Review

Mr.Childrenが「ヒカリノアトリエ」で描いた虹の絵【前編】

Mr.Childrenが「ヒカリノアトリエ」で描いた虹の絵【前編】

ヒカリノアトリエ。

この8つの文字は、8人のミュージシャンが集合した時、彼らを指して使われる言葉である。彼らとは、Mr.Childrenの4人、桜井、田原、中川、鈴木と、Keyboards & Back VocalのSUNNY、Saxophoneの山本拓夫、Trumpet のicchie、そして、Accordionの小春だ(彼女は普段は「チャラン・ポ・ランタン」のメンバーとして活躍している)。

ただ、これをバンド名と解釈しても間違いではないが、正確にはこの8人によるひとつの新たなプロジェクト、「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」を略したものである。  この8人は、2016年の4月15日、山梨を皮切りにツアーに出た。タイトルは「虹」。そう提案したのは田原であり、実は桜井が作っていたとある新曲のデモ・テープのなかに、全体の歌詞はまだまだおぼろげだが、ふと“虹”という単語に関しては、その段階からある程度の確信のもとにメロディにあてがい、歌っていたものがあったのだ。それを印象深く思っていた田原が、ふと思い出し、「虹」はどうかと提案した。
ところが初日の前日の4月14日の21時26分。熊本で大きな地震が発生する。このあと、4月22日に宮崎、24日には佐賀での九州公演が控えていた。このまま開催していいものだろうか。メンバーとスタッフは苦慮した末、宮崎公演の前日、予定通りやることを決定し、発表する。

当然、被災して来れないファンもいたし、賛否両論あった(もしかしたら否のほうが多かったかもしれない)。でも彼らは、目に見えないものをネガティブに抱え込むより、目に見えるポジティブなことのため、迷わず行動することを選ぶ。自分達の音楽を聴きたい人がそこに一人でも居る以上、出向いていくことにする。


そんな時、「曲を書かないか?」という依頼が舞い込むのだ。その結果、完成したのが「ヒカリノアトリエ」という新曲で、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌として、2016年10月3日からお茶の間に流れ始めることになる。
彼らのツアーの後半戦は、大幅にセットリストをチェンジした内容で、9月21日の岩手から再開される。この後半のひとつの目玉は、「ヒカリノアトリエ」も生で演奏されることだった。
聴いてみて、まず印象的だったのは冒頭部分だ。もちろん、ここが毎朝、テレビが流れていたわけだから、それもあってのことだ。雨上がりに七色の虹が掛かった風景が、まず歌われている。でも間髪入れず、この歌の主人公は、景色に見とれるわけではなく、“そんな単純じゃない”と、自問してみせるのだ。桜井らしいといえば桜井らしい展開だなぁと、そう思ったものだった。

今回、彼のソングライティングにおいて特徴的なのは、成るようにして成った、という部分が大きいことである。何気なく作りかけていたデモ・テープ。そこに具体的なものじゃなく、練っている途中の粘土のように、不確かな形で降りてきた、言葉以前の音たち(これを“ホニャララな状態”と表すこともある)。しかし「虹」という一文字だけは、既に具体性をもっていたというのは啓示というか天命のようでもあり、むしろそのことを、作者の桜井以上に客観的に感じたからこその田原の提言でもあったのだろう。

熊本の震災に際して、彼らが考えたこと。特に桜井が、そのあとの日々の指針とすべく選び取った、目に見えるポジティブなものを信じようとする姿勢。そしてそれを、表現者として今、“居るべき場所”に例えるなら、ゆめゆめそれは“影の住処”などじゃなく、“ヒカリノアトリエ”に他ならないという整合…。
そしてこれが、さきほども紹介したが、正式名称的には「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」というひとつのプロジェクトであるなら、作品化にあたって音を響き合わすのは、この8人に他ならないわけで、つまりこれらのことを指して、今回の作品は成るようにして成った、と、そう言いたいわけである。

さて、文章の後半では、さっそくTFCC-89625 について、♪のひとつも聞き逃さず、紹介していくことにしよう。TFCC-89625とは、「ヒカリノアトリエ」を筆頭に、5曲のライブ・バージョンを含む、2017年1月11日にトイズファクトリーからリリースされた、彼らの新しい作品のCD番号である。

文 / 小貫信昭

ライブ情報

Mr.Children Hall Tour 2017
ヒカリノアトリエ

3月 4 日 ( 土 ) 【東京】オリンパスホール八王子
3 月 8 日 ( 水 ) 【広島】広島文化学園 HBG ホール
3 月 10 日 ( 金 ) 【福岡】福岡サンパレス
3 月 16 日 ( 木 ) 【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール
3 月 18 日 ( 土 ) 【三重】三重県文化会館大ホール
3 月 22 日 ( 水 ) 【東京】NHK ホール
3 月 23 日 ( 木 ) 【東京】NHK ホール
3 月 30 日 ( 木 ) 【長崎】長崎ブリックホール
4 月 1 日 ( 土 ) 【鹿児島】鹿児島市民文化ホール
4 月 7 日 ( 金 ) 【石川】金沢歌劇座
4 月 8 日 ( 土 ) 【富山】富山オーバード・ホール
4 月 13 日 ( 木 ) 【和歌山】和歌山県民文化会館
4 月 15 日 ( 土 ) 【京都】ロームシアター京都
4 月 20 日 ( 木 ) 【東京】東京国際フォーラム ホール A


Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017

http://tour.mrchildren.jp/dome_stadium/

Mr.Children

1992年ミニアルバム「EVERYTHING」でデビュー。1994年シングル「innocent world」で第36回日本レコード大賞、2004年シングル「Sign」で第46回日本レコード大賞を受賞。「Tomorrow never knows」「名もなき詩」「終わりなき旅」「しるし」「足音 〜Be Strong」など数々の大ヒット・シングルを世に送り出す。これまでに35枚のシングル、18枚のオリジナルアルバム、4枚のベストアルバムをリリース。2017年1月11日にNew Single「ヒカリノアトリエ」をリリース。3月からは全国ツアー「Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」、そして6月からは「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017」の開催が決定している。

オフィシャルサイトhttp://www.mrchildren.jp