Interview

あくまでもJ-POPの王道にこだわるイトヲカシ。シングル第2作への気概を訊いた

あくまでもJ-POPの王道にこだわるイトヲカシ。シングル第2作への気概を訊いた

ソロでシンガーソングライターとしても活動している伊東歌詞太郎(Vo)作曲家・アレンジャーとしても知られる宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)によるユニット“イトヲカシ”から、メジャー2ndシングルが届けられた。超ストレートな応援歌「さいごまで」(“キットカット”受験生応援キャンペーンソング/「河合塾」TVCMタイアップソング)、イトヲカシ流のバンドサウンドが体感できるアッパチューン「カナデアイ」(TVアニメ「双星の陰陽師」OPテーマ)の両A面による本作には、”J-POPの王道”をテーマに掲げる彼らの魅力がバランス良く表現されている。

取材・文 / 森朋之


ふたりで新しいパワーワードを探していくなかで「最後まで」を思い付いて

昨年9月に1stシングル「スターダスト/宿り星」でメジャーデビュー。以前の取材で「難しいことだけど、J-POPの王道になりたい」とコメントしていましたが、目標に近づいている実感はありますか?

伊東 目標に近づいているかどうは、もう少し後でわかることだと思うんですよ。それよりもまず、目の前にあるものに100%全力を注ぐことが大事かなと。いままでもずっとそうなんですよね。必死に音楽を続けているなかで「あのとき経験したのは挫折だったんだな」とか「あれが転換期だった」ということがわかるので。

宮田 対外的な評価はまだわからないですけど、イトヲカシとしての王道と言える音楽性の主軸はかなり出来上がってきてると思います。今回のシングルの制作でも、自分たちにとっての王道って何だろう? ってふたりで見つめ直すことが出来たし。

伊東 そうだね。しかも、ふたりが思い描いているイトヲカシの王道は、99.9%くらい一致していると思っていて。そういう確信を持てたことも大きいですね。

「さいごまで」は受験生応援キャンペーンのテーマソング。まさに王道の応援歌ですね。

伊東 そうですね。タイアップのお話をいただく前から、ふたりで「すごい応援歌を作りたい」という話をしていたんですよ、じつは。僕らはパワーワードと呼んでいたんですが、サビの頭に強い言葉がある曲を作ってみたいなって。「負けないで」「ありがとう」「大丈夫」といった言葉は既に使われているので、ふたりで新しいパワーワードを探していくなかで「最後まで」を思い付いて。ちょうどその直後に今回の話を頂いたので「任せてくれ!」という気持ちで制作に入れましたね。

宮田 楽曲のコアになる部分がしっかりありましたからね。自分たちのなかに全然ない気持ちを楽曲にするのは苦労するかもしれないけど、今回はすごく自然に制作できました。

伊東 いま彼が言った通り、自分が思っていることじゃないと曲として出せないんです。「さいごまで」は受験生を応援することをテーマにした曲ですが、僕自身も中学受験の経験があるし、大人になってからも家庭教師や塾講師のバイトをやったことがあったから、受験生の気持ちはすごくわかるんですよ。イトヲカシとしては、路上ライブに来てくれたお客さんから「今年受験なんです」と言われることもあって。

宮田 多いんです、ホントに。顔を見て「がんばって」と伝えることもあるし、そのときのやり取りも自分のなかにすごく残っていて。それは演奏や歌詞、歌にもすごく出てるし、上手くパッケージできたと思います。

そう、歌がすごく生々しいんですよね。込められてる感情の量が桁違いというか。

伊東 嬉しいですね、そう言ってもらえると。「最後の扉をこじ開けるんだ!」という気持ちをぶつけるように歌ったので。聴いている人にも伝われば、本当に感無量です。

宮田 受験に限らず、試練だったり、試される場面というのはたくさんあると思っていて。僕自身もそういうときに音楽に励まされてきたし、この曲で背中を教えてあげたいという気持ちもすごくありましたね。ピアノやストリングスのフレーズも聴いてくれる人を奮い立たせるようなものにしたいと思ってました。

血に近い感じで自分たちのなかに流れてると思いますね、J-POP

本当にストレートな力強さを持った曲ですよね。アーティストによっては「真っ直ぐな応援ソングは照れる」みたいなことを言う人もいますが、イトヲカシはそういう感じがまったくないんだな、と。

伊東 あ、そうですね。いま言われて初めて気付きましたけど、確かにそうかも。

宮田 そうだね(笑)。

伊東 声を大にして言いますけど、僕らは松岡修造さんに負けないくらい「応援したい」っていう気持ちがあるんですよ(笑)。やっぱり王道を行きたいし、それを照れることはまったくないので。「ど真ん中ですけど、何か文句ありますか?」っていう。

宮田 真っ直ぐなリリックは受け取りやすいですからね。僕が聴いていた応援歌も直接的なものが多かったんですよ。「負けないで」(ZARD)もそうだし。

本当に王道J-POPが好きなんですね。

宮田 血に近い感じで自分たちのなかに流れてると思いますね、J-POP。いまや伝統芸みたいなところもあるし、誰かが引き継いでいかないと、日本のオリジンがなくなってしまうという気持ちもちょっとあって。

伊東 いまはサブカルチャーと呼ばれるものが増えすぎて、王道が弾かれてしまっていると思うんですよね。音楽好きが王道のJ-POPを聴いていいと思うし、僕らはそこを目指して戦ってる感じもあるので。

イトヲカシさいごまでアー写Sub

「全人類共通して、愛という感情は絶対に持っている」ということだったんです

なるほど。「カナデアイ」はTVアニメ「双星陰陽師」OPテーマ。ロックテイストのサウンドも刺激的でした。

伊東 まさにそこがポイントだったんです。「カナデアイ」の前に別の曲を作ったんですけど、僕が歌詞を書いて、彼がアレンジして、仮歌を入れてふたりで聴いたときに——ふだんは「またスゴイ曲作ったね。俺ら、天才だな」って盛り上がるんですけど——そのときは「イトヲカシってバンドじゃないよね?」という言葉が出てきて。

宮田 「双星の陰陽師」のオープニングテーマとしては成立していたし、疾走感があっていい曲だと思ったんですけど「イトヲカシとしてこの曲をやるのは違うかも」と思って。ちょっとエッジが立ち過ぎてる気がしたんですよね

伊東 そうだね。

宮田 「このアニメのオープニングはアップテンポの曲だな」というのは変わってないんですけど、楽器の編成、アレンジを試行錯誤して、イトヲカシとしてバンド・ライクなアプローチをしたのが「カナデアイ」なんですよね。

あまりにもエッジが立ち過ぎるのは違う?

宮田 そうですね。あと、ふたりでライブをやるときの絵が想像できなくて。「この曲はドラムを入れて、3ピースでやったほうがいいよね」という感じだったので。

伊東 バンド・テイストの曲があってもいんですけど、僕らの主戦場はそこではないですからね。そこがブレちゃうと、自分たちも周りも混乱してしまうかなと。

宮田 その境界線をふたりで共有していることが大事だと思うんですよ。境界線そのものは時期によって移動することもあるだろうけど。

伊東 ポップスの範疇であれば、何でもやってみたいなって。

宮田 そうだね。「カナデアイ」もサウンドはロックなんだけど、ポップスのコーナーに置いてほしいので。

「重ねては離れて/傷つけあった二人/もう一度 行こう」から始まる歌詞も独創的ですよね。“傷つけ合う”というところからスタートするっていう。

伊東 さっきも言いましたけど、やっぱり自分のなかにない言葉は出せないし、歌えないんです。「カナデアイ」に関しては「アニメを輝かせなくちゃいけない」という思いも強かったし、そのためには「双星の陰陽師」の世界観を絶対に入れたくて。ただ、イトヲカシと「双星の陰陽師」の間を取るようなことはしたくなかったんです。そうじゃなくて、両者にしっかり当てはまるポイントを探さなくちゃいけないなって。そういうことを踏まえてふたりで話し合ったんですが、そのなかで出て来たのが「全人類共通して、愛という感情は絶対に持っている」ということだったんですよ。ただ、僕自身は「愛は甘いものじゃない」と思ってるんですねよ。いいときばかりではないし、お互いに傷つけ合ってしまうものだなって。そのうえで「ここからもう一度、行けるのかい?」ということが大事だし、だからこそ「カナデアイ」というラブソングも甘くないんです。「双星の陰陽師」の主人公のふたりもいろいろな出来事を乗り越えなくちゃいけないし…。新たに作った曲にこの歌詞を乗せて、彼とふたりで聴いたときは安心しましたね。イトヲカシらしい良い曲だと思ったし、いつもの感覚に戻ったなって。

“リアルかどうか”と“きれいごとかどうか”は別だと思うんですよね

ラブソングであっても、リアルな気持ちを乗せることを大事にしているわけですね。きれいごとは歌わないというか。

伊東 じつは「おまえが言ってるのはきれいごとだ」と言われることも多いんですけどね(笑)。ただ僕らは本気で「これが伝えたい」と思っていて。

宮田 “リアルかどうか”と“きれいごとかどうか”は別だと思うんですよね。たとえば「さいごまで」もすごくリアルな気持ちを歌ってるんだけど、人によっては「こんなのきれいごとだよ」って思うかもしれないし。

伊東 こんなこと言うと好感度上がっちゃうかもしれないけど(笑)、僕らは芯からきれいなんです!

宮田 イノセントです(笑)。

伊東 音楽活動に対しても「何を夢みたいなこと言ってるんだよ」って言われたりするんですよ。たとえば路上ライブにしても「同じ労力、同じ時間を使って、もっと多くの人にリーチできるのに、なんでそんな効率の悪いことをやってるの?」とか。自分たちとしては、直接、感謝の気持ちを伝えたいからやってるんですけどね。「やりたい」という自分たちの意志を大事にしたいので。

宮田 路上ライブやKUJIROCK(ライブや“鬼ごっこ”でファンと交流するイトヲカシの主宰イベント)もそうだけど、「自分たちはこれがやりたいんです」という意思がなくなったらおしまいだと思うんですよ。そこは堂々とやり続けたいですね。

伊東 いまもどんどん新しい曲を作っていて。本当にいい曲ばかりなので、ぜひ楽しみにしてほしいですね!

ライブ情報

『イトヲカシ second one-man tour 2017』

4月29日 (土) 函館 クラブココア
4月30 日(日) 札幌 PENNY LANE 24
5月07日 (日) 横浜 BAYHALL
5月13日 (土) 仙台 Rensa
5月14 日(日) 水戸 ライトハウス
5月20日 (土) 広島 クラブクアトロ
5月21日 (日) 名古屋 ボトムライン
5月27日 (土) 松山 サロンキティ
5月28日 (日) 高松 DIME
6月02日 (金) 大阪 BIGCAT
6月03日 (土) 神戸 チキンジョージ
6月10日 (土) 福岡 Drum LOGOS
6月11 日(日) 熊本 B-9V1
7月02日 (日) 沖縄 桜坂セントラル
7月09日 (日) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
7月16日 (日) 東京 ZEPP TOKYO

イトヲカシ

伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による、2人組ユニット。
2人は中学時代からの同級生であり、はじめて結成したバンドのメンバー。
卒業後、別々の音楽活動を経て再会し、各々が培った音楽を一緒に発信すべく2012年にイトヲカシを結成。
並行して、インターネットの世界に音楽を投稿、様々なアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をそれぞれが個々で行い、特に動画サイトにおいてその歌声とメロディセンスが大きな話題を呼び、投稿動画総再生数は2,500万、twitterフォロワー数は併せて55万人以上と異例な存在となる。
2012年4月に1stミニアルバム「ホシアイ」(伊東歌詞太郎/レフティモンスター名義)、10月に2ndミニアルバム「音呼治心」、2013年11月に3rdミニアルバム「軌唱伝結」を自主製作にてリリース。
個々の活動を含め4年間の準備期間を経て、満を持して2016年9月21日シングル「スターダスト/宿り星」でメジャーデビュー。

オフィシャルサイトhttp://itowokashi.jp

イトヲカシの楽曲はこちら