Interview

SHE'Sはピアノロックバンドのアイコンとなり得るか?ポップと創意を持ち合わせる彼らに訊く

SHE'Sはピアノロックバンドのアイコンとなり得るか?ポップと創意を持ち合わせる彼らに訊く

SHE’Sのメジャー1stアルバム「プルーストと花束」は、2017年のバンドシーンを代表する1枚になると断言したい。UKロック、USロックのエッセンスを感じさせるグッドメロディ、生々しい感情と文学的な匂いを共存させて歌詞、楽曲の魅力をしっかりと際立たせるアンサンブル。本作によって彼らは、カラフルなポップ感と豊かなオリジナリティを併せ持つロックバンドとして、幅広いリスナーの支持を得ることになりそうだ。シングル「Morning Glow」「Tonight/Stars」を含む本作について、メンバー4人に聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 森崎純子


ピアノロックバンドのアイコンになりたいという気持ちも強いんですけど、それだけではないというか

1stフルアルバム「プルーストと花束」がリリースされました。1stシングル「Mornig Glow」、2ndシングル「Tonight/Stars」をはじめ、質の高い楽曲が揃った作品だと思いますが、手応えはどうですか?

井上竜馬(Vo&Key) 完成したとき、自分のなかで「いろんなバラエティの曲が出来たな」と思ってたんですよ。聴いてくれた方も同じように感じてもらえてるみたいなので、イメージ通りのアルバムが作れたなという手応えはありますね。

広瀬臣吾(Ba) これはいつものことなんですけど、好きな曲も人によってバラバラなんですよ。

井上 でも、今回は「グッド・ウェディング」が人気じゃない?

木村雅人(Dr) 圧倒的かも。

井上 ラジオとかに出させてもらって、2曲かけてもらうとするじゃないですか。1曲はリード曲の「Freedom」で「もう1曲、何がいいですか?」って相手の人に聞くと「グッド・ウェディング」をかけたいって言ってもらうことがすごく多かったので。

「グッド・ウェディング」、インパクトありますからね。“元カノの結婚式に出席する”という切ない歌なのに、サウンドはめちゃくちゃ楽しいっていう。

井上 そうですね(笑)。

井上竜馬(Vo.)

井上竜馬(Vo.)

広瀬臣吾(Ba.)

広瀬臣吾(Ba.)

メンバーそれぞれのプレイヤーとしての個性もすごく際立っていると思います。服部さんのギターもこれまで以上に存在感があって。

井上 確かにギターソロは多いよな。

服部栞汰(G) 多いし、長いし(笑)。「Ghost」のアウトロもかなり長いギターソロなんですけど、(井上が)「最後はギターソロでフェイドアウトしたい」って言ったんですよ。90年代っぽい感じもあるけど、それがすごく楽しくて。

ハードロック・テイストですよね。

服部 自然にやったらそうなるというか。もともと好きですからね。

広瀬 そうやな。

木村 リズムもいろんな種類があるんですよ、今回。シャッフルだったり、16ビートの細かいフレーズだったり、スウィングしている曲があったり。ドラム的にもいろんなバリエーションを入れられたというか、曲にあったリズムを組み込めたと思うし、一皮むけた感じもありますね。

広瀬 今日はよくしゃべるな(笑)。

(笑)。SHE’Sは“ピアノロックバンド”を打ち出していて。確かにピアノはひとつの軸になってますが、それだけに捉われない幅広い音楽性を持ってますよね。

井上 ゆくゆくは「SHE’Sはロックバンドです」という紹介でいいと思うんですよ。もちろんピアノロックバンドのアイコンになりたいという気持ちも強いんですけど、それだけではないというか。メンバーの個性だったり、いろんなジャンルの要素が集まっていけば、もっと幅も広がるだろうし。サラダボウルみたいな感じというか。

服部 ん?

井上 いろんな野菜が入ってる、みたいな? いや、違うな。ビュッフェかな。

広瀬 ムリして食べ物に例えなくていいから。

井上 (笑)。「いろいろな要素があるけど、どれを聴いてもSHE’Sだな」と思ってもらえるのがいちばんいいと思うんですよ。ピアノにこだわりすぎると、そこに縛られる部分も出て来るかもしれないですからね。そうならないように、いまから種まきをしておきたいなって。

アレンジはどうやって組み立てるんですか?

井上 僕がデモを作ることが多いんですけど、あとは基本的にメンバーに丸投げですね。たとえば「Say No」のBメロの裏に入ってるギターのカッティングは、栞汰に任せてるんですよ。ニュアンスは伝えるけど、具体的なフレーズは考えてもらって。ベースのことはわからないので、ほぼ丸投げですね。

広瀬 ホントに丸投げです(笑)。自由にやるのが好きなので、全然いいんですけどね。あと、今回のレコーディングで「自分の好きな音はこれやな」っていうのはやっと見つかってきて。いままでは「曲に合っていれば何でもいい」という感じだったんですけど、そこは変わってきましたね。いちばん理想的な音は「Say No」のベースなんですけど、次回はもっといい感じで録れるんじゃないかなと。

井上 そういうことも大事ですよね。ストレイテナーとかNothing’s Carved In Stoneとかもそうですけど、音に個性があるバンドはカッコいいなと思うので。

自分のことが元になってる曲ばかりだから「自己中になってないかな?」ってちょっと心配してたんですけど

歌詞についても聞かせてください。今回のアルバムの楽曲は、井上さんの過去の記憶のなかにある光景に焦点を当てながら書かれたそうですが、どちらかというと負の感情にフォーカスしている印象もあって。身を削るような感覚もありました?

井上 うん、それはありましたね。自分のなかのイヤな部分、見たくないところ、忘れたいと思っているようなことを見つめ直してみようと思ってたので…。楽しいとは思わなかったですね、やっぱり。

過去のイヤな思い出に向き合おうと思ったのは、どうしてですか?

井上 どれだけ理想を求めていても、昔の自分を隠したままにしておいたら、結局は同じことを繰り返してしまう気がして。それがイヤだったら、このタイミングで過去の自分としっかり向き合いたかったんですよね。音楽的な意図というよりも、“ひとりの人間として”という意味合いが大きいと思います。

なるほど。勇気がいる作業ですよね、それは。

井上 「勇気より覚悟が大事だろう」って歌ってますけどね、「Stars」では(笑)。でも、ホントにそういうことだと思います。

過去の自分と向き合いながら「プルーストと花束」というアルバムを作り上げたことで、井上さん自身にも変化がありました?

井上 すごくスッキリしました。自分のことが元になってる曲ばかりだから「自己中になってないかな?」ってちょっと心配してたんですけど、客観的に聴いてみると、全然そんなことなくて。そこも良かったと思いますね。

広瀬 SHE’Sを結成してから今まで、歌詞の傾向が少しずつ変わってきてるんですよ。そういうことを感じると「彼(井上)も変化してるんやな」って思いますね。初期の頃はそれこそ自己中というか、もっとエゲつなかったので。

井上 暗かったよな。

服部栞汰(Gt.)

服部栞汰(Gt.)

木村雅人(Dr.)

木村雅人(Dr.)

最初の頃って英語詞でしたよね?

井上 そうですね。CDを作るようになる前の話ですけど、暗いことを歌ってるのに、生々しい部分を見られたくなくて英語にしてたんです。日本語で歌詞を書くのって、それこそ勇気が要ることだったので。

それがいまは全て日本語の歌詞になって。

広瀬 大人になりましたよ。

井上 親か(笑)。

広瀬 (笑)前は思ってることをそのまま出してるような感じだったんですよ。いまはそこに冷静さが加わって、一歩引いた目線も感じるので。

井上 そうかも。「パレードが終わる頃」とか「プルースト」は比喩的な表現をしてるんですけど、それも「いままでとは違う書き方はないかな」と探した結果なので。「遠くまで」(3rdミニアルバム「She’ll be fine」収録)の頃は勢いで書いてるところもあったんですけど、今回はそうじゃない表現も出来たかなって。

木村 わかりやすくなったなって思いますね。初めて聴いた瞬間から、歌詞を理解できるというか。

広瀬 …歌詞、覚えてないやろ?

井上 (笑)最近、コーラスをやるようになったから、その部分だけは覚えてるけどな。

木村 いやいや、曲を初めて聴いたときの話やから。

服部 確かに歌詞はわかりやすくなったと思いますね。

井上 あ、そう?

服部 うん。前はもっと難しい言葉を使ってたから。いまの歌詞はいい意味でわかりやすいし、誰にでも共感してもらえると思うので。メロディもさらにキャッチ—になってるし。

井上 メロディをキャッチ—にするっていうのは、ずっと意識してますね。洋楽のアーティストとかで、リード曲を聴いて「いいな」と思ってアルバムを買ってみたら、他の曲があまり良くないことってあるじゃないですか。

手触りが違うバンドでありたいという気持ちはありますね

ありますね! 最初の2曲は素晴らしいけど、あとは地味とか。oasisの「モーニング・グローリー」みたいにすべて名曲っていうアルバムもありますが。

井上 そういうアルバムを作りたいんですよ、僕らも。サビのメロディに関しては、いつも2〜3パターン考えるんですよ。それを並べて「うーん」って考えることもけっこうあって。「自分の好みはこっちだけど、キャッチ—なほうを選ぼう」という判断をすることもありますね。

全体を通して洋楽的なメロディですよね。J-POP経由のバンドとは手触りが違うというか。

井上 手触りが違うバンドでありたいという気持ちはありますね。洋メロで日本語の歌詞というバランスも他にはあまりないと思うし。「洋楽っぽい」って思わなくても、ちょっと違う感じのメロディが伝わればいいなって。邦楽バンドが好きな人も「いいな」と思って、洋楽好きな人にもヒットすればいちばんいいですよね。

3月から4月にかけて全国ワンマンツアー「SHE’S One man Tour2017“プルーストの欠片”」が開催されます。「プルーストと花束」をライブでどう表現するか、ビジョンは見えてますか?

井上 まだこれからですね。ありがたいことにプロモーションが忙しかったので、ぜんぜんスタジオにも入れてないので。これからワンマンツアーの準備をしながら、次の制作のための曲も作って……過去最大の山というか、けっこう追い詰められてるんですけど、何とかがんばってます(笑)。

メジャーでやってるバンドらしくなってきましたね(笑)。

服部 やっとメジャーの実感が出てきました(笑)。

木村 そうやな(笑)。

広瀬 きついスケジュールがおもしろくなってるんですよ。

井上 逆境も楽しいですからね。焦ってもしょうがないので。

落ち着いてますね。

井上 もちろん「もっともっと知ってほしい」という気持ちは常にあるんですけど、焦ってもいいことはないので。自分たちが納得できる曲を書いて、長く愛されるバンドになっていきたいんですよね。

SHE'S

SHE’S One man Tour 2017
“プルーストの欠片”

3月4日(土) 広島・セカンドクラッチ
3月5日(日) 岡山・イマージュ
3月11日(土) 福岡・DRUM Be-1
3月17日(金) 札幌・KRAPS HALL
3月19日(日) 仙台・MACANA
3月20日(月・祝) 新潟・CLUB RIVERST
3月22日(水) 金沢・vanvan V4
3月24日(金) 大阪・BIG CAT
3月26日(日) 名古屋・NAGOYA CLUB QUATTRO
4月09日(日) 東京・赤坂BLITZ

SHE’S

木村雅人(Dr.)、広瀬臣吾(Ba.)、井上竜馬(Vo.) 、服部栞汰(Gt.)。
メンバー全員大阪在住の1992年生まれの次世代ピアノロックバンド。「閃光ライオット2012」のファイナリストに選出され、全国から注目を集める。これまでの3年間でミニアルバム3作品リリースし、6月に発売されたメジャーデビュー作「Morning Glow」はiTunes総合アルバムチャート1位を獲得。7月、東名阪CLUB QUATTROで開催された対バンリリースツアーはSOLD OUT。8月にはROCK IN JAPAN FES.2016、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO、WILD BUNCH FEST 2016に出演。全作品のソングライティングを担う井上竜馬(Key/Vo.)が奏でるピアノをセンターに据え、エモーショナルなロックサウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで創り出す。10月19日セカンドシングル「Tonight」を発売。2017年1月25日には待望の1st フルアルバム「プルーストと花束」をリリース。
2017年3月からは赤坂BLITZを含む全10公演のワンマンツアーを行う。

オフィシャルサイトhttp://she-s.info/

SHE’Sの楽曲はこちら