Report

ロマンポルノ「牝猫たち」がロッテルダム映画祭へ!白石監督、井端珠里他初日舞台挨拶に登壇

ロマンポルノ「牝猫たち」がロッテルダム映画祭へ!白石監督、井端珠里他初日舞台挨拶に登壇

日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」が、生誕45周年を迎え、これを記念して新作製作とクラシック作品の活性化をあわせた横断的なロマンポルノ・リブート・プロジェクトがスタートしている。 塩田明彦、白石和彌、園子温、中田秀夫、行定勲という日本の映画界を牽引している個性的な5人の監督による完全オリジナル新作が2016年11月より順次公開。第1弾は行定勲監督、板尾創路主演『ジムノペディに乱れる』、第2弾は塩田明彦監督、間宮夕貴、永岡佑の主演で『風に濡れた女』が公開され、従来のロマンポルノファンは元より、若年層、そして女性を中心にファンも拡大し、好評を博している。
そして1月14日に待望の第3弾『牝猫たち』が公開された。本作は、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督がメガホンを取った作品。現代社会を逞しく生きる女性のいまをジャーナリスティックな視点で捉え、名匠・田中登監督のロマンポルノ作品『牝猫たちの夜』(72) にオマージュを捧げている作品である。

その公開初日1月14日(土)に、新宿武蔵野館にて白石和彌監督、出演した井端珠里、真上さつき、美知枝、郭智博による舞台挨拶が行われた。

左から白石和彌監督、真上さつき、井端珠里、美知枝、郭智博

左から白石和彌監督、真上さつき、井端珠里、美知枝、郭智博

白石監督は新作ロマンポルノ監督へとの話は、『凶悪』の撮影中に受けたという。「(ロマンポルノの)プロデューサーが『凶悪』を一緒にやっていて、撮ってる時に、“どうですか?”と聞かれ、“やりま~す”って。いざやろうとした時に、日活さんの金看板であり、様々な巨匠、傑作があるロマンポルノを作っていいものかどうか悩みました。」と当時の複雑な胸中を語った。
今作は池袋が舞台となっていたことについては、「僕が20歳前後のころに、所沢に住んでいて、池袋で良く遊んでいたので…初めて行った風俗も池袋という縁で…」と多感な時期に過ごした場所を設定したことを説明。主演の井端珠里のキャスティングについて、「実は10年前に、若松さんの『17歳の風景~少年は何を見たのか』で、僕が助監督やっていて、ワンシーンだけ、撮影も10分くらいで終わった撮影でご一緒していて。だから来てくれた時に一発で決めました。」と経緯を説明すると、井端は「実は会ったことを覚えてなかった。」とコメントすると、会場は爆笑に包まれた。

mesuneko_roman

出演が決まった時のキャストの感想として、井端は「ロマンポルノの新作が5人の監督が撮るのは知っていたんですが、誰がやるんだろうと思っていたので、自分が決まった時には小躍りして喜びました。」と話すと、真上は「行定組のオーディションを落とされた後、白石監督の作品の中に23歳のシングルマザーの役があるから、受けてみないかと言われて受けました。まさか受かると思ってなかったので。当時映像経験もゼロ、芝居もできなかったので、まさかと思いました。」と行定監督作品は叶わず、白石監督に見染められてこの作品に出演となったというエピソードを披露した。
美知枝は出演が決まり、「撮影中、台本が自分だけ変更になり、不妊というキーワードが加わっていたんです。実は“不妊症”というテーマを盛り込みながら役づくりをしていたので、新しい台本をもらった時にシンクロして奇跡だ!と思いました。」と役に呼ばれたような感想を披露していた。

牝猫たちs30.278_s

印象に残っているシーンについて井端は、緊縛シーンをあげ、「痛くて、苦しくて…泣いちゃったのも、母からは出ることを嫌がられていたこともあり、子役からやっていたので、その子役で始まった自分との決別ということ、そして初の主演とか、脱ぎがあるとか、いろいろな覚悟を持って臨んだ作品だったので、そんな緊張の糸が多分はじけた瞬間だったのかなって。その時、白川和子さん(SMクラブのマダム 役)に抱きしめてもらって『これからはあなたたちの時代だから頑張るのよ』と声かけて頂いたことは一生忘れませんし、私達が日活ロマンポルノを引き継いでいくじゃないですけど、主演を飾る重みを感じました。」と主演の重圧に耐えながらも、女優魂を持って体当たりで挑んだ作品だと改めて感じるコメントだった。
引き籠り役を演じた郭のエピソードに「前張りを初めてしたんですけど、何回も前張りをしている僕の友達“生田斗真”に撮影の前日に電話してアドバイスをもらいました。一言『全剃りって!』と暴露すると、監督も全剃りは知らなかったとキャスト、会場ともに意外な発言に盛り上がりを見せた。

OK_DSC00809_s

また、公開初日にビックニュースが届いた。第46回ロッテルダム国際映画祭ディープフォーカス部門に正式招待を受け、今月末にインターナショナルプレミアが行われる。 ニュースを受けて井端は「正式招待をとてもうれしく思います。キャスト、スタッフの想いが詰まったこの作品が、海を渡って、日本の現代で巻き起こる問題をテーマにした作品が、ヨーロッパでどう受け入れられるかとても興味があります。」とコメントした。

牝猫たちs7.022_s

最後に、井端は「日活の女性スタッフが中心となって、女性も楽しめる作品をこのプロジェクトで作っているので、女性に観てほしい」とアピールすると、白石監督は「今回5本作られているので、全部観てその中からお気に入りの1本を探してほしいです。このリブート企画を今後もやることが、再スタートした意味だと思います。この企画を皆さんで大きくして頂けばと思います。」と、今後のリブートプロジェクトの未来へ期待を込め締めくくった。

取材・文 / エンタメステーション編集部

映画『牝猫たち』

1月14日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

mesu_05

監督・脚本:白石和彌
キャスト:井端珠里 真上さつき 美知枝
音尾琢真 郭智博 村田秀亮(とろサーモン)・吉澤健 白川和子(特別出演)
松永拓野 吉村界人 米村亮太朗 ウダタカキ 野中隆光 山咲美花 天馬ハル 久保田和靖(とろサーモン)
2016/日本/84分/5.1ch/スコープサイズ/カラー/デジタル/R18+

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人“牝猫たち”。
呼び出された男たちと体を重ね、そして、また夜が明ける―ワーキングプア、シングルマザー、不妊症…それぞれの悩みを抱えながら、颯爽と現代を生き抜く女たちと、それを取り巻く男たちの物語。『凶悪』(14)、『日本で一番悪い奴ら』(16)に続き、白石和彌監督がオリジナル脚本で挑んだ初ロマンポルノ作品。現代社会を逞しく生きる女性のいまをジャーナリスティックな視点で捉え、名匠・田中登監督のロマンポルノ作品『牝猫たちの夜』(72) にオマージュを捧げている。
オフィシャルサイトhttp://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/


白石和彌監督作品
映画『凶悪』