることなんだけど、制作費をどこが払うか決まっていなかったからなんだよ。だから、おっかなびっくり進めていく。ミュージシャンにギャラを支払うのは、元「風都市」の石谷さんと言う女性で、制作費が決まってないのに、仮払いのお金を集めなければならないわけだ。最初から最後までレコード会社のディレクター不在のままだったので、自由に好き勝手につくることが出来たともいえるんだけど。『火の玉ボーイ』の制作の間には、あがた森魚の『日本少年(ヂパング・ボーイ)』のプロデュースを細野さんの補佐役で手がけているし、アッコちゃんのデビュー・アルバム『JAPANESE GIRL』の「丘を越えて」をムーンライダーズで録音したのも同じ頃。1976年にリリースされたこの3枚のアルバムと、細野さんの『泰安洋行』は参加ミュージシャンが重なっていることもあり、音楽的に通底するものがあるというのはだから当然なんだよ。振り返ると、あの頃はスウィンギング・ロンドンならぬスウィンギング・トーキョー時代だった気がする。ミュージシャン同士が近くにいて、お互いに刺激を受けたり、影響を与えたりしていた。それが75年から2年間くらいの短い時代にあったんだ。                
(後編につづく)

リリース情報

火の玉ボーイ~40周年記念デラックス・エディション

鈴木慶一とムーンライダース
火の玉ボーイ~40周年記念デラックス・エディション

2016年12月7日発売
WPCL-12499/500 ¥4,000(+税)
【2CD初回限定盤(三方背BOX仕様+メモリアル・ブックレット)】

  

【収録曲】

火の玉ボーイ~40周年記念デラックス・エディション

【Disc1】火の玉ボーイ(鈴木慶一による2010年デジタル・リマスター音源)
01. あの娘のラブレター
02. スカンピン
03. 酔いどれダンス・ミュージック
04. 火の玉ボーイ
05. 午後のレディ
06. 地中海地方の天気予報
07. ウェディング・ソング
08. 魅惑の港
09. 髭と口紅とバルコニー
10.ラム亭のテーマ~ホタルの光
【Disk2】新宿ロフト・ライブ音源(1976/10/03)
[M1~M10]&ボーナス・トラック5曲
[M11~M16](2001年リイシュー時に収録 発売元:ワーナー 品番HDCA-10081)

<新宿ロフト・ライブ音源(1976/10/03)>
01. ペルシャの市場
02. 魅惑の滝
03. Beep Beep Be All Right
04. 月の酒場
05. 地中海地方の天気予報
06. ラム亭のママ
07. 酔いどれダンスミュージック
08. あの娘のラブレター
09. 髭と口紅とバルコニー
10.スカンピン

演奏メンバー:鈴木慶一(ボーカル)、かしぶち哲郎(ドラムス)、鈴木博文(ベース)、椎名和夫(ギター)、岡田徹(ピアノ)、武川雅寛(ヴァイオリン)

(ボーナス・トラック)
11.酔いどれダンスミュージック(Out take)
12.髭と口紅とバルコニー(Out take)
13.ラム亭のMAMA(Live 1976)
14.魅惑の港(Live 1976)
15.ウエディングソング(Live 1976)

ムーンライダーズ in CROWN YEARS 40th ANNIVERSARY BOX

ムーンライダーズ in CROWN YEARS 40th ANNIVERSARY BOX

2016年12月7日発売
CRCP-20536/41 ¥9,259 (+税)

【収録曲】

ムーンライダーズ in CROWN YEARS 40th ANNIVERSARY BOX

デビュー40周年を迎えたムーンライダーズのクラウン在籍時代(1977年〜1981年)に発表された全音源を、紙ジャケット化したオリジナル・アルバム5作品に完全網羅。最新マスタリング、高音質UHQCD仕様で復刻。また、アナログ・マルチ・テープから発掘された本邦初公開となるアウト・テイク(全18曲)をボーナス・ディスクとして付属した豪華6枚組ボックス・セット。BOOKLETには、解説、特別鼎談:クラウン時代を振り返る。司会/構成:田中雄二 鈴木慶一×エンジニア田中信一×ディレクター国吉静治を所収。

ムーンライダーズ・トリビュート・アルバム ブライト・ヤング・ムーンリット・ナイツ-ウィ・キャント・リヴ・ウィズアウト・ア・ローズ-

ムーンライダーズ・トリビュート・アルバム
BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -We can’t live without a rose-

2016年12月21日発売
PCD-27033 ¥2,778(+税)

【収録曲】

ムーンライダーズ・トリビュート・アルバム
BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -We can’t live without a rose-

01. 曽我部恵一 – 夏の日のオーガズム
02. ゴンドウトモヒコ featuring 高橋幸宏 – くれない埠頭
03. ゆるめるモ! – 9月の海はクラゲの海
04. スカート – いとこ同士
05. 3776 – トンピクレンッ子
06. ayU tokiO – ディスコ・ボーイ
07. たをやめオルケスタ – あの娘のラブレター
08. 本日休演 – ヴィデオ・ボーイ
09. ANNA☆S(うどん兄弟) – DON’T TRUST ANYONE OVER 30
10. ポニーのヒサミツ – 犬にインタビュー
11. アシモフが手品師 – Beep Beep Be オーライ
12. 1983 – ダイナマイトとクールガイ
13. 空間現代 – 僕は走って灰になる
14. 佐藤優介 – Wet Dreamland

鈴木慶一

1951年、東京・羽田生まれ。
1970年頃から、はっぴいえんどを含む様々なセッションに参加し、1972年にはちみつぱいを結成。1973年にアルバム『センチメンタル通り』を発表するが、1974年に解散。1975年にはちみつぱいを母体に実弟の鈴木博文らが加わり、ムーンライダーズを結成。1976年、鈴木慶一とムーンライダースとして『火の玉ボーイ』でデビュー。2016年には40周年を迎えた。
また、ムーンライダーズの活動と並行して多数の楽曲提供、プロデュースを手がけ、ゲーム音楽「Mother」「Mother2」も担当。北野武監督の映画『座頭市』の音楽では第27回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。
2015年には「ミュージシャン生活45周年記念ライブ」を開催。近年はソロ活動に加え、Controversial Spark、KERAと結成したNo Lie-Senseなどでも活躍中。

vol.1
vol.2