Interview

THE BACK HORNと宇多田ヒカルが共鳴。その制作秘話とは?

THE BACK HORNと宇多田ヒカルが共鳴。その制作秘話とは?

宇多田ヒカルとの共同プロデュースによるTHE BACK HORNのニュー・シングル「あなたが待ってる」がリリースされる。シンプルに削ぎ落とされたバンド・サウンドの中で、山田将司(vocal)と宇多田ヒカルが声を合わせて「あなたが待ってると思うだけで もうそれだけであったかい」というフレーズを歌うこの曲は、THE BACK HORNにとってひとつのターニングポイントとなりそうだ。
今回は「あなたが待ってる」の作詞・作曲を手がけた(作詞は宇多田ヒカルとの共作)菅波栄純(guitar)にインタビュー。楽曲のテーマ、宇多田との制作、今後のTHE BACK HORNなどについてたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 森朋之
写真(ライブ)/ RUI HASHIMOTO
(SOUND SHOOTER)


今回のプロジェクトが実現したのは、宇多田さんの心意気

シングル「あなたが待ってる」には宇多田ヒカルさんが共同プロデューサーとして参加。まずはこのコラボレーションが実現した経緯を教えてもらえますか?

宇多田さんとの交流は10年前くらいからあったんです。宇多田さんが自分たちのライブを観に来てくれたり、一緒にお酒を飲みに行ったりもして。活動しているシーンは違うんですけど、好きな音楽が結構近いんですよ。例えばナイン・インチ・ネイルズが好きだったり。THE BACK HORNのライブに来てくれるのもそうだと思うんですが、ダークというか、心の奥底に潜むような音楽が好きなんだなってわかって、共感したんですよね。将司が宇多田さんの曲(アルバム『ULTRA BLUE』収録の「One Night Magic」)に参加したりして、さらに宇多田さんの音楽を聴き込むようになったんだけど、そのときも「自分たちと同じような視点や気持ちを共有してるかもしれない」と思って。

音楽的、精神的に共鳴していた、と。

そうですね。「あなたが待ってる」に関しては、このメロディを書いているときに宇多田さんと将司の声が一緒に聴こえてきたんです。アレンジとしてピアノやトランペットの音が聴こえてくることはあったんですけど、女性シンガーの声が聴こえてきたのは初めてで。「宇多田さんと将司の歌声がスピーカーから聴こえてきたら絶対にすごいだろうな」と思って……妄想が確信に変わったというか、それを聴かずにはいられなくなってしまって。メンバーにも「宇多田さんが参加してくれなかったら、この曲はやらなくていい」くらいの勢いで話をしたんですけど、「じゃあ、まずは話を聞いてみよう」ってみんな言ってくれて。スタッフを通してデモ音源を送らせてもらうときに、正直に「宇多田さんの声が聴こえてきたから、ぜひ歌って欲しい」ということを伝えたら、「やります」って快諾してくれたんです。きっかけは自分の思いつきなんですけど、今回のプロジェクトが実現したのは、宇多田さんの心意気だと思ってます。「どういう意図で?」みたいなことはいっさい聞かないで、すぐに「やります」って答えてくれたので。しかも「歌詞やアレンジも一緒に考えたい」って言ってくれて。実際、レコーディングの数日間ずっと一緒に作業してくれたんですよ。かけがえのない時間だったし、感無量ですね、ホントに。

順番に聞きたいのですが、「あなたが待ってる」はどんなテーマで書き始めたんですか?

最初は「あなたが待ってると思うだけで もうそれだけであったかい」というサビの歌詞ですね。なんて言うか……例えば正月とかに実家に帰るとするじゃないですか。その行き帰りに地元の友達や親のことを考えるだけで、気持ちがあったかくなる感じがしますよね? それって、遠くに離れていても人の存在を感じられるってことだと思うんです。実際、大切な人を思い浮かべるだけで体温が上がったりするらしいんですよ。それを知ったときに「身体レベルで人の存在を感じるって、自分が書きたかったことかもしれない」と思って、「あなたが待ってる」を作り始めたんです。

なるほど。

震災以降、悲しいこともたくさん目の当たりにしてきたし、「人と一緒にいるって、どういうことだろう?」とか「誰かが待ってくれてるって、ありがたいな」ということを自覚的に暮らすようになって。いなくなってしまった人を思い出したときに身体が反応するっていうのは、その人の存在を自分が証明してるって言っていいんじゃないかなって……。そういう意味も込めてるんですよ、「あなたが待ってる」には。

今、栄純さんが話してくれたことは、宇多田さんの新作『Fantôme』にも繋がりますね。“Fantôme”はフランス語で“気配”という意味で、“いなくなってしまった大切な人の存在を感じながら生きる”ということも、アルバムのテーマのひとつになっているので。

ああ、なるほど。この曲を作ったのは去年の夏なので『Fantôme』のことはまったく知らなかったんですけど、“あうん”というか、もしかしたら何かが重なっていたのかもしれないですね。

栄純さんは宇多田さんとの制作に関して「宇多田さんのプロデュースは、楽曲において何が大事か、ということを見極める“視点”が際立って鋭い」とコメントしていますが、具体的にはどういうことなんでしょう?

いろいろあるんですけど、例えば、歌詞に関して言えば、レコーディングの前にSkypeで話をしていて「そういうふうに考えるんだ?」と思ったことがあって。1番のBメロ「一人きりで悩んで 一人きりで答えを出そうとして 街の風に凍えている僕だ」のところなんですけど、自分としてはそんなに深く考えてなかったというか、「こういう情景が浮かんでくるな」くらいの感じで書いてたんですよ。それで宇多田さんに「ここの歌詞はどう思う?」って聞いたら「これは絶対にあったほうがいい」って。そのときは“僕だ”という言葉が入ってなくて、それは宇多田さんの意見で入れたんですよ。

男性の言葉ということを明確にしたいということ?

そうですね。宇多田さんが「この歌詞は男性っぽいよね」って言ってたんです。男って、ひとりだけで結論を出そうとして、勝手に悶々と考えてたりするじゃないですか。「あなたが待ってる」の根底のテーマは男女関係なく、“人間として”というところが大きいんですけど、ストーリーとしては男女の話にも聴こえたほうが面白いし、そのためには人物設定をハッキリさせたほうがいいっていう。そういう視点は自分にはなかったですね。

興味深いですね、それは。男女のストーリーを取り入れることで、歌詞のリアリティが増すというか。

そう、男女の話になると、もっと日常に近くなるんですよ。「この2人が離れていたとしたら、こういう言葉は出てこないよね」みたいなこともいろいろ話したし。宇多田さんの曲を聴いていても、そういう男女の駆け引きがすごく魅力的だし、引き込まれるひとつの要素になってるんですよね。そのためには客観性も必要だし、アレンジにおいても同じことが言えて。バンドの場合、メンバーひとりひとりにプレイヤーとしての自我があるじゃないですか。「俺はこう思う」というものを提出し合って、それをガッチリひとつにしていくのがバンドのルールというか。宇多田さんはもっと総合的に曲のことを考えていて、「この音は必要ない」とか「このパートは変えたほうがいい」っていう目線があるんですよ。だから「あなたが待ってる」のアレンジはかなりスッキリしていて。それもすごく新鮮でしたね、自分にとっては。

たしかにシンプルなサウンドですけど、楽曲のグルーヴ自体はどう聴いてもTHE BACK HORNですよね。

そうなんですよ! そこはホントに良かったと思います。バックの演奏もバンドの音楽の楽しみのひとつだし、その個性は感じられたほうがいいので。アレンジはシンプルだけど、よく聴くとベースがすごく凝ってたりするんですよ。THE BACK HORNの激しい曲で光舟(岡峰光舟/bass)が速弾きみたいなフレーズを弾くことがあるんですけど、それと同じようなシーンがこの曲にもあったり。あと、マツ(松田晋二/drums)がなんとなく叩いたフィルを「カッコイイ!」って採用したりとか。そういうバンドマジックもちゃんと起きてるんですよね。

山田さんのボーカルに関しては?

歌録りについても結構細かく相談しましたね。自分も宇多田さんも「将司らしさが出ればそれでいい」と思ってたんですけど、ちょっとしたポイントでアドバイスをくれて。一番覚えてるのは、宇多田さんが「バラード調の曲だけど、あまり優しく歌わないほうがいい」と言ったことですね。強く、ハッキリ歌ったほうが感動すると思うって。それだけで歌の表情は変わるし、曲全体の雰囲気にもすごく影響したので。

山田さん、宇多田さんの声が同時に聴こえてきた瞬間はどう感じました?

自分の頭の中で鳴ってたものよりも全然すごかったです。スタジオで聴いてるときに「これ、映画のワンシーンじゃないか?」って思いましたから。


花束を君に
宇多田ヒカル