『FFXV』が提供する新時代のゲーム体験  vol. 2

Report

『ファイナルファンタジー』初のオープンワールドという挑戦

『ファイナルファンタジー』初のオープンワールドという挑戦

全世界でのパッケージ出荷本数とダウンロード版の販売本数が600万本を突破し、さらにはダウンロードコンテンツの配信、ゲーム内の写真撮影機能を使ったSNSでのスナップショットコンテスト開催と、発売後も展開が刺激的な『ファイナルファンタジーXV』(以下、『FFXV』)。国民的、世界的ロールプレイングゲーム(RPG)である『ファイナルファンタジー』(以下、『FF』)シリーズの最新ナンバリングタイトルである本作は、『FF』らしい美麗グラフィックとシリーズ初のオープンワールド形式という挑戦で、発売以降SNSでも話題となっている。本稿では、オープンワールドというジャンルに慣れていないプレイヤーでも迷わずにプレイを進めることができる『FFXV』の魅力について触れていく。記事の最後にはディレクターである田畑端さんを直撃した質問コーナーもあるので、ぜひ最後まで目を通してほしい。また、田畑さんへの一問一答については、『FFXV』の世界設定の新しさを紹介した別記事でも掲載しているので、こちらも併せて確認していただきたい。

取材・文 / 村田征二朗


FINAL FANTASY XV (通常版)

2016年11月29日発売 ¥9,504


狩りに釣りにダンジョン潜り……の寄り道三昧

 オープンワールド。文字通り開かれた世界を冒険し、旅して回ることが魅力であるこのジャンル。海外ではかなりメジャーですが、日本国内だとまだ馴染みが薄いという人も多いのではないでしょうか。日本のRPG(JRPG)と言えば、王様から勇者に任命されることに始まり、行く先々で巻き起こる事件に従って街から街へと旅をする、といったように、決められた道をなぞっていくスタイルが伝統的です(さすがにここまでコテコテのものはもはや珍しくなっていますが)。これに対し、オープンワールドではクエストやダンジョンなどの攻略要素がゲームの中にちりばめられており、それをプレイヤーが自由に選択して遊んでいく、という形式になっています。そして、JRPGの金字塔である『FF』シリーズ最新作の『FFXV』は、JRPGとオープンワールドを組み合わせたまったく新しいゲームなのです。

 オープンワールドの魅力、醍醐味と言えば、メインストーリーを進めるうえではまったくクリアする必要のないサブクエストの豊富さです。『FFXV』もオープンワールドらしく寄り道要素が豊富で、モンスターの討伐や人探しなどの伝統的なものから、釣りや車のカスタマイズパーツ集めなど、本作ならではのユニークなものまで、幅広いクエストが存在します。

 もちろん、これらのクエストはクリアしなくてもプレイするうえで問題はないのですが、報酬として経験値やゲーム内通貨のギル、さらに装備品などをゲットでき、結果的に攻略が楽になるため、本編のストーリーそっちのけでクエストを進めてしまうことも珍しくありません。とくに、モンスター討伐クエストである“モブハント”は数が豊富なこともあって、シンプルながら相当な時間遊べてしまいます。

▲モブハントは初回クリア時の報酬が高く、多額のギルやアイテム欲しさについつい進めてしまいます

▲モブハントは初回クリア時の報酬が高く、多額のギルやアイテム欲しさについつい進めてしまいます

 モブハントは、ギルやアイテムといった報酬を得るために決められた場所で特定のモンスターを倒していくもので、このクエストは各地のレストランで受注していくことになります。レストランごとに異なったクエストが存在しますが、当然ながらすべてのクエストが最初から選択できるわけではなく、モブハントをこなしていくことで上昇する“ハンターランク”がクエストに設定されたランク以上にならないと、クエストを受注することはできません。つまり逆に言えば、モブハントをこなせばこなすほど受注可能なクエストが増えていくのです。そのときに受注できるクエストは全部クリアしてしまおう、という気概で挑むと、各地のモブハントを一通りクリアするころにはハンターランクが上昇し、挑戦可能なクエストが増えている、というモブハントスパイラルが発生するのです!

▲モブハントに挑む際はレストランやキャンプで料理を食べて、パラメーターを上昇させることを忘れずに

▲モブハントに挑む際はレストランやキャンプで料理を食べて、パラメーターを上昇させることを忘れずに

 また、モブハントなどで各地を巡っていると、森の湖などの釣り場が見つかることもあります。釣り場ではミニゲームとして釣りを楽しむことができ、釣った魚から料理や魔法精製の素材を手に入れることができます。『FFXI』や『FFXIV』などのオンラインゲームならばまだしも、よもやオフラインの『FF』で釣りをする日がくるとは夢にも思いませんでしたが、魚を釣り始めてみるとこれがなかなかに力の入ったミニゲームとなっています。

▲この画面だけ見たら、RPGではなく釣りゲームなのでは? と、つい思ってしまいます

▲この画面だけ見たら、RPGではなく釣りゲームなのでは? と、つい思ってしまいます

▲ライン(釣り糸)、ルアー、ロッド(釣り竿)、リール、と釣り用の装備品も豊富です

▲ライン(釣り糸)、ルアー、ロッド(釣り竿)、リール、と釣り用の装備品も豊富です

 釣りはモブハントほどお金やアイテムを得られるわけではありませんが、釣れる魚が全100種類というとんでもないボリュームなので、旅の寄り道気分を味わいたい人にとってはまさにうってつけの要素となっています。世界の騒動そっちのけで釣り場を探して世界を駆ける、そんな遊びかたもできてしまうのです。

▲シリアスな状況で釣りだなんて……と最初は眉をひそめがちですが、大物が釣れたときにはやはりうれしくなってしまうのです

▲シリアスな状況で釣りだなんて……と最初は眉をひそめがちですが、大物が釣れたときにはやはりうれしくなってしまうのです

 そして、オープンワールドのみならずRPGにおける探検と言えばダンジョンです。メインストーリーで訪れるダンジョンもありますが、『FFXV』のダンジョンの多くは攻略するかしないかはプレイヤー次第となっています。ダンジョン自体は案外サクッと最奥まで進めるボリュームですが、ダンジョンの奥で待ち受けるボスとも呼べる巨大モンスターとの戦いは熾烈を極めます。メインストーリーでは出会うことのない強敵と戦うことができるので、ストーリー上の戦いでは物足りないという人には持ってこいの腕試しでしょう。

▲見た目の迫力も戦闘力もそんじょそこらのモンスターとは桁違い!

▲見た目の迫力も戦闘力もそんじょそこらのモンスターとは桁違い!

 モブハントや釣りのほかにもさまざまな寄り道クエストがあり、それらのクエストをこなしていくとモンスターとの戦闘を重ねるよりも多くの経験値を得ることができるため、レベル上げも捗ることこのうえありません。これも大きな特徴のひとつですが、なんと本作、経験値を稼いだだけではレベルは上昇しません。と言うのも、宿やキャンプに宿泊することで初めて経験値が“精算”され、そのときに経験値が一定以上貯まっていればレベルアップができるのです。しかも、キャンプの場合は経験値は等倍で精算されますが、お金を支払って泊まる宿の場合、経験値に倍率がかかり、より効率よくレベルアップを進めることができてしまいます。

▲経験値が2倍で精算されるという魅力的な宿もありますが、宿泊費も10000ギルと非常に高額。成長を取るか懐事情を取るかで迷うところです

▲経験値が2倍で精算されるという魅力的な宿もありますが、宿泊費も10000ギルと非常に高額。成長を取るか懐事情を取るかで迷うところです

 このように書くと経験値に倍率のかからないキャンプにはメリットがないようにも思えますが、キャンプの場合は素材とレシピさえあれば無料で料理を食べることができるので、経験値を精算するときは宿を、モブハントなどで強敵に挑む場合はキャンプを利用する、と状況に応じた使い分けが重要になります。

▲各地のレストランで食事をしたりレシピを買ったりして、キャンプ料理のバリエーションを増やす楽しみも

▲各地のレストランで食事をしたりレシピを買ったりして、キャンプ料理のバリエーションを増やす楽しみも

 ひたすらメインストーリーを追うも良し、モブハントを重ねてハンターとして鍛錬を積むも良し、はたまた各地の釣り場を探求して釣り人ライフを満喫するも良し、とプレイヤーによって異なるプレイスタイルが生まれるというオープンワールドの醍醐味は魅力と言えます。ストーリー中盤以降は物語の進行を重視した進行スタイルになりますが、合間合間でオープンワールドの舞台に戻ることもできるので、中盤以降でもやり残したことにチャレンジできるというのはうれしいポイントです。

思いがけず強敵に出会うスリル

 さて、オープンワールドということで広い世界を車やチョコボに乗って走り回るのも楽しみのひとつですが、道中での予期せぬ強敵との遭遇が旅のスパイスとなっています。『FFXV』の世界では夜になると“シガイ”と呼ばれるモンスターが出現するようになり、人々は明かりのない外を出歩くことができないのですが、このシガイがもう尋常じゃない強さ! ゲーム序盤で遭遇した場合、全力で逃亡しないと全滅待ったなしというほどの脅威なのです。

▲ゲームを始めたばかりのプレイヤーにシガイの恐ろしさを教えてくれる“鉄巨人”先生。序盤は本当にボコボコにされます

▲ゲームを始めたばかりのプレイヤーにシガイの恐ろしさを教えてくれる“鉄巨人”先生。序盤は本当にボコボコにされます

 これはRPGの醍醐味でもありますが、ゲームを進めてパーティを強化していけば、鉄巨人をはじめとした強力なシガイたちも楽々倒せるようになり、シガイは経験値が高いぶん、そのうち鴨が葱を背負って来た”格好の獲物”状態になっていきます。……が、調子に乗ったころにさらに強いシガイが出てきてプレイヤーをボコボコにしてくれるため、ゲーム世界の人々が感じる夜の脅威をリアルに実感することになったりします。また、強敵のサプライズ登場は夜中のドライブに限ったことではなく、森の中や川沿いなどを散策していると、段違いにレベルの高いモンスターに遭遇することもあります。逆にこういった強敵を求めて世界を旅するというのもプレイスタイルのひとつでしょう。

▲どデカいモンスターはプレイヤーの狩猟本能を刺激してくれます。ただし、なめてかかるとこちらが狩られる羽目に

▲どデカいモンスターはプレイヤーの狩猟本能を刺激してくれます。ただし、なめてかかるとこちらが狩られる羽目に

 ふと訪れた新天地で、尋常じゃない強さの敵に遭遇してボコボコにされて全滅、というのはRPGではよくある話ですが、そういったかけ離れた強さの敵とも、料理によってHPや攻撃力・防御力を数割アップしたり、敵がダウンしやすいアクションを狙ったり、味方との連携を駆使することで互角以上に戦うことができます。レベルの違いをプレイヤーの工夫しだいで埋めることができるというのも、プレイヤーが味わえる魅力のひとつでしょう。

▲事前準備さえしておけば、こんな超巨大モンスターとの戦闘も満喫できます

▲事前準備さえしておけば、こんな超巨大モンスターとの戦闘も満喫できます

初のオープンワールドとしても遊びやすい誘導性

 オープンワールドのプレイで行き詰まった人からは、「何でもできすぎて、逆に何をしたらいいかわからない」という意見が多く、確かにJRPGと比べるとプレイヤーへの誘導がそこまでないのもオープンワールドの特徴です。しかしその点、JRPGとオープンワールドの融合とも言える『FFXV』は、やるべきことや行くべき場所がわかりやすいため、オープンワールドというジャンルに不慣れな人はもとより、ゲームをそんなに遊ばない人でも迷うことはほとんどないであろうという作りになっています。

 先ほども書きましたが、オープンワールドの醍醐味はプレイヤーごとに異なったゲーム体験が生まれることであり、多様なクエストによって幅広い体験を提供している『FFXV』のオープンワールド部分は、それを達成していると言えます。『FF』というJRPGの代名詞的存在であるシリーズで、これだけオープンワールドの要素を取り入れたというその挑戦は評価に値するのではないでしょうか。今後のアップデートによってさまざまな要望が反映され、『FFXV』のゲーム体験がよりグレードアップすることに期待です。

 本稿ではオープンワールドとしての『FFXV』に触れてきましたが、サブクエストの進行やダンジョン攻略でもプレイのアクセントとなるのはもちろん敵との戦闘です。別の機会では、”自動”と”能動”が同居した『FFXV』独自の戦闘について語らせていただきます。


『FFXV』ディレクター・田畑端さん直撃! 一問一答!

 『FFXV』にまつわる疑問や質問をディレクターの田畑端さんに訊く本コーナー。今回は、プロンプトのカメラに関する質問や、ダウンロードコンテンツ(DLC)展開についての質問などをさせてもらいました。


『FFXV』制作にあたって、もっともこだわったこと、意識したことはなんでしょうか?

開発するうえでこだわったのは、PlayStation®4/Xbox One以上の高性能ハードでしか開発できないゲームにすることです。

DLCでコスチュームや武器を配信する予定はありますか?

あります。続報をお待ちください。

今後、DLCなどで歴代の『FF』作品や他作品とのコラボを行う予定はありますか?

歴代『FF』の楽曲を聴けるようにしたことが最大のシリーズコラボだと考えていました。これ以降には、まだ明確な予定はありません。

プロンプトはいつごろから写真を撮っているのでしょうか?

小学生の頃から撮っているらしいです。

プロンプトの撮影した写真の保存枚数は現時点で150枚となっていますが、保存枚数の上限を増やす予定はありますか?

多くの要望があり、検討しています。当初はプレイヤーの保存容量を圧迫するため、150枚に制限していました。

ノクティスのシフトアクションは非常にユニークですが、このアクションはどういった経緯で誕生したのでしょうか?

もともと前身のタイトルで企画されていたアクションです。『FFXV』では気持ち良さと戦術性とを両立するアクションとしてデザインしました。


 “高性能ハードでしか開発できないゲームにする”というシンプルながらハードルの高いこだわりは、作中のハイレベルなグラフィックや、敵味方が入り乱れて戦うバトルの随所に見ることができ、そこにこだわったからこそ、『FFXV』が現在のようなかたちになったのだと感じさせてくれます。

 また、写真の保存枚数の増加が検討されているというお話も、ストーリーを進めていくだけでも何気ない日常の風景からスタイリッシュなバトルシーンまで、多くの写真が保存され、スナップショットコンテストが開催されたことで撮影する枚数がさらに増えていくことを考えると、多くのプレイヤーにとって朗報ではないでしょうか。倍とはまではいかないかもしれませんが、近いうちに保存枚数が増えることに期待したいところですね!

001

ファイナルファンタジーXV公式サイトhttp://www.jp.square-enix.com/ff15/

© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

vol.1
vol.2
vol.3