Review

音楽への愛と幸福感に包まれる、恩田陸の直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』

音楽への愛と幸福感に包まれる、恩田陸の直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』

Reader Store編成部、甘いものに目がないサトウです。 小説を読んでは「この読み応えは粒あんの瑞々しいタイプ」「この世界観はふわふわシフォンケーキ」とかそんな方向に転がりがち。「この本、読んでほしい」とご紹介をしつつ、ちょっぴり甘味のお話も……。

さて、今回ご紹介するのは恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』。 つい先ほど直木賞を受賞されました!おめでとうございます!
(追記:本屋大賞も受賞されました!おめでとうございます!)

この本は「音楽への愛」が心にじわじわ染みてくる一冊。そして、読み終えた瞬間「音楽、それは神々の技……!」と、猛烈に感動し「音楽って素晴らしいんです」と誰彼構わず訴えたくなってしまいます。


DE16H3101カバーcs6.indd
蜜蜂と遠雷

恩田陸 (著)
幻冬舎

Reader Storeで試し読みができます。
Reader Storeとは?

俺はまだ、神に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。 著者渾身、文句なしの最高傑作! 3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

「蜜蜂と遠雷 音楽集」(ナクソス) 5/19 配信開始(ハイレゾ有)

蜜蜂と遠雷 音楽集
Various Artists

“Mitsubachi to Enrai” Piano Selection[Complete Edition]

「ギフト」か「災厄」か。

『蜜蜂と遠雷』は「ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説」です。いわゆる音楽教育を受けなかった少年、風間塵(かざま じん)。天才と呼ばれたが、母の死以来ピアノから遠ざかった、栄伝亜夜(えいでん あや)。家庭を持つサラリーマン、高島明石(たかしま あかし)。演奏技術とスター性を備えた優勝候補、マサル・C・レヴィ・アナトール。この四人を要に第一次から三次予選、そして本選まで、コンクールは進みます。
物語は、いまはなき音楽家のホフマンが推薦した風間塵の登場から始まります。彼を本物の『ギフト』とするか、それとも『災厄』にしてしまうのかは、我々にかかっている、という不可解なホフマンの推薦文。コンクールを通し成長していく演奏者、他の演奏者によって刺激され生まれる新たな境地。ひたむきで、スケールの大きな音楽への愛。塵は「ギフト」になるのか…「災厄」になるのか…?

まるで、ピアノコンクールに参加しているかのような感覚に陥る

『蜜蜂と遠雷』は、音楽の知識がなかったとしても、読んでいるだけでピアノの演奏を楽しみ、作中の演者の凄さに圧倒されます。読み手はあたかも「コンクール参加者」のようにはらはらドキドキ、コンクールを体験しているかのように、ピアノを愛し、音楽を愛し、作中人物たちと共に涙を流す。そして「ピアノコンクールって楽しい」とすら感じてしまう。恩田陸さんの見事な筆さばきに完全にのせられてしまうのです。
登場するピアノコンクールの演奏者とその関係者、彼らはみな、音楽を心から愛し、それが感動を生み出すのです。彼らの音楽への強い思いは願いであり、祈りでもある。本気で対峙しているからこその深い愛。それを描く恩田陸さんの、音楽への並々ならぬ愛情は小説世界を通し読者にまで及び、たとえようもない幸福感で包まれるのです。

『蜜蜂と遠雷』を読んだら、こちらもおすすめ!

“あたかも体験したかのような感動”を与えてくれる小説といえば三浦しをんさんの『風が強く吹いている』もあります。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく駅伝。駅伝を走ったことがなくても、走者に感情移入して「走ること」に涙してしまう、純度100パーセントの疾走青春小説です。

BT000013374900100101_tl
風が強く吹いている

三浦しをん (著)
新潮社


『蜜蜂と遠雷』で読書による音楽を楽しんだ方には宮下奈都さんの『羊と鋼の森』もぜひ!『羊と鋼の森』は調律師の視点からピアノと音楽を描いた小説。ピアノの音を整える調律師がいかに演奏者を支えているのかが透明感ある文体で静かに力強く描かれ、ピアノの音色に魅了されます。

LT000045593000502862_tl
羊と鋼の森

宮下奈都 (著) 
文藝春秋


Reader Storeで試し読みができます。
Reader Storeとは?


そして、くらもちふさこさんのコミックス『いつもポケットにショパン』も!『蜜蜂と遠雷』とこのコミックスではいくつか共通があります。キーワードは「茶色の小瓶」、そして幼少時の「アーちゃん」という呼び名。『いつもポケットにショパン』もピアノと幼なじみのエピソードがポイントになるお話です。幼なじみと音楽、最高です。

LT000021957000370704_tl
いつもポケットにショパン  1巻

くらもちふさこ (著)
集英社


Reader Storeで試し読みができます。
Reader Storeとは?


音楽への愛『蜜蜂と遠雷』、そして甘味

『蜜蜂と遠雷』を読みはじめた時、「これは、なんだかすごい……」と期待がふくらみ、話の面白さにぐんぐんひきつけられ、そして最後、音楽への愛が心にしみいるように広がりました。

……と、そのとき、私は気づいてしまいました。似てる。あれに似てる。あのどら焼きに。そう、愛がしみていく幸福感、巌邑堂のどら焼き! それは静岡県浜松市にある和菓子屋さん。巌邑堂のどら焼きは黒糖の風味が効いたしっとり生地のおいしい皮とあんこの一体感が絶妙な、本当に美味しいどら焼きです。パクっとひとくち、おやっと驚き、パクっとふたくち、じいんとしみる、パクっとみくちで、美味い! まるごと一個食べきって、唐突に「愛されている!」と感じたのです。このどら焼きは愛されている。これは、どら焼き好きな人が、真剣に、考えに考えて生み出した大切などら焼きなのだと。そしてこの「愛」はどら焼きを通して私にまで及び、幸福感に包まれたのです。

愛に満たされたものにふれると、人はおのずと幸せな気持ちになります。『蜜蜂と遠雷』を読むとこのうえない幸福感に包まれるのです。恩田陸さん、こんなに素晴らしい小説を読ませてくださって、ありがとうございます!ああ、楽しかった。

コンシェルジュ・プロフィール
sato

サトウユウコ

物語と甘いおやつが大好物です。小説を読んでは「この読み応えは粒あんの瑞々しいタイプ」「この感触はふわふわシフォンケーキ」とかそんな方向に転がりがち。海外古典文学から、現代ミステリー、ロマンス小説までジャンルはいろいろ。本を読むって楽しいですね。