Report

渋谷にVR体験スポットが出現!冬休みは「VR PARK TOKYO」へ遊びに行こう

渋谷にVR体験スポットが出現!冬休みは「VR PARK TOKYO」へ遊びに行こう

ファンタジー世界の剣士になって敵を切りまくれ!
「SAVIORSCIRCLE Of SAVIORS BEGINNERS(サークルオブセイバーズ ビギナーズ)」

プレイ人数:1人

image025_vrparktk

魔法陣の中に立ち、両手に持った剣を駆使して、360度から迫るモンスターからクリスタルを守り抜くアクションゲームです。さまざまなゲームやVRのイベントで展示されていた話題のゲームが、ルールを簡易化して登場しました。

VRゴーグルを被るとそこはいかにもなファンタジーワールド。まわりからわらわらと登場するモンスターたちをバッサバッサと切り倒していきます(快感!)。常に周りを見回しながら敵を倒していくと、本当に自分がやり手の剣士になったような感覚に! 50体モンスターを倒すとボスが登場し、うまく倒すことができればゲームクリアです。

てきとうにコントローラーを振り回しているだけでもバンバン敵を吹っ飛ばせるので、とにかく暴れたい人にはうってつけです。

ちなみに、これは1人専用のアトラクションですが、観客用の画面にはプレイしている人がリアルタイムでVR空間と合成されて映し出されています。ゲーム終了のあとに記念撮影ができる時間を設けてありますから、ぜひカッコいいポーズで記念撮影してみてください。

image027_029_vrparktk

▲右:画面上の巨大なモンスターがボスちゃんと攻撃を避けてから反撃しないと、あっという間に倒されてしまうので注意! 左:ゲームが終了してからの記念撮影タイム。ファンタジーワールドに違和感なく自分が溶け込んでいる。


高層ビルから落ちないように脱出せよ!
「DIVE HARD VR」

プレイ人数:1~2人

image031_vrparktk

足がすくむような高所にいながら、迫り来る敵を倒しながらヘリで脱出……という恐怖のフルコース体験ができるアトラクションです。“だいぶハード”な内容……というダジャレタイトルの本作ですが、その出来はシャレではすまされません……。

ゲームが始まるとビルの外側に面した工事用のエレベーターにいます。すると足場がガタガタと揺れながら突然エレベーターが上昇し、そのまま遥か屋上まで連れて行かれます。その時点で高所恐怖症の方はギブアップするほどの怖さ! それに追い打ちをかけるように敵が後ろから攻撃をしかけてくるのですが、逃げるにも足場はビルから伸びるむき出しの鉄骨のみ。その鉄骨部分も足を乗せたらガタガタと動くものだから、VRだと分かっていても足がすくみます。手に持った銃で敵をなんとか撃退しながら、鉄骨の先にいる脱出用のヘリまでたどり着けばゲームクリアです。

高いところからの脱出という高所恐怖体験だけでなく、あちこちからやってくる敵を銃で撃ち落とすガンアクション要素まで追加されているため、一瞬も気が抜けません。恐怖の連発に思わず悲鳴を上げてしまうことうけあいです。この体験は数あるVRアトラクションの中でも特別難易度が高いので、腕に覚えのある人はぜひチャレンジしてみましょう!

image033_035_vrparktk

▲右:幅30センチ程度のグラグラする足場を恐る恐る移動。本当に怖い! 左:実際に見えているのはこのような絶体絶命な状況。


カルト教団に潜入した調査員に起こった恐ろしい出来事とは……
「オバケリアVR クリーピング・テラー」

プレイ人数:1~4人

image037_vrparktk

ほかのアトラクションと違い、椅子に座って映像をじっくり鑑賞するタイプのアトラクションです。カルト教団組織にまよいこんだ女子高生を助けるべく潜入し、あえなく拘束された捜査員。プレイヤーは捜査員の視覚をジャックできる新技術を使って、遠方からVR潜入捜査をおこなう……というホラーもののストーリーを体験できます。

実際のプレイは、白衣を来た研究所の所員から今回の顛末を聞くところから始まります。ひと通り説明を聞いたあとに隣の部屋に通されます。そこには4人分の椅子が並んでいるので、座ってVR潜入捜査のための特殊ゴーグルを被り、ヘッドホンを付けてスタートです。捜査員の視覚をジャックすると、おどろおどろしい廃虚となった建物の映像とうごめく黒い人影のような何か。見えそうで見えない暗さとリアルな音響に気を取られていると、ふわっと風が足元を撫でます。視覚、聴覚、触覚を同時に責められると怖さも倍増! 果たして捜査員は? 女子高生は? その後もいろいろな仕掛けがありますから、ストーリーが気になる人は実際に足を運んで確認してください。
なお、4人まで並んでいっしょに体験できるので、グループで行くと盛り上がりますよ!

image039_041_vrparktk

▲右:ブリーフィングルーム。ここでビデオを見ながら自分の任務を把握する。 左:入口では研究所の所員が出迎えてくれる。

ゲームの初心者から上級者まで
幅広い人たちが楽しめる工夫がいっぱい

以上6つのアトラクション、気になるものはありましたか? どれもルールがわかりやすく、すぐに操作できるようになるので、ゲームに慣れていない人でも十分に楽しめます。一方で、ちゃんとやり込みがいのあるアトラクションもありますから、ゲーム慣れしている人はぜひクリアを目指してプレイしてほしいと思います。

なお、2017年には、バンジージャンプを体験できるアトラクションも登場するので、プチ恐怖体験好きはこちらも要チェックです!

アドアーズでは、この「VR PARK TOKYO」を始めとして、全国にこのようなVRスポットを作っていく予定だそうです。スマホアプリと連携した遊びも考えているようですので、もっと面白い遊び方ができるようになるかもしれません。VRは、間違いなく今までにない体験をさせてくれる魔法のようなツールです。ぜひ皆さんも一度体験してみてください。

VR PARK TOKYO(ブイアールパークトーキョー)

営業時間:10:00~23:45
東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル4F
http://www.adores.jp/vrpark/

◯ご利用・予約可能な時間枠
10:10~11:40    11:30~13:00
12:50~14:20    14:10~15:40
15:30~17:00    16:50~18:20
18:10~19:40    19:30~21:00
20:50~22:20    22:10~23:40

※各時間帯は、入場前のご説明20分とプレイ時間70分になります
※混雑している日は、店舗開店の10時からアドアーズ渋谷店4F「VR PARK TOKYO」にて当日整理券を先着順で配布します
※入場はあらかじめ予約していくとスムーズです
※13歳未満のお子様の入場は可能ですが、アトラクションはご利用いただけません